更新頻度がSEOに及ぼす影響は?SEO対策の具体的方法まで徹底解説!

SEO|更新:2020.07.09|公開:2020.03.04

こんにちは。コンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。
オウンドメディアやブログを開設したは良いものの、SEOに最適な更新頻度がわからない方も多いのではないでしょうか。この記事ではまずSEOとサイトの更新頻度の関係を説明し、次にSEOにおいて更新頻度よりも大切なポイントを5つ紹介します。この記事をぜひSEOの改善に役立ててください。

目次

更新頻度とSEOの関係

ブログや自社のWebページを開設したばかりの時は「毎日更新しよう!」と意気込む方も多いのではないでしょうか。一般的に更新頻度が多いほどSEOへの効果があるとされていますが、実はそうではありません。言い換えると、毎日記事を作成して、サイトを更新してもSEO観点から大きなメリットはありません。

更新頻度とは何を意味するの?

「更新」とは、ユーザーにとって価値のある内容の追加や情報の更新を意味します。毎日記事の文言を微妙に変えたり、日付を最新に更新したりすることは「更新」ではありません。このような誤った「更新」を続けているとスパムとして、Googleに判断され、最悪の場合はペナルティを受けSEO上、大きなデメリットがある可能性があるので注意してください。

更新の頻度そのものはSEOに関係ない

Sユーザーにとって価値のない情報を頻繁に更新してもSEO対策には効果がありません、質が高く価値のある情報を適切なタイミングで更新することこそ、SEO上の効果が期待できます。ただし、新しい記事は当然新しい情報が多いので、ユーザーにとって有益である傾向にあります。よって、Googleに評価されやすいという側面があることは事実です。

SEOにおいて、更新頻度よりも重視すべきもの

新しい情報が含まれている最新記事は、Googleがユーザーにとって価値があると判断し評価する傾向があることは事実です。しかし、SEOにおいて更新頻度よりも大切なことが幾つかあります。ここでは、更新頻度よりもSEO対策の効果が期待できる施策を5つを紹介します。

コンテンツやページの質を高める

1行のみの簡単な記事や、剽窃が疑われるようなオリジナリティに欠けるような記事はユーザーにとって無価値であるばかりでなく、ペナルティの対象となる可能性があります。このような記事を作成することは絶対に避けてください。

記事を作成する際は、この記事は質が高いのかと常に振り返るようにしましょう。また質の高い記事は、被リンク数が多い記事や設定したキーワードで検索してみて、上位表示されている記事を参考にするのも、コンテンツやページの質を高める上で有効な手立てでしょう。

古い情報や間違っている情報の加筆修正

ブログを長く運営していると、記事が蓄積され、古い記事の情報がそのままになっている状態が多々あります。この古い記事の情報を最新の情報にリライトしてみましょう。コンテンツの質が上がり、結果としてユーザーにとって価値があると判断され、SEOの効果もより期待できます。

キーワード順位が低迷しているページの加筆修正

検索順位が低迷しているページは、競合サイトに比べてユーザーにとって価値を届けられていないです。例えば、「コーヒー」というキーワードでの検索順位が低迷しているのであれば、「コーヒー」と検索してみて、上位表示されているページを参考にしてください。

上位表示されている競合ページのタイトルのつけ方や、コンテンツの内容に何が書かれているかは、ユーザーのニーズを理解する上で非常に役に立ちます。剽窃することはもっての外ですが、競合サイトの内容をチェックし、ユーザーのニーズをしっかり理解し、独自のコンテンツを加えつつ自社のページをリライトすることが、順位低迷しているページの加筆・修正に役立つでしょう。

ユーザーに価値のあるページを作成する

ユーザーにとって勝ちのあるページとは、ユーザーが読みやすくて理解しやすいページを意味し、それを目標にページ作成に望みましょう。

1つの記事には1つのキーワードを開設することが基本です。複数のキーワードを1つの記事で解説すると、わかりにくい記事になってしまいます。SEOを対策ではユーザーの検索するキーワードの裏にあるニーズを検討し、それを確実に満たすコンテンツを用意することを心がけましょう。

SEO対策についての詳細はこちら

同じトピックを追加するときは過去のページに加筆する

ブログや自社サイトを開設し、期間が経つと同じような内容のページが複数できてしまうことがあります。また、同じトピックについて新しい記事を作成しようか迷う場合もあります。このような場合は思い切って、アクセスと被リンク数が多い1つの記事に情報を集約してみましょう。その結果、ユーザーはページを何度も飛ぶ必要がなくなり、またコンテンツの質も向上します。このような点から類似記事の統合は、SEO上の効果が期待できます。

まとめ

SEOにとって更新頻度そのものはあまり重要な要素ではありません。更新頻度よりも、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツや内容を提供できているか」の観点が、SEOにとってより大切です。

「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します。
AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
コンテンツ支援ツール「AIアナリストSEO」の資料請求はこちらから(無料)



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須