コンバージョンとは?Webサイトのゴールを決めて売上げアップを目指そう

アクセス解析 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

Webサイトを改善して、売上アップを目指したいと考える人は多いです。この記事では、Webサイトの改善のための需要な指標となるコンバージョンについて解説します。コンバージョンとは何か、コンバージョンを増やす重要性を理解し、売上アップのために役立ててください。

目次

コンバージョンとは

コンバージョンとは何かについて解説します。

コンバージョンの意味

コンバージョンには、転換・変換などの意味があります。Webマーケティングにけるコンバージョンとは、Webサイトへの訪問者が、顧客へと転換することを意味します。

サイトの種類により異なるコンバージョン

サイトの種類によって、設定するコンバージョンは異なります。コンバージョンはWebサイト作成の目的に沿って設定されるべきものです。ここでは、サイトの種類別に設定されるコンバージョンについて解説します。

ECサイトのコンバージョン

ECサイトのコンバージョンは、「商品購入」などとなります。Amazon・楽天市場などの大規模なECサイトをはじめ、小規模なECサイトであっても、Web上に商品情報が掲載され、商品の購入へと導きます。ユーザーに商品を購入してもらうことや、店舗を認知してもらうことなどが、Webサイトの目標となります。

コーポレートサイトのコンバージョン

コーポレートサイトのコンバージョンは、「お問い合わせ」「資料請求」「無料体験版の申込」「イベント参加の申込」などとなります。これらのコンバージョンでは、サービスなどの成約には直結しませんが、メールアドレスなどの顧客情報などが得られることで、営業などのコンタクトに活用できるため、将来的にはコンバージョンにつながります。

メディアサイトのコンバージョン

メディアサイトのコンバージョンは、「メルマガ登録」「会員登録」「資料ダウンロード」などとなります。それぞれ登録してもらうことで、メールアドレスなどの顧客情報が得られ、さまざまな情報の発信が継続的に行えるようになります。

コンバージョン計測が重要な理由

Webマーケティングにおいて、Webの効果を把握するためには、コンバージョンを計測することが非常に重要です。コンバージョン数を最大化するためだけでなく、正しいコンバージョンが設定されているのかを把握するためにも、しっかりと計測しましょう。

Webサイトの最終目標を達成するため

コンバージョンの計測は、Webサイトの最終目標を達成するためには非常に重要です。Webサイトを作成する目標をきちんと設定し、こまめにコンバージョンをモニタリングする必要があります。期日などを設定し、目標達成できそうなのかを見極めましょう。目標達成が難しい際は、サイトの改善が必要となります。

広告による成果の判断基準となる

コンバージョンの計測値は、広告による成果の判断基準となります。コンバージョン数が増えない場合は、改善が必要となることもあります。正しいコンバージョンが設定されているか、Webサイトに不備がないかなどを検証してみましょう。

コンバージョンしたユーザー行動を把握する

コンバージョンを計測することで、コンバージョンしたユーザーの行動が把握できます。コンバージョンに至ったユーザーが、どのようなキーワードで検索しサイトに流入したのか、どのページを見たことでコンバージョンにつながったのかなどを調べましょう。ユーザー行動のデータは、サイトの改善に活用できます。

コンバージョンの種類

計測する視点によって異なるコンバージョンを設定する必要があります。ここでは、視点によって異なるコンバージョンについて解説します。

「ユニークコンバージョン」と「総コンバージョン」

ユーザーがコンバージョンした回数に視点をあてたコンバージョンです。

ユニークコンバージョン

ユニークコンバージョンは、コンバージョンを達成したユーザー数で計測されます。新規顧客を獲得することが目標の場合は、ユーザー単位でのコンバージョン数の把握が重要となります。

総コンバージョン

総コンバージョンとは、ユーザーに関係なく、すべてのコンバージョン数が計測されたものです。商品を販売するECサイトなどでは、商品購入数が売り上げに直結するため、達成されたコンバージョン総数が重要となります。

「直接コンバージョン」と「間接コンバージョン」

ユーザーがコンバージョンにいたる直前に訪問したページに視点をあてたコンバージョンです。

直接コンバージョン

直接コンバージョンは、ユーザーがサイトを訪問してから、一度も離脱することなくコンバージョンまで到達した際、コンバージョンの直前のページが計測されます。強いニーズ・緊急性のあるユーザーによるコンバージョンが計測できます。

間接コンバージョン

間接コンバージョンは、サイトを訪れたユーザーが、一度離脱した後再訪問し、コンバージョンにいたった際に、最初の訪れたページで計測されます。強いニーズを持たない潜在顧客の行動を知り、対策を立てるために役立てられます。

「クリックスルーコンバージョン」と「ビュースルーコンバージョン」

表示された広告に対して。ユーザーが行った行動(クリック)に視点をあてたコンバージョンです。

クリックスルーコンバージョン

クリックスルーコンバージョンは、表示された広告をユーザーがクリックした上で、コンバージョン到達した数が計測されます。一般的に、クリックスルーコンバージョンを広告効果としてとらえる企業が多いです。

ビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンは、表示された広告がクリックされず、一定期間が経ってから別のページ経由でコンバージョンに到達した数が計測されます。クリックされなかった広告の間接的な効果を調べたい時に役立ちます。

「マクロコンバージョン」と「マイクロコンバージョン」

ユーザーの行動に視点をあてたコンバージョンです。コンバージョンにいたるまでの流れが把握できます。

マクロコンバージョン

マクロコンバージョンは、Webサイトの主要な目的(最終目的)の達成数が計測されます。商品購入・無料トライアルなど、ビジネス上の重要度の高いコンバージョンを設定します。

マイクロコンバージョン

マイクロコンバージョンは、最終目的にいたるまでに設定された複数の目的(中間のコンバージョン)が達成された数で計測されます。アカウント登録・資料請求など、マクロコンバージョンにつながる目的を設定する必要があります。

コンバージョンを計測する方法

コンバージョンを計測する方法について解説します。

Googleアナリティクスを活用する

Webサイトにおけるコンバージョンを計測する場合、Googleアナリティクスの活用がおすすめです。Googleアナリティクスを利用すれば、目標・滞在時間・ページビュー数・サイト内での行動などが把握できます。

目標 URL

目標URLとは、到達ページのことで、特定のURLが読み込まれ、表示された場合に、コンバージョンが達成されたことになります。商品購入後・お問い合わせ完了後などに表示されるサンクスページなどを設定することが多く、購入数・お問い合わせ数などが計測されます。

訪問の滞在時間

訪問の滞在時間とは、ユーザーがWebサイト滞在した時間のことで、一定の時間をコンバージョンとして設定できます。メディアサイト・ブログなどで設定されることが多いです。どのコンテンツがユーザーの興味をひき、逆にどのコンテンツが興味を持たれなかったのか、などが把握できます。

ページビュー数

ページビュー数は、特定ページが閲覧された回数を計測します。アプリでは、ページとは言わないため、スクリーンビュー数として計測されます。ページビュー数は、ユーザー数と関連して計測されることが多いです。サイトの構成が悪い場合に、ページビュー数が増えることもあるため、数値の高さだけでは判断できないため、注意が必要です。

イベント

イベントとは、サイト内でのユーザーの特定な行動が達成された回数を計測します。資料請求ボタンのクリック・動画再生など、特定のイベントをコンバージョンとして設定しておく必要があります。

Google広告を活用する

Google広告を利用することで、広告のクリック・Webサイト上での購入・メルマガ登録・お問い合わせ・資料請求などのボタンのクリック、電話につながった件数などを計測できます。利用時は、グローバルサイトタグとイベントスニペットの2種類のタグを設定する必要があります。

グローバルサイトタグは、効果測定したいページすべてに設置する必要があり、ユーザー情報・広告に関する情報が収集できます。イベントスニペットは、購入ボタンなど、コンバージョンを計測したい部分に設置する必要があり、設置した箇所のコンバージョン数を計測します。

【Googleタグマネージャーでタグを設置する方法】

Googleタグマネージャー(GTM)でタグの設定を行うと、WebページのHTMLの編集が不要なので、簡単です。管理するWebサイトが複数ある際は、一元管理ができ便利です。グローバルサイトタグとイベントスニペットの両方を設定しましょう。また、Googleタグマネージャーの動作を確認するためにGoogle Chromeの拡張機能が必要です。以下の手順で設定できます。

1.Google Chromeウェブストアから「Tag Assistant Legacy(by Google)をインストールする

※参考:Tag Assistant Legacy(by Google)

2.アカウントを作成し、設定を行なう

3.コンテナを作成し、Webの全てのページに設置する

4.「新しいタグ」 をクリックし、「タグの設定」をクリックする。

5.「カスタムHTML」を選択し、タグを記載します。

6.「トリガー」をクリックし、すべてのページでタグを配信するトリガーを選択して保存する。


7.「公開」をクリックする

【直接Webページにタグを設置する方法】

直接Webページに貼り付けてタグを設置する場合、Google広告アカウントにログインした上で以下の順に進んでいきます。

1.「ツールと設定」で、コンバージョンをクリックする

2.「コンバージョンアクション」タブの新規追加ボタンをクリックし、コンバージョンアクションを作成する

3.カテゴリ・コンバージョン名などを入力し「作成して続行」ボタンをクリックする

4.「タグを自分で追加する」を選択する

5.「次へ」「完了」の順にクリックし、コンバージョンタグの設定を終了する

6.ダウンロードしたグローバルサイトタグとイベントスニペットを設置する

コンバージョンを増やすためのコツ

コンバージョンを増やすためのコツを紹介します。

的確なキーワードを設定する

コンバージョン数を増やすためには、的確なキーワードの設定を行う必要があります。作成しているWebサイトと関連性の深いキーワードを選ぶことで、検索されやすくなります。タイトルにもキーワードを含めることで、クリック率が高まり、コンバージョンにつながります。

コンバージョンを目立たせる

コンバージョン数を増やすためには、コンバージョンを目立たせることが重要です。問い合わせ・資料請求などのバナー・ボタンなどは、ユーザーが気づきやすく、押したくなるものにしましょう。バナー・ボタンを設置する場所・形状・色・記載する文字などに工夫が必要となります。

Webサイトの導線の見直し

コンバージョン数を増やすために、Webサイトの導線を見直しましょう。分かりやすい構成であることが重要であり、ユーザーの動きをコンバージョンまで誘導する必要があります。リンク先が間違っていると、離脱につながるため注意が必要です。

ターゲットを明確にする

コンバージョンを増やすためには、ターゲットを明確にすることが大切です。Webサイトで訴求したい内容と合ったターゲット・キーワードを選定することで、ユーザーに的確な情報を提供することが可能となり、コンバージョンへとつながります。

信用できるサイトを作成する

コンバージョンを増やすためには、ユーザーの信用が得られるサイトを作成するように努める必要があります。偽りのない真実を記載することが、ユーザーの訪問数を増やし、コンバージョンにつながります。

まとめ

コンバージョンは、Webサイトを作成する目標であり、Webマーケティングにおいては、欠かせないものです。どの視点で計測するかによって、複数のコンバージョンが考えられます。Googleアナリティクス・Google広告を活用することで、コンバージョンは計測できます。

AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。これまでに30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援するので、CVに繋がる広告配信が実現可能です。AIアナリストADについては、無料で資料を配布しているので、ぜひお試しください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。