SEOで効果を出すってどういうこと?|効果が出るまでの期間・方法を知ろう

SEO|更新:2020.07.09|公開:2019.12.17

こんにちは。コンテンツ支援ツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。SEOという言葉を聞いたことのある人でも、実際にSEO対策をすることでどのような効果が得られるのか、明確に理解している人は少ないのではないでしょうか。この記事では、SEOの効果とはどういったものなのか、そして実際に効果が出るまでにどのくらいの期間がかかるのか、SEOの効果を継続的に出す方法などについて解説します。SEO対策を検討されている方はぜひ参考にしてください。

目次

SEOにおける効果とは?

SEOにおける効果とは、サイトが検索順位の上位に表示されることです。SEOライティングなどの手法を駆使して、検索結果の1ページ目、そしてその中でも上位に出てくるようになれば、SEOの効果が出たと言えます。

また、検索結果上位のサイトはCTR(クリック率)が高いと言われています。CTRとは、「Click Through Rate」の頭文字をとったもので、表示された数のうちクリックされた回数の割合を示したものです。

また、表示順位が下がるほどクリックされる回数は少なくなり、検索結果で2ページ目以降に出てくるサイトは、利用者に訪問してもらえる可能性がかなり低くなってしまいます。

CTRについては以下の記事で詳しく解説しています。
クリック率(CTR)とは?|確認方法から改善対策まで徹底解説!

効果が出るまでの期間

SEO対策を行ったとしても、その効果が出るまでの時間は、扱うキーワードやコンテンツの内容によって異なります。例えば、競合性が低いキーワードであれば数日で上位に表示されることもあります。一方で競合の多いキーワードだと効果が出るまで数ヶ月や1年以上かかるすケースも珍しくありません。

SEO対策に関わる通説の一つとして、「ドメインエイジ」という言葉があります。これは、サイトの運用期間が長いほどSEOで有利になるというものです。しかし、Googleはこのドメインエイジを否定しています。
【参照】
https://www.youtube.com/watch?v=-pnpg00FWJY&feature=player_embedded

ただ、長期間運用されているサイトはコンテンツの量や他のサイトからの被リンク数が多く、運用歴の短いサイトに比べるとSEOで優位に立てることが多いのも事実です。もちろん、後述するようにこまめな更新や質の高いコンテンツの提供などは欠かせません。

実際に検索結果の上位に表示されるサイトの方が運用歴は長く、運用歴が短いサイトは上位に入りにくいです。必ずしもそうではありませんが、検索順位は年功序列の傾向があると言えます。

SEOで継続的に効果を出す方法

SEOで継続して効果を出し続けるには、以下の点を押さえておく必要があります。

  • 長期間Webサイトを運用する
  • こまめにコンテンツを投稿・更新する
  • 良質な被リンクを獲得する

これらの点を意識してサイト・コンテンツ制作に取り組めば、「ドメインパワー」を強化することができます。ドメインパワーとはドメインが持つ力のことで、この力が強いほどSEOに有利に働くとされています。

GoogleはドメインパワーとSEOの直接的な関係は否定していますが、ドメインのデータは指標になると言及しているため、ドメインパワーを強化することは、SEO対策の一つとして効果があると言えます。

このドメインパワーを強化するために必要なのが先述の3つのポイントです。それぞれについて解説します。

1. 長期間Webサイトを運用する

先ほども触れたように、SEO対策を行ううえで、サイトの運用期間は重要なポイントです。歴史の長いサイトほど、コンテンツや被リンク数が蓄積されていくためです、ドメインパワーが強くなりやすいからです。また、安定してサイトを運用していることも評価されていると考えられます。

2. こまめに記事を投稿・更新する

サイトに載せるコンテンツの数を徐々に増やしていくこともSEO対策では重要です。新規コンテンツの方が情報が新しいので、ユーザーにとってもより有益ですし、Googleもコンテンツの質を評価します。
また、公開済みの記事でも、情報を常に更新し、最新の情報を掲載するようにしましょう。情報の追記やリライトなどもSEOでは効果的です。

3. 良質な被リンクを獲得する

被リンク数を増やすことはドメインパワーを強化するのに効果的です。被リンクとは外部サイトからのリンクを得ることです。被リンク数の増加はドメインパワーを強化する際の基本とも言えます。特に強いドメインパワーを持っているサイトからリンクされると、検索エンジンからも評価されます。

ドメインパワーを確認する方法

mozというサービスでアカウントを作れば、上限こそありますが、ドメインパワーを無料で計測することができ、サイト運営に役立てることができます。決して難しくない方法ですので、ぜひお試しください。

GoogleにWebサイトを評価して貰う方法

サイトを上位表示させるためには、検索エンジンに評価してもらう必要があります。Googleの場合、「Googlebot」と呼ばれるクローラー(データの収集プログラム)がサイトを巡回してサイトのデータを集めます。この作業は繰り返し行われるため、基本的にサイト運営者は何もしなくても、Googleにサイトを認識してもらうことができます。

また、早くサイトを認識してもらいたい場合は、リクエストを送信できます。リクエストはGoogle Search Consoleにログインして、確認したいサイトのURLを貼り付けるだけです。 クローラーがサイトを認識し、データをGoogleのデータベースに登録して初めて検索結果にサイトが出てくるようになります。

Search Console(サーチコンソール)の使い方│登録から活用法まで!

まとめ

SEOで効果を出すこととは、検索結果で自身が運営するサイトを上位表示させることです。効果を出すまでには時間がかかるケースも珍しくありません。サイト運営者が取り組める点として、長期間にわたってサイトを運用し、コンテンツをこまめに投稿・更新するなどしてドメインパワーを強化することが挙げられます。

「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します。
AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
「AIアナリストSEO」の資料請求はこちらから(無料)



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須