Googleアナリティクスのユーザー必見!レポート自動作成ツール6選

アクセス解析|2017.03.01

Googleアナリティクスを使用していくうえで、サイトの現状を可視化するためにレポートを作成する場面が多いと思います。
しかし、数多くの指標を自分でグラフにまとめるのは面倒で工数のかかる作業です。

そこで今回は、Googleアナリティクスのレポート作成を自動で行ってくれるツール、あるいは使うことで大幅にレポート作成の工数を削減できるツールを、厳選して6つご紹介します。

目次

Excelやスプレッドシートと組み合わせるツール

1) Google Analytics Spreddsheet Add-on

Google Analytics Spreddsheet Add-on

Google Analytics Spreddsheet Add-on」はGoogleスプレッドシートのアドオンで、スプレッドシート上の操作でGoogleアナリティクスのレポートを自動作成することができます。

大きな特徴は2つです。
1つは簡単な設定をすることで、スプレッドシート上のレポートを自動更新にすることができます。日付ごとにレポートをいちいち変えたりしなくても、日々の変化をチェックできるので便利ですね。

2つ目は、Googleアナリティクスでは見れないような他の指標と組み合わせて分析することができます。例えば、BtoBサービスでCVをリード獲得に設定している場合、GoogleアナリティクスでのCV数と商談数/成約数などを組み合わせて一つの表で管理できるようになります。

2) Excellent Analytics

Excellent Analytics

Ecellent Analytics」は、Excelのアドオンとして組み込んで使うスウェーデン発のツールです。インストールしてGoogleアナリティクスにログインすることで、データを抽出しExcelにまとめてくれます。

普段使うことの多いExcelシートでデータの集計やグラフ作成を行うことができるので、作業効率を大幅に改善することができます。

まずはこれ!おすすめの無料ツール

先に紹介した2つは便利とはいえ、どちらも設定画面が英語で日本語対応でないため、慣れるまで時間がかかることがあります。次は、日本語で運用できる便利な無料ツール(一部無料と完全無料)をご紹介します。何も導入していない方はまずこれらのツールを導入してみることをおすすめします。

3) AIアナリスト

AIアナリスト」は弊社が提供するアクセス解析ツールです。
これは人工知能がアクセス解析からサイト改善案の提案まで行うサービスで、サイト登録と改善案の確認は無料で行うことができます。

レポート作成に役立つのは有料版に搭載されている「評価」機能です。
「評価」機能では、月別の訪問数・CV数・CVRを自動で見やすくレポーティングしてくれます。前月と比べたデータの上下も簡単に確認できます。

自動で見やすくレポーティング

また、主要データを簡単に見ることができるだけでなく、Excelに出力して共有できたり、過去のデータをもとに来月以降の同データがどのように推移するのか予測値を出してくれます。
自動レポート作成はもちろん、レポートから改善提案まで自動で行ってくれる点も特徴です。

4) アクセス予測&曜日・時間別平均値分析ツール

アクセス予測&曜日・時間別平均値分析ツール

アクセス予測&曜日・時間別平均値分析ツール」は、「web担当者フォーラム」を運営する株式会社インプレスのレポーティングツールです。

Googleアナリティクスのデータと連携していて、認証と期間設定だけの簡単な操作で、曜日別・時間帯別のアクセス数などを表示してくれます。
おすすめポイントは、曜日別データの集計では祝日を自動判別し平日とは分けて集計してくれる点です。特にBtoBサービスを展開する事業の場合、平日・休日でデータの動きが異なってくるのでこれは嬉しい機能です。

より詳細な分析をしたい方向けの有料ツール

「詳細なデータをまとめたい」「レポーティングをもっと楽に行いたい」という方におすすめの有料ツールを3つご紹介します。

5) トラストモニター

Trust Monitor

Trust Monitor」は株式会社サードパーティートラストが運営するツールで、編集可能なパワポ形式でプロ仕様のレポートを作成してくれます。1サイト月額29,800円から利用でき、サイトを多く登録するほど1サイト当たりの料金が安くなります。

おすすめな理由は2つです。まず、ビジネス向けの細かな編集対応があることです。代理店の方が利用しやすいように、レポートのロゴを任意に差し替えることができます。また、「目標値」「トレンド」など豊富な指標からレポーティングをしてもらえます。

6) KOBIT

KOBIT

KOBIT」は株式会社クリエイターズネクストが運営するサービスで、Googleアナリティクスやサーチコンソールと連携して重要なデータ(ユーザーの属性分布など)をパワーポイント12枚に自動でまとめてくれます。

特徴はなんといっても1サイト月額5,000円から利用できるという良心的な価格設定です。1サイト・1か月から利用が可能であるため気軽に始めることができます。また、得られたデータと独自のアルゴリズムに基づいた分析により毎月3つサイトの課題を提示してくれます。「低価格のサービスを利用したい」「簡潔なレポーティングをしてほしい」という方におすすめのサービスです。

カスタムレポートじゃだめなの?

Googleアナリティクスには「カスタムレポート」という機能があります。
この機能を使えば、レポートををカスタマイズすることで自分が見たいデータを表示できるため、レポーティングツールを使うまでもないのではないかと思う方もいるかもしれません。

カスタムレポート

しかし、指標の設定を一から行う必要があったり、表形式でのダウンロードは可能ですがグラフ表示に対応していなかったりするため、必要に応じてレポート自動作成ツールも併用することをおすすめします。

まとめ:目的に応じてレポート作成ツールを使おう!

今回は、様々な視点からおすすめのレポート作成ツールを6つご紹介しました。

料金や形式は様々であり、強みを発揮する場面はそれぞれ異なります。
ただし、どのツールもGoogleアナリティクスのレポート作成にかかる負担を大幅に減少させることには変わりません。
目的や状況に応じて役立ちそうなツールをぜひ導入してみてください!


この記事を書いた人

曽我 由里香

社内最若手のインターン生。カスタマーサポートからマーケティングまで幅広い業務をこなしています。