記事構成の作り方と7つのポイント|SEO記事を作る際の注意点も解説

コンテンツマーケティング |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

記事構成は、記事作成を行う際の設計図となるものであり、非常に重要です。この記事では、記事構成とは何か、記事構成が重要な理由、基本の3部構成、記事作成の流れについて解説します。また、構成案の作り方の詳細や作る際のポイント、SEO記事作成の注意点も取り上げています。

自社ブログの検索順位を上げたいなど、記事構成の作り方やコツを知りたい人に向けの内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

記事構成とは?


画像(Pixabay)

記事構成とは、記事の設計図のようなものです。記事を書き始める前の段階で、その記事は、誰にどんな内容を伝えるのか、順番はどのようにするのかなど、記事全体の構成を決めておくことで、スムーズに記事を書き上げられます。

記事の構成案が重要な理由

ここでは、なぜ記事の構成案が重要なのか、その理由について解説します。

SEOで上位表示を狙うため

記事構成は、SEOで上位表示を狙う際には非常に重要です。これは、SEO対策をするうえで欠かせないキーワードを、構成を作る段階で適宜入れ込んでおけば、記事作成の際にキーワードを自然と入れられるためです。

▼関連記事
コンテンツSEOとは?その手順やメリット・注意点を初心者にもわかりやすく解説

情報収集や取材を効率的に行うため

記事の全体像が記事作成の前にわかっていれば、どのような情報を集め、誰に取材を行えば良いのかが明確になります。そのため、効率良く記事作成を行うことができるでしょう。

テーマと内容のズレを防ぐため

記事構成なしで記事を書いていると、途中でテーマからズレてしまうことがあります。一方で、事前に記事構成を作成しておけば、テーマと内容に齟齬がないか確認できるため、ズレる心配もありません。

全体像を把握しスムーズにライティングをするため

記事構成があれば、記事タイトルから導入文、本文、そしてまとめまで全体像の把握が可能になります。そのため、ライティングをする際にもスムーズに進めやすくなります。

記事の基本は3部構成

ここでは、記事の基本である3部構成について解説します。

序論(リード部分)

序論とは、リード部分とも呼ばれる、書き始め部分のことです。ここでは、記事の大まかな内容やどういった人に向けて書いているのかなど、記事全体について記載します。序論を読んで、その記事を読むかどうか判断する人もいるため、非常に重要な部分だといえます。

本論(記事本文)

本論は記事のメインとなる部分であり、自身の意見を述べたり、課題に対する解決策を提示したりします。尚、本論ではただ意見や解決策を示すだけでなく、その根拠となる事例やデータなどの情報も合わせて伝えることが重要です。それにより記事の信憑性が高まり、記事に説得力を持たせられます。

結論(まとめ)

結論は、ここまで書いた内容をまとめる、記事の締めの部分です。すでに本論で意見や解決策は示しているため、ここでは、この記事で最も伝えたかったことを簡潔に書きましょう。結論がダラダラと長く、内容にまとまりがないと、「結局この記事では何が言いたかったの?」となってしまうため、要点を押さえて書くのがポイントです。

記事作成全体の流れ

ここでは、記事作成を行う際の大まかな流れについて解説します。

企画(テーマ・ターゲット選定)

記事作成を行うにあたって、まず行うのがテーマやターゲットの選定です。これから作成する記事は、誰に対してどのような情報を与えるのかをイメージしてください。また読み終わった段階で、どのようになってもらいたいのか考えることも重要です。

情報の収集・取材

テーマやターゲットが定まったら、情報収集や取材を行います。ここでは、ターゲットとなる人たちがテーマに対してどのようなニーズを持っているのか、インターネットや書籍、インタビューなどを通して調べます。

記事構成の作成

情報収集ができたら、実際に記事構成を作ります。大見出しや中身出しといった見出しレベルで作成し、それぞれの内容に齟齬やズレがないように作成してください。

記事の執筆・装飾

記事構成ができたら、構成に沿って記事の執筆を行います。また、記事は文字だけだと読みにくくなるため、図表や画像を挿入し、記事の装飾も行いましょう。

記事の校正

記事作成後、公開する前に記事の校正を行います。表現がおかしい箇所や誤字脱字がないか、読者の疑問に答えられているか、といった部分もチェックしてみてください。

記事構成案の作り方のステップ

ここでは、記事構成案を作る際の具体的なステップを解説します。

ペルソナを設定する

記事の構成案を作成するときは、まずペルソナを設定します。ペルソナとは、具体的なターゲット像のことです。このペルソナ次第で記事の内容や方向性が大きく変わるため、非常に重要です。年齢や性別などの基本情報はもちろん、なぜ情報を検索しているのか、どういった人なのかなど、より細かい部分まで設定しましょう。

キーワードの選定・関連キーワードの調査を行う

ペルソナの設定ができたら、次は記事のキーワードと関連キーワードを選定します。キーワードに関しては、キーワードプランナーなどのツールを使用して、検索ボリュームや競合の多さなどを調べたうえで設定しましょう。また、関連キーワードは、キーワードをもとにGoogle関連キーワードなどを活用して調べていきます。

ユーザーの検索意図・ニーズを探る

キーワードの選定ができたら、そのキーワードを検索するユーザーの意図やニーズを探りましょう。どのような人がそのキーワードを検索しているのか、検索の背景や抱えている課題は何かなど、読者目線に立って考えましょう。尚、ニーズを探る際には、先ほど紹介した関連キーワードが活用できます。

検索上位の競合サイトを調査する

検索上位の競合サイトを調べることも重要です。検索結果の上位に表示されているということは、ユーザーの検索意図に合致した記事を提供しているということになるため、その内容は構成案作成の参考になるでしょう。記事の主旨やターゲット、情報の出典元などもチェックしてみてください。

記事に必要な要素を洗い出す

競合サイトの調査まで終わったら、ここまでの情報を整理し、記事に必要な要素の洗い出しを行います。ターゲットとなる人は、どのような課題やニーズを抱えているのか、それに対して必要な情報は何かよく考えましょう。 

見出し案(h2/h3)を作成する

記事の要素の洗い出しが完了したら、見出し案を作ります。見出しは、ユーザーに記事の内容を認識してもらう役割のほか、検索エンジンにWebサイトを認識してもらう役割があるため、しっかりと作り込みましょう。

尚、大見出しとして使用される、「<h2>〜</h2>タグ」、中見出しとして使用される「<h3>〜</h3>タグ」は、よく使用するので覚えておいてください。

タイトル作成・留意点の記載などを行う

見出しの作成までできたら、記事タイトルを作成します。タイトルはSEO対策としてキーワードを入れつつも、不自然にならないように注意してください。また、構成案作成者と記事作成者が異なる場合は、構成案作成者の意図を伝えるために、どのような考えのもと、この構成に至ったのか留意点などを記載します。

記事構成を作る際の7つのポイント

ここでは、記事構成を作成する際に覚えておきたいポイントを7つ紹介します。

記事の目的を明確にする

記事構成を作成する際は、なぜその記事を作るのか目的を明確にしましょう。記事は、作成することが目的ではなく、その記事を読んだ人に何かしらのアクションを起こしてもらうことが目的となるはずです。そのため、記事を読んでどうなってもらいたいか、目的を明確にしておく必要があります。

ユーザーのニーズに合わせてテーマは絞り込む

テーマを決める際は、ユーザーのニーズを考慮する必要があります。記事を読む人は、何かしらの悩みや課題を抱えており、それを解決するために記事を読んでいるはずです。そのため、「この記事を読む人はどんな課題を持っているのか?」と、読者目線に立ってニーズを考え、テーマを絞り込みましょう。

オリジナルの要素を盛り込む

記事構成を作成する上では、オリジナル要素を盛り込むことが重要です。これは、競合と似た記事を書いているだけでは、検索エンジンに評価してもらうのが難しく、上位表示が狙えないためです。オリジナルの要素を必ず入れ、競合にはない価値を持たせましょう。

タイトルの前半にキーワードを入れる

タイトルを決めるときは、できるだけ前半部分にキーワードを入れましょう。これは、前半に入れる方が検索エンジンからの評価が高くなるためです。また、ユーザーが使用する端末によっては、タイトルとして表示される文字数に制限があるため、後半に入れると、検索結果の画面にキーワードが表示されない場合があります。

見出しや本文にキーワードを入れる

キーワードはタイトルだけでなく、見出しや本文にも適宜入れましょう。これは、キーワードを使用することで、検索エンジンが記事を認識しやすくなるためです。特に、見出し直下部分は、重要度が高いとされているため、不自然にならない形でキーワードを入れるようにしてください。

一目で内容が判断できる見出しにする

記事の見出しは一目見てその内容が判断できるようなものにするようにしてください。ユーザーは、見出しを見てその記事を読み続けるか判断するため、内容がわからない見出しだと、記事から離脱する恐れがあります。

一つの見出しで伝えることは一つに絞る

一つの見出しに対して、伝えることは一つに絞りましょう。伝えることが多いと、何が言いたいのか、わかりにくくなってしまうためです。また、見出しの内容とブレてしまう恐れもあります。

SEO記事を作成する際の注意点

ここでは、SEO対策を施した記事を作成する際の注意点について解説します。

コピーコンテンツを掲載しない

記事作成をするときは、他のWebサイトからのコピペは厳禁です。検索エンジンからの評価が下がるほか、無断で行った場合、著作権侵害にあたる恐れがあります。自分の言葉で執筆するようにしましょう。また、他の記事から引用した際は、引用元を明記してください。

同じコンテンツを複数載せない

記事を掲載する場合、同じ記事を複数掲載しないようにしましょう。同じコンテンツがいくつもあると、検索エンジンがWebサイトに対する適切な評価が行えなくなるためです。

誤字脱字をなくす

誤字脱字の多い記事は読みにくく信頼性にも欠けるため、ユーザーが途中離脱してしまいやすいです。また、検索エンジンからの評価が下がる恐れもあります。公開前に誤字脱字がないか必ずチェックしましょう。

キーワード・関連キーワードを盛り込み過ぎない

SEO対策としてキーワードや関連キーワードの設定は重要ですが、盛り込み過ぎないようにしましょう。キーワードを無理やり盛り込んだタイトルや見出しは不自然なものとなり、ユーザーから避けられてしまうほか、検索エンジンからの評価も低くなるので注意が必要です。

専門用語を多用しない

専門用語が多い記事は、読みにくくなるため、その分野の初心者をターゲットとした記事であれば、専門用語は多用しないことが大切です。逆に専門家向けの記事であれば、必要に応じて専門用語を使用した方が読みやすい記事になるでしょう。

まとめ

記事構成は記事を作成するうえでの設計図のようなものであり、記事作成には欠かせないものです。記事の内容に一貫性を持たせるためにも、記事作成を効率良く行うためにも、今回の内容を参考にしてみてください。

一方で、記事構成を初めて作るという場合は、一人で作成するのは簡単ではないでしょう。そういったときは、「AIアナリストSEO」の利用を検討してみてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。また、コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策の提案も行います。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。