SEOとは?Google検索で上位に表示するための対策4選【初心者必見】

SEO|更新:2019.11.01|公開:2019.11.01

こんにちは。アクセス解析ツール「AIアナリスト」ライターチームです。今回は、GoogleにおけるSEO対策の基礎知識についてご紹介します。Webサイト運用において、SEO対策は必要不可欠です。SEO対策に力を入れると、広告費の削減や、長期的な集客が見込めます。他サイトに負けないサイトを作るためにもここでGoogleの評価の仕組みから、具体的な対策方法まで基礎を身につけましょう。

目次

SEOとGoogleの関係

SEO対策とは、自身のWebサイトを検索上位に表示させるために行う施策のことです。Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されています。

日本の検索エンジンは、Googleが圧倒的なシェアを誇ります。また、シェア2位の検索エンジンであるYahoo!も、Googleの検索エンジンを使っています。さらに、シェア3位であるBingのシェアは4%ほどです。そのため日本でのSEO対策は、GoogleのSEO対策と同義と言われています。

検索結果におけるクリック率は、表示順位に大きく影響されます。つまり、SEO対策を行って自社サイトを上位表示させれば集客で大きな恩恵を受けることができます。SEO対策は、良質なコンテンツの作成や、こまめな更新など地道な努力が求められますが、効果は中長期的に続きます。広告出稿よりも費用を抑えて運用できるのも特徴です。

Googleの検索順位決定までの仕組み

まずは、Googleの検索順位の決定方法を確認しましょう。

Googleの検索順位は、Googleの独自アルゴリズム(ルール)を使った点数により決まります。そして、その点数によって、検索順位が決定します。具体的なアルゴリズムは公表されていませんが、評価ポイントは以下の通りだと言われています。

Googleが認知しやすいページであるか、Googleが理解しやすいページであるか、ページ訪問者が利用しやすいページであるかなどです。
また、Googleが規定するポリシーに違反していないかどうかも重要とされています。

SEO対策方法4選

Googleのアルゴリズムに沿ったサイトを作ることができれば、検索順位は上位に来ます。しかし、Googleのアルゴリズムを構成する要素は200以上あると言われており、すべてを網羅するのは困難です。この記事では基本の対策を4つ紹介します。

  • サイトページを1つのキーワードで示す
  • ユーザビリティを考慮する
  • 信頼性や信憑性の高いコンテンツを作る
  • クローラビリティを考慮する

サイトページを1つのキーワードで示す

コンテンツは、1記事あたり1キーワードが基本です。1つの記事に複数のキーワードを使うと、情報が乱立し、何を伝えたいのかが分かりづらくなります。目的が明確でない記事は、ユーザーに混乱を与えるため、SEO評価は高くなりずらいです。

キーワードは、検索ボリュームがあり、競合が少ないものを選びましょう。競合が多いものは、需要があっても検索順位に反映されにくくなります。検索ボリュームを調べるときは、Googleが提供しているキーワードプランナーがおすすめです。

キーワードプランナーは、過去データなども検索できます。SEOに関することを網羅的にリサーチできるため、新たなキーワードの発見にも有効です。

ユーザビリティを考慮する

ユーザビリティとは、Webサイトの使いやすさのことです。ユーザーのサイトに対する満足度に直結する要素なため、SEO対策に効果的だと言われています。ユーザーが求めている情報を、適切なボリュームで伝えることが大切です。

ユーザビリティを上げる手法は、多くあります。サイトの使いやすさにつながることなら、すべて当てはまると考えてもよいでしょう。例えばスマホユーザー向けに、デザインやファイルを最適化することなどもその一つです。他にも以下のような施策があります。

  • 読みやすい文体でコンテンツを作成する
  • 専門用語には解説を入れる
  • 広告を頻繁に表示しない
  • 記事やサイトのURLを分かりやすいものにする
  • AMPなどを用いて、ページの表示速度を高める
  • パンくずリストを作成する
  • 一貫性のあるコンテンツを作成する

信頼性や信憑性の高いコンテンツを作る

信頼性の高いコンテンツを作るには、Googleの検索品質評価ガイドラインに記載されている「E-A-T」を参考にするのが良いとされています。「E-A-T」とは、Webサイトの専門性や品質、ユーザーからの評判のことで、これらを高めることが大切です。具体的には、以下のような対策が取れます。

  • データは、信頼性の高い公的機関などから引用する
  • できるだけ長い期間継続して良質なコンテンツを投稿する
  • 信頼性の高いサイトからの被リンクを増やす
  • オリジナルの記事を増やし、コピーコンテンツと見なされないようにする

クローラビリティを考慮する

クローラビリティとは、クローラーがどれだけ巡回しやすいかを表したものです。インデックスのされやすさに直結するため、SEO対策に効果的です。以下で、代表的な手法を紹介します。

  • テキスト主体のコンテンツにして、画像を利用しすぎない
  • HTMLタグを正しく使う
  • 内部リンクを最適化する

▼関連記事
クローラーとは?検索結果にWebサイトを表示させる方法を徹底解説!

まとめ

Googleの検索エンジンは、日本において圧倒的なシェアを誇ります。そのため、日本におけるSEO対策とは、Googleからの評価を高めることと同義です。
Googleのアルゴリズムに評価されるように良質なコンテンツを作成していきましょう。

しかし、良質な記事を作成するということは、工数が多くなり、時間もかかります。そこでおすすめなのが弊社サービスのAIアナリストSEOです。

AIアナリストSEOはCV数を獲得できるSEOコンテンツを、低コストで企画・制作するサービスです。適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。

Web担当になったばかりの方や、初心者の方にもおすすめです。まずは無料の資料請求で、お気軽にお問い合わせください。

AIアナリストSEO公式サイトはこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須