SEOとキーワード数の関係は?キーワードのSEO効果から狙うべき数まで解説!

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

現在のGoogleでは、キーワードの数を重要視していません。実際にはどのようなコンテンツが評価され、上位表示されるのでしょうか。この記事では企業のWeb担当者に向け、SEO対策におけるキーワード出現数の影響度や、適切な含め方などについて解説しています。キーワード数を調整する際の注意点や出現率のチェックに最適なツールも紹介しているので、参考にしてください。

目次

SEOに対するキーワード出現数の影響は小さい

キーワードが出現する数が、SEOに与える影響は低いといわれています。以前は、Googleの検索エンジンに単語の意味を理解する能力がなかったため、キーワードをたくさん盛り込んだ記事が上位表示された時期がありました。

しかし現在のGoogleは、自然言語処理技術により類義語を認識し、前後の文脈から意味を判断できるようになりました。キーワード数よりも、関連した単語の多さや情報の網羅性などを評価しています。

ユーザーニーズを満たすページが評価される

Googleではユーザーニーズを満たす、ユーザーファーストのページが評価されます。Googleの提唱するユーザーファーストとは、収益ではなく、ユーザーの利便性を第一優先にする考え方です。SEOだけを意識したコンテンツを制作すると、Googleのアップデートのたびに検索順位が転落するリスクがあります。

「ページ内に1度もキーワードが出てこない」「極端に入れすぎる」ことを避けながら、ユーザーが読みやすいように、自然に含めましょう。Googleでは、ユーザーの利便性について「10の真実の中」で説明しています。以下はGoogleが掲げる10の真実です。参考にしてください。

※参考:Google が掲げる 10 の事実|Google

キーワードを設置する場所と数

タイトル・h2・h3・メタディスクリプションなど、キーワードを設置する場所と数は関係があるのでしょうか。キーワードの設置場所と数について、解説します。

1つのコンテンツ(URL)には1キーワードが原則

そのページでSEO対策をするキーワードは、1つに絞りましょう。たとえば1つのページで「Googleアナリティクス 設定」「Googleアナリティクス 使い方」「GA4」と3つのキーワードを扱うより、3ページに分けた方がユーザーにわかりやすいコンテンツになります。何を伝えるページなのかが明確になり、Googleからの評価が上がりやすくなります。

タイトルにもキーワードを含める

ユーザーが1番目にする部分となるタイトルにも、キーワードを含めましょう。人の視線は左側に集中しやすい特徴があるため、前半部分にキーワードを入れると効果的です。とくに数は決められていませんが、キーワードは1つ以上入れます。ただし過剰にキーワードを盛り込むと、Googleペナルティの対象となり、検索順位が落ちる可能性があります。無理に含めすぎないようにしましょう。

h1やh2には必要だがh3以下は含めなくてよい

h1タグはタイトルと同様の内容を入れるタグです。h2タグは、SEO効果が出やすくなるため1回ずつ入れます。内容がわかりやすくまとまり、良質なコンテンツ作りにつながると、評価を高めやすくなります。

ただしh2にも入れた状態でh3以下に入れると、キーワードを詰め込んだ不自然さが出ます。キーワードの出現数が上がりやすくなるため、h2までにとどめましょう。

メタディスクリプションのキーワード出現数にSEO効果は無い

メタディスクリプションのキーワード数に、SEO効果はありません。メタディスクリプションタグとは、検索結果に表示される記事の要約を示す部分です。Googleでサポートされていないため、SEO効果はないといえます。効果があった時期もありますが、現在では検索結果の変動には影響しません。

ユーザーに記事の有効性を伝えるために、自然に文章の中にキーワードを入れることを意識しましょう。

※参考:Google がサポートしている特別なタグ | Google 検索セントラル | Google Developers

SEOでキーワード数を調整する際の注意点

キーワード数を調整する際は、最初のキーワード選定を注意する・ユーザーの検索意図を汲む・自然に含めることの3点に注意が必要です。

最初のキーワード選定に注意する

最初に注意すべきことは、コンテンツ執筆前に行うキーワード選定です。SEOにおけるキーワード選定とは、自社の利益につながる見込みユーザーに見つけてもらえるようなキーワードを選ぶ作業のことです。

ユーザーに商品の購入・契約の申込み・会員登録などをしてもらうことが、キーワードを選ぶ目的です。ユーザーが検索してくれそうなキーワードと、自社の特徴やアピールするサービスが端的に示されたキーワードをすり合わせて選びましょう。

キーワードの数よりユーザーの検索意図を汲む

ユーザーの検索意図とは、検索キーワードを入力したユーザーのニーズのことです。選定したキーワードが、ユーザーのニーズとミスマッチを起こしていると離脱率を高め、成果につながりにくくなります。

たとえば「デジタル広告」と「デジタル広告 種類」を検索している人が欲しい情報は異なります。「デジタル広告」では定義や解説について、「デジタル広告 種類」では具体的な種類別の特徴について求められます。キーワードごとにユーザーの検索意図が異なることを理解した上で、検索意図にあったコンテンツ内容を心がけましょう。

キーワードはタイトルや本文に自然に含める

ユーザーが検索したキーワードが含まれていた方が、ページが読まれやすくなるためです。本文に複数箇所にキーワードがちりばめられていると、Googleの評価も上がりやすくなります。文脈が自然になるように、ユーザーが読みやすい形で含めることがポイントです。

キーワードの出現数の調べ方

キーワードの出現数は、キーワード出現率チェックツールを使って調べられます。キーワード出現率チェックツールとは、記事内にどれだけのキーワードが使われているかを確認できるツールです。

ここでは「FunkeyRating(ファンキーレイティング)」の使い方を解説します。例としてAIAブログの「リスティング広告とは?特徴や仕組み・費用など基礎的な知識を紹介」を調査します。手順は以下のとおりです。

  1. チェックしたいページのURLを入力する
  2. ターゲットのキーワードにキーワードを入力し「チェック」をクリックする

解析結果が表示されると、「リスティング広告」は出現率3.24%と確認できました。指定したキーワードについて、調整すべき数の増減も教えてくれます。

キーワードの出現率チェックツール5選

キーワードの出現率チェックツールを5つ紹介します。

FunkeyRating(ファンキーレイティング)

FuckeyRating(ファンキーレイティング)は、無料の出現率チェックツールです。URLでページを指定できるほか、テキスト入力もできるため、公開前の記事のチェックも可能です。追加すべき・削除すべきキーワードの調整数が表示されるため、キーワード数の調整に役立ちます。

※参考:ファンキーレイティング [FunkeyRating]

ohotoku.jp

ohotoku.jpは、無料で使えるSEOツールです。キーワード出現率チェックツールは、URL・キーワード・出現率目標を入力するだけで、簡単にチェックできます。ほかにもキーワードの検索順位が確認できる順位チェック、リダイレクトが動作しているかどうか確認するリダイレクトチェックなど、さまざまなツールが利用できます。

※参考:ohotoku.jp

高屋のSEO診断チェックツール

高屋のSEO診断チェックツールは、SEOに必要な情報をまとめて表示する無料のSEO診断ツールです。チェックしたいページのURLを入力するだけで、キーワードの出現率だけでなく、検索順位・被リンク数・関連キーワードなども一覧で表示されます。

※参考:高屋のSEO診断チェックツール

FC2キーワード出現率チェッカー

FC2キーワード出現率チェッカーは、ブログで有名なFC2が提供する無料ツールです。URLを入力すると、コンテンツ内の出現回数・出現率が確認できます。オプションで指定すれば、名詞・形容詞・動詞などに絞って検索でき、細かい見直しにも最適です。

※参考:FC2キーワード出現率チェッカー

SEOチェキ!

SEOチェキ!は、無料のSEOツールです。キーワードの出現率は、ページ内のキーワードの回数・比率が一覧で表示されます。タイトル・メタディスクリプションなどの情報・発リンク数・読み込み時間・検索順位なども一緒に確認できるため、ページの状況を総合的に把握したい際に適しています。

※参考:SEOチェキ!

まとめ

SEO評価を上げる際、キーワード数は関係ありません。現在のSEOでは、ユーザーニーズを満たすページが評価されるため、数よりもユーザーファーストを意識しましょう。過度にキーワードを含めることはよくありませんが、タイトルやメタディスクリプション、本文内に自然に含めることが大切です。自社制作が難しい場合は、SEO記事の提供サービスの利用もおすすめです。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定、ユーザーファーストな記事作りまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら