【Googleアナリティクス】モバイルアプリ分析の導入方法から分析ポイントまで解説

アクセス解析 |

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

スマートフォンのアプリもWebサイトと同様、Googleアナリティクスを利用できることはご存知でしょうか?
アプリ分析を行うことで、ユーザーがどのようにアプリを利用しているか把握し、目標達成や成果の最大化につなげることができます。
今回は、Googleアナリティクスのモバイルアプリ分析をテーマに、最新バージョンのFirebaseを利用した導入方法や見るべきポイントなど、アプリ分析の基本を解説します。

Googleアナリティクスの設定が正しくできているか診断(無料)はこちらから

目次

スマホアプリの種類

スマートフォンのアプリは大きく分けて3つの種類があります。

ネイティブアプリ

ネイティブアプリは、Objective-CやJavaで開発され端末にダウンロードして実行させるアプリになります。高速起動、操作性の高さ、カメラやGPSといったスマートフォン本体との連携が可能といった特徴があります。

Webアプリ

Webアプリは、端末にダウンロードすることなくWebブラウザからアクセス可能なアプリです。
Webサイトと同様、HTML、CSS、JSで作成されるため、WebアプリはWebサイトと同じと考えてよいでしょう。

ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリは、ネイティブアプリとWebアプリを組み合わせたアプリになります。
ネイティブアプリのようにデバイスの機能を利用でき、WebViewを用いてマルチプラットフォームに対応するなど、ネイティブとWeb技術のメリットを活かした組み合わせが特徴です。

Googleアナリティクスの分析を行うには、WebアプリはWebサイトと同様、HTMLファイルにトラッキングコードを挿入することで解析可能です。設定方法については、こちらの記事(Googleアナリティクス登録・設定手順【これさえ読めばOK!】)を参照してください。

ハイブリッドアプリの分析は、WebViewにはWebサイト用のGoogleアナリティクスで計測を行い、ネイティブ部分はSDKで計測を行うといった方法があります。

今回は、ネイティブアプリにGoogleアナリティクスを導入する場合を詳しくご紹介します。

(関連記事:「AIが自動でサイト分析!GoogleアナリティクスのAssistant機能の実力は?」

ネイティブアプリにGoogleアナリティクスを導入する方法

Googleアナリティクスのアプリ分析(ネイティブアプリ)には、SDK(Software Development Kit=ソフトウェア開発キット)を導入する必要があります。
Googleアナリティクスを利用するために必要なSDKは、「Googleアナリティクス開発者サービス SDK」や「Firebase SDK」などがありますが、今回は最新バージョンのアプリレポートに必要な「Firebase」を使用した導入方法をご紹介します。

Firebaseとは、2014年にGoogleに買収されたモバイル開発のための統合プラットフォームです。
2016年には機能を刷新し、アプリ分析ソリューションの「Firebase Analytics」が登場しましたが、2017年5月17日にこの名称が廃止され、Googleアナリティクスブランドに統一されました。

それではさっそくFirebaseを導入したGoogleアナリティクスの設定方法をみていきましょう。

(関連記事:「プロが厳選!絶対に入れておきたいアクセス解析ツール4選」

Firebaseの設定

まずはじめにFirebaseの設定を行います。

 

1) アカウントを登録

Firebaseへアクセスし、アカウントを登録します。
Googleのアカウントをお持ちでしたら、そのアカウントでログインできます。

Firebase

 

2) プロジェクトを作成

Firebaseコンソールへ移動し、プロジェクトを作成します。

コンソールのトップで「プロジェクトを追加」をクリックし、新しいプロジェクトを作成しましょう。

新しいプロジェクトを作成

新しいプロジェクトを作成

 

3) Firebaseを追加

プロジェクトを作成すると、概要ページへ移動します。
各プラットフォーム別にFirebaseを追加することができるので、手順に従ってFirebaseを追加します。

Firebaseを追加

それぞれの設定方法については、Firebaseドキュメントのプラットフォーム別スタートガイドに詳しく説明されているので参考にしてみてください。

(関連記事:「Googleアナリティクスだけじゃない!?サイト改善方法がわかるツール 7選」

Googleアナリティクスの設定

Firebaseの設定が完了したら、Googleアナリティクスの設定を行います。

 

1) プロパティを作成

Googleアナリティクスにログインし、「管理」画面へ移動します。
プロパティのプルダウンから「新しいプロパティを作成」を選択します。

新しいプロパティを作成

 

2) モバイルアプリを選択

アカウントの設定画面へ移り、トラッキングの対象で「モバイルアプリ」を選択します。

「モバイルアプリ」を選択

 

3) Firebase アプリを選択

さきほどFirebaseで登録したアプリを選択します。
「アプリに接続」をクリックして設定完了です!

「アプリに接続」をクリックして設定完了

Googleアナリティクスの設定が正しくできているか診断(無料)はこちらから

レポートでみる4つの視点

設定が完了後、24時間以内にマイレポートの計測結果を確認することができます。
DebugViewレポートでは、リアルタイムでログに記録したイベントも見ることができます。
また、Firebaseを導入することで、GoogleアナリティクスとFirebase コンソールの両方でレポートを見ることができるようになります。
レポートは、どちらでみても同じ内容になります。

アプリレポートは、以下の4つの要素で構成されます。

イベント

Firebase SDKでは自動収集するイベントが設定されており、コードを追加しなくても、初回起動数、開始されたセッション数、アプリ内の購入回数などが把握できます。

コンバージョン

イベントをコンバージョンとして設定すると、そのイベントに関する外部ネットワークなど、連動している広告ネットワークで発生したコンバージョンイベント数が把握できるようになります。

ユーザー プロパティ

ユーザープロパティとは、ユーザーの特性のことです。Firebase を使用すると、コードを追加しなくても自動でユーザープロパティを収集できます。デフォルトで用意されているユーザープロパティには、年齢、性別、国、デバイスの機種、インタレストカテゴリなどがあります。独自のユーザープロパティを作成することもできます。

参考 : 自動的に収集されるユーザー プロパティ

ユーザー

イベントとユーザープロパティ(年齢、性別、言語)を組み合わせ、セグメント別にユーザーを区分し定義することができます。

(関連記事:「Googleアナリティクスのユーザー必見!レポート自動作成ツール6選」

アプリ分析をして成果につなげて行こう!

スマートフォンのアプリもWebサイトと同様、データを収集し分析することが重要です。
解析を行うことで、ユーザーのアプリ内での行動を把握し、利便性の向上・利用促進・新規ユーザーの獲得・商品の購入数増加といった成果につなげていくことができます。
非常に高機能なGoogleアナリティクスのアプリ分析も、もちろん無料で利用することができます。
もしまだアプリ分析を行っていないようなら、モバイルアプリの改善に、Googleアナリティクスのアプリ分析をぜひ活用していきましょう!

AIアナリストの資料請求はこちら

Googleアナリティクスの設定が本当にきちんとできているのか不安な方は無料で診断をいたします。正しい設定ができているか確認したいという方は、こちらからお申し込みください。



この記事を書いた人

野内 早苗

マーケティングチーム所属。デザイナーとしての豊富な経験を活かして活躍中です。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。