コンテンツマーケティングで上位表示させるには?具体的なSEO対策も解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

検索順位を上げたくてコンテンツマーケティングを実施するも、どのようにSEO対策すればよいか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では、自社のサイトやブログを運営する人に向けて、コンテンツマーケティングを活用して上位表示させる方法を解説します。具体的にどのようにすればよいか分かるように解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーニーズを押さえたコンテンツを継続的に発信し、見込み顧客を獲得、育成、ファン化させるマーケティング手法のことです。テキストや動画など、発信するコンテンツの種類に制限はなく、それぞれの目的に応じてユーザーが満足する情報を発信していきます。

コンテンツを通して、見込み顧客を本物の顧客に育成する点が特徴です。既に商品や企業に興味をもっている顕在顧客だけでなく、自分の悩みに気づいていないような潜在顧客も、長期的な視点でファンにしていきます。

▼関連記事
コンテンツマーケティングとは?仕組みや従来のマーケティングとの違い、実践方法を解説

コンテンツマーケティングとSEOの関係性

コンテンツマーケティングはSEOである、と勘違いする方がいますが、両者は明確に異なります。コンテンツマーケティングは、価値の高いコンテンツを発信することで、見込み顧客を本物の顧客へと育成する手法です。

一方SEOは、Webサイトのアクセス数を増やすために、ユーザーにとって価値の高いコンテンツを配信します。見込み顧客を本物の顧客へと育成するための施策といえるため、コンテンツマーケティングにおける戦略のひとつです。

▼関連記事
コンテンツSEOとは?その手順やメリット・注意点を初心者にもわかりやすく解説

コンテンツマーケティングで上位表示させるために必要なこと

コンテンツマーケティングで上位表示させるには、SEO対策したコンテンツを制作し、検索エンジンからWebサイトを高く評価してもらう必要があります。詳しい内容について、以下で解説します。

SEO対策をしたコンテンツを配信する

コンテンツマーケティングで上位表示させるには、SEO対策が必須です。SEO対策を行うことで、検索エンジンに評価されやすいWebサイトやコンテンツになります。

ユーザーのニーズに沿ったコンテンツであることが重要

コンテンツマーケティングを成功させるには、ユーザーニーズを満たすコンテンツであることが重要です。最近のGoogleは、ユーザー満足度を高めるコンテンツを上位表示する傾向にあります。

検索エンジンから評価されることが必要

制作したコンテンツは、検索エンジンから評価されて初めて上位表示されます。ユーザーニーズを満たす内容にすることも大切ですが、検索エンジンから評価を得ることも意識しましょう。いくら良質なコンテンツでも、検索エンジンから評価されなければ上位表示されません。

不自然に外部リンクを取得したり、競合サイトのコンテンツをコピペしたりしているWebサイトは、ブラックSEOと言われ、検索結果から排除される傾向にあります。コンテンツマーケティングでは、正攻法であるホワイトハットSEOを行ってください。

コンテンツを上位表示させるための具体的なSEO対策

コンテンツを上位表示させるには、どのようなSEO対策が有効なのでしょうか。具体的な方法を紹介します。

適切なキーワードを選定する

上位表示するための肝は、適切なキーワード選定です。キーワードが適切だと、検索エンジンにコンテンツの内容が正確に伝わり、検索順位も上がりやすくなります。想定読者がどんなキーワードを検索するか、具体的に想像しましょう。

Googleキーワードプランナーなどのツールを利用しキーワードの候補をピックアップし、自社製品やサービス、企業と関連性の強いキーワードを設定します。Webサイト全体のテーマとなるため、正確に選びましょう。

ミドル・スモールなどのテールキーワードも意識する

キーワード選定の際は、軸となるキーワードだけでなく、ミドル・スモールなどのテールキーワードも意識します。ビッグキーワードは検索意図が複雑化しており、上位表示するのが難しいためです。テールキーワードも一緒に設定すれば、ユーザーニーズに沿ったコンテンツを作りやすくなります。

競合サイトの分析を行う

競合サイトの分析を行い、Webサイトの方向性やコンテンツの質などが、間違っていないか確認します。競合サイトは、既に検索エンジンからの評価を得ているため、参考にできる部分が多いです。使えるところは、コピペにならない程度に活用します。

質の高いコンテンツを作成する

コンテンツを上位表示させるには、質の高いコンテンツが必須です。具体的な作成方法を紹介します。

顧客の知りたい情報や興味がありそうな内容を書く

コンテンツは、ユーザーの悩みを解決できるものや、興味関心の高い内容を書きます。ユーザー目線で制作することが大切です。

検索キーワードに沿ったコンテンツの内容にする

検索キーワードからユーザーの検索意図を読み取り、コンテンツに反映させます。ユーザーが何に悩み、どのようなものを求めているか、しっかり考えましょう。検索意図を明確にすることで、ユーザーニーズに合ったコンテンツを作成できます。

専門的で信憑性があるコンテンツを作成する

専門的で信憑性があるコンテンツは、上位表示される傾向があります。Googleが「専門性・権威性・信頼性(通称E-A-T)」のあるWebサイトを重視しているためです。

タイトルにメインキーワードを盛り込む

タイトルは、検索エンジンが重視する部分なので、かならず軸となるメインキーワードを盛り込みましょう。メインキーワードは、なるべく最初の方に配置します。タイトル全体の文字数は、35文字前後を意識しましょう。

h2・h3の見出しをわかりやすくする

近年のアップデートによりh2やh3タグが検索結果に表示されるようになったことで、SEO的にh2やH3がより重要になっています。h2やh3の見出しは、ユーザーの利便性を考慮して、分かりやすく書きましょう。

コンテンツに適した文字数で書く

コンテンツは、文字数が多ければよいというわけではありません。あくまでユーザーニーズを満たす適切な文字数で書くことが大切です。ユーザーの悩みをしっかりと解決できていれば、文字数の少なさはそれほど問題になりません。

スマホ用に最適化(モバイルフレンドリー)する

最近はスマホからアクセスするユーザーが多いため、Webサイトもスマホ用に最適化します。スマホからWebサイトを利用する方にも、快適な利便性を提供しましょう。Googleも、AMPに対応させてページを早く表示することを推奨しています。

内部対策・コンテンツの改善を行う

上位表示させるには、内部対策やコンテンツの改善を行って、Gogoleが理解しやすいサイト構成にする必要があります。ユーザーニーズを満たすコンテンツにするためにも重要です。内部対策の例を以下で紹介します。

タグの最適化を行う

タイトルタグやh1・h2・h3などの見出しタグを、Googleが理解しやすいよう最適化します。タイトルタグは、軸となるキーワードをしっかり入れ、コンテンツの内容を端的に伝えましょう。h1タグはコンテンツの内容を検索エンジンに伝える役割を持つため、ページごとに1つだけ利用します。

繰り返し利用できるh2タグ以下は、h2で伝えきれない内容をh3に書く、というように階層関係を重視します。

他サイトとの類似性を確認する

制作したコンテンツと競合サイトの類似性を確認し、コピペ判定されるところがないか確認しましょう。競合サイトと似ているコンテンツが多いと、検索エンジンから低評価を受ける可能性があります。Webサイトは、オリジナリティを出すことも重要です。

リライトを行う

思った通りの成果が得られなかったり、Googleのアップデートにより検索順位が下がったりする場合は、既存コンテンツのリライトが必要です。文章を読みやすくしたり、競合サイトにはない情報を追加したりして、コンテンツの質を高めましょう。

外部対策を行う

コンテンツSEOとしては、外部対策も有効です。具体的な方法を紹介します。

被リンクを集める

被リンクは、価値あるコンテンツの証明となるため積極的に集めましょう。ユーザーニーズを満たした良質なコンテンツを増やすと、他サイトから自然な被リンクが集まります。被リンクを大量に購入するなどのブラックハットSEOは、ペナルティを受ける可能性が高いので避けましょう。

良質な被リンクを集めるには、オリジナリティを出すことも重要です。競合サイトにはない独自性があれば、他サイトからシェアされやすくなります。

不自然なリンクは避ける

Webサイトを上位表示させるには、リンクの質も重要です。Googleからペナルティを受けているWebサイトや、リンク切れしているページへのリンクは、自社サイトの評価を低下させる原因になります。

Webサイト内のリンクは、ユーザーの役に立つものだけに厳選しましょう。サーチコンソールなどのツールを活用し、不自然なリンクがないか確認してください。競合サイトを分析し、どのようなコンテンツが質の高い被リンクを獲得しているかも、把握しましょう。

コンテンツマーケティングで上位表示されない場合の対処法

適切にSEO対策したと思っても、コンテンツが上位表示されないケースがあります。この場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。具体的な対処法を紹介します。

SEOのプロに外部委託する

コンテンツマーケティングで上位表示させるには、SEO対策やWeb広告、ライティングなどに関する専門知識が必要です。社内リソースだけで対応するのが困難な場合は、SEOのプロに外部委託することも考えましょう。外部メディアが提供する、コンテンツマーケティングサービスを利用するのもおすすめです。

まとめ

コンテンツマーケティングで上位表示させるには、ユーザーニーズに合ったコンテンツを発信し、しっかりとSEO対策する必要があります。ユーザーの悩みを解決でき、かつ検索エンジンから評価を得られるコンテンツを制作しましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案可能です。コンテンツマーケティングにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。