SEOを意識した記事を作るには?近年の傾向・押さえたいポイントを解説!

SEO|更新:2020.03.03|公開:2020.03.03

こんにちは。コンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

ブログやWEBサイトを運営している人は、ユーザーが検索した時に自身のサイトが上位に表示されて欲しいと考えているのではないでしょうか。

この記事では、SEOに強い記事を作りたい人に向けて、SEO対策の近年の傾向から具体的な作成方法を解説しています。また、既存の記事をリライトして、SEO効果を狙う方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

SEO対策とは?近年の傾向は?

SEOとは、正式には「Search Engine Optimization」と言い、それぞれの頭文字をとってSEOと呼ばれています。日本語では、「検索エンジン最適化」とも呼ばれます。検索エンジンにおける最適化とは、検索時に上位表示されることです。つまりSEO対策とは、検索エンジンで上位に表示されるための対策だといえます。

まずは、このSEO対策に関して、重要なポイントや近年の傾向について解説していきます。

重要なのは良質なコンテンツを作成すること

SEO対策で大切なのは、質の高いコンテンツを作ることです。質の高いコンテンツとは、他のサイトのコンテンツにはないオリジナリティがあることやユーザーの求める情報が記載されていることなどを意味します。記事の数が多い方がいいと考えるかもしれませんが、量よりも質が評価されます。

「ホワイトハットSEO」と「ブラックハットSEO」とは?

SEO対策をする際に理解しておきたいのがホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いです。それぞれの概要について解説します。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、Googleが推奨しているガイドラインに沿ってSEO対策をすることです。このガイドラインでは、例えばタグを設定する、クローラーに対応できるようにする、などSEO対策を行う際のポイントがまとめられています。
「Google - ウェブマスター向けガイドライン」

ブラックハットSEOとは

一方のブラックハットSEOは、ユーザーの有意性を無視して検索結果の上位にサイトを表示させようとすることです。例えば、Googleでは、外部リンクの量を検索順位を決める際の指標の1つにしていますが、自分でサイトをたくさん作り、意図的に外部リンクを設定するといったことがこれに該当します。

「被リンク」は現在も重要?

被リンクとは、別のサイトで自分のサイトへ誘導されたリンクのことです。以前から被リンクの数が多いほど上位表示される傾向にあり、SEO対策において被リンクは重要とされてきました。この傾向は現在も同じです。ただし、先述の通り、自分で作ったサイトで被リンクを獲得するなど自作自演の場合は評価されません。

被リンクを獲得する場合、ユーザーが自らの意思で設置するナチュラルリンクが重要になります。ナチュラルリンクを設置するためにはSNSなどで発信していくことがポイントです。

スマートフォンページの対策も必要

近年では、パソコンからではなくスマートフォンからWEBサイトにアクセスする人が多く存在します。実際にグーグルはスマートフォンページの内容を検索順位決定時の主な評価対象にすると発表しました。このスマートフォン向けのページをもとに検索順位を決めることを、モバイルファーストインデックスと言います。

これからは、スマートフォンページの質にも注力していくことがポイントになります。
「Google - モバイルファーストインデックスを開始します」

SEOに強い記事を作る方法

SEO効果を高める「キーワード選定」を行う

SEO対策でまず行うべきはキーワード選定です。興味を持っている人が多いキーワード、つまり検索ボリュームが大きいキーワードを選定することで、よりユーザーのニーズに応えた記事にすることができます。キーワードを選定する際の方法としては、サジェストキーワードとキーワードプランナーの利用がおすすめです。

サジェストキーワードはあるワードを検索した時に、そのあとに続いて表示されるワードを調べることができます。また、キーワードプランナーは、特定のキーワードがどれくらい検索されているのかボリュームを把握することができます。

ユーザーのニーズを的確に押さえる

ユーザーが満足するコンテンツを作ることがSEO対策では重要です。このような記事を作るためには、ユーザーが何を求めているのか、ニーズを把握する必要があります。ニーズには大きく分けて顕在ニーズと潜在ニーズの2種類があります。前者はユーザーが自分自身でも気づいているニーズで、後者は、ユーザー自身が気づいていないニーズです。どちらのニーズも満たすようなコンテンツを目指すと良いでしょう。

検索順位が上位の記事の傾向を捉える

検索結果の上位に表示されている記事は、今現在Googleから評価されているということです。そのため、その記事はユーザーにとって有益な情報が掲載されているといえます。そこで、SEO対策をする際は、上位サイトの傾向や内容を参考にしながら作ってみるといいでしょう。もちろんそのまま真似をしてはいけません。

「記事タイトル」を工夫する

ユーザーは、そのコンテツを見るかどうか、タイトルを見て判断するのが一般的です。また、Googleはユーザーによるクリック率も評価の対象にしています。そのため、ユーザーがクリックするかどうか判断するタイトルは非常に重要なものです。タイトルを決めるときは、ユーザーにコンテンツの内容が簡潔に伝わるよう選択キーワードを含めるようにしましょう。

「目次」を設定する

目次があるとユーザーは自分が必要としている情報にアクセスしやすくなり、また記事構成をすぐに理解することが可能です。目次を作るときは、タイトルの内容に合わせて作り、適宜関連キーワードを入れるのがポイントです。

「見出しタグ」を使用する

見出しタグとは、h2(見出し2)やh3(見出し3)といったhタグのことです。見出しタグを設定することで、ユーザーが読みやすくなるのはもちろん、検索エンジンにもコンテンツの構造を伝えることができます。

適切なhtmlタグを使用する

タグは、ただ使用すればいいというわけではありません。例えば、見出しに対しては、先ほど紹介したhタグを、文章に段落をつけるのであればpタグ、箇条書きをするならol、ul、liタグなど、目的に沿って適切なタグ使用しましょう。

URLを正規化する

サイトによっては、異なるURLから同じサイトにアクセスできるケースがあります。この場合、GoogleはどのURLが正規のものかわからないため、評価が分散されてしまいます。そのため、URLを正規化する必要があります。URLを正規化するには、「rel=”canonical”リンクタグ」「rel=”canonical” HTTP ヘッダー」を使用するといった方法などがあります。

ユーザーの利便性を意識する

ユーザーにとって使いやすいコンテンツであるかどうかも、SEO対策では重要なポイントです。例えば、コンテンツが表示されるまでの速度が遅い、なかなか結論が出てこない、といったことが挙げられます。下線をつけたり、文字のサイズを変更したり、強調したい部分の色を変更したりすることで、ユーザーが読みやすい記事になります。

SEOを意識した記事にリライトする方法

既存の記事をSEO対策のためにリライトを考えるかと思います。ここでは、リライト方法について解説します。

ユーザーの利便性を意識する

以下のような記事の場合、リライトをした方がいいと言えます。

  • タイトルと記事の内容が一致していない
  • ユーザーのニーズに対応したタイトルになっていない
  • 扱う情報が古い
  • 内部施策が行われていない

上記のような記事は、ユーザーが読みにくかったり、またユーザのニーズを満たしていないためリライトが必要になります。

ユーザーの利便性を意識する

SEO効果を上げるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 結論を冒頭に置く
  • 導入文でユーザーを惹きつける
  • ターゲットを設定する

ユーザーは、何かしらの情報を求めてサイトにアクセスしています。そのため、結論は最初に持ってくるようにしましょう。長々とした文章が続くと途中で離脱する恐れがあります。また、導入の文章(リード文)でどういった内容について書かれているのか、どういったことがわかるのか、などユーザーを惹きつける要素を含めるのもポイントです。

そして、ターゲットを明確に示すようにしましょう。全ての人をターゲットにすれば、内容が浅くなり、ユーザーの満足度も下がります。記事をリライトする前に、しっかりとペルソナ設定を行ってターゲットを絞ることで、内容も濃くなり、読者の満足度も上がるでしょう。結果的にそれがSEO効果を上げることに繋がります。

まとめ

検索結果の上位にWebページを表示させるSEO対策は、ブログやサイトを運営する人にとって重要です。検索エンジンはユーザーにとって有益なサイトを評価します。そのため、ユーザーのニーズを徹底して把握し、彼らにとって有益なコンテンツを作成することを意識しましょう。
「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します
AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
コンテンツ支援ツール「AIアナリストSEO」の資料請求はこちらから(無料)


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須