Googleアナリティクスのトラッキングコードとは?確認・発行・設置方法まで徹底解説!

アクセス解析|更新:2019.11.22|公開:2019.09.13

こんにちは。アクセス解析ツール「AIアナリスト」ライターチームです。
Webサイト運営を最近担当し始めた方は「アクセス解析」や「トラッキングコード」という言葉を何度も目にしているのではないでしょうか。今回はトラッキングコードについて、確認・発行・設置方法の解説をしています。トラッキングコードはGoogleアナリティクスを使うために必要な計測コードです。この記事を読んで、アクセス解析をはじめてみましょう!

目次

トラッキングコードとは?

トラッキングコードとは、Googleアナリティクスが提供する専用の計測コードのことです。Webページが読み込まれると同時に実行され、ユーザーの流入元・検索キーワード・ページの遷移履歴・滞在時間などを計測します。ユーザーの特性や行動履歴を知ることができるため、アクセス解析・サイト改善を行う際の目安となります。

ここでは、Googleアナリティクスで最新のバージョンにあたるグローバルサイトタグ(gtag.js)を紹介しています。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-xxxxxxxx-x"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config', 'UA-xxxxxxxx-x');
</script>

このコードで「UA-xxxxxxxx-x」にあたるのはトラッキングIDです。トラッキングIDについては以下の記事で詳しく解説しています。
▼関連記事
GoogleアナリティクスのトラッキングIDとは? 発行・設置・確認方法を解説!

トラッキングコードを確認する方法

ここでは、既に発行済みのトラッキングコードを確認する方法を紹介します。画像付きで解説しているので、ぜひ参考にしてください。

1. Googleアナリティクスにログイン
まずは、Googleアナリティクスの管理画面にアクセスしましょう。以下のリンクからログインページに移動できます。
Googleアナリティクスのログインページ
2. 画面左下歯車マークの「管理」をクリック
3.「プロパティ」にある「トラッキング情報」をクリック
プロパティを複数持っている場合は、プルダウンから確認したいWebサイトを選択してください。

トラッキング情報

4.「トラッキングコード」をクリック

トラッキングコード確認画面

トラッキングコードを発行する方法

ここでは、新しくトラッキングコードを発行する方法を紹介します。トラッキングコードを既に発行したことがない方向けの内容です。

1.Googleアナリティクスにログイン
2.画面左下の「管理(歯車マーク)」から「+アカウントを作成」をクリック
3.アカウント名を入力
アカウント名は別のアカウントとの区別ができれば、どのような名前でも問題ありません。

アカウント名入力画面

4.データを測定したい対象を選択

測定対象を選択

5.プロパティを設定。登録したいWebサイトの名前とURL、業種とタイムゾーンを設定して「作成」をクリック

Webサイトの名前が決まってない場合は、仮タイトルでも問題ありません。ここで入力する名前は、外部に公開されるものではなく、また後から自由に変更できます。

webサイトの名前を入力

6.各規約に同意してアカウントを作成
7.「管理」メニューの「プロパティ」にある「トラッキング情報」をクリックし、「トラッキングコード」を選択

トラッキングコード確認画面

Webページにトラッキングコードを設置する方法

Googleアナリティクスでアクセス解析を行うには、それぞれのページでGoogleサーバーにデータを送信するためのプログラムが作動する必要があるため、トラッキングコードはアクセス解析したい全てのページに設置しましょう。詳しい手順は、以下の通りです。

1. Googleアナリティクスに移動し、作成したトラッキングコードをコピー
2. アクセス解析をしたいWebページの<head>タグ内に入力
<head>タグへの入力は、該当ページのHTMLソースに行います。設置位置は</head>の直前が推奨されています。以下の順番で設置しましょう。

<html>
<head>
(中略)
<title>(Webページの名前)</title>
(中略)
[ここにトラッキングコードをペーストする]
</head>

まとめ

トラッキングコードはGoogleアナリティクスでデータを計測するために用いられます。Googleアナリティクスでアクセス解析を行うことで、ユーザーの行動履歴を把握できるため、サイト改善・CV向上に役立ちます。Webサイトを運営している方は、ぜひ活用しましょう。
Googleアナリティクスを利用すれば、Webサイトのさまざまなデータを計測できるようになりますが、取得したデータを有効活用するには、ある程度の経験とスキルが必要です。

Googleアナリティクスのデータを最大限に活用したい方には、弊社の提供するアクセス解析ツール「AIアナリスト」がおすすめです。AIアナリストは、Googleアナリティクスのデータをもとに分析からWebサイトの改善施策提案までを自動で行うツールです。まずは無料の初回分析をお試しください。
アクセス解析ツール「AIアナリスト」初回分析はこちらから(無料)


この記事を書いた人

AIアナリストライターチーム

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須