Webライティングとは?SEOにも効果的な書き方と注意点を解説

WEBライティング|更新:2020.10.29|公開:2020.10.29

こんにちは。コンテンツSEOツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。

WebライティングとはWeb上に掲載する文章を作成すること、そしてそのための技術のことです。読みやすい記事を作るには、webライティングのポイントを押さえる必要があります。この記事ではWebマーケティング担当者に向けて、Webライティングの概要と書き方について解説しています。ライティング時のポイントや注意点も取り上げるので、参考にしてください。

目次

Webライティングとは?

ここでは、Webライティングがどのようなものなのかを解説します。

Webライティングの特徴

WebライティングとはWeb上に掲載する文章を作成すること、そしてそのための技術のことです。もう少し詳しくいうと、スマートフォンやパソコンなどで記事を読む人に読みやすい記事を書く技術、さらには検索エンジンの検索結果で上位に表示させるための技術がWebライティングです。

Webライティングでは、ユーザーが読んでいて楽しい・興味深いと思えるような記事を書くことはもちろん、検索エンジンにとっても読み取りやすい文章を作成する必要があります。

Webライティングと紙媒体の違い

Webと紙媒体のどちらでも記事を読むことはできますが、それぞれの媒体で目的やかける時間などが異なります。紙媒体の場合はゆっくり理解を深めたいので、有料でも時間をかけて読んでくれます。一方でWebライティングの場合は、ユーザーがすぐに答えを知りたいので、結論から書く、読みやすく工夫することが必要です。

記事の内容や書き方によっては、ユーザーが途中で離脱する可能性もあります。

WebライティングとSEOライティングとの違い

SEOライティングは、検索エンジンのアルゴリズムを踏まえて検索結果の上位に記事を表示させることを目的としたライティング技術です。Webライティングは、ユーザーに向けた記事を書く技術であるのに対して、SEOライティングは検索エンジンに向けた記事を書く技術といえるでしょう。

Webライティングの種類

Webライティングには、大きく分けて2種類があります。1つは、ものを売ることを目的とした「セールスライティング」で、もう1つは、ものを売ることを目的としていない「ノンセールスライティング」です。両者は場合によっては、使い分けたり組み合わせたりすることになります。

Webライティングの文章の基本構成

ここでは、Webライティングの文章における基本的な構成について解説します。Webライティングは読みやすくするために書き方の基本構成に一定のルールがあり、「SDS法」と「PREP法」の利用が多いことが特徴です。

SDS法

SDS法とは、同じ内容を3つに分けて説明する方法です。「Summary Details Summary」の頭文字をとってSDS法と呼ばれています。文章の導線が短いこともあり、結論を素早く伝えるのに有効な方法だといえます。

PREP法

PREP法とは、文の途中に具体例を挟みながら話を進めていく方法です。「Point Reason Example Point」の頭文字をとってPREP法と呼ばれています。この方法は、先に要点を伝えたうえで、具体例を入れるため、深掘りしやすいことが特徴です。WebライティングではPREP法を使うことが多いです。

Webライティングの具体的な手順

ここでは、Webライティングをする際の具体的な手順について解説します。

ペルソナを設定し記事の構成を作る

ペルソナとは、商品やサービスを利用するユーザー像のことです。読者にとって役に立つ記事、読者が求める記事を作成するためには、どういった人が読むのかユーザー像を作成して構成を作ることが重要です。ペルソナが定まっていないと、記事の構成もブレやすくなります。

記事を一気に執筆する

構成を作成したら記事を一気に執筆しましょう。記事は時間をあけて小分けにして書くと、はじめと結論がずれてしまったり、情報が抜けてしまったりする可能性があります。執筆の際は、SEOライティングを意識すると検索上位表示の可能性が高くなることも覚えておきましょう。

SEOライティングに関しては、以下の記事でも解説しているので、こちらも読んでみてください。

▼おすすめ記事
SEOライティングの基本|SEO初心者が注意すべきポイント徹底解説!

記事の校正チェックをする

記事の執筆が終わったら校正チェックを行います。誤字脱字がないか、設定したペルソナに沿った文体になっているか、内容がブレていないか、ユーザーの求める内容になっているか、コピペをしていないか、といった点をチェックしましょう。また、この時第三者に見てもらうこともおすすめです。

記事のリリース

記事が完成したらリリースしますが、タイミングはユーザー層が記事やサイトを見てくれる時間帯を狙うことがおすすめです。また、リリースしたらSNSやメルマガで発信するなど、読んでもらう工夫をしましょう。

Webライティングの記事を書くポイント

ここでは、Webライティングの記事を書く際におさえておきたいポイントについて解説します。

文章構成は結論を先に伝える

Webライティングの文章構成においては、結論を先に伝えましょう。Webライティングの記事を読むユーザーはゆっくり記事を読むよりも、すぐに答えを知りたいという人が多いため、わかりやすさを重視した書き方を意識することが必要です。

40字程度のシンプルな文章にまとめる

1つの文章は40字程度のシンプルなものにまとめましょう。これは、ユーザーが素早く情報が得られるようするためです。冗長な表現が続く長い文章はユーザーにとっても読みにくいため、避けなければいけません。

わかりやすい言葉と表現を使う

文中の言葉や表現はわかりやすいものを使用しましょう。難しい表現や専門用語を使用するとユーザーにとってわかりにくいものとなってしまいます。難しい漢字はひらがなで表現する、専門用語は言い換えるなどの工夫が必要です。

文末に気をつける

記事を読んでいて、「〜ます」「〜ます」と同じ文末が続いている場合は修正しましょう。Webライティングに慣れていないと違和感を感じる文章になってしまいがちです。対策としては「ですます調にする」「文末を毎回同じにしない」のように、レギュレーションを作っておくことが挙げられます。

改行と段落を使い、見た目を整える

改行は文章を区切り、行を変えること、段落は文のまとまりを主題によって区切った部分のことです。改行や段落がないと、文字が続く見にくい記事となってしまいます。そのため、記事を作成するときは、改行と段落を使いながら見た目を整えましょう。

箇条書きや表で要点を伝える

要点や手順などを説明するときは箇条書きや表などをうまく使いましょう。文章で表現すると長くなってしまう内容でも、箇条書きにすればすっきりとした見た目になり、読みやすくなります。

画像や装飾を入れて読みやすくする

文字だけの記事だと読みにくくなるため、適宜画像や動画などを入れるようにしましょう。実際に、ユーザーは画像や動画のある記事を好むとされています。文字に関しても、下線や太字、赤文字などの装飾をすることで読みやすくなるのでおすすめです。

トンマナを意識する

トンマナとは「トーン&マナー」のことで、記事に一貫性を持たせるためのルールのようなものです。トンマナを意識すると、統一感が生まれ、記事やコンテンツ全体をより良く見せられます。逆にトンマナが守れていないと、一貫性のない記事になったり、他の記事とテイストが異なる記事ができたりするので、注意してください。

Webライティングの注意点

ここでは、実際にWebライティングをするときの注意点について解説します。

他サイトのコピーをしない

記事作成にあたって、他のサイトや記事を見ることがあるかと思いますが、記事のコピーは絶対にしないようにしましょう。コピーをすると、権利侵害によるメディアの閉鎖につながる恐れがあります。コピペになっていないかどうか気になる場合は、コピペチェックツールを利用してみてください。

Webサイトのレギュレーションを守る

レギュレーションとは、記事作成のルールや仕様、規定です。具体的には語尾の統一や表記ルールなどが該当します。これらを遵守してWebライティングをすることで、Webサイト全体のテイストを揃えることができます。記事を書く前には、レギュレーションを作っておくようにしましょう。

目的に合わせた記事のコンテンツ制作を行う

記事作成の際には、記事の目的に沿った内容にする必要があります。例えば、記事の目的がニュース系であれば、鮮度が重要であるためできるだけ早くリリースすることが必要です。一方で、記事の目的がSEOなら、タイトルや見出しにこだわってWebライティングをする必要があります。

SEOライティングのポイント

ここでは、SEOライティングをする際のポイントについて解説します。タイトルのつけ方、見出しのつけ方、リード文の書き方について解説するので、参考にしてみてください。

タイトルのつけ方

ここでは、SEOライティングにおけるタイトルの付け方について解説します。

わかりやすく具体的なタイトルをつける

読書はタイトルを見て、どういった内容の記事なのか判断するため、記事の内容がわかるようなタイトルをつけることが重要です。また、「3分でできる」「○選」などタイトルに具体性を持たせることでわかりやすくなり、検索順位が上がりやすくなるとされています。

30字前後にまとめる

タイトルは、30字前後にまとめるようにしましょう。これは、パソコンの検索結果に表示される文字数が、最大で32文字までであるためです。半角・全角も1文字としてカウントされ、文字数が多すぎると途中から「…」と表示されてしまいます。

キーワードを左側に入れる

タイトルを決める際、キーワードはできるだけ左側に入れるようにしましょう。こうする方が、検索エンジンのアルゴリズムに評価されるためです。一方で、キーワードを乱用するとかえってマイナスに評価される可能性があるので注意してください。

見出しのつけ方

ここでは、見出しをつける際のポイントについて解説します。

記事の情報に合わせてわかりやすい構造にする

見出しとは記事における各章のタイトルのことです。見出しを設定することによって、文章だけの記事よりも、見やすくなり要点が掴みやすくなります。なお、見出しに関しては、記事の情報に合わせて、大見出し→中見出し→小見出しと細分化するようにしましょう。そうすることで、よりわかりやすい記事構成になります。

見出しで結論を伝える

Webサイトを訪れる読者の多くは、すぐに結論が知りたくて検索しているため、結論が推測できる見出しが理想的です。疑問形やキャッチーな見出しにすると、結論がわかりにくいため読者が離脱する恐れがあります。

本文とのまとまりを意識する

見出しを作成するときは、本文の内容に応じたものになっているかどうかを意識するようにしましょう。見出しと本文で内容が異なっていると、読者は離脱してしまうかもしれないため、注意が必要です。

リード文の書き方

ここでは、リード文の書き方のポイントについて解説します。

問題提起や解決策を提示する

リード文は記事の導入文のことです。リードで、問題提起や解決策を提示することで読者に共感を持たせることができ、読み続けてもらえる記事になります。読者が抱える問題を解決できる内容であることをしっかりと示すようにしましょう。

記事の全体像を伝える

リードでは、記事を要約し全体像を把握してもらうことが必要です。読者は自分が知りたい情報が書かれている記事かをリード文で判断するため、リードにおける記事の要約は非常に重要な役割を持っています。

読後のイメージを伝える

リードの最後には、記事を読むことによって読者はどのような情報を得られるのか、どういった状態になるのか具体的に伝えるようにしましょう。ユーザーが読後のゴールを想像できるように丁寧な文を心がけてください。

まとめ

WebライティングとはWeb上に掲載する文章を作成すること、そしてそのための技術のことです。Webサイトに掲載する記事を書く場合、記事の内容や読みやすさはもちろん、SEOライティングを意識することも重要です。また、Webの記事を読む人の特性を押さえることもポイントの1つなので、忘れないようにしましょう。

「AIアナリストSEO」ではSEOに強い記事を提供しています。また、CV数を伸ばす記事を制作するため、費用対効果が高いことも特徴です。AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須