コンテンツマーケティングの成果向上!文章と記事構成の作り方

マーケティング|更新:2019.06.06|公開:2019.05.30

こんにちは。コンテンツ作成支援ツール「AIアナリストSEO」マーケティングチームの長谷川です。

この記事では、コンテンツマーケティングにおける、文章と記事構成の作り方について解説します。

コンテンツマーケティングを成功させるには、わかりやすい文章であることと、優れた記事構成であることがとても重要です。文章、構成の良いコンテンツはSEOに強くなるので、ユーザーの目に触れる機会も多くなります。

一見難しいように感じますが、基本さえ押さえていれば、読者にとって価値のある記事を作ることは誰でも可能です。
ここでは多くの人に読まれる記事を作るコツと、具体的な作成手順を紹介していきます。

「コンテンツマーケティング」の一例、オウンドメディアについては以下の記事で詳細に説明しています。
オウンドメディアやWebマーケティングなどの「コンテンツマーケティング」について詳しく知りたいかたはお読みください。

▼おすすめ記事
オウンドメディアとは?|目的や事例、始める時の流れまで徹底解説

目次

わかりやすい文章ってどういうもの?

自分で文章を作成し、いざ読み返してみると、

「自分が伝えようとしていたものと全然違う」
「文章の構成がめちゃくちゃで意味が分からない」

このような経験をされたことはありませんか?
普通に書いたつもりなのに、わかりにくい…「わかりやすい文章」というものは、案外難しいものなのです。

文章全体の構成や、一つ一つの細かい表現方法、語彙力、相手を説得する力など、分かりやすい文章にするための書き方はたくさんあります。
いかに、読み手にとって「わかりやすく理解しやすい」ものにするか。ポイントはこの6つです。

  1. 適切な句読点を打つ
  2. 括弧を使いわける
  3. 一文はなるべく簡潔に(短く)する
  4. 改行を使う
  5. 修飾語の使い方に気を付ける
  6. 難し過ぎる言葉は使わない

次からは、これらのポイントについて詳しく解説していきます。

わかりやすい文章を作るための6つのポイント

1.適切な句読点を打つ

句読点を使わない文章は、切れ目がなくダラダラとした文章になってしまいます。
逆に使い過ぎても、ブツブツ途切れた文章になってしまい読みづらくなります。
また句読点を打つ場所を間違えても、本来伝えようとしていた意味とは違う捉え方をされてしまいます。

句読点は適切な場所で適度に使うことで、ストレスなくスムーズに読むことを可能にします。
書き終えたら、自分で声に出して読んでみると良いでしょう。
「息継ぎをするポイントが句読点を打つタイミング」とされていますので、スムーズに読めないようなら、句読点の位置がどこかおかしいのかもしれません。

2.括弧を使いわける

文章内で強調したいポイントに、「」や『』、【】といった括弧を上手く使います。
文字ばかりの文章において括弧が使われると、一つのアクセントとなり、読みやすくなります。

使うポイントとしては、使い過ぎないということです。
括弧だらけの文章では、強調したい部分がぼやけるだけでなく、文章全体が記号だらけに見えてしまい、バランスがおかしくなります。あくまでもアクセントとして、適したところで使うことが大切です。

3.一文はなるべく簡潔に(短く)する

読み手として、何行にもわたって途切れない長文があると、それだけで読む気が失せてしまいます。
長い文章の全てが悪いとは言いませんが、長くなるほどに、その文章で伝えたかった本来の主語が埋もれてしまうのです。
特に、「~ですが」を多く使ってしまうことで、なかなか途切れず、まとまりのない文章になってしまいます。気をつけましょう。

また、「伝えたいことを、あえて全て書かない」こともおすすめします。
伝えたい気持ちが先走ると、詰め込み過ぎて長文になりがちです。
言葉は限界まで削るくらいがちょうどよく、意外と伝わるものなのです。

4.改行を使う

視覚的な要素も強いかもしれませんが、改行されていない文章は、メリハリがなく読む前からうんざりしてしまいます。
メールなどでは通常の文書に比べ、よく改行されているものを見かけますが、改行が多過ぎる文章も読みづらくなる要因の一つです。

改行テクニックとして、1行だけでなくあえて2行空ける手法もあります。
これは、全く別の話題に切り替えるための効果として用いられます。

5.修飾語の使い方に気を付ける

修飾語はその言葉の通り、「飾る」ための言葉として用いられます。
被修飾語を飾るために、修飾語と被修飾語はなるべく近くにおいて使いましょう。
離れておくと、修飾語がどこを掛かっているのかが分かりづらくなってしまいます。

例文
『私はいつもサッカーをしている彼が好きだ』
この文章は、

①いつもサッカーをしている彼が → 好き
②サッカーをしている彼が → いつも好き

『いつも』が「サッカー」にかかるのか、「好きだ」にかかるのかによって文章の意味が変わってきます。
この例文の場合では、①の捉え方をする人が多いでしょう。
これは、修飾語と被修飾語が近い位置にあるからです。

②の意味で捉えてほしければ、『いつも』を「好きだ」の前に持ってきて、修飾語と被修飾語を近くに置きましょう。

『私はサッカーをしている彼がいつも好きだ』

6.難し過ぎる言葉は使わない

仕事上でのメールや大事な書類を作成する際は、難しく堅苦しい言葉を使おうとしてしまいがちです。
自己満足だけで難しい言葉を使おうとすると、本来伝えたいことが伝わらず、意味の分からない文章になってしまいます。

読み手としても意味が分かりづらいので、頭に入りにくくなります。できるだけ万人が分かるような言葉を使うことが、本当の意味でわかりやすい文章となります。

コンテンツマーケティングにおける記事の基本的な構成

つづいて、記事構成について解説していきます。
Googleなどの大手検索エンジンからの集客を狙うなら、SEOを意識したコンテンツを作らなければなりません。
以下が、SEOに評価される基本的な記事構成といわれています。

  • タイトル
  • リード文
  • 本文
  • まとめ

このように、読まれる記事はシンプルな構成になっていることが多いです。コンテンツマーケティングを意識した記事を作成するなら、この記事構成を参考にしてください。

コンテンツマーケティングを重視した記事構成の基本的な手順

コンテンツマーケティングを成功させるための、記事構成の作成手順を紹介します。
決まった書き方というのはありませんので、一例としてみてください。

  1. テーマを決める
  2. タイトルの前半にキーワードを入れる
  3. リード文を作成する
  4. 見出しを作成する
  5. コンテンツ全体のまとめを作成する

1.テーマを決める

コンテンツマーケティングでは最初にテーマを選定します。テーマを決めて、ターゲットキーワードを入れ、読者が反応するような文章を書きます。例えば、足痩せをテーマにするなら「レギンス」「ツボ」など、関連ワードを記事内に入れます。

2.タイトルの前半にキーワードを入れる

タイトルは検索順位に大きく影響を及ぼすので、記事構成のなかでも重要なポイントの一つです。検索結果に表示されるのはキーワード全体の一部分なので、タイトルの前半にキーワードをいれることが、コンテンツマーケティングにおいて重要です。タイトルはコンテンツの玄関口なので、読者の興味をそそる文章を意識しましょう。

3.リード文を作成する

リード文は記事の内容をコンパクトに説明するもので、コンテンツの紹介にあたります。
読者は悩みを解消するためにコンテンツを見にきています。リード文を読むことで、どんな情報を手に入れられるか分かるようにしてください。リード文の出来が悪いとユーザーが離脱してしまうので、記事構成の中でも重要なポイントのひとつです。

4.見出しを作成する

見出しとは本文のタイトルのことで、読者にとって見やすいコンテンツを作るためにいれるものです。本文のみの内容では読みづらくユーザーが役に立つ情報を伝えきれないので、見出しは必ずつくるようにしてください。

本文はいくらでも増やすことができますが、見出しは途中で変更することはできませんので、記事全体をイメージしながら作成することが大切です。

5.全体のまとめを作成する

記事の最後はまとめとして全体の要約を書きましょう。最後に読者に役立つ情報をピックアップすることで、リード文とは違う価値を読者に与えることが可能です。

まとめがしっかりとしていると最終的にすっきりとした印象を与えることができるので、リピートにもつながります。ただコンテンツの内容を羅列するのではなく、読者にとっての価値を再提示することがポイントです。

まとめ

わかりやすい文章と優れた記事構成は、読者に価値を与えるコンテンツをつくるために必要なものです。
基本的な構成をしっかり押さえることで、検索エンジンの上位に表示されるようになり、多くの読者に読んでもらえる記事になります。
しかし、継続性が求められるコンテンツマーケティングにおいて、常にこれら二点を心がけるのは簡単ではありません。

そんな業務を簡単かつ効率的に進めたい方には、弊社が提供するツール「AIアナリストSEO」がオススメです。
AIアナリストSEOでは、独自の記事作成ノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援しています。ご興味のある方は、ぜひ無料の資料請求をお試しください。

成果の出るコンテンツ作成を低コストで支援する「AIアナリストSEO」はこちら


この記事を書いた人

長谷川 弥乃

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須