SEOとキーワード数の関係は? キーワードのSEO効果から狙うべき数まで解説!

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの曽我です。

この記事では、キーワード数とSEOの関係についてわかりやすくご説明します。

SEOに取り組まれているWeb担当者さまの中には、
「SEO効果を上げるためには1ページに対策キーワードを何個入れればいいの?」
「1ページで何種類ものキーワードを狙うことってできるの?」
と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、キーワード数とSEOの関係についてご説明します。
しっかりと理解して、より成果につながるSEOを行っていきましょう!

目次

ページ内のキーワード出現数は何個が適切?

そのページがユーザーにとって有益なコンテンツであれば、キーワード出現数はSEOの評価に影響を及ぼさないと言われています。
とはいえ、あるキーワードについて有益なコンテンツを作ろうとすると、キーワードは自然と一定数出現します。そのため、狙っているキーワードが少なすぎる場合は、そのコンテンツを見直す必要があるでしょう。

例えば「Googleアナリティクス 使い方」というキーワードを狙って有益なコンテンツを作成しようとすると、「Googleアナリティクスの使い方は~~」「Googleアナリティクスは~~といった使い方が効果的です」のように対策キーワードが一定回数出現するのが自然です。

反対に、そのキーワード出現数が多すぎるとペナルティを受ける可能性が高まるといわれているので、注意が必要です。具体的には、コンテンツページ内のキーワード出現率が10%程度以上になるとペナルティを受けやすいといわれています。

キーワード出現数について不安に感じる場合は、SEO高屋というツールを使えば単語数やキーワード出現率を確認できるます。自サイトのコンテンツが狙っているキーワードが多すぎたり少なすぎたりしていないか確認するためにSEO高屋をぜひご活用ください。

メタタグ・タイトルタグ・H1タグ内のキーワード出現数は何個が適切?

メタタグとは、meta keywords、meta discriptionのことを指します。メタタグの中のキーワード出現数はいずれもSEO効果に直接的な関係がありません。なぜなら、Googleではメタキーワードはサポートされていないからです。詳しくはGoogleがサポートしているメタタグをご覧ください。
ただし、タイトルタグやh1タグはSEO上大事です。タイトルタグは、検索結果のタイトルバーに表示される、一番目につく部分です。そのため、検索エンジンやユーザーが最重要視するところであり、ここにキーワードが入っていないと、意図するキーワードで検索をかけたユーザーをページに誘導することが難しいです。

h1タグは、Webページを構成するhtmlファイルの中の一番重要な見出しになるタグです。これもタイトルタグ同様、検索エンジン / ユーザー双方にとって重要です。よってここにも対策キーワードを含める必要があります。

1ページで狙うキーワードの数は?

1ページで狙うキーワードの数を多く設定した方がアクセスが増えそうなイメージを持たれる方も少なくないと思います。
しかし、実際は1ページで狙うキーワードの数は1つにするべきなのです。1ページの中で何種類ものキーワードを狙っていると、そのページが結局何を伝えたいページなのかを検索エンジン・ユーザーに伝えることができません。
その結果SEO評価は下がってしまいます。

反対に、1ページで狙うキーワードを1つに絞ることで、そのページのテーマが明確になり、検索エンジンにしっかりとコンテンツの価値を認識してもらえます。また、ユーザーから見てもページの趣旨がわかりやすく、彼らのニーズに合った有益なコンテンツに見えます。

SEOに強いコンテンツを作りたい方に

検索エンジンはユーザーにとって有益なページかどうかを判断して、検索順位を決定します。そのため、ページ内のキーワード数自体はSEOの効果には関係しません。内部SEOを行うにしても、そもそもコンテンツ自体が良くなければ、意図するキーワードを検索したユーザーを誘導して、コンテンツページのCV数を高めることは難しいです。
そのため、キーワード数を気にしてコンテンツを作るのではなく、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作りましょう。

また、SEOで成果をよりあげたい方には弊社のコンテンツSEO支援サービスAIアナリストSEOがおすすめです。

・「どのようなコンテンツを作ればよいかわからない」
・「コンテンツを作ったり効果検証をしたりする時間がない」
・「コンテンツから流入は獲得できているものの、CVにつながらない」
など、コンテンツマーケティングについてのお悩みはありませんか?

AIアナリストSEOは、CV数を獲得できるSEOコンテンツを低コストで企画・制作するサービスです。
適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、独自のノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。

資料請求は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」の資料請求はこちら(無料)