GoogleアナリティクスでQRコードの効果測定をしよう!

アクセス解析|更新:2017.12.21|公開:2017.12.21

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの曽我です。

この記事では、Googleアナリティクスを使ってQRコードからWebサイトへの流入を測定する方法についてご説明します。また、QRコードの測定に必要なパラメータの設定方法についても解説しています。

マーケティング施策の一環としてQRコードを利用されている方も多いと思いますが、どのQRコードからの流入・CVが多かったのかを計測しているでしょうか?
施策は打ちっぱなしでは意味がありません。
この記事を読んでGoogleアナリティクスでQRコードの効果測定をする方法を学び、しっかりとPDCAサイクルをまわして成果を最大化しましょう!

目次

  1. URLにパラメータをつける
  2. QRコードを作成する
  3. GoogleアナリティクスでQRコードからの流入を確認する

GoogleアナリティクスでQRコードの効果を測定するには?

QRコードの効果をGoogleアナリティクスで測定するステップは

  1. URLにパラメータをつける
  2. QRコードを作成する
  3. GoogleアナリティクスでQRコードからの流入を確認する

というたったの3つです。
以下では、それぞれのステップについて詳しくご説明していきます。

1) URLにパラメータをつける

まずはQRコードから飛ぶリンクのURLにパラメータをつけましょう。

ここでいうパラメータとは、Googleアナリティクス上でアクセスデータを分類するためにURLの末尾に追加する特定の文字列のコードのことをいいます。Googleアナリティクスにおけるパラメータについて詳しく知りたい方は、Googleアナリティクス「パラメータ」の設定手順をイチから解説!を参照してください。

まずは、URL生成ツールを開き、「GoogleアナリティクスのデモとツールサイトのキャンペーンURL生成ツール」をクリックします。

URL生成ツール

すると、「Campaign URL Builder」というページがでてきます。そこで、必要事項を入力していきます。必要事項は以下の4つの項目で、入力する内容は以下の通りです。

  • Website URL→QRコードで誘導するリンク先URL
  • Campaign Source→qrcord
  • Campaign Medium→dm
  • Campaign Name→任意のキャンペーン名

4項目を入力したら、URLが自動で作成されるので、「Copy URL」をクリックしてコピーします。

Campaign URL Builder

2) QRコードを作成する

次に、Google Shortenerを使ってQRコードを作成します。

Google Shortenerを開いたら、下のような画面が出ます。そうしたら、先ほどコピーしたURLを貼り付けて、「SHORTEN URL」をクリックします。

Google Shortener

すると下のような画面が出てくるので、「DONE」をクリックします。

Your short URL

すると、下の画面のように短縮されたURLができます。次に、リストの1番右側の記号をクリックし、「QR code」をクリックします。

短縮されたURL

すると下のような画面がでてきます。

QR Code

これでQRコードの完成です。このQRコードを貼りたいところに貼り付ければ使用することができます。

3) GoogleアナリティクスでQRコードからの流入を確認する

作成したQRコードからWebサイトへの流入がどれくらいあったのかを確認しましょう。
Googleアナリティクスにログインして集客 → すべてのトラフィック → 参照元/メディアを開いてください。

「参照元/メディア」の列を見ると、「qrcode/dm」という項目を確認できます。
この行を見ればQRコード流入のセッション数、直帰率、コンバージョン率などが分かります。

QRコードからWebサイトへの流入を確認

このように、URL生成ツールで作られたリンクからの流入は、「設定したCampaign Source名/設定したCampaign Medium名」で表示されます。
今回はCampaign Sourceが「qrcode」、Campaign Medium名が「dm」だったため「qrcode/dm」という表示になっています。
もし「dm」ではない文字列を指定した場合は、その文字列を探してみてください。

まとめ

以上、Googleアナリティクスを使ってQRコードからWebサイトへの流入を測定する方法とQRコードの測定に必要なパラメータの設定方法についてご説明しました。ここでご紹介した3つのステップを踏むことで、まずはひとしきりQRコード施策の効果検証ができるようになります。

とはいえ、GoogleアナリティクスでQRコードの成果を計測しても、それだけで終わっては意味がありません。その計測結果から改善案を考えて実施していかなければなりませんが、アクセス解析結果から改善案を導き出す方法がわからないという方も多いでしょう。

そこでオススメなのが、弊社サービスのアクセス解析ツール「AIアナリスト」です。
AIアナリストは、Googleアナリティクスのアクセス解析データと連携させた大量のデータを人工知能が分析して課題を発見し、課題ごとの改善方針提案まで全て自動で行ってくれるサービスです。これによってアクセス解析の工数を大幅に削減することができます。

Googleアナリティクスのアカウントを連携するだけで1分で無料登録できるので、是非お試しください。

サイトの改善案を人工知能が出してくれる「AIアナリスト」はこちら


この記事を書いた人

曽我 由里香

社内最若手のインターン生。カスタマーサポートからマーケティングまで幅広い業務をこなしています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須