Googleアナリティクスの「参照元」とは? 【5分でわかる!】

アクセス解析|更新:2018.01.16|公開:2017.07.13

こんにちは! アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームです。
今回はGoogleアナリティクスの「参照元」について簡単にご説明します。

Web担当者のみなさまがよくぶつかる課題の1つに、
「Googleアナリティクスの『参照元』の意味がわからない」
「『参照元』の調べ方がわからない」
といったものがあると思います。

ちなみに、Googleアナリティクスの「参照元」の取り扱いには注意が必要です。なぜならGoogleアナリティクスの「参照元」は他のアクセス解析ツールの参照元とは異なるからです。

そこで今回は、Googleアナリティクス特有の「参照元」の意味と見方についてご紹介します。また、「参照元」と区別の付きにくい「メディア」との違いも合わせてご説明します。

目次

Googleアナリティクスの「参照元」とは?

まず一般的に、参照元とは、流入元のサイトのことです。

例えばネット通販サイトのある商品ページの解析を行うとしましょう。もしあるユーザーがGoogle検索を行って直接その商品ページを訪問した場合、参照元はGoogle検索となります。他のあるユーザーがFacebookの広告を見てそれをクリックして商品ページに入った場合、参照元はFacebook広告となるのです。

この様に、参照元を分析することで、解析対象ページの訪問者がどこからそのページに訪問したのかがわかるのです。

ここで1点、注意すべき点があります。
Googleアナリティクスの「参照元」では他のアクセス解析ツールとは異なり、ブックマークからの流入があった場合、前回訪問時の流入元を「参照元」とします。他のアクセス解析ツールではこのような場合、『参照元なし』にカウントされます。

例えば、
1回目訪問時 : 検索エンジンから流入。この時ブックマーク登録。
2回目訪問時 : ブックマークから流入。
の場合、2回目訪問時の流入は、

他のアクセス解析ツールならば『参照元なし』となりますが、GoogleアナリティクスではCookieを遡って『検索エンジン』を参照元とするのです。

Googleアナリティクスのみこの様な仕様となっているのは、少しでも情報を収集できるように、とのGoogleの考え方でしょう。『参照元なし』では流入元についての情報が全く得られませんから、分析によって得られる有用な情報を少しでも増やそうと、Cookieを遡るように設計されていると考えられます。

(関連記事:「AIが自動でサイト分析!GoogleアナリティクスのAssistant機能の実力は?」

メディアとは?参照元との違いを理解しよう

「参照元」と「メディア」を組み合わせることで、流入元についてさらに詳細なデータを得ることができます。まず、参照元とメディアの見分け方をご説明します。

参照元とメディア

画像のように、「参照元/メディア」の欄には「Google / organic」の様に2つの分析結果が書かれています。前半が参照元で後半がメディアです。

つまり、「◯◯◯ / △△△」の
◯◯◯=参照元
△△△=メディア
を意味しています。

そして、メディアと参照元の違いは以下の通りです。
参照元=具体的な流入元のサイト・ページ
メディア=流入元の種類
を表しています。具体的なメディアを以下に示します。

メディアの例

organic 検索による流入
referral リンクを踏んで流入
display ディスプレイ広告からの流入
cpc リスティング広告などの有料広告からの流入
cpm ディスプレイ・バナー広告からの流入
none 流入元種類が不明

この様に、メディアは流入元のタイプを示すもので、参照元からの流入の属性を示すものです。具体的な例を次章でご紹介します。

(関連記事:「Googleアナリティクスのユーザー必見!レポート自動作成ツール6選」

Googleアナリティクスでの参照元/メディアの見方

この章では、参照元/メディアの開き方、データの見方をご説明します。

まず参照元/メディアの開き方です。Googleアナリティクスを開いたら、「レポート」の下の「集客」を開きます。その中の「すべてのトラフィック」の「参照元/メディア」をクリックします。ページが開いたら右側に参照元/メディアの結果が表示されます。

参照元/メディアの結果

次に、参照元とメディアの組み合わせから何がわかるのか、具体的を見ながらご紹介します。

  • Google / organic : Google検索の検索結果をクリックして訪れたユーザー
  • yahoo / cpc : Yahoo検索の際に表示されたリスティング広告から流入したユーザー
  • Facebook / cpm : Facebookで表示された広告から流入したユーザー

この様に、

  • どのサイトから(参照元)
  • どのタイプの(メディア)

流入の仕方をしてきたのか、参照元 / メディアから読み取ることができるのです。

(関連記事:「Googleアナリティクスだけじゃない!?サイト改善方法がわかるツール 7選」

Googleアナリティクスに慣れていない方におすすめのツールとは?

Googleアナリティクスの「参照元」の意味と、「メディア」との違いについてご説明しました。
しかし、Googleアナリティクスにはこれら以外にもまだまだたくさんの用語があって難しいですよね。

そんな方におすすめの、Googleアナリティクスの用語を知らなくてもWebサイトの課題が分かるツールがあります。
それは「AIアナリスト」です。

AIアナリストでは、用語がわからなくても、人工知能が自動でWebサイトを分析してサイトの課題や改善提案を出してくれるので大丈夫です。
無料で登録できるので、まずはお試しください。

Googleアナリティクスの用語が分からなくてもサイトの課題が分かる「AIアナリスト」はこちら


この記事を書いた人

横山 崇

マーケティングチーム所属。工学系の大学院生です。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須