MEOとは?SEOとの違いや具体的な対策方法について解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

MEOとは、Googleマップの検索結果で上位表示を目指す対策です。ユーザーの来店につながるため、店舗経営を行う企業に重要な施策です。この記事は、企業のWeb・SEO担当者に向けて、MEOについて解説します。SEOとの違いや、MEOのメリット・デメリット、具体的な対策方法も解説しているので、参考にしてください。

目次

MEO(Map Engine Optimization)とは

MEO(Map Engine Optimization)とは、マップエンジン最適化と呼ばれる施策です。Googleマップでサービスや店舗を検索したときに、自社の店舗の上位表示を目指します。たとえば、現在地を開いている状態で「美容院」と検索すると、近隣の美容院が一覧で表示されます。

MEO対策を行っていれば、店名・住所・電話番号・口コミまで表示されて、来店につながる可能性が高まります。地域密着型の店舗系ビジネスに必須の施策であることから、ローカルSEOとも呼ばれます。

SEO(Search Engine Optimization)とは

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化と呼ばれる施策です。Google検索でユーザーが特定のキーワードを検索した際に、自社サイトの上位表示を目指します。

検索結果に上位表示されるほど、ユーザーが閲覧する可能性が高いことから、多くの企業がSEOに取り組んでいます。ユーザーの目に触れる機会が増えると、自社のサービスや店舗に興味を持ってもらえる可能性や、利益につながる可能性が高まります。

MEOとSEOの6つの違い

MEOとSEOは、Googleの検索エンジンに対する施策ですが、表示場所や対策方法などに6つの違いがあります。

検索結果の表示場所

Googleで検索したときの表示場所が異なります。「地域+業種」で検索した場合、MEOは広告の直下に、Googleマップとともに上位3位の店舗が表示されます。SEOはその下に、検索結果として表示されます。MEOは、SEOの結果よりも上位表示されるため、ユーザーの目にとまりやすくなります。

対策する対象

MEOはGoogleマイビジネスに登録しなければなりません。Googleマイビジネスは、GoogleマップやGoogle検索で店舗情報を表示できる無料ツールです。Googleで上位表示する目的は同じですが、MEOはGoogleマイビジネスを対象に、SEOはWebサイトやブログコンテンツを対象に対策します。

向いている業種

MEOは特定の地域に特化した施策であるため、実店舗を運営する企業におすすめです。飲食店や美容院、クリニック、ジム、不動産会社などが該当します。とくに飲食店や美容院は、ユーザーが立地を優先するため、MEOとの相性は抜群です。SEOは地域に関係なく対策できるため、全国をターゲットとするECサイトなどを運営する企業において有効です。

対策の方法

具体的な対策方法は大きく異なります。MEOでは、Googleマイビジネスの情報を充実させるのに加えて、営業時間や定休日を最新情報に更新し、メニューやサービスの写真を投稿します。口コミと評価を増やすと信用度が増すため、ユーザーへの口コミ依頼が効果的です。

SEOでは、ユーザーニーズに合わせたコンテンツの制作が重要です。ユーザーがストレスなくWebサイトを閲覧できるよう、構造を最適化し、自然な外部リンクを目指します。

費用

MEOは検索順位を上げる対策範囲が狭く、低いコストで取り組めます。対策費用の目安は、1か月あたり3万円からが目安です。SEOは対策範囲が広く、エンジニア、Webデザイナー、コーダー、ライターなどの人的リソースが必要です。一般的には1か月あたり10万円からが目安で、対策内容によっては何倍もの差が出ます。

ライバルの数

MEOは特定の狭い地域に絞った対策となるため、近隣の店舗がライバルです。適切に対策すれば、上位3位に表示される可能性は高くなります。SEOは大規模サイトまでライバルに含まれ、同じキーワードを扱うコンテンツすべてがライバルです。閲覧数の多いキーワードでの上位表示は、難易度が高い対策です。

MEOを行うメリット・デメリット

MEOのメリットは、デメリットになる一面もあります。ここでは、MEOのメリット・デメリットについて解説します。

メリット

Google検索結果でGoogleマップが表示される場合、検索結果よりも上位表示され、多くのユーザーに存在をアピールできます。近くの店舗や、今すぐに行ける店舗を探しているユーザーが多いため、来店意欲が高いユーザーへのアプローチが可能です。

MEOは比較的新しく、参入していない店舗もあるため、SEOより難易度が低めで結果が出やすい対策です。SEOよりも高い費用対効果が見込めて、自社で対策すれば、費用はかかりません。

デメリット

対象エリアでの上位表示が比較的容易であるものの、対策できるエリアが限定されることがデメリットです。MEOでは、検索エリアに店舗がない場合は、上位表示ができません。狙いたいエリアと距離が離れていると、上位表示は難しくなります。

口コミは上位表示の評価ポイントですが、低評価レビューは悪影響を受ける恐れがあります。低評価レビューを受けた場合は、誠心誠意返信し、その姿勢をユーザーに伝えましょう。

SEOを行うメリット・デメリット

SEOには、MEOでは得られないメリットがあります。ここでは、SEOのメリット・デメリットについて解説します。

メリット

SEOに成功して上位表示できれば、特定のキーワードで検索しているユーザーからのアクセスを集められます。自社がターゲットにしたユーザーを狙いやすく、コンテンツが上位表示される限り、中長期的な成果が期待できます。

コンテンツが課題を解決し、集客したユーザーの満足度が高まれば、リピーター獲得につながります。SEO自体は広告費がかからないため、費用をかけずに集客可能です。地域を限定しない点も、MEOに比べて大きなメリットです。

デメリット

効果が出るまでに時間がかかることが、大きなデメリットです。少なくとも半年以上の期間はかかるため、今すぐ効果を出したい・集客したいという場合には、SEOだけでは不十分です。中長期的な施策には向いていますが、即効性のある施策を求める場合には、有料広告を検討しましょう。

キーワードによっては競合が多く、そもそも上位表示が難しい場合もあります。最新のアルゴリズムを理解し、適切なキーワードの選定が欠かせません。

どちらを対策すべき?

エリア集客が必要なビジネスは、どちらも同時に対策すべきです。MEOとSEOで2つの入口を設けられれば、より多くのユーザーにアプローチできます。Googleマップの店舗情報だけではなく、リンクで公式サイトに遷移できると、伝えられる情報量は増えます。飲食店やドラッグストアなど、実店舗を運営している企業は、MEOへの取り組みに力をいれましょう。

具体的なMEO対策の方法

Googleマイビジネスの登録から知名度を上げるまで、具体的なMEO対策の方法について解説します。

Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスへの登録には、Googleアカウントが必要です。アカウントを持っていない場合は作成しましょう。Googleにログインしたら、Googleマイビジネスで「今すぐ開始」をクリックし、ビジネス名や所在地などを登録します。

情報を充実させると、Googleからの評価が上がりやすく、ユーザーからの見栄えもよくなります。店舗の場合は、来店してみたくなるような魅力的な写真の登録が重要です。

Googleマイビジネス

口コミを増やす

口コミを投稿できる機能があり、口コミが多ければ人気店舗として順位上昇につながる可能性があります。口コミはユーザーの情報収集に役立ち、来店へのモチベーションを高める効果もあります。

ユーザーからの口コミ投稿を増やし、よい口コミを投稿してもらうためには、満足度の高いサービスの提供が大前提です。その上で投稿ページに遷移できるQRコード付きの会員証やポイントカードの発行、口コミ投稿でプレゼントや割引するキャンペーンなどの施策が有効です。

知名度を上げる

Web上での店舗の知名度は、検索順位に反映されます。SEOでの評価も反映されるため、自社サイトの店舗名にエリア名を入れるなど、最低限の対策を行いましょう。ただしトップページのタイトルタグに地名を入れると全ページに影響が出るため、全国展開する企業では、必要に応じて下層ページのページタイトルにエリア名を入れます。

SNS上のシェア数、話題を集めた数なども評価されるため、積極的にさまざまなメディアへの露出も高めましょう。

MEOを行う際の注意点

店舗情報は、カタカナ・アルファベット、数字の半角・全角などの表記を統一します。ビジネス名は、正式名称で登録しましょう。多店舗展開する企業や、公式サイトがある企業は、すべての情報が同じ表記になるように留意します。「シェアNo.1」「東京駅から徒歩5分」など過剰に情報を入れると、スパム扱いされる可能性があるため、注意しなければなりません。

まとめ

MEOとは、Googleマップでの検索上位表示を目指す対策です。特定のエリアで店舗経営する企業に最適で、SEOと同時の対策が有効です。MEOは自社で始められそうでも、SEOは難易度が高いと感じる場合は、コンテンツ制作提供サービスの利用がおすすめです。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。