Yahoo!プロモーション広告とは? | 種類や運用ツールをご紹介

ネット広告|更新:2019.08.02|公開:2018.12.14

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」マーケティングチームの横山です。
今回はYahoo!プロモーション広告についてご紹介します。

Yahoo!検索は、約3,400万人ものユーザーに利用されている検索エンジンで、国内トップシェアを誇っています。
TOPS OF 2017: DIGITAL IN JAPAN ~ニールセン2017年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表~nielsen

このYahoo!に広告を出稿できるのが、Yahoo!プロモーション広告です。種類が豊富なだけでなく良心的な課金システムで、使い勝手の良いネット広告と言えます。また、初心者向けの運用サポートツールが用意されており、初心者の方にもおすすめです。

そこで今回はYahoo!プロモーション広告の種類、課金システム、運用ツールについてご説明します。
Yahoo!プロモーション広告を使いこなしてWebサイトの集客を増やしましょう!

目次

Yahoo!プロモーション広告の種類

Yahoo!プロモーション広告には、スポンサードサーチとディスプレイアドネットの2つがあります。

まずは、それぞれの特徴と効果を解説します。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチとは、Yahoo!で検索されたキーワードと関連のある広告を表示するリスティング広告(検索連動型広告)です。

「エステ」と検索すればエステの広告が、「マンション」と検索すればマンションの広告が表示された経験、ありますよね。例として「温泉 箱根」と検索した時に表示されるスポンサードサーチ(リスティング広告)を紹介します。「広告」という表示とともに旅行代理店を始めとする旅行会社の箱根温泉のページが表示されています。

箱根温泉

リスティング広告のメリットは、顕在ニーズに直接リーチできる点です。
つまり、検索を行なっているユーザーはそのキーワードに関する情報を積極的に「欲しい!」と思っている(ニーズが顕在化している)わけですから、関連する広告を表示すれば高いクリック率、高いCVRを期待できるのです。

Yahoo!のスポンサードサーチでは、掲載期間・入札価格を自分で設定できる他、パソコンやスマホ、タブレットなど様々なデバイスに対し出稿することができます。

また、以下の3種類の広告表示オプションも追加できます。

広告表示オプション 内容
テキスト補足オプション 広告タイトルの下部に補足文章を追加できる。
クイックリンクオプション 広告タイトルの下部に関連ワードのリンクを設置できる。
電話番号オプション タップすれば電話を発信できるボタンを設置できる。

広告表示オプション
(Yahoo!公式ヘルプ「広告表示オプションとは」より)

ディスプレイアドネットワーク(YDN)

ディスプレイアドネットワーク(YDN)ユーザーが閲覧したWebサイトのコンテンツに関連する広告を表示する興味関心連動型広告です。

ユーザーは、閲覧しているWebサイトのコンテンツに興味があるということが想像できます。つまり、そのコンテンツに関する情報を得たいと思っているわけです。
リスティング広告と同様、このようなニーズが顕在化しているユーザーに対して関連する広告を表示することで、高いクリック率・高いCVRを期待できます

ディスプレイアドネットワーク

ディスプレイアドネットワークでは「特定のWebサイトを訪問したユーザー」「特定の性別、居住地など属性のユーザー」など、広告を表示するユーザーを絞ってターゲティングすることが可能です。

具体的には以下の6種類のターゲティング方法があります。

ターゲティングの種類 内容
インタレストターゲティング ユーザーが閲覧したWebサイトのコンテンツから興味関心事を読み取り、関連広告を表示する。
サイトリターゲティング 一度Webサイトを訪れたユーザーに広告を表示する。
サーチターゲティング 検索キーワードの関連広告を表示(検索連動型)する。
性別・年齢・地域ターゲティング 性別・年齢・地域でターゲットを絞りこめる。
デバイスターゲティング 特定のデバイスを使用しているユーザーに広告を表示する。
プレイスメントターゲティング 広告を表示させるWebサイトを絞り込むことができる。

自社商品・サービスの顧客となりそうなユーザーにターゲティングして効率的な広告を展開しましょう。

Twitter広告

3つ目の広告はTwitter広告です。Twitter広告もYahoo!を介して出稿することができます
Twitter広告はTwitterのタイムラインに表示できるインフィード広告です。
インフィード広告とは、普通のツイートや投稿と同じ構成で表示できる広告のことです。
普通のツイートと紛れるためユーザーの目につきやすく、クリック率が高いという特徴があります。一方で、ユーザーの中には「騙された」と感じてしまう人も出てくるため、運用には注意が必要です。
インフィード広告については当ブログ「インフィード広告」で詳しく解説していますので、ご覧ください。

Twitter広告には「プロモツイート」「プロモアカウント」「プロモトレンド」の3タイプがあります。

プロモツイートは普通のツイートに紛れる形で表示される広告です。
プロモツイート

プロモアカウントはアカウント自体を宣伝することができる仕組み、「おすすめユーザー」に自社アカウントを表示させることができます。
プロモアカウント

3タイプそれぞれに特徴があります。また、課金システムも若干異なります。
詳しくは当ブログ「Twitter広告」で解説していますので、ぜひご覧ください。

広告プラン診断

3つも広告タイプがあると、どれを使えば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでおすすめなのがYahoo!プロモーション広告の広告プラン診断です。
数問の質問で選択肢をチェックするだけで、自社の商品・サービス、業態に合わせた最適な広告を提案してくれます。
どの広告を出稿するか迷ったらこの広告プラン診断を利用してみましょう。

課金システム

いずれのYahoo!プロモーション広告も出稿するだけなら無料のクリック課金制です。
つまり、初期費用も月額費用も無料で、広告をユーザーがクリックして初めて費用が発生します。

通常、ある程度まとまった課金をしないと広告効果は表れにくいですが、初期費用が無料ですから試しに出稿してみるというのも手段の1つでしょう。

また、Yahoo!プロモーション広告にはオプションとして自動入札設定という仕組みがあります。
広告のクリック状況や掲載位置などを日々チェックしながら入札価格を決めるのは非常に手間のかかる作業ですが、これを自動化してくれるのが自動入札設定です。

以下の5項目の中から1つ優先したいものを選ぶと、自動で入札価格を日々計算して変更してくれます。

  • 広告の掲載位置
  • クリック数の最大化
  • CV数の最大化
  • CVAの目標値
  • 費用対効果の目標値

詳しくはYahoo!公式「目的から選ぶ 「自動入札設定」の種類」をご参照下さい。

2つの運用タイプ

広告の運用には手間と時間がかかります。広告の画像や広告文を作成するだけでなく、クリック数等のアクセスデータを解析して掲載後に改善を行うなど、継続的な運用が必要となります。

Yahoo!プロモーション広告では、これらの運用を自動化してくれるらくアドと様々な設定を自分で決めることのできる広告管理ツールの2つの運用タイプがあります。

初心者向け : らくアド(自動広告運用ツール)

広告運用に不慣れな方は、こちらの「らくアド」がおすすめです。らくアドには以下のような機能が搭載されています。

  • 広告文の自動生成
  • 広告掲載後の自動最適化
  • ダッシュボードで費用対効果を確認可能

まず、WebサイトのURLや業種などを記入すると自動で広告文を作成してくれます。もちろん加筆修正も可能です。
広告を出稿後には、広告効果を最大化するように様々な設定を随時調整してくれます。予算は手動で変更することも可能です。
これらの運用状況をダッシュボードで確認することができます。広告の表示回数やクリック数などのデータを整理してくれるのです。

初心者の方や広告の運用にかける時間・手間の余裕が無い方におすすめです。

上級者向け : 広告管理ツール

らくアドよりも、さらに詳細に設定を行いたい、細かな運用状況データを見たい方は広告管理ツールがおすすめです。
以下に示すような、広告をクリックしてもらいやすくなるツール・機能があります。

  • 広告掲載に必要なキーワードがわかる
  • キーワードアドバイスツール
  • 広告表示オプション
  • 自動入札設定
  • キーワードの自動挿入機能

このように、過去の実績等に基づいて広告を最適化してくれるツール、オプション機能が揃っています。
詳しくはYahoo!公式「スポンサードサーチの運用ツール」をご確認ください。

まとめ:広告運用の次にCVRの向上も

種類、サポート機能が豊富なYahoo!プロモーション広告を活用し、Webサイトの集客を増やしましょう!

集客を増やすことができたら、次に行うべきはCVRの向上です。せっかくYahoo!プロモーション広告によって集客数が増えても、CVに結びつかなければ意味がありません。CVR向上のためのサイト改善にも取り組みましょう。

とはいえ広告の出稿や管理だけで精一杯で、サイト改善にまでなかなか手が回らないという方も多いでしょう。
そんな方にオススメしたいのが、弊社サービスのアクセス解析の人工知能「AIアナリスト」です。

AIアナリストは、Googleアナリティクスのデータを自動で分析して課題を発見し、改善案まで提案するサービスです。無料で登録できますので、広告による集客成果をCV数アップに最大限結び付けたいとお考えの方はぜひご利用ください。
Yahoo!プロモーション広告の集客成果をCV数アップに最大限結び付けてくれる「AIアナリスト」はこちら(登録無料)


この記事を書いた人

横山 崇

マーケティングチーム所属。工学系の大学院生です。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須