コンテンツSEOとは?その手順やメリット・注意点を初心者にもわかりやすく解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

Webマーケティングを担当しているものの、まだ経験が浅く、SEOについてよくわからない人もいるでしょう。コンテンツSEOとは、ユーザーにとって有意義なコンテンツを継続的に発信することで検索エンジンの上位に表示させて、集客につなげる手法です。

良質なコンテンツはGoogleから高い評価を受けため、検索結果の上位に反映されます。これにより、集客やブランディングが期待できます。

この記事では、WebマーケティングやWeb広告の担当者に向けて、コンテンツSEOの特徴や、メリット・デメリットについて解説します。効果測定の手順なども解説するので、自社のマーケティング施策にお役立てください。

目次

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを定期的に発信して、検索エンジンに上位表示させ、集客を目指す手法です。自社のコンテンツを検索エンジンの上位に表示するためには、ユーザーとGoogleなどの検索エンジンから良い評価を受ける必要があります。そのためには、ユーザーが本当に必要としている情報を発信しましょう。

また、コンテンツは一度発信して終わりではありません。検索順位の上位をキープするためには、継続的に情報を発信しながら、コンテンツの見直しをすることが重要です。

コンテンツマーケティングとの違い

「コンテンツSEO」と「コンテンツマーケティング」は、言葉が似ているため混同されがちですが別物です。

「コンテンツマーケティング」は、ユーザーに良質なコンテンツを発信して、集客して利益につなげます。最終的には自社のファンになってもらうことが目的です。コンテンツの発信方法は、自社のホームページやメルマガ、ブログなどさまざまです。

「コンテンツSEO」は、コンテンツマーケティングの手法の1つです。検索エンジンの上位にコンテンツを表示して、ユーザーに自社の商品やサービスを認知してもらい集客を目指します。

コンテンツSEOもコンテンツマーケティングも、Webマーケティングの一部

マーケティングには、アナログからデジタルまで、さまざまな手法を内包しています。コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは、Webマーケティングの一部に含まれます。新聞やチラシのような従来のマーケティングとは異なり、Webを中心にして行うマーケティングは、ユーザーの行動やデータを数値化できることが大きな特徴です。

コンテンツSEOは、数値化された情報をもとに効果を検証します。結果をもとに、コンテンツを改善すると、さらに集客力の向上が期待できます。

▼関連記事
コンテンツマーケティングとは?仕組みや従来のマーケティングとの違い、実践方法を解説

コンテンツSEOが発展拡大した背景


ここでは、コンテンツSEOが大きく注目されるようになった背景と理由について解説します。

ブラックハットSEOの発展と終息

ブラックハットSEOとは、小手先のテクニックで質の低いコンテンツの検索順位を上げる方法です。「被リンクを大量に設置する」「コピーコンテンツ」「隠しリンクや隠しテキスト」「キーワードを不自然に詰め込んだ文章(ワードサラダ)」などが該当します。

数年前までは、ブラックハットSEOにより、質の低いコンテンツが量産されていたため、ユーザーに良質な情報が提供されづらい環境でした。しかし、Googleが検索順位のアルゴリズムを修正したため、現在では良質なコンテンツが上位表示されています。修正したアルゴリズムについては、以下で解説します。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートとは、不正行為を取り締まり、質の悪いリンク操作を行うコンテンツの掲載順位を下げるためにアップデートされたアルゴリズムのことです。2012年に導入され数回更新した後に、他のアルゴリズムに統合されてからは日々更新しています。

「有料リンクの利用」「無関係なリンクや隠しリンク」「ミラーサイト」など悪質と判断されたページが対象です。

パンダアップデート

パンダアップデートとは低品質を取り締まり、良質なコンテンツを上位に掲載して、品質の悪いコンテンツを下位に掲載することを目的にしたアップデートです。2011年に発表され、日本では2012年に実施されました。ペンギンアップデート同様に、複数回更新されましたが、後に他のアルゴリズムに統合されて日々更新しています。

対象となるページは、「信頼性が低い」「内容が古い」「コピーコンテンツ」などです。

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、悪質な手法に依存せずに、ユーザーに求められている情報を公開して掲載上位を狙う方法です。ブラックハットSEOの摘発と、アルゴリズムのアップデートから登場したホワイトハットSEOは、Googleのガイドラインに沿い、ユーザーのニーズにフォーカスした良質なコンテンツであるかが重視されます。

最近は、良質なコンテンツで集客を狙う企業が増えたため、ホワイトハットSEOを標準としてコンテンツ制作を行う業者やサービスが広まっています。自社でのコンテンツ制作が難しい場合は、利用するのも良いでしょう。

Googleの精度が向上して、検索順位が重要視されるようになった

Googleが、アルゴリズムや検索エンジンの精度を見直したことで、ブラックハットSEOの氾濫を抑えられるようになりました。しかし、被リンクやキーワードの挿入が無意味になった訳ではありません。Googleのウェブマスター向けのページでは、ユーザーの利便性を最優先するよう言い切っています。以下はその抜粋です。

・ユーザーの利便性を最優先に考えたページ作りをする。
・ユーザーをだます行為をしない。
・検索エンジンにて上位表示されるために、不正行為をしない。ユーザーに役立つ情報かなどを確認する。
・競合他社のサイトとの差別化を図り、自社のWebサイトにオリジナル性や魅力があるかを考える。

コンテンツ制作には、これらに基づいた内容が求められています。

※参考:ウェブマスター向けガイドライン

マスマーケティングからWebマーケティングへ移行した

以前は、テレビCMなどの一方的に情報を提供する「プッシュ型」のマスマーケティングが主流でした。しかし、近年のインターネットと検索エンジンの普及により、ユーザーは自ら情報を取得するようになりました。これにより、ユーザーの課題や悩みを解決する形で情報を提供する「プル型」のWebマーケティングが重要視されるようになりました。

Webマーケティングのメリットは、顧客の情報や結果を数値化しやすいことです。アナログでのマーケティングに比べて効果測定が容易なため、改善や次の施策といった対応が素早く精確に行えます。

なお、Webマーケティングは、ユーザーに寄り添った情報提供を行えますが、流行などに合わせて変化する必要があります。企業はコンテンツマーケティングやSEO対策をしっかり行い、流行や購買行動の変化に常に対応するようにしましょう。

コンテンツSEOの6つのメリット

コンテンツSEOを取り入れると、どのような効果が期待できるのでしょうか。ここでは、6つのメリットについて解説します。

1.検索の上位になれば安定的な集客が見込める

テレビCMや新聞広告などのプッシュ型の広告は、情報を発信する期間が限定されます。集客効果は最初に大きく盛り上がりますが、その後は下がるという一時的なものです。

検索エンジンの上位に自社のコンテンツが表示され続けると、ユーザーの目に留まりやすくなります。より多くのユーザーの目に留まれば、安定した集客効果が期待できます。大きな変動もなく、持続的に集客が得られるのはコンテンツSEOのメリットの1つです。

2.長期の集客が期待できる

自ら削除しない限り、Webコンテンツは一度公開するとネット上に残り続けます。公開し続けている限り、半永久的に検索エンジンからの集客が期待できるのはコンテンツSEOのメリットです。良質なコンテンツは、SEO対策をしっかり行うことで、時間が経っても価値のある状態が続きます。

Googleからの評価が高ければ、検索上位を維持できるので、多くのユーザーに長く見てもらう確率が高くなります。

3.制作したコンテンツは、そのまま会社の資産になる

自社で制作して公開したコンテンツは、半永久的にWeb上に残るため、長期間に渡り集客効果を発揮してくれる会社の資産となります。テレビCMや新聞広告も大きな集客効果を期待できますが、契約期間が終了すると広告の配信は止まり、直接的な顧客の獲得は難しくなります。

良質なコンテンツを1つずつ増やしていけば、Webサイトそのものの評価が高まり、SEOの効果も連鎖的に向上します。

4.既存顧客だけでなく、潜在顧客へのアプローチも可能になる

コンテンツが検索上位に掲載されると、自社の商品やサービスに興味がない潜在顧客にもアプローチがしやすくなります。

コンテンツの内容は、自社の商品やサービスなどをアピールするような直接的な情報ではなく、自社に関係する知識やノウハウなどにしましょう。これらの情報に興味を持っていれば、自社の顧客ではなかったユーザーもコンテンツにアクセスしてくれるようになります。そこから自社のファンとなり、商品やサービスを購入する可能性につながります。

コンテンツSEOは多くのユーザーとの接点になり、潜在顧客のニーズを掘り起こすメリットがあります。

5.顧客の育成、関係維持(リードナーチャリング)の手段になる

はじめは自社に対して興味のないユーザーでも、コンテンツの内容により購買意欲が刺激され、商品やサービスの購入に至ることが期待できます。また、コンテンツのテーマが統一されている、信頼性があり説得力のある内容であるとユーザーに認知されれば、自社に対する信頼度もアップするでしょう。

コンテンツSEOは上手に利用することで、顧客の育成や関係維持・強化といったリードナーチャリングに欠かせない手段になります。

6.良質なコンテンツは、営業資料や提案書代わりにも使える

良質なコンテンツの多くは自社の知見を活かした内容です。そのため、ユーザーへのアプローチだけでなく、営業資料や提案書の代わりとしても利用できます。営業担当者が1から資料を作成する手間も省けるため、業務の効率化にもなるでしょう。

営業先などでお客様へコンテンツを披露する際に、自社のコンテンツが検索上位に掲載されていることをアピールできれば、信頼を得るきっかけにもつながります。

コンテンツSEOの4つのデメリット

コンテンツSEOには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここでは、4つのデメリットと外注する際のポイントについて解説します。

1.コンテンツの制作やSEOの実施にはリソースが必要

コンテンツSEOは、編集者やライター、エンジニアなど多くの人が関わり、手間と時間をかけることで成功します。1人でいくつかの業務を兼任することも可能ですが、全てを1人で担当すると、時間もかかり失敗しやすくなります。業務の内容や量が多岐に渡るため、効率的ではありません。

コンテンツSEOを成功させるためには、多くの人材が欠かせません。あらかじめ自社の人材とリソースを確保することが大切です。

2.効果に即効性がなく、効果が得られるまで時間がかかる

良質なコンテンツが作れても、検索上位に表示されるまでには、時間がかかります。また、検索上位に継続的に表示されるようになっても、ユーザーが顧客になり利益を生み出すまで、さらに時間がかかります。最低でも数カ月、長い時には年単位になることもあるでしょう。

企業によっては、人的リソースやコストが掛かるのに、すぐに利益につながらないため、上層部の理解を得られない場合も多いようです。事前にしっかりプレゼンし、了解を得ることが重要です。

3.コンテンツの見直しや量産など、継続することが大切

コンテンツは情報公開したら終わりではありません。ライバルも日々情報を発信しているため、良質なコンテンツでも放置していると掲載順位がどんどん低下していきます。コンテンツの内容は、定期的にメンテナンスを行い、新しい情報などを追記しましょう。また、シリーズ化するなど、量産するのも良いでしょう。

また、コンテンツのメンテナンスにも人員が必要なため、社内体制も整える必要があります。

4.時間とリソースがかかるからこそ、早めに取り組む必要がある

コンテンツSEOは、記事制作から効果を出すまで、時間のかかるマーケティング手法です。また、コンテンツは一度発信しただけでは意味がありません。いくつものコンテンツを継続的に発信していくことが重要なため、できるだけ早く取り組みましょう。

社内にコンテンツ制作に関わる編集者やライター、Webデザイナーなどがいない場合は、人材の確保が必要です。初めてWebマーケティングに着手する企業は、コンテンツ担当の部署の立ち上げが負担になるかもしれません。その場合は全てを自社で対応せず、必要に応じて外注する、スモールスタートから始めるなど、臨機応変に対応しましょう。

コンテンツSEOを外注するときは、自社の情報を詳しく伝えよう

コンテンツSEOを成功させるためには、外部業者を利用するのもおすすめです。ただし、全てを制作業者に丸投げせずに、しっかりとコミュニケーションを取り、自社の情報を提供しましょう。制作業者は、WebマーケティングやSEO対策に関する専門知識は豊富ですが、クライアントの商品やサービスに関する知識はありません。

例えば、不動産会社がコンテンツSEOを外注した場合、制作業者は不動産業界の常識や、不動産売買の流れなどの知識はありません。そのため、自社が持つ資料や、参考にしてほしいWebサイトなどの情報をあらかじめ伝える必要があります。コンテンツSEOは、両社が協力し合うことで成功します。

良質なコンテンツを継続的に量産するには、ノウハウやリソースが必要です。自社でのコンテンツ制作にお悩みの方は、ぜひAIアナリストSEOをご検討ください。AIアナリストSEOでは流入だけでなく、CV数まで伸ばせる記事を高い費用対効果で提供しています。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら

コンテンツSEOのやり方・施策の流れ


ここでは、コンテンツSEOに取り組む方法や全体的な流れについて解説します。実際にコンテンツSEOに着手する際の参考にしてください。

コンテンツSEOを実施する目的・目標を明確にする

まずは、なぜコンテンツSEOを行いたいのか、目的を設定しましょう。「自社のブランディングのため」「商品やサービスの認知拡大のため」など、目的によってコンテンツの内容も異なります。また、ゴールに対するKPIも設定しておくと、企業としての方向性が統一され、のちの効果測定もしやすくなります。

自社の商品やサービスを、検索するユーザーの立場に立って分析する

コンテンツSEOの最終目標は、自社の商品やサービスの購入や申し込みで、利益を上げることです。そのためには商材に合うコンテンツを制作しないと、アクセスやCVにつながりません。

まずは、自社商材をユーザーの目線で分析しましょう。たとえば、アパレルを扱う企業であれば、ターゲットとする人物が若年層なのかシニア層なのかなどをはっきりさせると、的確なコンテンツが見えてきます。イメージが付きにくい場合には、検索上位を取得している、ライバル社のWebサイトを見て分析するのもおすすめです。

検索キーワードを選定する

コンテンツへのアクセスを誘導するためには、検索キーワードの選定がポイントになります。商品などがイメージされるキーワードをいくつか出して、その中からどのキーワードで検索順位を狙うのかを決めます。1コンテンツ、1キーワードに限定する必要はなく、複数のワードを組み合わせるのも良いでしょう。

ただし、ビッグキーワードは競合のWebサイトが多いため、上位を狙うことは難しくなります。スモールキーワードは検索する人数も少ないものの、競合が少ないため上位は狙いやすくなります。キーワードで迷った際には、ビッグキーワードとスモールキーワードの組み合わせるといったやり方もあります。

ターゲットとなるペルソナの人物像と悩みや課題を設定する

検索キーワードが設定されたら、自社の商品・サービスと合わせて、どのような人に向けたコンテンツなのか、ターゲットとなるペルソナの人物像を設定しましょう。ペルソナは、年齢や性別、職業、所在地、趣味などできるだけ細かく設定します。人物像が定まったら、どのような悩みを抱えて検索をしたのか、その背景についても定義しましょう。

このように、キーワードとともにペルソナの人物像も踏まえて作成すると、よりターゲットが明確になり、良質なコンテンツ作りへとつながります。

▼関連記事
ペルソナの作成方法を解説|作成のポイントや検証方法なども紹介

コンテンツにする記事を執筆する

ペルソナなどの記事構成案がまとまったら、検索エンジンの仕組みとユーザーの利便性を意識して執筆しましょう。キーワードはタイトルや見出しに含め、記事はペルソナの課題を解決できる内容にします。記事は、最初からWebサイトに入力せず、ワードなどに書き出して何度も校正しましょう。

検索数を上げることだけを意識して、キーワードを必要以上に盛り込んだり、関係のないサイトにリンクしたりするなど、アルゴリズムに反する行為はやめましょう。あくまでも専門性の高い内容や、オリジナリティのある文章を意識して制作することが大切です。

コンテンツ公開後は効果を測定して、検証や改善を繰り返す

コンテンツの公開後には、必ず効果測定を行いましょう。効果測定には、一般的にGoogle Search ConsoleやGoogle Analyticsなどの分析ツールを使います。これらのツールでは、検索順位や離脱率などが判明します。

コンテンツを公開して3カ月たっても検索順位が上がらず、ユーザーからのアクションがない場合には、内容を見直しましょう。コンテンツは上位に掲載されても、そのままでは順位が下がります。定期的に加筆修正など記事のメンテナンス行い、上位をキープしましょう。

▼関連記事
リライトとは?検索順位を上げるリライトの手順・コツを徹底解説

新しいコンテンツの量産を継続する

コンテンツは1つだけ公開しても、大きな効果は期待できません。コンテンツSEOはいくつものコンテンツを量産して積み上げていくことで成果につなげる手法です。コンテンツが公開できたら、同じ制作方法で次のコンテンツに取り掛かりましょう。

一番初めのコンテンツに取り掛かる際に、執筆するキーワードを複数選定しておくとよいでしょう。そうすれば2回目以降のコンテンツ制作は、記事の執筆からスタートできるためスムーズです。このように、制作する流れをサイクル化して、効率的に良質なコンテンツを量産しましょう。

コンテンツSEOの記事の書き方

検索エンジンの上位に掲載されるためには、記事の書き方にも工夫が必要です。ここでは、そのポイントについて解説します。

SEOに効果的な文字数は明確化されていない

記事を書くにあたり、検索上位を必ず狙える文字数はありません。コンテンツは文字数を意識するのではなく、専門性の高い内容や情報を網羅することを重視した方が、検索上位を狙いやすくなります。それらを踏まえると、必然的に数千文字の記事になるでしょう。一般的に、ユーザーのニーズに答えた記事は2,000~5,000文字程度のボリュームです。

キーワードは自然に含めることが大切

キーワードは不自然にならないように、タイトルやメタディスクリプション、見出し、本文に入れるのがポイントです。

「✕✕を実施することで、✕✕のメリットが得られ、✕✕は一層評価されるでしょう」というように、キーワードを詰め込むと文章が不自然になります。これではユーザーやGoogleからの評価が下がる原因になるので注意しましょう。

日本語に違和感のあるキーワードの入れ方は避け、ユーザーが気持ちよく読み進められる文章を心がけるのが大切です。

タイトルや見出しでユーザーの興味を引く

タイトルは、検索結果で最初に表示されます。タイトルには、記事を読むメリットや特徴、ユーザーの疑問に答えるような内容を書き込みましょう。こうすることで、ユーザーが一目で内容を認識でき、コンテンツをクリックしてもらえる可能性が高まります。

メインキーワードは、できるだけタイトルの前半に設置しましょう。検索結果に表示されたとき、まず目に入る位置にキーワードを含めるのもポイントになります。

キーワードやタイトルに沿った本文を執筆する

本文は、キーワードやタイトル、見出しと必ず結びつくように書きましょう。本文がタイトルと関係ない内容だった場合、コンテンツに対する信頼を失うこともあります。

また、専門性の高い内容であっても難しい言葉は避け、誰にでもわかりやすい言葉で書くことが大切です。冗長な表現やまわりくどい言い回しにも注意して、情報はできるだけ簡潔に伝えましょう。具体例を表す部分には、数値や固有名詞なども入れると、より分かりやすくなります。SEOの世界では、読みやすさや専門性を「E-A-T」で判断します。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、GoogleのGeneral Guidelinesに記載されるWebサイトの評価基準です。専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の頭文字をとっています。Googleは、ユーザーが満足できるWebサイトを重要視しています。E-A-Tを考慮しているか否かは、SEOにおいて重要なポイントになります。

▼関連記事
E-A-TがSEOに重要な理由とは?Googleの評価基準と対策方法を解説

内部リンクを工夫する

内部リンクとは、自社サイト内のコンテンツ同士を結ぶリンクのことです。外部リンクと異なり、リンク先の許可などの必要がなく、設置数の修正などが自社で自由にできます。

自社サイトに複数のコンテンツがある場合、内部リンクすることで補足し合える利点があります。また、内部リンクでつながれているページの質が良いと、検索順位の上位が期待できます。ただし、関連性のないページを内部リンクしてもSEO効果はありません。

図表や画像を挿入する

文字ばかり続くページは見づらくなります。この場合は、ページの冒頭や文章と文章の間に画像を入れると見やすくなります。なお、画像はキーワードやタイトルと関連性のあるものにしましょう。

Googleはオリジナル性を重視します。SEOを意識する場合には、文章同様にオリジナルの画像を使用するのが望ましいです。用意するのが難しい場合には、フリー画像を使うことも可能です。

ただし、画像は文章よりも目に入りやすいため、使いまわしされたものはユーザーが飽きてしまい、離脱率が高くなる可能性もあります。

他社サイトのコピーコンテンツは厳禁

コピーコンテンツとは、すでに存在しているサイトと内容が同じ、または似ているコンテンツのことです。これは他社サイトだけではなく、自社サイト内でも同じことが言えます。

語尾のみを変える、参照元を表記せずに他社サイトをコピペするなどのコンテンツは、検索順位が下がります。また、悪質と判断されればWebサイトを削除するなど、ペナルティを受ける場合もあります。データを引用する際には、参考元のリンクを貼りましょう。他社サイトの文章をそのままコピペする、タイトルを転載するのは避けてください。

▼関連記事
SEOライティングの基本|SEO初心者が注意すべきポイント徹底解説!

ユーザーに評価されるコンテンツがGoogleに評価される


画像(pixabay

ユーザーファーストとは、利用者であるユーザーにとって有益で満足できることを最優先とする考えのことです。

「Googleが掲げる10の事実」には、最初に「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」と表記してあります。Googleは、コンテンツに対してユーザーファーストであることを重要視しています。つまり、ユーザーファーストであるコンテンツ=Googleに評価されるコンテンツとなります。

※参考:Google が掲げる 10 の事実

コンテンツSEOの効果測定方法

効果測定は、コンテンツSEOを成功させるために欠かせません。ここでは、効果測定方法について解説します。

キーワードの検索順位を調べる

コンテンツSEOの効果測定で、最初に行うのは「キーワードの検索順位」のチェックです。Google Search ConsoleやBULLといったツールを使うと、キーワードの検索順位の推移を追えます。

キーワードの検索順位が上がっていれば、コンテンツはGoogleから評価されていることになり、検索順位が下がっていればコンテンツが良くないことになります。キーワードのアクセスが少ないコンテンツは、集客につながらないため記事の見直しが必要です。キーワードの検索順位は定期的にチェックし、その都度対応するようにしましょう。

コンテンツへの流入キーワード数を調べる

ユーザーが自社のコンテンツにアクセスするために、どのようなキーワードで流入したのかを把握することも大切です。

Google アナリティクスの「Organic Search」の項目をチェックすると、流入の動きが追えます。ユーザーからアクセスされたキーワードが増えている場合は、Googleの評価が高く、集客につながっています。オーガニック検索の流入の推移をチェックして、傾向を確認することは、SEOの効果測定をするために重要です。

また、Google Search Consoleは、どんな検索キーワードで自社サイトにアクセスがあったかを分析でき、評価の高いキーワードの順位なども確認できます。

コンテンツの検索順位を調べる

コンテンツの検索順位とは、検索エンジンで自社のコンテンツが表示される順番のことです。
自社コンテンツと競合他社との比較や、Googleからの評価を知る目安にもなります。

検索順位はアクセス数だけでなく、ユーザーから顧客化したかといったCVにも影響します。検索順位が低い場合は、ユーザーに見てもらえていない可能性が高いです。この場合はキーワードやペルソナの設定など、根本から見直しましょう、検索順位が高いのにPV数やCVが低い場合は、コンテンツのタイトルや見出しなどに問題がある可能性があります。

検索順位は手作業でも確認できますが、効率よく進めるためにはツールを使ったリサーチがおすすめです。

CV(コンバージョン)数を調べる

CVとは、コンテンツから得られた最終的な成果のことです。訪問したユーザーが商品やサービスを購入してくれた、商品への問い合わせや資料請求があったなど、企業によってCVはさまざまです。そのため、何をCVとするのかを明確にすることも大切です。

CVを計るためには、CVR(コンバージョン率)という指標があります。コンテンツの訪問者が100人いて、そのうち5名が商品を購入した場合はCVR5%です。コンテンツSEOを成功させるには、CVRを把握して検証や見直しを何度も行うことが必要です。

CVは、コンテンツ内容やSEO対策が成功している場合に確認できます。逆に、CVがない場合には、コンテンツのどこに問題があるのか検証する必要があります。

コンテンツSEOの効果測定は、ツールを活用して確実に効率よく調査する

効果測定は、コンテンツSEOを成功させるために欠かせない作業です。しかし、その作業に手間や時間をかけすぎて、他の業務に支障が出るのはよくありません。

効率的な効果測定には、Googleアナリティクスなどの分析ツールを使いましょう。分析ツールは、検索順位を調べる、ユーザーのページ滞在時間を調べるなどの機能があり、特徴もそれぞれです。はじめてコンテンツSEOを実施する際は、ツールごとに慣れが必要でしょう。

まずは、調べたい項目を明確にして、目的にあうツールを選んで運営しましょう。また、分析ツールには、無料・有料があります。有料ツールを選ぶ際には、無料のお試し期間を利用すると安心です。

AIアナリストは、アクセス解析を⾃動で⾏うツールで、重要なポイントを教えてくれます。30,000サイトを分析したノウハウをもとに、改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。「Googleアナリティクス」に連携するだけで利用でき、面倒なタグ埋めなど、追加の作業を行う必要はありません。初期設定は2分で完了します。

AIアナリストの資料請求はこちら

コンテンツSEOの事例3選

イーベイ・ジャパン株式会社

イーベイ・ジャパン株式会社は、サイトへの流入がほぼオーガニック頼りで、何年も全く変わらない状況が続いていることが課題でした。しかし、社内の体制変更にともない、同社の一番の顔であるWebサイトに、より力を入れることになりました。これをきっかけに、2019年より「AIアナリストSEO」を利用しています。
AIアナリストSEOの導入後は、アクセス数やユーザー数が1.5倍程度に増え、コンバージョンに至ってはそれ以上の効果を得ています。長らく変動のなかったGooleアナリティクスの訪問ページの上位ランキングでも、同社のコラムがトップ10に入ってくるようになりました。また、執筆に抵抗のあるキーワードでも、クライアントの意見をしっかり受け入れたうえで、コンテンツの必要性やコンバージョンなどのメリットを提案した点にも効果を感じています。

「AIアナリスト・シリーズ」の3ソリューションすべてを活用するイーベイ・ジャパン。AIアナリストSEOの成果を公開

クックパッド株式会社

クックパッド株式会社は、キーワード調査からユーザーニーズを読み解き、自社の強みとマッチしたコンテンツを企画しました。同社はコンテンツの公開後も順位を細かくチェックしながら要素の追加や単語・タイトルの調整、内部施策などを実施しています。その結果、サイトへのアクセス数は約1ヶ月で大幅に向上しています。

株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワンでは、広告運用コストの増大をきっかけに、自社メディア『ボーグル』の運営を始めました。ボーグルでは、働き方改革や福利厚生の現状を解説したコンテンツSEOを実施しています。その結果、約3ヶ月で1日1件のコンバージョンを獲得できるようになりました。

コンテンツSEOの外注費の目安

コンテンツSEOを外部発注している企業は多くありますが、費用はどのくらいかかるのでしょうか。1記事あたりに換算すると、数千円~10万円と相場はさまざまです。記事を作成するライターのスキルの他にも、サイト設計を依頼すると初期費用が上乗せされ、コンサルなども含めると、費用はさらに変動します。

料金体系は、「成功報酬型」「一括支払い型」「月額固定費用型」などがあります。「1カ月で10記事納品」など、ある程度まとめて発注している企業が多いようです。

コンテンツSEOのツール3選

SEARCH WRITE

誰でも簡単にコンテンツSEOのPDCAが回せるように設計された、SEOツールです。対策すべきキーワードと施策をツールが提案してくれるため、初心者でも成果につながりやすいコンテンツSEOが実施できます。また、記事コンテンツに必要な内容を抽出してくれるので、企画段階から効率化が期待できます。月額50,000円から利用可能で、導入支援は無料です。

TACT SEO

検索順位に影響する要素や、競合になりうるページとの差異を分析してくれるSEOツールです。自サイトと競合上位サイトを比較したSEO観点での課題をレポートする機能や、キーワードのグルーピング機能があります。コンテンツ内に含まれるキーワードなど、さまざまな切り口でキーワードを調査できるため、記事企画時の戦略を考えるのに適しています。月額50,000円から利用可能です。

MIERUCA

多機能で幅広いデータ分析に加え、人的なサポートも充実しているSEOツールです。キーワード調査や競合調査といった基本的な機能に加え、検索ユーザーのインサイト調査や内部対策の改善提案といった機能もあります。ほかにもアクセス解析やコピーチェック機能など、さまざまな観点でSEO分析がおこなえます。月額150,000円から利用可能です。

まとめ

良質なコンテンツSEOは、安定した集客が期待できて、社内で情報共有もしやすく、重要な資産にもなります。効果が出るまで時間がかかり、運営には多くの人材が必要ですが、顧客の育成やブランディングに効果が期待できる手法です。

コンテンツマーケティングの実行が社内だけでのリソースでは難しいという方は、ぜひWACULのAIアナリストSEOをご検討ください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをサポートします。キーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事作成まで一括支援するだけでなく、コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。