リライトとは?検索順位を上げるリライトの手順・コツを徹底解説

SEO|更新:2021.01.08|公開:2021.01.08

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

リライトとは、Web上に公開している記事を書き直す作業のことをいいます。ブログ記事の検索順位がなかなか上がらない場合に、リライトを行うと、SEOの施策として効果が出ることが多いです。この記事では、リライトすべき記事や、リライトで得られる効果、リライトの方法などを解説します。サイト内記事の検索上位表示を目指すための参考にしてください。

目次

リライトとは?

リライトとは、既存の記事を、テーマを変えずにより良い記事に書き直すことです。記事のタイトルや見出し、本文をユーザーのニーズに合わせて修正することで、記事が検索画面の上位に表示されることを目指します。新規記事を作成することは、とても大切なことですが、上位表示されない既存記事の見直しも、非常に重要です。

リライトでSEO効果が得られる

リライトを行うことで、SEO効果が得られ、検索順位が上がる可能性があります。古い情報を更新したり、新しい情報を追加したりすることで、ユーザーニーズを満たす記事であると認められるためです。リライト予定の記事と同じキーワードで記載された競合記事を調べ、元の記事には記載されていない内容や、新たにユーザーが求める内容などを追記しましょう。

リライトのタイミングは検索順位で判断する

リライトのタイミングは、検索順位を見て判断しましょう。検索順位が大幅に下落したときや、3~6ヵ月経っても検索順位が上がらないときなどがベストなタイミングです。Googleがアップデートした時は、検索順位に大きな変動が起きやすいため、リライトする必要が生じやすいです。

リライト後は、効果検証を行い、検索順位を調べ、効果が出ていない場合は、再度リライトを検討しましょう。記事を書き始めたばかりで、記事数が少ないときは、リライトの事は考えず、記事数を増やすことに専念することをおすすめします。

リライトすべき記事とは

リライトすべき記事は、基本的には検索上位に表示されていない記事ですが、上位表示されていない記事すべてをリライトする必要はありません。どのような記事をリライトすればよいのかについて解説します。

検索順位が10~20位の記事

検索順位10~20位の記事は、検索1ページ目に表示される可能性が高いため、積極的にリライトしましょう。検索画面の1ページ目に表示されるか、2ページ目に以降に表示されるかでは、記事をクリックしてもらえる回数が、大きく異なります。コンテンツを充実させて、上位表示を目指しましょう。

表示回数が多いのにクリックされていない記事

検索画面の上位に標示されていて、表示回数が多いのにクリックされていない記事は、リライトしましょう。現状のタイトル・スニペットでは、ユーザーの興味を引けていない可能性が高いです。スニペットとは、検索画面にタイトルと共に表示されるページ内容の要約部分です。リライトする際は、コンテンツの充実と共に、タイトル・スニペットも修正しましょう。

クリック数が多い更新日の古い記事

クリック数が多く、ユーザーによく読んでもらえている記事の中で、更新日の古いものは、なるべく早めにリライトしましょう。ユーザーに間違った情報を与える可能性があり、Webサイトの信頼性低下に繋がります。情報の鮮度をユーザーに知らせるために、公開日や更新日を表示することも大切です。

リライトで上位表示させるために必要な3つのポイント

リライトで上位表示させるために必要なポイントを3つ解説します。

ユーザーの意図を反映させる

リライトによって、ユーザーが欲しい情報、ユーザーの検索意図を反映させることが大切です。キーワードを検索し、どのような記事が上位表示されているのかなど、傾向を把握しましょう。ユーザーが何を知りたいのかを知り、ユーザーの問題を解決できることが、検索上位に表示させるためには、非常に重要なポイントとなります。

信頼できる情報を記載する

リライトする際は、信頼できる情報を記事に記載しましょう。Googleの検索エンジンは、専門性・信頼性・権威性の高い記事を良質な記事であると認識します。信頼性のない情報・偽りの情報は、低く評価され、検索順位を下げます。

網羅性と独自性を意識する

リライトする際はユーザーが知りたい情報を網羅していることが大切ですが、それに加えて独自性を出すことを意識する必要があります。網羅性を重視することで、競合と同じ程度には、よいコンテンツと判断されますが、オリジナリティが加わることで、さらに高い評価が得られます。自サイトに足りない情報を補ったうえで、競合サイトにはない情報を追加しましょう。

記事をリライトする手順

記事をリライトする手順を解説します。

リライトする記事を選ぶ

リライトする記事を選びましょう。Google Search Consoleの検索クエリから、掲載順位が確認できます。10~20位までの記事を選びだし、リライトします。50位以下の記事は、リライトしても上位に上がらない可能性が高いため、情報の古い記事などのリライトを優先させるとよいです。

ユーザー像の設定をする

リライトする記事のキーワードを基にユーザー像を設定します。リライトを始める前に、しっかりとユーザー調査を行い、どんな情報が知りたいのかを見極めます。ユーザーの問題を解決してあげるだけでなく、問題解決後に何をしたいかを推察し、そのために必要な情報も記載する必要があります。ユーザーが何を求めているかをしっかりと把握しましょう。

競合記事を調べる

既に上位表示されている競合記事は、ユーザーのニーズに合った記事が多いため、これらの競合記事を充分に調べ、参考にしましょう。競合記事の文字数・見出し・タイトルなどを見ることで、ユーザーが求めていることが分かります。

記事の構成を作成する

競合記事の分析結果をもとに、タイトルや見出しなどの記事構成を考え、作成します。タイトルは、クリック率にも影響するため、キーワードを積極的に含めましょう。見出しにも、不自然にならない程度にキーワードを含めるとよいです。見出しを読むだけで、記事全体の内容がつかめるようすることが大切です。

記事を作成する

記事の本文を作成します。本文を作成する際は、1行目に結論や結果など、伝えたいことを書くことが大切です。次の文章で、結論に至る理由などを説明します。最後に、注意点・補足など記載すると、読む人に内容が伝わりやすいです。正しい日本語で、分かりやすい文章を書くのがポイントです。

効果検証を行う

Google Search ConsoleやGoogleアナリティクスを使い、検索順位・クリック率・滞在時間・直帰率・離脱率、などについて効果検証を行います。リライト後、1ヵ月以上経ってから行うのがポイントです。4か月以上経っても改善が見られない場合は、再度リライトする必要がある可能性があります。

リライトを成功させるための7つのコツ

リライトを成功させるためのポイントを7つ解説します。

ユーザーの意図をしっかりとつかむ

リライトは、ユーザーの意図をしっかりとつかみ、問題を解決するための情報を網羅しましょう。Googleは、読者の利便性をもっとも重視しています。ユーザーの意図からはずれた記事は、ユーザーの興味もひきつけられず、離脱の原因ともなります。

読みやすい文章を心がける

読みにくい文章は、ユーザーにストレスを与えます。1文が長文で、複数の内容が含まれている場合は、1文あたりひとつの主張になるように、2文以上に分けましょう。句読点・改行などをうまく活用することも大切です。難しい表現・冗長な表現・無駄な表現も避けることをおすすめします。

競合記事と全く同じ構成にならないようにする

リライト後のコンテンツが、競合記事と同じ構成にならないようにしましょう。コピーコンテンツとみなされると、ペナルティを受け、逆に掲載順位が下がる可能性があります。リライトする際に、競合記事の内容を引用しすぎることは避けましょう。調べた情報は、よく理解し、自分の言葉として記載することが大切です。

関連キーワードについても解説する

関連キーワードについても解説しましょう。関連キーワードの中には、ユーザーニーズを反映している情報が少なくないため、検索キーワードと同様に重要です。リライトする際は、関連キーワードについての情報も調べ、記載することで、情報を網羅することにつながります。

関連する記事への内部リンクをはる

リライト中の記事と関連のある記事には、積極的に内部リンクをはりましょう。内部リンクをはることで、ユーザーが、サイト内を行き来してくれるため、サイト内の閲覧数が増え、SEO効果が得られます。ユーザーにとっても、詳しい情報が得られるため、利便性の良さがGoogleに評価されます。

最新情報を追記する

古い情報を載せたままにすると、Webサイトの信頼性低下に繋がるため、定期的に最新情報を追記しましょう。最新情報は、ユーザーにとっても役に立つ情報であるため、Googleに高く評価されやすいです。日々情報は更新されているため、作成した当初は最新情報方であった情報が、偽りの記事となっていることもなくはないため、注意が必要です。

URLの変更はしない

URLの変更は、絶対にしないでください。検索順位を決定するための情報は、URLごとに保存されています。URLを変更することで、過去の情報がすべてリセットされてしまい、正しい評価が得られなくなり、検索順位を上げられません。

まとめ

リライトとは、既存の記事を、テーマを変えずにより良い記事に書き直すことです。Webサイトの検索順位を上げ、アクセス数を向上させる効果があります。検索画面の1ページ目に、なかなか表示されない記事、情報が古い記事などは、優先的にリライトしましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案可能です。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。