サテライトサイトとは?メリットと作成時の3つのポイントを徹底解説!

SEO|2018.07.30

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの竹本です。

この記事では、サテライトサイトについて詳しく解説しています。まずサテライトサイトの定義を解説します。そしてサテライトサイトを作るメリットから、実際に作る際の3つのポイントまで丁寧に解説しています。

目次

サテライトサイトとは?

サテライトサイトとは、本サイトのSEOや集客のために、本サイトとは別に立ち上げたサイトのことです。その中でも、

を特にサテライトサイトと呼ぶことが多いです。
このAIアナリストブログは「wacul-ai.com」のサブディレクトリにあるので、同じドメインです。タイトルも「AIアナリストブログ」であり、AIアナリストの関連サイトであることが明確であることから、サテライトサイトとは呼ばないのが一般的です。

サテライトサイトの2つの目的

1.本サイトの被リンクをふやす

サテライトサイトの1つ目の目的は、本サイトの被リンクを増やすことです。
検索順位には被リンクの数の多さが関わってきます。これは、Googleが被リンクを「サイトに対する支持票」とみなしているからです。
被リンクが多い=参照されることが多い=良質なサイト
となり、被リンクが多いと検索結果で上位に表示されやすくなります。被リンクについては、以下の記事でも詳しく解説しています。
〈参考記事〉
SEOにおける被リンク対策の基礎 ー効果はある?どうやって対策する?
サテライトサイトを作って、そこから本サイトにリンクを張ることで、自力で本サイトの被リンク数を増やすことができるわけです。
被リンクを増やす図

かつてはリンクの”数”だけが指標だったため、この方法は効果的でした。しかし、現在はリンクの”数”だけでなく、”質”も評価指標となっています。被リンク元のサイトのコンテンツの質が評価指標として加わったのです。そのため、形だけのサテライトサイトを多数作り、そこから本サイトにリンクを貼っても、SEO効果はありません。ペナルティを受ける可能性すらあります

ただし、依然として良質なサイトからの被リンクはSEO的に大きな効果があります。被リンクという評価指標がなくなったわけではないので注意しましょう。

~参考:ブラックハットSEOとは?~
さきほど言及したような、形だけのサテライトサイトを作って被リンクの数をむやみに増やすことはブラックハットSEOという手法に分類されます。
ブラックハットSEOとは検索エンジンのアルゴリズムの穴をついて検索結果表示順位を不正に上げようとする手法のことです。
これらはGoogle公式のガイドラインに反した行為であり、Googleに認識されると検索順位を下げられたり、最悪の場合検索結果に表示されなくなってしまったりというペナルティを受けてしまうことになります。
あくまでも自然な被リンク獲得を目指しましょう。

2.潜在顧客の獲得

サテライトサイトの2つ目の目的は、潜在顧客を獲得することです。
本サイトには本サイトの存在目的があります。例えば、ある洗濯機メーカーAを考えてみましょう。本サイトの目的は、自社の自慢の洗濯機の性能を知ってもらい、購入してもらうことです。そのため本サイトには、

などが掲載されています。これは必要十分な情報です。余計な情報を掲載しても、肝心の洗濯機の情報のインパクトが薄まってしまいます。

一方でこの本サイトを訪れるユーザーの多くは、

がほとんどです。このサイト単体では、直近で洗濯機を買おうとは考えていないが、将来買ってくれるかもしれない人にはアプローチできません。

そこでサテライトサイトの出番です。本サイトでカバーしきれない、

など、洗濯に関わる様々な情報を掲載したサテライトサイトをつくります。このサテライトサイトで、直近の購買意欲はないユーザーと接点を持つことができます。さらにサテライトサイトから本サイトへのリンクを張ることで、本サイトの集客を増やすことができるわけです。
関心薄い層を獲得する図

ただ、日々の業務に追われてサテライトサイトのコンテンツ作成まで手が回らない、という方もいらっしゃるのではないかと思います。そのような方におすすめなのが弊社のコンテンツSEO支援サービスです。

コンテンツSEO支援サービスは、CV数を獲得できるSEOコンテンツを低コストで企画・制作するサービスです。適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、独自のノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。資料請求は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。
今すぐ資料請求する(無料)

3.リターゲティングリストを充実させる

サテライトサイトの3つ目の目的として、リターゲティングリストを充実させるというものがあります。
ネット広告の種類でリターゲティング広告というものがあります。これは自社サイトを訪れたユーザーを、離脱後も追跡して表示するという広告です。自社サイトをユーザーが訪れた際にそのユーザーをリストに追加し、そのリストを元に広告を配信します。

リターゲティング広告については、詳しくは以下を御覧ください。
〈参考記事〉
リターゲティング広告とは?仕組みからメリットまでやさしく解説!

サテライトサイトに訪れたユーザーも自社のリターゲティングリストに追加するようにすることで、本サイトだけのときよりもリターゲティングリストを充実させることができるわけです。

効果的なサテライトサイトにするためのポイントとは?

ここまででサテライトサイトについては理解していただけたと思います。ここからは、実際にサテライトサイトを作る際のポイントを3点ご紹介します。

1.単体で存在意義のあるサイトを作る

サテライト単体で存在意義のあるサイトを作りましょう
かつては更新のない、形だけのサテライトサイトから本サイトにリンクを張ることでSEO効果がありましたが、今はそれでは効果はありません。良質なサイトからの被リンクだけに意味があります。品質の低いコンテンツに誘導を設置しただけのサイトや、ほとんど同一の内容をコピーして一部の情報だけを書き換えたサイトを多数作るのではなく、単体で存在意義のある良質なサテライトサイトを1つ作り、そこからリンクを張りましょう。
本サイトへの誘導の面でも、サテライトサイトが単体で集客できなければ何の意味もないのは説明するまでもありません。

2.本サイトと関連のあるテーマを扱う

当然といえば当然ですが、サテライトサイトは本サイトと関連のあるテーマを扱いましょう

このように、本サイトと関連のないテーマでサテライトサイトを作ってしまっては、SEO的にも、本サイトへの誘導的にもいいことがありません。

サテライトサイトのテーマを決定する際の基本は、

の2つです。

メインサイトの広いテーマの中からどこか1つにフォーカスし、それに特化するのが1つの方法です。サテライトサイトでは、そのテーマに関してメインサイト以上に充実したコンテンツを製作します。そしてそのブログから、メインサイトの関連度の高いページにリンクを貼ることで、良質な被リンクを得るとともに、メインサイトへの流入を増やすことを狙います。例えば、

といったイメージです。

メインサイトのテーマのターゲット層が非常に狭い場合、テーマを拡大してターゲット層を拡げたサテライトサイトを製作するという選択肢もあります。そして、サテライトサイトの中でメインサイトと関連度の高い記事から、メインサイトへのリンクを貼ります。
例えば、

といったイメージです。

3.ドメインを使用し、IPアドレスを分散させる

サテライトサイトは独自ドメインで作りましょう。本サイトと同じドメインでは、本サイトの中の1コンテンツとなり、外部リンクの効果はありません。

また、本サイトとはIPアドレスもクラスC以上で分散させましょう。
IPアドレスは「aaa.bbb.ccc.ddd」などと4つに区切られています。この、cccまでをクラスCといいます。クラスCまで共通のIPアドレスは、同じサーバーからのアクセスとなり、SEO効果がありません。前半3つまでで異なるIPアドレスを使用しましょう。

SEOに強いコンテンツを作りたい方に

サテライトサイトについて理解していただけましたでしょうか。
サテライトサイトというと、かつての「被リンク目的の形だけのサイト」を想像する方も多いかと思います。しかし、現在ではそのようなサテライトサイトではSEO効果がないどころか、ペナルティの恐れがあります。サテライトサイトを作るときには、そのサイトが単体で大きな集客を生むようなサイトに成長させるくらいの気概をもって作りましょう

SEOに強い良質なコンテンツを作るためにおすすめなのが弊社のコンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」です。
「AIアナリストSEO」は、CV数を獲得できるSEOコンテンツを低コストで企画・制作するサービスです。
適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、独自のノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。

資料請求は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」の資料請求はこちら(無料)


この記事を書いた人

竹本 泰紀

東京大学経済学部在学中のインターン。マーケティングチームで幅広く活躍しています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須