SEOライティングの基本|SEO初心者が注意すべきポイント徹底解説!

SEO|更新:2019.12.02|公開:2019.11.29

目次

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示させることを意識して文章を書くことを指します。あるキーワードで検索をしたときに1番目や2番目に出てくるページは、たまたまそこに出てきているわけではありません。SEOライティングを行うことによって、上位表示させることを狙っているのです。

具体的な方法は後述しますが、SEOライティングは、Webページのコンテンツを読み手(ユーザー)・検索エンジンの両方がわかりやすい文章にしましょう。

ユーザーに分かりやすい文章とは

代表的な検索エンジンであるGoogleは、「Googleが掲げる10の事実」にもある通り、「ユーザーファースト」を掲げています。
SEOと言えば、検索エンジンのアルゴリズムに対策を取ることのように思われがちですが、検索エンジンの中でも高いシェアをもつGoogleが「ユーザーファースト」を掲げている以上、SEOライティングに最も重要なのは、ユーザーの満足度が高いコンテンツにすることだと言えます。
このように、SEOライティングと言えど、「ユーザーの満足度を第一に考え、ユーザーが必要としている要件を満たすものを作る」ということを忘れてはいけません。

検索エンジンに分かりやすい文章とは

ユーザーのニーズを満たすと同時に、Googleがそのコンテンツを検知・評価しやすい文章になっているかも確認しましょう。 検索エンジンにわかりやすい構造を作るには、「内部対策」と呼ばれる対策が有効です。SEOの内部対策については以下の記事で詳しく解説しているので、併せてお読みください。

▼おすすめ記事
SEOの内部対策とは?【5分でわかる基本ポイント】

SEOライティングで最初に意識するポイント

続いては、SEOライティングを行う際にまず押さえておきたいポイントについて解説します。

キーワードに沿った文章を書く

SEOライティングを行う時は、キーワードを設定するところから始めましょう。基本的に、1つの記事に対してキーワードを一つ設定します。その際、検索ボリュームや競合記事を確認して決めると良いでしょう。検索ボリュームが大きければ大きいほど、上位表示の難易度は上がる傾向にあります。検索ボリュームと、競合記事の傾向を分析して、比較的上位表示の狙いやすいキーワードから選びましょう。

キーワードを設定したら、そのキーワードの内容に沿った文章を書いていきます。本文にキーワードを盛り込むのはもちろん、タイトルの前半にキーワードを入れたり、文章の最初や最後の目に付きやすい場所にキーワードを盛り込むのも、上位表示のコツとなります。内容をしっかりと絞り、ユーザーの検索意図を解決できるコンテンツを作成するようにしましょう。

キーワード選定に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、併せてお読みください。

▼おすすめ記事
コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定のコツを詳しく解説!

独自性のある文章を書く

Googleで上位表示を目指す場合、独自性のある文章を作成することが大切です。Googleはコンテンツにオリジナリティ(独自性)があるかどうかを評価しています。競合コンテンツと同じ内容を載せてしまうと、コピーコンテンツと判断され、ペナルティの対象になるので、注意が必要です。

独自性の高いコンテンツを作るには、コンテンツの「幅」と「深さ」の軸から考えてみましょう。「幅」はコンテンツが網羅している内容の広さ、「深さ」はコンテンツが説明している内容の深さを表しています。競合コンテンツの内容に対して、「幅」または「深さ」で優れていることが、上位表示のコツになります。

また、コンテンツの扱うテーマによっては自身の経験や体験を記事に盛り込むことで、独自性が高まる場合もあります。ユーザーのニーズの範囲内に収まるような文章を心がけましょう。

専門性のある文章を書く

独自性と同時に、専門性を高めることもSEOライティングでは重要です。これは、GoogleがWebページの評価方法を解説している「検索品質評価ガイドライン」で明確に言及されています。
中でも、「E-A-T」と呼ばれる基準は、SEOにおける重要な項目について説明されています。E-A-Tとは、専門性(Experience)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)のそれぞれの頭文字を取った造語です。
一般的には、専門性が最も重視されていると言われていて、これを高めるためには1つのテーマについて多くの情報を発信するのが有効です。違う分野のキーワードのコンテンツを作るよりも、専門的な分野に集中して作ったほうが、専門性の高いコンテンツと判断されやすくなるということです。

SEOライティングで意識すべきコンテンツ構成

SEOライティングを行う場合、コンテンツの構成についてもポイントを押さえておく必要があります。どのようなポイントがあるのか解説していきます。

タイトルのつけ方

記事を書く際、タイトルにキーワードを必ず加えるようにしましょう。このとき、キーワードはできるだけタイトルの前方に入れるようにしてください。また、タイトルは短い方がSEOライティングにおいては効果的です。検索結果画面で表示される文字数である、30文字程度を目安にしましょう。

ここでも、忘れてはいけないのはユーザーファーストです。タイトルを一目見てわかりやすいか、見たいと思うか、タイトルが不自然ではないか、といったことも意識するようにしましょう。

導入文

導入文は、その名の通り、記事の導入部分にくる文章で、ユーザーが最初に読む文章です。この文にもキーワードを入れるようにしましょう。タイトル同様、こちらもできるだけ文の前の方にキーワードを入れる方が効果的だとされています。

ユーザーは導入文を読んで、その後の本文を読むかどうかを判断するので、記事全体の要旨を分かるような内容にしましょう。

見出しのつけ方

コンテンツの中では見出しをつけていくことになります。一般的に見出しは以下のような構造になっています。

  • 大見出し
  • 中見出し
  • 小見出し

大見出し(h1)のほとんどはタイトルのことを指し、中見出しは本記事であれば「SEOライティングとは?」や「SEOライティングで最初に意識するポイント」が該当します。そして、小見出しは「読み手に分かりやすい文章とは」、「検索エンジンに分かりやすい文章とは」などが当てはまります。

この見出しの中にもキーワードを入れることで、ユーザーにわかりやすいコンテンツとなります。この見出しを、h1~h6で表すと検索エンジンがサイトの構図を把握するのにも役立ちます。

コンテンツの内容

コンテンツの内容も当然SEOライティングにおいては重要です。本文にもキーワードを入れたほうがSEO対策になりますが、この時、できるだけ記事の前の方にキーワードを入れた方がより効果的と言われています。あくまで、ユーザーがコンテンツを見つけやすくするための方法なので、不自然にキーワードを多用しないよう気を付けましょう。

また、キーワードと共に共起語も含めるようにしましょう。共起語とは、キーワードに対して連想されるキーワードのことです。共起語を含めることでサイトへの流入が増える可能性があります。共起語検索サイトなどをぜひ活用してみてください。

そして、「あれ」や「それ」「これ」など代名詞を多用すると、検索エンジンが記事の内容を把握しづらくなるため、代名詞を多用しないように注意しましょう。

まとめ

SEOライティングを行うためには、まずユーザーファーストの姿勢を忘れてはいけません。そのうえで、キーワードを入れたり、独自性や専門性を高めたり、コンテンツの内容を充実させたりする必要があります。競合が多い場合は上位表示までに時間がかかるかもしれませんが、書き直しをするなどしてユーザーのニーズを満たすようにしましょう。

もし、SEOライティングが初めてでうまくできるか自信がないというときは、サポートしてもらうことをお勧めします。AIアナリストSEOでは、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。。キーワード選定から記事づくりまで一貫してサポートを行い、CVにつながる記事コンテンツを提供します。

AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須