コンテンツクリエイターとは?仕事内容やコンテンツ作成時の注意点などを解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

今後自社サイトやWebコンテンツの制作を手掛けていきたいと検討されているご担当者向けに、Webコンテンツ作りで重要な役割を担う「コンテンツクリエイター」について解説します。仕事内容や職種、コンテンツ制作時の注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

コンテンツクリエイターとは

コンテンツクリエイターとは、コンテンツ制作に携わる人々のことです。Webコンテンツ制作に特化した人は「Webクリエイター」、ゲーム制作に特化した人は「ゲームクリエイター」、動画制作に特化した人は「動画クリエイター」と呼ばれています。いずれも、コンテンツマーケティングを実施する上で重要な役職です。

コンテンツクリエイターの仕事内容と魅力

コンテンツクリエイターとは、どのような仕事なのでしょうか。魅力とあわせてご紹介します。

大まかな仕事内容

コンテンツクリエイターは、Webコンテンツに必要な動画や画像、テキストなどを作成・公開する仕事です。たとえばSNSでは炎上リスクを避けるために、誤字脱字や不適切な表現、リンク先のページの信頼性、コンテンツを公開するタイミングなどをチェックします。

会議などでユーザーニーズに合ったコンテンツの方向性やテーマを決定し、決まったテーマをもとにテキストや画像を作成するのが、基本的な仕事の流れです。投稿代行まで行う場合は、ツールを用いて投稿予約したり、クライアントのアカウントから直接投稿したりします。

AIAブログ「コンテンツマーケティング導入のための企画書の作成方法|企画書に必要なポイントを解説

仕事の魅力

自身が制作したコンテンツが世の中に発信されますので、世の中の動きや最新情報、流行などに敏感になります。また、ユーザーの反応を目で確認できますので、試行錯誤を重ねて改善していけば様々なスキルを習得できます。

コンテンツクリエイターの主な3つの職種

コンテンツクリエイターは「コンテンツディレクター」「エディター」「ライター」の3つに分けられます。以下でそれぞれの仕事について解説します。

コンテンツディレクター

役割と仕事内容

コンテンツディレクターは、クライアントやライターと協力して優れたコンテンツを制作する職種です。キーワードボリュームや流入キーワードを検証したり、顧客が検索する理由を考察したりして、クライアントのニーズに合ったコンテンツを制作します。コンテンツの質を総合的に管理しますので、あらゆる制作プロセスに必要です。

コンテンツディレクターに必要なスキル

コンテンツディレクターは、キーワードボリュームや流入キーワードなどを正確に把握する必要がありますので、各種ツールを活用できるスキルが求められます。また、ディレクターの企画案などをエディターやライターに伝える役割がありますので、高いコミュニケーション能力も必要です。

エディター

役割と仕事内容

エディターはコンテンツディレクターの指示に従い、記事のタイトルや構成案を作成する職種です。競合のWebコンテンツやWebメディアをもとにユーザーニーズを把握し、見出しの内容などを決定します。構成案の作成が基本業務となりますが、中には図表や画像を作成するところもあるようです。

エディターに必要なスキル

検索ニーズの高いキーワードを取り込んだり、思わず閲覧したくなるタイトルを付けたりする能力などが求められます。どのような内容を書いて欲しいか、ライターに伝えるコミュニケーション能力も重要です。読むだけでユーザーの悩みを解決できる構成案の作成スキルが求められます。

ライター

役割と仕事内容

ライターはコンテンツディレクターとエディターが作成した原稿をもとに、SEOに沿ったライティングを行う職種です。単純にキーワードを盛り込むのではなく、ユーザーが「読んでよかった」と実感できる文章を作成する必要があります。小学生が読んでも理解できる内容にすることが大切です。

ライターに必要なスキル

思わず最後まで読んでしまう文章作成能力など、質の高いコンテンツにつながる各種スキルが求められます。分からないことがあればすぐに質問し、進捗状況を定期的に報告するなど、クライアントやエディターを安心させるようなコミュニケーション能力も重要です。

コンテンツクリエイターとして普段から行っておくと良いこと

コンテンツクリエイターとして普段から意識しておくと良いことを解説します。

情報量を増やす

情報量を増やすことで、その分野について誰よりも詳しくなり、良質なコンテンツを制作できるようになります。日頃から業界のトレンドやニュースをチェックし、新しい情報をストックしておきましょう。インターネットはもちろんのこと、本や新聞、雑誌など様々なリソースを使って、幅広い情報を仕入れることが大切です。

各種SNSなども活用して、その分野に詳しい人の意見を聞いたり、人脈やネットワークを構築したりしましょう。

役立つコンテンツはキュレートする

キュレートとは、インターネット上のさまざまな媒体から必要な情報を収集することです。気になる情報や役立つ情報をストックできますので、コンテンツを制作する際に役立ちます。また優れたコンテンツを制作するには、キュレートした情報をもとに独自の価値を付加する「コンテンツキュレーション」という考え方も重要です。

まずは、業界ニュースの調査を定期的にチェックすることをおすすめします。

好奇心を大切にする

優れたコンテンツクリエイターは、好奇心を大切にしていることが多いです。好奇心は情報に対する感度を高めますので、一般的に知られていない情報を見つけだしたり、解決すべき課題を把握したりするのに役立ちます。常日頃から情報の信頼性などを意識し、疑問を持ったらすぐに調べるようにしましょう。

各種データを参照する

各種データは、コンテンツの価値を評価する指標になりますので、定期的に参照しましょう。コンテンツクリエイターは、数値という明確な基準をもとに企画や制作を行う必要があります。

日頃から書くことを大切にする

日頃から気になる情報や役に立つ情報、思いついたことなどをまとめたり、メモに書いたりすることで、実際の制作がやりやすくなります。普段からアイデアや自分の考えなどをまとめておきましょう。

コンテンツクリエイターが重視すべき情報の種類

コンテンツクリエイターは、目的に応じて「主観的な情報」と「客観的な情報」を使い分ける必要があります。両者の違いを把握し効果的に活用することが重要ですので、それぞれの詳しい内容を解説します。

主観的な情報・文章

主観的な情報・文章とは、コンテンツ制作者の考え方や感情、価値観などをもとにした情報のことです。製作者の知識や経験によって内容が異なりますので、ユーザーニーズから外れないように注意する必要があります。特に専門性が求められる分野では、主張する内容の裏付けとなる情報を提示することが大切です。

客観的な情報・文章

客観的な情報・文章とは、一般的な意見や事実、価値観をもとにした情報のことです。研究結果や統計データなどを参考にしますので、多くの人が納得できる内容になります。ただし読者の考え方や価値観が見えにくくなりますので、個性やキャラクターが重要なブログやSNSなどで使いすぎるのは良くありません。

コンテンツを作成する際の注意点

コンテンツクリエイターとしてコンテンツを制作する際の注意点を解説します。

質の高いコンテンツとは何かを考えて作成する

コンテンツクリエイターは質の高いコンテンツを制作することが重要ですので、常日頃からGoogleが好むポイントや、検索上位を獲得できる方法を考える必要があります。制作しているコンテンツが企業ニーズや顧客ニーズに合っているかよく確認しましょう。また、競合サイトにはない価値を提供し、オリジナリティを出すことも重要です。

正確なデータを発信する

主観的な情報だけだと信憑性に欠けますので、主張の裏付けとなる正確なデータを発信する必要があります。オリジナリティにこだわりすぎて、独りよがりな内容にならないように注意しましょう。

タイトルや正しい文法、読みやすい工夫をする

タイトルは最も目立つ部分ですので、キーワードを盛り込み、思わずクリックしたくなるような内容にしましょう。見出しや文章は、画像や表を挿入するなどして、わかりやすい内容にします。読みやすさも、マーケティングに影響しますので重要です。

主観的な情報と客観的な情報を使い分ける

コンテンツの内容によって、主観的な情報と客観的な情報を使い分けましょう。たとえばブログやSNSなどは、個性や価値観が重要ですので、主観的な情報を中心に発信する必要があります。ツールの操作方法などは一般論が重要ですので、客観的な情報の方が良いでしょう。

担当が分かれている場合には、それぞれの役割を果たすことが重要

優れたコンテンツを制作するには、コンテンツディレクターやエディター、ライターがそれぞれの役割を果たすことが重要です。それぞれの仕事内容を正確に把握し、どの担当になっても能力を発揮できるようにしておきましょう。

まとめ

コンテンツクリエイターは質の高いコンテンツを制作する仕事ですので、普段から情報収集力やコミュニケーション能力を鍛えておきましょう。職種の仕事内容や特徴を理解して、ユーザーニーズに合ったWebコンテンツを制作してください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案しますので、コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。