SEOと文字数の関係性はあるの?|文字数が多くても検索上位に来ない訳

SEO|更新:2020.03.03|公開:2019.12.13

こんにちは。アクセス解析ツール「AIアナリスト」ライターチームです。Webサイトを最近運用し始めた方の中には、サイトの文字数とSEO対策の関係性がわからず、お悩みの方も多いのではないでしょうか。検索上位に来ているサイトが、文字数が多い傾向があることを考慮すると、両者に何らかの関係があると考えるのは仕方がありません。この記事では、SEOと文字数の関係性をわかりやすく解説します。

目次

検索順位と文字数の直接的な関係はない

検索エンジンには、文字数をSEO的に判断するアルゴリズムがないといわれています。そのため、文字数がSEOに影響を及ぼす可能性はありません。検索エンジンは、1000文字であっても1万文字であっても、同様の基準で評価します。これは2016年7月8日に、Googleの社員であるJohn Mueller(ジョン・ミュラー)も明言しています。

Googleの検索順位の決め方

Googleは、そのページがユーザーにとって役に立つコンテンツかどうかを、検索順位の評価基準としています。そのため文字数の多寡によって、検索順位が推移することはありません。文字数ではなく、検索クエリ・検索意図との関連性・コンテンツの質などが重要だと考えられています。

Googleは独自のアルゴリズムで検索順位を決めておりおり、その評価基準は200以上あると言われています。そのためこれらの基準を満たしたコンテンツを作ることが、SEO対策になります。

繰り返しになりますが、Googleは文字数を検索順位の評価基準に含めていません。そのため、コンテンツ作成の際は、「~文字以上」というルールを決める必要はありません。それよりも、検索ユーザーの悩みを解決できるかを重視しましょう。

Googleのアルゴリズムの詳細

Googleはアルゴリズムを全て公開していません。ここでは、Googleの代表的なアルゴリズムについて見ていきます。ここで紹介することを実践して、SEO対策を行いましょう。

検索キーワードに対して合った有用な内容である

ユーザーは自身の悩みを解決するために、検索を行います。そのため作成するコンテンツは、検索キーワードに沿ったものにすることが大切です。検索キーワードからずれた内容だと、ユーザーの悩みを解決するコンテンツにはなりません。

コンテンツを作る際も、ただ検索キーワードに沿うだけでなく、ユーザーにとって有益な内容となるように、以下の点を意識しましょう。

  • 情報の量
  • 情報の質
  • 文章としての明瞭さ

キーワードの選定については、下記の記事で詳しく解説しているので、あわせてご確認下さい。
コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定のコツを詳しく解説!

信用できる情報である

コンテンツの内容は、正確な情報でなくてはなりません。信憑性が低いデタラメな内容だと、ユーザーに有益な情報を提供できないからです。そのためコンテンツを作成する際は、そのジャンルの知識を、書籍やWebサイトなどで学習することをおすすめします。

作成者自身が知識を持つことで、そのジャンルに関係する共起語なども使用できます。それらをコンテンツに含めれば、網羅性のあるコンテンツに仕上げられるでしょう。公的機関が発行する調査資料なども、信憑性を高めるのに有効です。

洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいる

多くの人が知ってる当たり前のものは、ユーザーにとって有益な情報とは言えません。そのためユーザー独自の視点で、他にはない価値を盛り込む必要があります。

コンテンツを作成する際は、自身の解釈や洞察に富んだ分析を行い、記事内に新たな価値を取り入れましょう。例えば独自調査によるインタビュー記事などは、そのページでしか見られない特別な価値を提供します。

専門家によって書かれたものである

専門家によって書かれたものは、それだけで情報として価値があります。素人が浅い知識で書いたものより、専門家が書いた記事の方が、ユーザーにとって有益であることは間違いありません。

例えば医療・保険・投資などは、ある程度の経験と知識が不可欠な分野です。そのため、素人が想像だけで書くのは、SEO観点でおすすめしません。このようなジャンルでは、専門家に監修を依頼するのも、たいへん効果的です。

他の類似ページと比較して優位性に優れている

SEOの効果をあげるには、同じキーワードで上位に位置するページより、記事の内容を濃くしなければなりません。競合ページの内容を網羅するのはもちろんのこと、そのページ独自の価値を提供しましょう。例えば独自調査のインタビュー記事や競合記事にはない観点からの洞察などを含めると良いでしょう。

SEOと文字数の関係性

SEOと文字数は、直接的には関係ありません。しかし、Googleのアルゴリズムを考慮した記事作成を心がけると、文字数は自然と増えます。そのため検索順位が上位のページは、必然的に文字数も多くなります。以上のことから、文字数はSEOに間接的に関係しているといえるでしょう。

まとめ

文字数は、検索順位に直接関係しません。Googleの検索エンジンは、ユーザーにとって有益なコンテンツを高く評価する傾向があるためです。1000文字であっても1万文字であっても、ユーザーにとって有益であれば、等しく評価されます。Googleのアルゴリズムに沿ったコンテンツを作成して、効果的なSEO対策を講じましょう。

「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します
AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
「AIアナリストSEO」の資料請求はこちらから(無料)


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須