SEOとは何か?仕組みや対策をわかりやすく解説

SEO|更新:2020.07.09|公開:2019.12.20

こんにちは。コンテンツ支援ツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。

Webマーケティングにおいて「SEO対策」をおこなうことは必須だと知っていても、初心者には理解しづらい用語です。この記事ではSEOの仕組みや対策について、わかりやすく解説しています。これからWebマーケティングに取り組む人はもちろん、始めたばかりの人もぜひ参考にしてください。正しいSEO対策をとり、効率よくアクセスアップやコンバージョンアップにつなげましょう。

目次

SEOとは何か?

SEOとは、正式には「Search Engine Optimization」といい、それぞれの頭文字をとってSEOと呼ばれています。SEOは日本語だと「検索エンジン最適化」と訳すことができます。

「検索エンジン最適化」とは、検索エンジン(GoogleやYahooなど)内であるキーワードを検索した際に、自分たちのサイトやブログなどを上位に表示させることです。検索エンジンは、検索結果をどのような順番で表示するか独自の判断基準を持っており、それに近づける必要があります。

検索結果の上位に表示されると、サイトへの流入者が増え、結果的にコンバージョン数(成果)増加や企業の成長に寄与することが期待できます。

SEOのメリット

SEOを行うことには、以下のようなメリットがあります。

  • 効率的な集客ができる
  • 費用対効果に優れている
  • 企業のイメージアップ

それぞれについて確認していきましょう。

効果的な集客ができる

最近、アクションを起こす前にインターネットで情報を集める人が多くなっています。その際、多くの人は検索結果の表示順にサイトにアクセスする傾向があり、上位表示されるだけで多くの人が集まります。また、購入前に情報を調べる人は購買意欲が高いと考えられるため、コンバージョンにつながる可能性も十分にあります。

費用対効果に優れている

商品の認知や購買につなげるために広告を出稿することがあります。リスティング広告の場合、広告が表示されたり、クリックされるたびに費用が発生します。一方、SEOは支払いが発生しないため、適切な対策ができれば費用を抑えて集客を行うことができます。

企業のイメージアップ

多くの人は検索をした際の表示順を重視しており、検索結果の上位に表示されているサイトは信頼できると考える人が多いです。そのため、上位表示されているサイトの個人や企業は信頼を得ることができ、結果的にイメージアップに繋がります。

Googleはどんな指標でサイトを評価しているか

Googleは検索エンジンのアルゴリズムを全て公表していません。ですが、本質的に何を判断基準としているか傾向を掴むことは可能です。ここでは、いくつか一般的に広く共有されている基準について紹介します。

検索キーワードにマッチングしているか

サイトを評価する基準の1つが、ユーザーが検索したワードとの関連性です。例えば、「冷蔵庫 比較」と検索された場合、ユーザーは冷蔵庫の購入を検討していて、各商品を比較したいと考えていると予想できます。

Googleはこの検索ワードに対して、よりユーザーのニーズを満たすようなサイトを検索結果の上位に表示させようとします。そのため、検索されるキーワードに対してコンテンツに関連性を持たせることがポイントです。

ユーザーにメリットのあるサイト内容か

いくらキーワードとの関連があるコンテンツでも、その中身がユーザーにとって有益でなければ、Googleは評価してくれません。また、他のサイトと内容が酷似していてもいけません。

コンテンツを作る際には、専門性・信頼性・権威性があるかどうかを意識しましょう。中でも、専門性を高めることは非常に重要です。そのためには、サイト全体のテーマを明確にし、テーマに合ったコンテンツを増やしていくことが大切です。専門性が高くなれば、ユーザーからの信頼も得られ、他のサイトよりも権威性を持たせることができるため、上位表示されやすくなります。

より多くの被リンクを集めているか

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトに向けたリンクのことです。被リンクの数が多いサイトほどGoogleからの評価も高くなり、検索結果の上位に表示されやすくなります。外部のサイトがリンクを貼りたくなるような質の高いコンテンツ作りを意識しましょう。

ガイドラインに違反していない

Googleではサイトを作成・運用する人に向けてガイドラインを設置しています。ガイドラインは、「一般的なガイドライン」「品質に関するガイドライン」の2つです。

一般的なガイドライン

一般的なガイドラインでは、以下の3点について説明されています。

  • Googleがページを検出できるよう手助けする
  • Googleがページを理解できるよう手助けする
  • 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

Googleは作成したサイトの分析を行ったうえで、検索結果に表示させます。そのため、Googleがページを見つけられるかどうか、見つけたページがわかりやすいかどうかという点は非常に重要です。

品質に関するガイドライン

品質に関するガイドラインでは、「基本方針」と「具体的なガイドライン」の2つで構成されています。基本方針では、ユーザーを第一に考えること、ユーザーを騙してはいけないこと、サイトの独自性や魅力を高めること、といった心得について触れられています。

また、具体的なガイドラインでは、コンテンツの自動生成など使用すべきではない方法が紹介されています。ちなみに、サイトへのスパム報告が行われた場合、当該サイトを検索結果から削除することもあります。
※参考:Googleガイドライン

「Yahoo!」について考慮は不要か?

ここまでは、Googleのサイト評価の基準について解説しましたが、同じく大手検索エンジンのYahoo!の基準が気になる人もいるのではないでしょうか。Yahoo!に関しては、Googleの検索エンジンと同じシステムを採用しています。そのため、ここまでに紹介したGoogleの評価基準に沿ってサイトを作成すれば問題ありません。

初心者にもできるSEO対策をわかりやすく解説

ここからは、SEO初心者でも行える具体的な対策について解説します。SEO対策といっても決して難しいものではないので、ぜひ取り組んでみてください。

検索キーワードを選定する

SEO対策を行う上でまず大切になるのがキーワードをリサーチすることです。自社が運営するサイトがどういったキーワードでユーザーから検索されているのかを調査します。サイトにアクセスするときに「検索してほしいキーワード」と「実際に検索されているキーワード」に違いがある可能性もあります。実際に検索ボリュームを分析し、ユーザーのニーズを把握しましょう。

分析はGoogle Analyticsのような無料で利用できるツールがあるので、簡単に行えます。また、競合サイトの分析ができるツールなどもあります。

サイト内部のコンテンツを充実させる

サイトを上位表示させるためには、サイト自体のコンテンツを充実させることが重要です。量が豊富なことはもちろん、ユーザーのニーズを満たすようなコンテンツの質があるかどうかがポイントになります。

また、検索エンジンはサイトの内容をテキストからも判断するため、画像のみのページにはテキストを挿入するようにしましょう。そして、上述のように、コンテンツに独自性があるかどうか、専門性があるかどうか、そしてユーザーにとってわかりやすいかどうかも重要です。

タイトルや内部リンクを最適化させる

検索エンジンがサイトの内容を評価する際に重要視しているのが「<title>」や「<h1>」「<h2>」といったタグを使用しているかです。タグは、簡単にいうと検索エンジンにとっての目印のようなものです。また、検索を狙うキーワードをタイトルや見出しの前半部分に入れることもポイントになります。

内部リンクの設定もSEO対策を行う際には非常に重要です。内部リンクとは、同じサイト内であるコンテンツから別のコンテンツにリンクを結ぶことです。検索エンジンはこのような点も評価対象としています。

サイト外部のSEO対策を図る

先ほども触れたように、外部サイトからの被リンク数も評価対象となります。被リンク数が多い場合、「ほかの人(サイト)から見ても良質なサイトである」と判断されます。被リンク数を増やすためには質の高いコンテンツ作りや、SNSの活用が欠かせません。

一方で、外部リンクを集めるためにリンクを買う「ブラックハット」と呼ばれる方法も存在します。この行為はGoogleのガイドラインで禁止されています。ブラックハットの横行により、被リンクによる評価の価値は下がったと言われていますが、良質なリンクを得ること自体はまだまだ有効な対策と言えます。

まとめ

Webマーケにおいて、SEO対策は欠かせません。SEO対策を行うためには、Googleの評価基準を把握することが非常に重要です。ユーザーのニーズを満たしているか、ユーザーを騙していないか、被リンクがあるか、といった点をおさえておくといいでしょう。

「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します。

AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須