SEO対策にかかる費用はどのくらい?|対策別の目安を紹介!

SEO|更新:2019.10.02|公開:2019.10.02

こんにちは。コンテンツ支援ツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。

今回解説するのは、SEO対策の費用についてです。SEOにかかる費用と言っても、その対策内容によってかかる金額は千差万別です。この記事は、対策別でかかる目安の費用と具体的なサポート内容をまとめました。SEO対策を外注しようとお考えの方は参考にしてみてください。

目次

SEO対策にはどれくらい費用をかけるべき?

SEO対策の費用型は、主に成果報酬型固定報酬型に分けられます。支払い方法はこの2つに大きく分けることができますが、費用はWebサイトやキーワードの規模、サポート内容によって大きく変わるのが特徴です。以前は業者に委託するSEO対策と言えば、成果報酬型の被リンク購入が主流でした。

しかしGoogleが「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」のようなアルゴリズムの改善を行った結果、被リンク購入は自作自演と判断されペナルティの対象となりました。これらのアップデートにより、現在はサイト構造やコンテンツの質が高い、ユーザーの利便性重視のWebサイトが高く評価されるようになったため、新しい形でSEO対策を提供する業者が増えています。

つまりクローラーに評価されるWebサイトを作るためには、「費用」だけでなく「対策の内容」も考慮することが重要です。サイトの課題を明確にしたうえで、自社に合った業者を選びましょう。

SEO対策別の費用目安

SEO施策の費用は、どの程度対策を行うかで変わります。そのためここで紹介する費用は、目安として参考にしてください。ここでは「内部対策」「外部対策」「SEOコンサルティング」「サイト設計」「コンテンツSEO」にかかる費用の概算を紹介します。

内部対策

内部対策の費用は、サポートの内容やWebサイトの規模によって差があるものの、およそ十万円台〜百万円程度です。月払いではなく、一括で支払う場合がほとんどです。

内部対策は、SEO対策の基本です。Webサイト内のタグを正しく設定することで、ユーザーは見やすく、クローラーは巡回しやすくなります。今までサイト設計に力を入れていなかったWebサイトの場合は、内部対策の実施によって大きな効果を得られます。すでに内部対策を行っている場合は、それほど効果が得られない可能性が高いです。しかし、アルゴリズムは日々変化していくため、変更に沿った改善は行っていきましょう。

外部対策

外部対策の費用はキーワードの検索ボリュームなどで変わりますが、およそ一万円~数十万円程度と言われています。1キーワードごとに料金が発生する成果報酬型で、手法としては外部対策として被リンクを購入する場合がほとんどです。

ただし資金を投入するだけの不自然な被リンクは、Googleのガイドライン違反になるため、SEO対策にはなりません。検索順位を大幅に落とす原因になるので、避けた方が無難です。SEO対策は、検索エンジンが定めたルールの範囲内で行いましょう。

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングの費用は、簡単なサポートであれば月数万円~、高度な技術的支援の場合は月数十万円~数百万円程度と言われています。他の施策より人件費がかかるため、高額になりやすいのが特徴です。また、サポート内容によっても差が出ます。サポート内容による費用の違いは、以下の通りです。

  • サイト内部の簡単な修正サポート:数万円程度
  • SEO対策における継続的なアドバイス:月数万円〜数十万円程度
  • CMSなどの高度技術支援:月数十万円~
  • Googleポリシー違反などの回復サポート:数十万円~数百万円

サイト設計

サイトの設計費用は、百万円以上と言われています。設計に加えてサイト制作も行うため、他の施策と比べて高額になります。ほとんどが一括買い切り型で、実績のあるサービスほど高額になる傾向があります。

サイト設計は、SEO対策でも重要なポイントの一つです。サイト内をクローラーが巡回しやすくなるため、実施後の費用対効果も高いと言われています。これから新しくサイトを立ち上げたい場合におすすめです。ただしすぐには効果が出ないので、長期的な視野を持って運用する必要があります。

コンテンツSEO

コンテンツSEOの費用は、安価なものだと1記事あたり1万円代で、コンサルティングを兼ねたものだと、10万円以上の金額になることもあります。実際の現場では「100記事あたり600万円」という風に、まとめて発注するのが一般的です。

コンテンツの質は、SEO対策において重要なポイントの一つです。サイトの中身が希薄だと、ユーザーの滞在時間が減り、SEOの評価も低下します。いくら大量の記事を投下しても、内容が希薄だと検索エンジンには評価されません。

検索エンジンのクローラーは、質の高いコンテンツを評価する傾向があります。そのためSEO対策には、1記事あたりの質の向上が必要です。高品質なコンテンツが多くなるほど、Webサイト全体の質が高まります。

コンテンツSEOは、記事を量産するのではなく、記事の質を高めるのが目的です。

まとめ

SEO対策の費用は、成果報酬型と固定報酬型に分けられます。サポートの内容、Webサイトやキーワードの規模によって変わるのが特徴です。例えばSEOコンサルティングは、技術的難易度の違いで、数百万円ほどの費用の差がでます。

SEO対策を依頼する際は、各施策の内容も検討しましょう。自社サイトの問題を改善できるのはもちろんのこと、実施後の費用対効果も重視します。現在のサイトの問題点を明確にして、自社に合ったSEO対策を行いましょう。

AIアナリストSEOは、SEOはもちろんのこと、「CV獲得」に特化した記事コンテンツを提供しています。また、一部業務を自動化しているため、低価格でのサービス利用も可能です。まずは無料の資料請求をお試しください。

AIアナリストSEOの公式サイトはこちら


この記事を書いた人

AIアナリストライターチーム

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須