サイト改善の5ステップ|課題の見つけ方と具体的な改善例を解説

サイト改善 |

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

Webサイトを改善するには、目的の設定や現状把握など、いくつかステップを踏む必要があります。しかし、具体的に何をすれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。本記事では、Webサイトを改善する手順やポイントを初心者にも分かりやすく説明します。Webサイトを改善する際の、参考にしてください。

目次

サイトを改善する目的

Webサイトはなぜ改善する必要があるのでしょうか。Webサイトを改善する目的をいくつか紹介します。

SEO対策の改善

SEOは、Webサイトを検索上位に表示させるための施策を指し、検索エンジン最適化とも呼ばれています。検索エンジンからの集客に影響するため、Webマーケティングにおいて非常に重要です。Webサイトを改善し、SEO対策をより良いものにすることで、検索エンジンからの集客力向上が見込めます。

CVRの改善

CVRとは、1セッションあたりのコンバージョン数のことです。わずか数%の変動でも売上に大きな影響を与えるため、Webサイトの改善によってできるだけ向上させる必要があります。Webサイトがユーザーに役立っているかどうかの指標にもなるため、コンテンツの内容を評価するうえでも重要です。改善後の即効性が大きいため、SEO対策より投資対効果が高くなる場合もあります。

リピート率の改善

リピート率とは、Webサイトに繰り返し訪問するユーザーの割合を指し、Webサイトがユーザーにどれだけ興味を持たれているかの指標になります。安定した収益を確保するうえでも非常に重要です。コンテンツの充実やWeb接客の導入などが施策になります。

サイト改善を行う5ステップ

Webサイトの改善は、「現状把握→分析・課題の発見→課題解決の改善案→改善案実施→効果検証」の5ステップで行うことをおすすめします。PDCAをしっかり回して、サイト構造やコンテンツ設計をしっかりと見直しましょう。以下の見出しで、具体的な分析の方法や改善案について詳しく紹介します。

サイトの課題を分析する方法

Webサイトの改善を行う準備として、Webサイトの課題を分析する方法を解説します。

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールは、Webサイトのアクセス状況を調べられるツールです。CVRやセッション数、流入経路、ユーザー属性などを確認できるため、課題を分析する際に役立ちます。特にGoogleアナリティクスは利用ユーザーが多く無料で使えるため、初めて利用する人にもおすすめです。

ヒートマップツール

ヒートマップツールは、Webサイト上におけるユーザーの行動を把握できるツールです。ユーザーが動かしたマウスの動きなどを記録することで、ユーザーがどの部分に興味を持っているかを可視化できます。反対にユーザーの興味関心が低い部分も分かるため、問題点の分析に有効です。たとえばクリック率が低いボタンは青く表示され、デザインやキャッチコピーの改善が必要になります。

ユーザビリティテスト

ユーザビリティテストは、Webサイトがユーザーにとってどのくらい使いやすいのかを評価するテストです。利用者の視点に立って行うため、数値だけでは分からないユーザーニーズや、Webサイト上の問題点を把握できます。アクセス解析ツールの数値だけでは解決策が見つからない時などにおすすめです。

サイトの課題分析で確認すべきこと

Webサイトの課題分析では、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。特に確認した方が良い項目について紹介します。

閲覧数

アクセス解析で確認できる指標です。Webサイト改善における最も重要な指標のひとつといわれています。閲覧されたページ数を表すPVも、ユーザーの興味関心度が反映されるため、あわせて確認しましょう。

ユーザー属性

アクセス解析で確認できる指標です。訪問ユーザーの年齢や性別、新規ユーザーとリピーターの割合などを確認できます。訪問ユーザーに目的とした属性が少ない場合は、コンテンツの内容などを見直す必要があります。

使用デバイス

アクセス解析で確認できる指標です。どのようなデバイスからWebサイトに訪問しているかが分かります。パソコンやスマホなどのデバイス別にコンバージョン率を比較することで、改善ポイントが明確になります。

アクセスタイミング

アクセス解析で確認できる指標です。Webサイトの訪問者数が多い曜日や時間帯が分かります。定期的に更新しているコンテンツがある場合は、更新のタイミングが正しいかどうかを確認できます。

流入経路

アクセス解析で確認できる指標です。ユーザーがどのメディアを通じてWebサイトに来たのかが分かかります。改善の方向性も明確にしたいときにおすすめです。たとえば、SNSからの流入が多い場合は、SNSマーケティングを強化する施策を優先するとよいでしょう。

流入キーワード

アクセス解析で確認できる指標です。ユーザーがどのようなキーワードを検索したかを確認できます。ユーザーがどれくらい自社を認知しているのか知りたい時にも有効です。

広告流入

リスティング広告などを活用している場合は、広告の内容や流入元を確認する必要があります。流入数の多いキーワードや、コンバージョンに繋がりやすいクエリなどを確認しましょう。

競合他社

競合他社と比べて、自サイトに足りないものがないか確認することも大切です。見劣りがある場合は速やかに改善し、効果検証を行いましょう。また競合分析は、他社の戦略予測やユーザーニーズの調査にも活用できます。

【課題別】サイト改善の具体例

Webサイトの改善は、具体的にどのように行えば良いのでしょうか。Webサイトの改善例を課題別に紹介します。

直帰率・離脱率が高い場合

直帰率や離脱率が高い場合は、ユーザーが目的のページを見つけられていない可能性があります。直帰率が40%以上になっている場合は、デザインや表示速度などを改善しましょう。

デザインの改善

デザインは、Webサイトの印象を決める重要な要素です。奇抜なものより、その業界で一般的に使われているパターンの方がユーザーは見やすいと感じます。奇をてらって差別化を図るのではなく、ユーザーが求める情報をすぐに見つけられる構成にしましょう。文字の大きさが適切かどうかも確認してください。

表示速度の改善

ページの表示速度が遅い場合は、ユーザーにストレスを与えるため、離脱率が高くなってしまいます。どれだけ優れたコンテンツがあっても、ユーザーの目に届かなければ意味がありません。ユーザーの離脱率が高くなるとGoogleからの評価も下がってしまいますので、画像ファイルを最適化するなどして表示速度を改善しましょう。

ファーストビューの改善

ファーストビューで何の会社か分からない場合は、直帰率が高くなります。ユーザーはできる限り簡単に情報を得たいと考えているため、ひとつのWebサイトにかける時間はそれほど多くありません。ユーザーの興味関心を引くためにも、ユーザーの目に触れる最初のページは、競合との違いや事業内容などが一目で分かるようにしましょう。

サイトの訪問数が少ない場合

Webサイトの訪問数が少ない場合は、コンテンツがユーザーの要求に応えきれていなかったり、コンテンツの数が足りなかったりする可能性があります。サイト設計やコンテンツの内容を見直して、ユーザーの満足度が高くなるようにしましょう。

コンテンツの改善

コンテンツは、事例を活用したり、Q&Aページを設置したりするなどして、ユーザーの悩みを解決できる内容にします。特に事例は、第三者の意見なので説得力が強く、自社サービスのアピールポイントになります。顔写真やプロフィールなどを掲載して、できるだけリアリティを与えましょう。

内部リンクの追加

内部リンクで関連性の強いページ同士を繋ぐことで、さまざまなページの閲覧が可能になり、Webサイトの滞在率もアップします。Googleがページの内容を理解しやすくなるため、SEO対策としても有効です。ナビゲーションメニューやパンくずリストも活用して、ユーザビリティの高いWebサイトを構築しましょう。

CVRが低い場合

平均滞在時間や回遊率に問題がないのにCVRが低い場合は、ユーザーの行動をうまく誘導できていない可能性があります。キャッチコピーを変えるなどして、自然な形のコンバージョンを目指しましょう。また、フォームやCTAボタンが適切かどうかも見直しましょう。

ゴールまでの導線を改善する

Webサイト内の回遊率が十分なのにCVRが低い場合は、コンバージョンにつながる仕組みが不足している可能性があります。アクセス解析を行い、離脱率の高いページを修正したり、コンバージョンに繋がる導線を見直したりしましょう。

フォームの見直し

フォームは、名前や連絡先、質問内容などのユーザー情報を入力する画面です。入力項目が多かったり、デザインが分かりにくかったりすると、ユーザーにストレスを与えてしまいます。フォームへのアクセス数が十分なのにCVRが低い場合は、フォームの項目の改善が必要です。

CTAボタンの改善

CTAボタンは、ユーザーに目的の行動をとらせるためのボタンです。内容が分かりづらいと、CVRの低下要因になります。「いまだけ無料体験実施中」といった文言を使うなどして、ユーザーが行動に移しやすくなるように工夫しましょう。ページ内に多く設置しすぎるのは、見た目が悪くなるため注意が必要です。

サイトの課題には優先順位をつける

Webサイトを分析して挙がった改善案は、効果の高いものから順に優先順位をつけて実施します。特に大きな効果が見込める箇所は、一つずつ施策を実施していき、改善案の有効性を正確に把握しましょう。効果的な施策を優先的に実施して、改善効率を高めてください。

サイトを改善した後は効果測定を行う

Webサイトを改善したら、数日後にかならず効果測定を行い、パフォーマンスの変化を確認しましょう。綿密な分析のもと実施した改善案でも、悪い結果になる可能性があるので、一定期間ごとにチェックすることが大切です。

改善効率を上げるには、Googleアナリティクスに実装されている「A/Bテスト」を活用することをおすすめします。効果が出なかった場合は、改善する前のページに戻し、次の改善案を実施しましょう。

まとめ

Webサイトの改善は、アクセス解析ツールやユーザビリティテストなどを活用して、自社に合った改善策を実施してください。手間がかりますが、継続的に実施することが大切です。

「AIアナリスト」は、AIがアクセス解析を⾃動で⾏い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウで、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばすための改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。Googleアナリティクスに連携するだけで利用可能で、設定は2分で終わります。効率的なサイト改善をされたい方は、まずは無料版からお試しください。

AIアナリストの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。