コンテンツとは?マーケティングにおける良質なコンテンツのポイントなど解説

SEO|更新:2020.10.16|公開:2020.10.16

こんにちは。コンテンツSEOサービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

コンテンツとは、Webサイトなどで扱われる情報の中身のことです。この記事ではマーケティングにおけるコンテンツの意味や基礎知識についてわかりやすく解説します。良質なコンテンツの条件や作成上のポイントなど詳しく紹介するので参考にしてください。

目次

コンテンツとは?

コンテンツとは、直訳すると「中身」という意味になります。しかし、私たちがよく聞くコンテンツという言葉はただの「中身」ではなく「情報の中身」という意味になります。例えば、Webサイトではコンテンツという言葉をよく使用しますが、ここでいうコンテンツとはWebサイトで扱う記事などの情報の中身ということです。

コンテンツ作成などを行っている企業の担当者の方は、コンテンツ=情報の中身ということを覚えておくようにしましょう。

コンテンツの種類

ここでは、様々なコンテンツの種類について解説します。

デジタルコンテンツとアナログコンテンツ

コンテンツには様々なものがありますが、代表的なものとしてデジタルコンテンツとアナログコンテンツがあります。

デジタルコンテンツとは、データになっているコンテンツのことです。具体的には、映画やアニメ、音楽、漫画などが挙げられます。一方のアナログコンテンツは、紙に書かれている文字や楽器の演奏によって流れる生の音楽など非デジタルのコンテンツのことです。

Webコンテンツ

Webコンテンツは、インターネット上で扱われているコンテンツのことで、デジタルコンテンツの一部と考えることができます。ブログなどの各種記事や動画、写真などもWebコンテンツの1つです。まとめサイトやSNSといったものもWebコンテンツと考えることができるでしょう。

モバイルコンテンツ

モバイルコンテンツは、スマートフォンやタブレットで利用できるWebコンテンツのことです。TwitterやInstagram、さらにはTikTokといったアプリ、ゲームアプリ、カメラアプリ、地図アプリなどもモバイルコンテンツとなるため、多くの人が日常的にモバイルコンテンツを利用していることになります。

コンテンツを活用したマーケティング手法

ここでは、コンテンツを活用したマーケティング手法について詳しく解説します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、読者に価値のあるコンテンツを提供することで、自然な形で読者と商品をつなげるマーケティング手法のことです。コンテンツマーケティングの主な目的は商品やサービスの売り上げ向上となります。

マーケティングというと、テレビCMやチラシなどを通して宣伝し、商品に興味を持ってもらい購入に結び付ける、というイメージがあるかもしれません。しかし、コンテンツマーケティングでは、CMやチラシのように直接的に宣伝をするのではなく、商品に関連したコンテンツを作成し、その中に商品情報を組み込んでいくことで、商品を認知してもらいます。

以下の記事では、コンテツマーケティングについて詳しく解説しています。ぜひこちらもチェックしてみてください。

コンテンツマーケティングとは?仕組みや従来のマーケティングとの違い、実践方法を解説|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

コンテンツSEO

コンテンツマーケティングと似ているものにコンテンツSEOがあります。こちらは、検索エンジン対策の手法の1つであり、コンテンツマーケティングのプロセスに包括される手法だと考えてください。どちらも「コンテンツ」という言葉が使われているため、混同してしまうかもしれませんが、両者は別物です。

コンテンツSEOでは、ユーザーに対してクオリティの高いコンテンツを提供し、検索エンジンで上位表示されることが大きな目的となります。それを達成するために、ユーザーが検索時に使用するキーワードを考え、キーワードに応じたコンテンツを作ります。

以下の記事では、コンテンツマーケティングについて詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

コンテンツSEOとは? コンテンツマーケティングとの違いまで解説!|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

「良質なコンテンツ」が必要とされる理由

コンテンツマーケティングにおいては、良質なコンテンツを作成することが重要です。コンテンツの質が悪ければ、ユーザーはコンテンツを全て見ることなく途中で離脱するかもしれません。そうなると、自社の商品やサービスのことも知らないままになってしまうでしょう。そういった意味で良質なコンテンツは必要なのです。

良質なコンテンツの定義として、ユーザーがどういった情報を求めているのか考え、それに応えるようなコンテンツを作ること、読みやすいコンテンツを作ること、他のコンテンツにはないオリジナリティがあることなどが考えられます。コンテンツを作る際は、出来るだけ、ユーザーに関する調査、分析を行うことがポイントです。

Googleが定義する良質なコンテンツとは?

検索エンジンで上位表示されるかどうかは、Googleのアルゴリズムによって決まります。これはYahoo!でも同じです。では、Googleはどのようなコンテンツを良質だと判断するのでしょうか。

具体的には、テキストのボリュームや画像などの数がしっかりとあること、他のサイトにないオリジナリティがあること、さらには、拡張性や更新性、継続性の高さ、SEO施策が適用されているかなどが挙げられます。

コンテンツをただ量産すれば評価されるわけではなく、また画像が多いだけでいいわけでもありません。競合サイトなどと比較しながら総合的に判断されることを覚えておきましょう。以下の記事では、Google検索で上位表示されるためのポイントを解説しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

SEOとは?Google検索で上位に表示するための対策4選【初心者必見】|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

ユーザーにとっての良質なコンテンツ

ここでは、ユーザーにとっては、どのようなコンテンツが良質だといえるのか、解説します。

オリジナリティがあり読みやすい

他のサイトに掲載されているコンテツと同じ内容のコンテンツは、ユーザーにとって良質だとはいえません。自分たちのコンテンツでしか得られない情報を扱っているなど、オリジナリティの高いコンテンツは良質だといえます。それとともに読みやすさも忘れてはいけません。

クオリティが高く楽しめる

ユーザーが読んでいてワクワクする、楽しいと思えるなど、クオリティの高いコンテンツは良質だといえます。クオリティが高ければ、ユーザーのエンゲージメントにもつながることが考えられるからです。コンテンツを作るときはユーザーの気持ちになって、ワクワク感があるかどうか、といった点にも注意してみてください。

ユーザーが必要とする情報が含まれている

作成者が伝えたいことをただ伝えるだけのコンテンツは良質とはいえません。作成にあたっては、ユーザーが求めている情報をしっかりと含んでいることが重要です。また、ユーザーが求める情報を的確なタイミングで継続して提供することで、ユーザーがサイトを訪れる機会も多くなるでしょう。

有益な情報が含まれている

ユーザーが必要としている情報プラス、ユーザーにとって役立つ有益な情報が含まれているかどうか、も重要なポイントです。ユーザーが本来必要としている情報に付随するような情報をプラスアルファで伝えることができれば、さらにコンテンツの質も高くなります。また、それによってPV数や回遊率、滞在時間も向上する可能性が高まります。

コンテンツ作成における5つのポイント

ここでは、実際にコンテンツ作成をする際に覚えておきたいポイントを5つ紹介します。

自社商品やサービスとユーザーのニーズを分析する

コンテンツに自社商品やサービスに関する情報を記載する場合、その特徴をしっかりと分析しておく必要があります。また、その特徴はユーザーにどのように役立つのかリンクさせなければ、興味を持ってもらえないので、ユーザーのニーズも分析しなければいけません。

自社サイトの構成を分析する

すでに自社サイトを所有している場合は、自社サイトの構成を分析することも重要です。商品やサービス写真や動画を掲載しているか、ページのボリューム、サイトを訪れた人が興味を持ってくれそうか、また、ターゲットに応じた内容となっているか、などをチェックしてみてください。

競合企業のサイトを分析する

自社サイトだけでなく、競合企業のサイトを分析することも重要です。例えば、検索結果の上位に表示されるサイトのコンテンツには共通している内容がみられるはずです。その共通している内容がユーザーのニーズに合致している可能性が高いといえます。また、競合企業のサイトの構成やコンテンツの文章は、参考になるのでチェックしてみてください。

オリジナルコンテンツを作成する

ユーザーのニーズに応えることは重要ですが、それによって競合企業のサイトと同じようなコンテンツになってしまってはなかなか集客に繋がりません。そのため、差別化を図れるようなオリジナルコンテンツを作成するようにしましょう。内容や構成のプランニングはもちろん、ターゲット層の絞り込みも必要です。

また、Googleのアルゴリズムにおける良質な記事とはどのようなものか、理解することもポイントです。以下の記事では、コンテンツ作成時の記事構成の作り方について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングの成果向上!文章と記事構成の作り方|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

効果測定を行い改善する

コンテンツは、一度作成して終わりではありません。サイトに公開した後、どのような反応があったのか効果測定を行う必要があります。効果測定と一言でいっても、Googleアナリティクスをはじめとし、手法や指南は多岐に渡ります。

効果測定を行うことで、離脱率や直帰率が高いコンテンツがわかるほか、セッション数、PV数、シェア数、CV数なども把握できるので、コンテンツの改善を図ることもできるでしょう。
以下の記事では、効果測定のツールについて紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

広告効果測定ツールとは?おすすめ3ツールを紹介!|アクセス解析ツール「AIアナリスト」ブログ

まとめ

マーケティングにおけるコンテンツとは、情報の中身を意味しています。コンテンツ作成にあたっては、ただ伝えたい情報を伝えるのではなく、ユーザーが何を求めているのか、競合企業のサイトが扱っている情報など様々な分析を行い、良質なコンテツ作成に取り組むようにしましょう。

AIアナリストSEOでは、SEOに強いコンテンツ作りをサポートします。具体的なキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括して支援します。コンテンツ公開後もユーザーの動向を分析し、改善施策の提案まで対応可能です。社内のリソースだけでは難しい場合には、ぜひご検討ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須