コンテンツマーケティングと広告をうまく活用する方法とは?役割の違いも解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

コンテンツマーケティングに、広告は必要ないと考える人は少なくないです。しかし、コンテンツマーケティングは、広告をうまく活用することで、大きな効果を上げられることがわかっています。この記事では、コンテンツマーケティングと広告の違い、広告の重要性、広告の活用方法などを解説します。コンテンツマーケティングと広告をうまく活用し、売上拡大に役立ててください。

目次

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、オンライン上でコンテンツを配信することで、集客数を増やし、売上の向上を目指す、マーケティング手法のことです。

情報を発信しユーザーをひきつけるマーケティング手法

情報を必要とするユーザーに向けて、良質なコンテンツを発信し、ひきつけることで、商品・サービスの購入へと導くマーケティング手法です。コンテンツマーケティングの「コンテンツ」は、「情報として発信される内容」という意味で使われています。

潜在顧客のニーズにあった情報の発信

コンテンツマーケティングは、新規顧客を得ることを目的とし、潜在顧客のニーズにあった情報を発信する必要があります。ユーザーが求める優良な情報を発信することで、自社の商品・サービスが認知されます。また、コンテンツを通じて、潜在顧客を見込み顧客へと変化させられます。

潜在顧客を見込み顧客・優良顧客と育成

潜在顧客であったユーザーを、見込み顧客・優良顧客へと育成し、商品・サービスの購入へとつなげることも、コンテンツマーケティングの目的です。見込み顧客へ継続的にコンテンツを提供することで、商品・サービスへの知識と、購入への思いを深めます。顧客のファン化をうながすことで、継続購入と情報の拡散も期待できます。

コンテンツマーケティングと広告の違い

自社の商品・サービスの認知度を高めるために、企業が行っているテレビCMを代表とする広告と、コンテンツマーケティングとの違いを解説します。

消費者を育成するためのコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、消費者の育成を目的とし、自社のWebサイト・ブログなどでコンテンツを発信します。ユーザー自身が検索を行い、コンテンツを見つけ出してくれるのを待つ、受動的な手法といえます。企業側は発信するコンテンツにより、ユーザー自らが購入の意思を持つように育てあげるもので、購買行動は強要しません。

商品の認知・売り込みを目的とした広告

広告は一般消費者に向けて、自社商品・サービスの認知と売り込みを目的としており、積極的に情報が発信されます。企業からの一方的な情報発信となることが多く、自社商品・サービスに興味のない人には、広告による情報が届きにくくなっているのが現状です。

コンテンツマーケティングが注目されている理由

近年、テレビCMなどの広告ではなく、なぜコンテンツマーケティングが注目されているのか、その理由について解説します。

売り込み型の広告の限界

昔から行われている広告は、売り込み型の広告であり、特定の相手に向けて発信されるものではありません。広告は、ユーザーの意思とは無関係に発信されるため、時にはユーザーにとって迷惑になることがあります。近年では、欲しいものは自分で調べて購入する、無理やり押し付けられて購入するものではないという風潮が主流となっています。

ユーザーの情報獲得手段の変化

ユーザーが商品・サービスの情報を獲得するための手段は、従来と大きく異なってきています。情報の少なかった頃、人々はテレビCM・新聞広告などから、新しい情報を入手していました。インターネットを介して多くの情報を集められる現代においては、広告を見ただけで商品・サービスの購入を決意する人は少なくなりました。

ユーザーの購買への意思決定プロセスの変化

ユーザーが商品・サービスを購買する際の意思決定プロセスは、従来とは大きく変化しています。広告が主体だった時代、人々は広告により新製品を知り、購入を考えるという流れが中心でした。現代では、欲しいものがあったら、まずインターネットで調べ、商品・サービスを納得がいくまで探したうえで購入するという人が増えています。

コンテンツマーケティングにも広告が必要といわれる理由

コンテンツマーケティングが主流になり、広告は不要だと思われがちです。しかし、両者を組み合わせることで、大きな効果が得られることがわかっています。その理由を解説します。

コンテンツマーケティングに即効性がない

コンテンツマーケティングの効果は、すぐに表れることが少なく、即効性がありません。コンテンツを配信してから、Google検索で上位に表示されるまでに、数週間から数カ月かかるといわれています。コンテンツマーケティングの効果が発揮されるまでは、広告に頼らざるを得ないのは事実といえます。

広告との組み合わせで相乗効果を発揮

コンテンツマーケティングは、広告と組み合わせることで相乗効果を発揮します。初期段階においては、広告による効果に頼ることとなります。コンテンツを読むユーザーが増えてくると、コンテンツと広告、両者への信頼が深まります。お互いの利点を活用し、商品・サービスの認知度・購買意欲を高めることが可能となります。

コンテンツマーケティングと組み合わせると効果的なネイティブ広告

最近では、インターネット上で配信される広告が増えています。インターネットで配信される広告の中でも、ネイティブ広告をコンテンツマーケティングと組み合わせることで、大きな効果が得られることがわかっています。ネイティブ広告とは、ユーザーに違和感を与えず、情報を届けられるようにコンテンツの中にうまく溶け込み、自然な形態で配信されている広告を指します。

ペイドサーチ型

ペイドサーチ型のネイティブ広告は、リスティング広告・検索連動型広告ともよばれています。Googleなどの検索画面上に、自然検索結果と同じ形式で表示されます。「広告」という文字が明記されますが、検索結果より上位に、違和感なく並んで表示されます。

インフィード型

インフィード型のネイティブ広告は、様々なメディアの中に表示される広告です。SNSや記事などのコンテンツとコンテンツの間に、同じ形式で表示されます。そのため、ユーザーは広告と気づかず、自然に読むことが多いです。

レコメンドウィジェット型

レコメンドウィジェット型のネイティブ広告は、ユーザーの興味に関連のある広告として配信されます。「あなたにおすすめの記事」「この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます」などと、記事の下部などに表示されます。レコメンド配信サービスを活用することで広告配信できます。

プロモートリスティング型

プロモートリスティング型のネイティブ広告は、ペイドサーチ型と同様に検索画面に表示されます。スポンサー枠に、「スポンサー」「スポンサープロダクト」などと明記されたうえで、商品やリンク先が表示されます。ECサイト・情報サイト上に、他の商品・サービスと同じ形式で表示されます。

インアド型

インアド型のネイティブ広告は、ニュースなどと一緒に配信される広告で、バナー形式で表示されます。表示されているニュースと関連性のある広告が、ニュースの別枠に配信されます。

カスタム型

カスタム型のネイティブ広告は、上記の5つに当てはまらないネイティブ広告の総称です。新しい形式の広告は、カスタム型とされることが多いです。代表例として、LINEのスポンサーによるスタンプがあります。企業のブランディング・ファンの育成などを目標として配信されます。

ネイティブ広告については、下記の記事を参考にしてください。
ネイティブアドとは?6つの分類を実例つきで解説|活用のポイントも紹介

コンテンツマーケティングと広告をうまく活用するための5ステップ

コンテンツマーケティングと広告をうまく活用することで、マーケティング効果が向上します。ここでは、うまく活用するための5ステップを紹介します。

1.ユーザーに認知してもらう

マーケティングにおいて、ユーザーに認知してもらうことは大変重要です。良質なコンテンツをオウンドメディアなどで発信し続けながら、ペイドサーチ型・インフィード型のネイティブ広告を出稿しましょう。さらにリスティング広告・SNSで情報発信することで、コンテンツの拡散に役立ちます。

2.ユーザーに興味・関心を持ってもらう

ユーザーに興味・関心を持ってもらえる、優良なコンテンツの配信が重要です。リスティング広告・SNSで情報発信したコンテンツに、有益な情報がなければ、ユーザーに興味を持たせられません。潜在顧客を見込み顧客へと変化させ、問合せ・資料請求などにつなげられる、優良なコンテンツの作成に努めましょう。レコメンドウィジェット型のネイティブ広告の活用もおすすめします。

3.ユーザーに商品・サービスを購入してもらう

コンテンツマーケティングの最終目標は、ユーザーに商品・サービスを購入してもらうことです。自社の商品・サービスを認知してくれているユーザーに対しては、継続的に情報を発信しましょう。そうすることでユーザーの知識を深め、信頼度を高める必要があります。メルマガの配信・セミナーへの招待など、積極的なアプローチを行いましょう。

4.ユーザーに情報を拡散してもらう

商品・サービスを購入したユーザー自身に、情報を拡散してもらうことも大切です。ユーザー自身のSNS・ブログなどで発信される口コミ情報には真実味があり、人に与える効果は絶大です。新規顧客に、自社のファン・リピーターとなってもらえるように、優良なコンテンツの配信とサービスの充実に努め、多くの情報を拡散してもらいましょう。

5.コンテンツごとの効果を調べる

コンテンツの発信後、数カ月経ってから必ず効果を測定し、コンテンツによる結果が出せているかを調べましょう。コンテンツは、ただ発信すればよいわけではなく、検索上位に表示されているか、訪問者はどれだけいるのか、結果は得られているのかなどを調べる必要があります。効果のあまり出ていないコンテンツは、リライトするなど内容を改善しましょう。

まとめ

コンテンツマーケティングは、コンテンツを発信による集客と顧客育成を目指すマーケティング手法です。ネイティブ広告とコンテンツマーケティングを組み合わせることで、相乗効果が得られることがわかっています。優良なコンテンツを配信し続けると同時に、効果測定を行い、必要に応じてコンテンツの改善を重ねましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートを行います。コンテンツ公開後は、ユーザーの動向を分析して改善施策を提案もさせていただきます。コンテンツマーケティングにお悩みのある方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。