SEOに効果的なタイトルをつける方法|クリック率を上げるポイントも解説

SEO | 更新:2021.04.06 | 公開:2021.04.06

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

WebサイトのSEOを効果的に行いたいとき、タイトルのつけ方は非常に重要です。効果的なタイトルづけに成功すれば、検索順位・クリック率が上がる可能性が高まります。この記事では、SEOに強いタイトルをつける方法を解説します。クリック率を上げるポイントも解説しているので、参考にしてください。

目次

タイトルタグとは?

タイトルタグとは、HTMLタグの一つで、記事のタイトルであることを、検索エンジンに伝える役目があります。検索エンジンは、タイトルから、記事の内容を読み取るため、SEOを効果的に行うためには、タイトルが非常に重要となります。「〇〇」の「〇〇」の部分に記載した文章がタイトルとなります。

SEOでタイトルタグが重要な理由

タイトルタグは、検索順位・クリック率・SNSの拡散力の3つに影響するため重要です。

検索順位が変動するため

タイトル次第で、検索順位が大きく変動する可能性があるため、SEOを行う際には、非常に重要です。検索エンジンは、タイトルタグに記載された内容によって、記事の内容を認識・評価します。検索されたいキーワードを含める・競合と差別化するなどにより、タイトルは最適化する必要があります。

ページのリライトを一切行わずにタイトルとディスクリプションを変更しただけで、検索順位が上昇した事例もあります。逆にタイトルを変更した結果、順位が下がる可能性もあるため、タイトル選びは非常に重要です。

ユーザーがクリックするかどうかが決まるため

ユーザーは、タイトルを見てクリックするかを決定します。記事がわかりやすそう・読んでみたい・面白そうであればクリックしたくなります。見るつもりのなかった記事を、思わずタイトルが気になって閲覧した経験を持つ人も多いでしょう。

ユーザーが知りたい情報を取り上げられている、読むベネフィットが伝わるようなタイトルは、多くのユーザーが見る決め手となります。思わずクリックしたくなる要素が含まれていることが不可欠です。

SNSでの拡散力・アクセス数を左右するため

Twitter・FacebookなどのSNSにおいては、タイトルが拡散力・アクセス数を左右します。SNSのタイムラインには、投稿のコメントとともに、タイトル・アイキャッチ・ディスクリプションが表示されます。タイトルは、Webサイトへの入り口となる文字リンクとして表示されるため、思わずクリックしたくなるタイトルをつけましょう。

SNSで話題になり、たくさんシェアされれば、情報の拡散と爆発的な流入が期待できます。SEOの最適化をはかる際には、SNSでの拡散を意識することが重要です。

SEOに強いタイトルをつける下準備

SEOに強いタイトルをつけるためには下準備が欠かせません。SEOに強いタイトルを作るまでの手順を解説します。

キーワードの選定を行う

タイトルをつけるためには、まずキーワードの選定を行うことが重要です。

ページごとに特定のキーワードを選定する

記事を書く際には、ページごとに特定のキーワードを選定することから始めます。キーワードを決め、ペルソナにあったタイトルを作成することとなります。ペルソナが検索する際の状況を考え、ペルソナがクリックしたくなるタイトルを決定します。

複合キーワードも選定する

キーワードを選定する際は、ビッグワードだけでなく、複合キーワードも選定しましょう。複合キーワードとは、ビッグワードと関連キーワード1~2個を組み合わせたもので、ペルソナをより細かく設定できます。選定した複数のキーワードをタイトルに含めましょう。

競合分析を行う

競合分析を行うことで、ユーザーのニーズと記事を書く方向性がわかります。選定したキーワードで検索し、上位表示された記事が競合記事となります。上位を獲得しているWebサイトは、ユーザーの検索意図に合致し、ニーズを満たしていと考えられます。

ユーザーが競合サイトのタイトルのどこに魅力を感じたのかを分析したうえで、競合を上回る情報の打ち出し方を導きだします。模倣にならず、個性的なタイトルをつけることが重要です。

SEOに強いタイトルをつけるための9つのポイント

SEOに強いタイトルをつけるためのポイントを9つ解説します。

1.わかりやすくページ内容を伝える

タイトルで一番重要なポイントは、ページの内容をわかりやすくユーザーに伝えることです。ユーザーは、Webサイトのタイトルは見て、記事の有用性を判断します。タイトルを見ただけで、読みたいと思ってもらえることが大切です。一読しただけで、記事の内容が把握できるように、約30文字の短い文章でまとめましょう。

わかりづらい曖昧なタイトルでは、興味を持つユーザーが減り、クリック率の低下につながります。「副業歴半年で月収100万円稼いだ方法!」「限定30名!予約が取れないセミナーとは?」などのタイトルは、内容に期待できるため、クリック率が上がります。

2.SEOキーワードを含める

タイトルには、SEOで効果を出したいと考えているキーワードを必ず含めましょう。生命保険の料金について紹介している記事の場合、「生命保険」「料金」の2つのキーワードをタイトルに含めると、検索結果で上位表示されやすくなります。タイトルに含めたキーワードと記事の内容は、整合性が取れていることが重要です。記事本文にキーワードに含めた内容が記載されていない場合は、ユーザーに失望されることとなり、SEOの効果につながりません。

3.重要なキーワードほど前半に置く

重要なキーワードは、 タイトルの前半に置くことが大切です。人は検索結果のような横書きの文字を見ると、画面全体の左側に視線を集中させます。検索結果画面で、どのWebサイトをクリックしようかと、上から下に視線を移動する際には、左側に目線が集中する特性があるためです。検索キーワードは太字で表示されるため、タイトルの前半に配置しておくと、目立ちやすくなります。

4.キーワードをたくさん入れすぎない

タイトルには、キーワードをたくさん入れすぎないようにしましょう。ビッグワードがキーワードの場合はひとつだけ、複合キーワードの場合は、2~3個のキーワードを含めましょう。網羅しようとして、関連がありそうなキーワードを詰め込みすぎれば、本来伝えたいキーワードが何かが不鮮明になります。

テーマがぼやけ、本文の内容がユーザーに伝わりにくいと、ユーザーの利便性に欠けると判断され、SEO評価が下がる可能性もあります。

5.キーワードの羅列ではなく文章を作る

キーワードを単純に羅列にするのではなく、意味の通じる文章に仕上げましょう。SEO効果が得られ、上位表示されたとしても、ユーザーがクリックしたくならないなら、SEOが成功したとはいえません。価値のあるWebサイトだと判断されるように、うまくキーワードをつなげて、自然で魅力的な文章のタイトルを作りましょう。

6.ユーザーの検索意図を意識する

ユーザーの検索意図を意識し、クリックして読みたくなるようなタイトルを作ります。ユーザーが検索している背景や、困っている状況を想像することで、ユーザーのニーズが把握しやすくなります。忙しいビジネスマン向けに「夜ごはん」のレシピ記事を書く場合、「10分で完成」「レンジでチンするだけ」などをタイトルに含めた方がクリックされやすいです。

ユーザーが自分向けの記事だ・わかりやすそうだ・読みたいと感じられるポイントを先回りして考えることが大切です。記事のテーマをわかりやすく伝える、読むことで得られるメリットを伝える、質問形式にするなどの手法が効果的です。

7.キーワードが重ならないタイトルをつける

記事のタイトルが、重複しないように、ページごとの差別化に気をつけしましょう。タイトルが重複している場合、検索エンジンから悪い評価を受ける可能性があり、検索上位には表示されなくなります。過去に作成した記事の中に、同じキーワードで作られた記事があれば、1つのページにまとめるか、タイトルの変更を行うなどの対策を行いましょう。

8.文字数は30文字程度を目安にする

タイトルの文字数は30文字程度を目安にしましょう。Googleで検索した場合、パソコンの検索結果で表示される文字数の最大値は33文字前後で、34文字以上は表示されません。スマートフォンでは、36文字〜41文字程度表示されますが、キーワードや大切な内容は、最初の30文字までに記載することをおすすめします。

9.競合のタイトルと差別化する

競合サイトのタイトルと差別化し、半分以上被らないようにしましょう。競合サイトと被りすぎるとコピー率が高くなり、検索エンジンからの評価が悪くなります。差別化するためには、他社で使っていない言葉を使い、オリジナリティを出すことが大切です。

タイトルのクリック率を上げる3つのコツ

ユーザーのクリック率を上げられるタイトルを作成するコツを3つ解説します。

1.地名を入れる

地名を入れることで、同じキーワードで書かれた競合サイトとの差別化ができ、上位表示される確率が高まります。飲食店や美容院など、他店舗展開している企業に最適です。

「カフェ」で検索すると22億件以上のサイトがヒットしますが、「カフェ 大阪」では2.3億件と10分の1に絞れます。大阪のなかでも「カフェ なんば」と地域を絞ると、1,790万件がヒットし127分の1まで競合サイトが激減しました。(2021年2月3日現在)。

2.具体的な数字を盛り込む

具体的な数字が盛り込まれたタイトルは、ユーザーの目によくつきます。ダイエットに関する記事では、「2か月で10キロ減」「プロのサポートを受けるべき3つの理由」など、具体的な期間や数字を盛り込むことで、注目度が大いに向上します。逆に「2日で10キロ痩せられる」などあまりにも過剰な表現は、ペナルティを受けるリスクがあるため避けましょう。

3.キラーワードを入れる

ユーザーの感情に訴え、リアクショを誘えるキラーワードをタイトルに入れましょう。キラーワードとは、殺し文句であり、ユーザーの興味をひきつける言葉です。ユーザーのニーズにあわせて、心をつかみとれる表現を含むタイトルを作成しましょう。以下で7つのキラーワードを紹介します。

ポジティブワード

「わかりやすそう」「知りたい」とポジティブな気持ちになれる言葉は、ユーザーを引きつけます。初心者向けの記事の場合は、「簡単」「初めての〜」「今更聞けない〜」「初心者必見」「3分でわかる〜」などがポジティブワードとなります。

商品やサービスの申し込みを促したい記事の場合は、「スピード納品」「翌日配送」「手軽に〜」「2分で申し込み完了」など、どれだけ手軽にできるかをアピールすることが大切です。ユーザーが、難易度やデメリットを感じないための工夫が必要です。

ネガティブワード

「知らないとまずい」と感じさせられる、ネガティブワードを使うこともテクニックのひとつです。「知らなきゃ困る」「やってはいけない〜」「失敗する〜」など、読んでおかなければという気持ちになるようなタイトルを選びましょう。注意喚起や危機感を刺激することで、失敗をしたくない・損したくないという心理を利用した手法です。

記事の内容がタイトル負けすると、ユーザーの期待を裏切ることになるため、記事内容にも注力する必要があります。

利益系のワード

商品やサービスによって、ユーザーが得られる利益を伝えられる言葉を使いましょう。「割引」「お得な〜」「売上アップにつながる」など金銭的なメリットがある利益系のワードは、業種やターゲットの違いを問わず、多くのユーザーの目を引きます。とくに「送料無料」「無料体験」「無料受付」などは、購入や契約などのコンバージョンにつながる確率も高まります。

「数量限定」「期間限定」など期間や数量を限定する要素も効果的です。ここでしか得られない情報に需要が増すだけでなく、今すぐ購入・利用しなければという気持ちを促進します。

安心系のワード

不安を感じながら検索しているユーザーには、安心感や信頼を伝える安心系のワードが効果的です。店舗であれば「老舗」「創業○年」「行列のできる」などのワードが、他店舗との差別化をもたらし、ユーザーに安心感を与えます。

実績やブランド力のある商品やサービスであれば、「豊富な実績」「〇〇賞受賞」「顧客満足度98%」「〇〇部門第1位」などとアピールしましょう。「こだわりの〜」「高品質の〜」「充実のアフターサポート」「丁寧なカウンセリング」なども効果的です。

疑問系のワード

疑問系のワードで質問を投げかけると、答えを知りたいなど、ユーザーの興味が引き出せます。「なぜ〜なの?」「どうやったら〜できる?」などには、思わずクリックしてしまう人も多いです。強調したい内容をあえて疑問文にすることで、興味を引いたり、メッセージ性を強く出したりできます。

人は自分に関係があることに興味を持つため、「あなたの〜は大丈夫?」など、自分自身に問いかける手法も効果的です。

理由系のワード

疑問系のワードと同様に、理由系のワードも、答えを知りたいなど、興味・関心を引き出しやすくなります。「〜の理由」「〜の意味」「〜のわけ」「〜のきっかけ」などの言葉が当てはまります。理由系のワードとともに、数字を組み合わせて「5つの理由」としたり、「使われるわけとは?」と疑問文に変形したりすると、効果的にクリック率を増加させられます。

問題解決系のワード

ユーザーが、疑問や課題を解決したくて検索している場合、疑問が解消される・問題解決できることがわかるタイトルであれば、クリック率が上がります。問題解決系のワードには、「〜とは」「〜の方法」「〜の効果」「〜を解説」などがあります。ユーザーがなぜ検索しているかを考え、きちんと問題解決に導けるようなタイトルをつけることが大切です。

タイトルタグが正しく設定できたかチェックする方法

タイトルタグが正しく設定できたかを必ず確認しましょう。ここではチェック方法を解説します。

Googleの検索結果で表示を確認する

タイトルタグに入力した通りのタイトルが、Googleの検索結果で表示されているかを確認しましょう。Googleの判断でタイトルが改変されることがあります。自動調整で変更されているため、確認作業を怠ると気づかないまま放置している可能性があります。

タイトルが自動変更される理由

タイトルが不適切だと判断された場合に、自動変更が行われます。不適切であると判断された原因として、文字数が多すぎる、Webサイト内でタイトルが重複している、ページ内容とタイトルが合っていない、タイトルが「TOP」など曖昧である、などがあげられます。自動調整されても検索順位に影響はありませんが、クリック率・コンバージョン率の低下につながる可能性があります。

タイトル変更された場合の対策方法

タイトルが変更され他場合の対策方法は、現状ではありません。予防策として、すべてのページに固有のタイトルをつけ重複させない、文字数を意識する、キーワードを詰め込みすぎないなどに気をつけることをおすすめしま。

既存タイトルを変更する場合に確認したいこと

既存タイトルを変更する場合の注意点について解説します。

タイトル変更の必要性を見極める

既存の記事の中から、タイトル変更の必要性がある記事を見極めましょう。上位に表示されているにもかかわらず、クリック数の少ないページは、タイトルが不適当である可能性があるため、変更することをおすすめします。タイトルを変更することで、検索順位が上がる可能性があります。サーチコンソールを使い、表示回数は多いのに、クリック率が低いキーワードを見つけましょう。

検索表示の順位が10位以下の記事は、タイトルを変更するだけでは改善が見込めないため、本文のコンテンツもリライトする必要があります。

タイトル変更はリスクがある

タイトル変更によって、クリック率が下がるリスクもあります。 タイトル修正直後は、検索エンジンがページを再評価することになるため、一時的に順位が下がることを念頭に置く必要があります。記事の効果検証を定期的に行い、適宜、タイトルの変更や本文書き換えを繰り返す、柔軟な姿勢が大切です。

タイトルをつけたあとの注意点

SEOに強いタイトルをつけあとに気をつけたいポイントについて解説します。

h1タグにもタイトルタグと同じ文章を入れる

h1タグにも、タイトルタグと同じ文章を入れましょう。h1タグも検索順位に影響する項目です。タイトルタグは、検索結果やSNSの投稿で表示されるテキストです。h1タグの文章は、検索結果をクリックした際に表示されたWebページのタイトルとなります。WordPressテーマでは、自動的にh1タグが作成されます。

SEOはタイトルタグの最適化だけでは勝てない

タイトルタグを最適化するだけで、多数の競合サイトに勝てるわけではなく、他のSEOも同時に行うことが大切です。ページ内のコンテンツの質や量の充実が、もっとも大切なため、タイトルだけ改善すればよいわけではありません。コンテンツをリライトしたり、ディスクリプションにキーワードを含めたりすることも大切です。

まとめ

SEO上、タイトルの作成は、検索順位やユーザーのクリック率を決めるための重要項目です。キーワードを含める、ユーザーの検索意図を意識するなど、ポイントを押さえたタイトル作りを行いましょう。自社だけでの作成が困難な場合は、プロに依頼することも検討しましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。