Googleアナリティクスの権限付与|社内外に情報共有する方法や注意点を解説

アクセス解析 |

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

この記事では、自社サイトの改善業務でGoogleアナリティクスを使用している担当者に向けて、権限付与の具体的な方法について解説します。Googleアナリティクスの権限を付与することでアナリティクスの情報を社内外の関係者に共有できます。

この記事を読むことで、アナリティクスの権限付与ができるようになり、付与によってどのようなことができるのか理解できます。付与できる権限の種類や権限付与時の注意点も紹介するので参考にしてください。

目次

Googleアナリティクスの権限の付与とは

Googleアナリティクスの権限付与とは、社内外の担当者や広告業者、顧客、外部業者などの第三者にGoogleアナリティクスの閲覧などができる権利を与えることです。権限の付与は、共有したい関係者のGoogleアカウントをGoogleアナリティクス経由で招待することで可能になります。

なお権限を付与する場合、付与できる権限には種類や階層があるので、それぞれ理解しておく必要があります。具体的な種類や階層については後ほど解説します。

Googleアナリティクスで付与できる権限の種類

ここでは、Googleアナリティクスではどのような権限が付与できるのか、具体的な種類について解説します。

ユーザー管理

ユーザー管理とは、ユーザーの追加、ユーザーの権限管理などができる権限です。ユーザーの追加や削除などが行えます。なお、ユーザー管理でできるのはあくまでも管理のみであり、アナリティクスのデータは閲覧できません。

編集

編集とは、アカウント、プロパティ、ビューの各種設定ができる権限です。コンバージョンの設定やフィルタの設定を行う場合、この編集が付与されていなければいけません。編集権限が付与されていれば、Googleアナリティクスの設定はもちろんデータ収集も行えますが、ユーザー管理はできません。

共有設定

共有設定とは、ダッシュボードやメモといったアセットの作成・共有ができる権限のことです。具体的には、レポートを作成した時に共有できます。共有設定の権限が与えられている方は、後述する「表示と分析」の権限も与えられていることになり、レポートの閲覧も可能です。

表示と分析

表示と分析とは、アナリティクスのレポートの閲覧ができる権限のことです。あくまでもデータの表示だけであるため、外部の業者などにデータを見てもらう時などに活用できます。

Googleアナリティクスで権限の付与を行う際の注意点

ここでは、Googleアナリティクスで権限を付与する際に覚えておきたい注意点について解説します。

権限を付与したい相手のメールアドレスが必要

Googleアナリティクスの権限を付与する場合、付与する相手のメールアドレスが必要となります。メールアドレスは、Googleアカウントにログインする際に使用しているものか、Googleアカウントに登録されているものが使用可能です。Googleアカウントで使用・登録しているメールアドレスがない場合は、Googleアカウントを作成しなければいけません。

追加できるアカウント数・プロパティ数・ビュー数には上限があるので注意する

Googleアナリティクス上で追加できるアカウント数やプロパティ数、ビュー数には、以下のように上限があります。

アカウント 上限100
プロパティ 上限50
ビュー 上限25

上限の範囲内で追加するようにしてください。

必要最小限の権限を付与するようにする

権限を付与する際は、ユーザー管理、編集、共有設定、表示と分析という4つの権限レベルから、必要最小限の権限を選択して付与することが大切です。例えば、誰にでも全てのデータの閲覧・編集が可能な権限を与えてしまうと、見られたくないデータを見られるといった事態やデータやユーザーが誤って削除されてしまう事態が起こりかねません。

また、逆に権限が不十分で編集ができないといったケースもあります。このような事態を避けるためにも、権限を付与する際は、ユーザーによってはデータの閲覧のみにする、など設定ルールを決めておく必要があります。

別企業の担当者に権限付与したものの、誤って別のクライアントのデータが見られるようになっていたといったトラブルが発生する恐れもあるため注意が必要です。なお、別企業や別部署の担当者の追加方法については後ほど解説します。

Googleアナリティクスの権限を付与する手順

ここでは、Googleアナリティクスの権限を付与する具体的な手順について解説します。

1.Googleアナリティクスにログイン

Googleアナリティクスの権限を付与する場合、まず付与する方がGoogleアナリティクスにログインする必要があります。ログインができていない場合はログインしてください。

2.「管理」をクリック

Googleアナリティクスにログインしたら「管理」をクリックしてください。その後、権限付与の対象となるアカウントかプロパティ、ビューのいずれかに移動します。

3.「ユーザー管理」をクリック

権限を付与するアカウント、プロパティ、ビューの3つの階層に応じて「アカウント」「プロパティ」「ビュー」のいずれかの列の「ユーザー管理」をクリックしてください。なお、3つの階層については、後ほど詳しく解説します。

4.「ユーザーを追加」を選択

ユーザー管理をクリックしたあとは、「アクセス権限」リストから「+」をクリックしてください。その後「ユーザーを追加」をクリックするとメールアドレスの入力欄が出てきます。

5.「権限を付与するユーザー」にアドレスを入力

「権限を付与するユーザー」に権限を付与する方のGoogleアカウントで使用しているメールアドレスを入力してください。その後、「新規ユーザーにメールで通知する」を選択し付与するユーザーにメッセージを送信します。

6.追加したユーザーへ付与する権限を選択する

ユーザーにどの権限を付与するのか選択します。権限を選択する際は、役割に応じて適切な権限を選んでください。選択を間違えると、見られたくないデータを見られる恐れもあります。

7.「追加」をクリック

メールアドレスの入力と付与する権限の選択が完了したら「追加」をクリックしてください。これでGoogleアナリティクスの権限付与の手続きは完了です。付与したあとは、実際に適用されているか確認してください。

Googleアナリティクスの権限を外部企業や別部署の関係者に付与する方法

Googleアナリティクスの権限は、外部企業や社内の別の部署などに付与することもあります。そのような場合は、外部企業用、別部署用にプロパティもしくはビューを作成し、権限付与するのが一般的です。相手に応じた権限を付与すれば、管理も行いやすくなるでしょう。

権限の階層を意識して設定を行う必要がある

権限付与を行う場合、権限の階層を意識することが大切です。ユーザー管理に関しては、アカウント、プロパティ、ビューの3つの階層に分かれており、それぞれに違いがあります。ここでは、各階層の概要について解説します。

アカウント

アカウントは、3つの階層の中でも最上位に位置しており、主にユーザー管理を行う階層と考えてください。アカウントでは、当該アカウントに属している全てのプロパティとビューの権限を管理することが可能です。

プロパティ

プロパティは、3つの階層の中間層に位置しており、トラッキング情報を管理したり、Google広告をはじめとした各種サービスとの連携設定を行ったりします。なお、プロパティを付与されている方は、プロパティの下層に位置するビューの権限も付与されていることになります。

ビュー

ビューは、3つの階層の中でも最下層に位置しており、フィルタ設定や目標設定といったGoogleアナリティクスのレポートに関する各種設定を行います。Googleアナリティクスのレポートでは、このビューの内容が表示されています。

ユーザー管理の権限がないとユーザーの追加はできない

ユーザーの追加は誰でもできるわけではなく、ユーザー管理の権限を持っている方のみ行えます。そのため、権限を持っていない方が、新たにユーザーを追加したい場合は、権限所有者に相談して追加してもらうなどの対応が必要です。

権限を付与する手順

1.プロパティ・ビューのいずれかの階層の「ユーザーの管理」をクリック

権限を付与する場合、まずはプロパティかビュー、いずれかの階層の「ユーザー管理」をクリックしてください。こちらは、Googleアナリティクスのメニューにある「管理」をクリックすると表示されます。

2.+(プラス)をクリックし、「ユーザーを追加」を選択

ユーザー管理をクリックしたら、ユーザー一覧が表示されます。一覧が表示されている画面の右上に「+」マークがあるので、これをクリックし「ユーザーを追加」を選んでください。

3.権限追加したい相手のメールアドレスを入力

権限を追加したい相手のメールアドレスを入力し、与えたい権限にチェックを入れてください。なお、同じ権限を付与するのであれば、複数のメールアドレスを入力すれば一括追加も可能です。

Googleアナリティクスの権限が正しく付与されているか確認する方法

権限の付与を行ったが、正しく付与されているか気になる場合は、権限の確認ページをチェックしてください。もし「プロパティーまたはビュー レベルで割り当てられる権限」と表示されているのであれば、「アカウント」ではなく「プロパティ」や「ビュー」に権限が付与されていることになります。

Google Analytics4で権限を付与する方法

ここでは、Googleアナリティクスの新バージョンである「Google Analytics4」で権限を付与する方法について解説します。Google Analytics4は、旧バージョンと比べて左サイドのツールバーの項目が異なる点が特徴です。

1.「設定」→「管理」をクリック

ユーザーの追加や権限の編集、削除を行う場合、Google Analytics4の「設定」から「管理」へと進んでください。先ほども触れているように、Google Analytics4はツールバーの項目が旧バージョンと異なっています。

2.「ユーザー管理」をクリック

「管理」をクリックしたら、引き続き「ユーザー管理」をクリックしてください。なお、Google Analytics4の場合、階層はアカウントとプロパティの2つしか存在しないため、必要な階層のユーザー管理を行ってください。

アカウントユーザー管理

アカウントユーザー管理では、1つのアカウントにつき、最大50個までのプロパティの登録が可能です。Webサイトに関する情報を全て見せて問題ないといった方に対しては「アカウントユーザーの管理」を選択してください。

プロパティユーザー管理

追加する方に見られたくない情報がある、特定のサイトの情報だけ見せたいといった場合は「プロパティユーザー管理」を選択してください。こちらを選択すると、特定のプロパティのみを閲覧できるようになります。

まとめ

Googleアナリティクスでは、ユーザーに権限を付与することで、ユーザー管理やデータの共有、閲覧などができるようになります。権限の範囲は付与する相手に応じて選択できるため、付与時のルールなどを決めておくと見られたくないデータを見られてしまうといった事態を防げるでしょう。

なお、Webサイトを運用する場合プロの力を借りるのも1つの選択肢となります。「AIアナリスト」は、AIがアクセス解析を⾃動で⾏い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウで、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばすための改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。

Googleアナリティクスに連携するだけで利用可能で、設定は2分で終わります。まずは無料版からお試しください。

AIアナリストの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。