Googleアナリティクスを徹底活用!日々の分析で注目すべきポイントはこれだ!

アクセス解析 |

運営しているサイトがどのような状況なのか、日頃からチェックすることは、サイト改善の手がかりを得られるためとても重要です。
そのためにはGoogleアナリティクスをうまく活用しなければなりませんが、Googleアナリティクスで具体的に何に注目すればよいのでしょうか。これがわからなければ漠然とデータを眺めて毎日ムダな時間をすごすことになってしまいます。
本記事では、Googleアナリティクスを活用した日々の分析方法について、Web担当者に就任したばかりの方にもわかりやすく解説いたします。毎日、サイトの数字を振り返ることで、変化が起こった際に、すぐ対応できるようにしましょう!

Googleアナリティクスの設定が正しくできているか診断(無料)はこちらから

注目すべきはサイトの「集客力」と「成約率」

さて毎日の振り返りでチェックするべきなのは、ズバリ「集客力」と「成約率」です。具体的には流入元毎の訪問数コンバージョン数を確認することです。
流入元とは、サイトを訪れる直前にユーザーが見ていた媒体のことで、Googleアナリティクスでは「チャネル」から確認できます。

それでは早速、流入元の情報をを調べていきましょう。
左メニューの[集客 → チャネル]の順番にクリックします。
毎日の振り返りの場合、右上のデータ取得期間は、直近1週間で問題ありません。

すると、以下のような合計セッション数推移グラフと、詳細レポートが表示されます。

合計セッション数推移グラフと、詳細レポート

ここで、流入元に関する用語がいくつか出ているのですが、以下の記事でそれぞれの用語を解説しているので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

参考 : Googleアナリティクスを使って、流入元の効果を調べよう

それでは、これらのグラフとレポートを用いて、集客力と成約率を調べていきましょう。

【Googleアナリティクス活用術その1】流入元毎の集客力を確認する

レポートから、指定した期間の流入元毎のセッション数を確認できますが、ここで便利なのは日毎の変化をグラフで見ることです。実績の推移を見たい流入元のチェックボックスをクリックして、「グラフに表示」をクリックします。

日別でセッション数の変化を示すグラフ

すると、日別でセッション数の変化を示すグラフが表示されます。このようにして、どの流入元ごとの訪問が変化したのか、いつ数値が増減したのか、を簡単に可視化して、日々の変化を敏感に察知できます。

【Googleアナリティクス活用術その2】流入元毎の成約率を確認する

また、このグラフ上のタブをクリックして、サマリーを選ぶと、コンバージョン率・コンバージョン数の指標を選択できます。セッション数と同様に、コンバージョン率・コンバージョン数の変化も追いかけていきましょう!

コンバージョン率・コンバージョン数の指標を選択

ここまで見てきた集客力と成約率の2点を調べることで、コンバージョン数に変化があったときに、「広告経由のコンバージョン率が上がったため」「新しく紹介されたサイトからの流入が増えたため」のように詳細な原因を特定できます。

また、週単位で振り返る場合は、過去1週間の実績と比較して振り返ってみましょう。右上の期間をクリックして、「比較」を選びます。ここで、「前の期間」を選択すると、今週と前週の数字の変化率とグラフが表示されるので、前週と比べた良かった点・悪かった点に気づけます。

比較

ここまで見てきた指標を日々チェックすることで、サイトの変化にいち早く気づき、安定したサイト運営を実現します。ぜひ毎日数字を見る習慣を身につけてくださいね。

Googleアナリティクスの設定が正しくできているか診断(無料)はこちらから

Googleアナリティクスを120%活用したい方へ

以上のとおり、Googleアナリティクスを活用して日々分析すべきポイントとその方法をご説明しました。
日々の変化を敏感に察知し、サイト改善につなげることが大切ですが、一方で毎日一定の工数を割かないといけないというのも大変ですし、正しく活用できているか不安に思うこともありますよね。

そこで、おすすめなのが以下のリンク先から読めるe-bookです。
効率的なGoogleアナリティクスの使い方をわかりやすく解説しています。これを読めば面倒なアクセス分析をする時間が短縮され、サイト改善により一層力を入れられるようになるでしょう。

無料配布中ですので是非ご一読くださいね!

サイト分析の効率化が図れるe-book 無料ダウンロードはこちら

Googleアナリティクスの設定が本当にきちんとできているのか不安な方は無料で診断をいたします。正しい設定ができているか確認したいという方は、こちらからお申し込みください。


この記事を書いた人

鐙谷 直貴

株式会社WACULマネージャー。AIアナリストのマーケティングを担っています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。