E-A-TがSEOに重要な理由とは?Googleの評価基準と対策方法を解説

SEO | 更新:2021.02.22 | 公開:2021.02.22

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

この記事では、E-A-TがSEO対策に重要な理由を、自社のサイトやブログを運営する人に向けて解説します。E-A-Tを高める方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。E-A-Tは、GoogleのWebサイトを評価するひとつの基準です。「E:専門性」「A:権威性」「T:信頼性」のことを指し、Googleの検索品質評価ガイドラインにも明示されています。

目次

E-A-Tとは

E-A-Tとは、上位表示するWebサイトを決める基準のひとつです。Googleが定める『検索品質評価ガイドライン』において、「ページ品質評価の最重要項目」に記載されています「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字をとった造語です。

Webサイトは、E-A-Tを高めるように運営しないと、高い評価を得られません。検索エンジンの開発元であるGoogle自身が、E-A-Tの重要性を説いているためです。Webサイトを運営する際は、Googleが提供するガイドラインを遵守して、積極的にE-A-Tを高めましょう。

Expertise:専門性とは

Expertise:専門性とは、特定のジャンルやテーマをどれだけ扱っているか、を示す指標です。最初に決めたテーマやジャンル以外のコンテンツを公開すると低下します。情報の網羅性を評価する基準となるため、非常に重要です。

Authoritativeness:権威性とは

Authoritativeness:権威性とは、他者からどれだけ評価されているかを、を示す指標です。ユーザーがWebサイト内の情報を信じるかどうかの、基準となります。権威性の低いWebサイトは、SEOの評価も低い傾向があります。

Trustworthiness:信頼性とは

Trustworthiness:信頼性とは、信用できる情報源を扱っているかを示す指標です。Webサイトがユーザーに役立つ情報を扱っているかどうかの、基準となります。信頼性の低いWebサイトは、まったく価値がありません。

E-A-TがSEOに重要な理由

E-A-TがSEOに重要なのは、ユーザーの利便性を第一にする「ユーザーファースト」を、Googleが重視しているためです。かつてのSEOは、キーワードを詰め込んだり、リンクを購入したりする、といった不正が行われてきました。

しかし検索エンジンの性能が向上し、上記のようなSEO対策が駆逐された結果、テクニックよりコンテンツの質が重視されるようになりました。そして現在、専門性・権威性・信頼性を高めることが、ユーザーファーストを高める有効な施策となっています。

E-A-Tの評価はWebサイトによって異なる

E-A-Tがどれだけ評価されるかは、Webサイトによって異なります。たとえば「YMYL」に該当するWebサイトは、信頼性を評価される可能性が高いです。人の幸福や医療、経済動向など、他人のお金や人生に関わる領域を扱うため、情報の信憑性や真実性が求められます。

YMYLは、「Your Money Your Life」の頭文字をとった造語です。E-A-Tと同様、Googleの検索品質評価ガイドラインに明記されています。

E-A-Tを高めることを意識してSEO対策を実施しよう

Webサイトを上位表示するには、E-A-Tを同時に高めることが大切です。特に専門性は、3つの中で最も重要だと言われています。それぞれの具体的な高め方を見ていきましょう。

E:専門性を高めるには

E:専門性を高めるには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。具体的な施策を紹介します。

テーマに特化したWebサイトにする

Webサイトは、特定のテーマやジャンルに特化することが大切です。ジャンルを絞ることで、それに関連したコンテンツが増えていき、Webサイト全体の専門性が高まります。また、関連性の強いコンテンツが増えると、内部リンクも増えていき、ユーザや検索エンジンにWebサイトの専門性を伝えやすくなります。

提供する専門知識の量を増やす

専門性を高めるうえで大切なのは、提供する専門知識の量を増やすことです。その分野に特化した情報を網羅すれば、ユーザーと検索エンジンに専門性を強くアピールできます。テーマやジャンルを決めたら、潜在的なニーズも含めて、ユーザーの悩みを解決できるWebサイトを構築しましょう。

独自の体験談(1次情報)を伝える

独自の体験談(1次情報)は、誰にも真似できない情報なので、専門性が高く評価されます。コンテンツには、実際に商品やサービスを利用してみた感想や周りの反応などを、積極的に盛り込みましょう。競合の多いジャンルでも、独自の視点を入れることが大切です。また、独自の体験談(1次情報)は、E-A-Tにおける信頼性の向上にも繋がります。

専門家に取材する

専門知識が足りなかったり、独自の体験談(1次情報)がなかったりする場合は、専門家に取材するのがおすすめです。専門家から仕入れた情報は、専門知識としてWebサイト上に公開できます。お金に関することなら銀行経験者やフィナンシャルプランナー、健康に関することなら医療従事者に知識を借りましょう。

A:権威性を高めるには

A:権威性を高めるには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。具体的な施策を紹介します。

運営会社名や著者名を明記する

Webサイトには、運営会社名や著者名をしっかりと明記しましょう。その分野の第一人者が運営しているWebサイトと、運営者が曖昧なWebサイトでは、情報の正当性が異なるためです。運営会社名や著者名が公開されているWebサイトは、有益だと認識されやすくなり、権威性が高まります。

有益な情報を発信し、サイテーションを獲得する

有益な情報を発信し、他者ブログやSNSにシェアされるサイテーションを獲得しましょう。サイテーションが多いWebサイトは、他者評価が優れていると見なされ、Googleから高い評価を受ける傾向があります。

サイテーションは、効果検証を行うことで高められます。コンテンツを公開する際は、ユーザーからのレビューに対し、検証と改善を繰り返すことが大切です。

既に権威のあるサイトからの被リンクを獲得する

既に権威のあるサイトからの被リンクは、高いSEO効果があるため、積極的に獲得しましょう。既に検索エンジンから高い評価を受けているため、権威性の向上に繋がります。ただし検索順位の向上を目的とした被リンクは、ペナルティの対象となるため厳禁です。Webサイトを運営する際は、他者がシェアしたくなるようなコンテンツを作成しましょう。

T:信頼性を高めるには

T:信頼性を高めるには、どのようなことを行えば良いのでしょうか。具体的な施策を紹介します。

専門性の高い情報を引用する

公的機関などから専門性の高い情報を引用しましょう。信頼できる機関から情報を取得することで、Webサイトの信頼性を高められます。また、研究機関などから科学的根拠のある情報を引用することも大切です。

個人ブログやSNSなどが乱立する現代こそ、情報の質を重視しましょう。特にYMYLに該当する分野では、信頼性の低いと淘汰される傾向にあります。

運営会社や著者の情報をより詳細に記載する

運営会社や著者の情報をより詳しく記載しましょう。会社の住所や責任者、連絡先などが明らかになると、権威性のみならず、信頼性の向上にも繋がります。Webサイトを構築する際は、運営者情報だけで、会社や事業、サービスの全容をイメージできるようにしましょう。情報を開示することで、ユーザーに安心感を与えることが大切です。

whois情報を公開する

Webサイト上では、whois情報を公開しましょう。whois情報とは、ドメイン名や組織名、組織種別などの企業情報を記したものです。公開することで、運営情報が充実し、信頼性の向上につながります。Webサイトを運営する際は、whois情報を公開して、ユーザーに「自分たちはこれだけ信頼できる企業」だとアピールしましょう。

メディアやニュースサイトの場合は、編集ポリシーを公開する

メディアやニュースサイトの場合は、編集ポリシーを公開し、Webサイトの運営目的を紹介しましょう。Webサイトの方向性を示すことで、運営者の理念や情熱が明らかになり、情報発信者としての信頼性も高まります。ユーザーに共感してもらいたいポイントを、前面にアピールすることが大切です。

その他のE-A-T対策

E-A-T対策は、上記で紹介したもの以外にも、さまざまな施策があります。その他の方法についても見ていきましょう。

検索キーワード・検索ボリュームも意識する

E-A-T対策では、検索キーワードや検索ボリュームも意識しましょう。検索キーワードとボリュームは、ユーザーニーズに合ったコンテンツを作成するために必要です。実際に検索されたキーワードを表す検索クエリを明確にし、潜在ニーズを含めたユーザーの悩みを明らかにするポテンシャルがあります。

構造化データを活用する

構造化データを活用することで、ユーザーの利便性が向上し、GoogleにもWebサイトの内容を伝えやすくなります。構造化データとは、コンテンツを内容に応じてカテゴリ分けするHTMLコードのことです。Webサイトの構造が分かりやすくなるため、SEOに効果的だと言われています。

構造化は、専門的知識がないと難しいのが現状です。実施する際は、エンジニアを活用することをおすすめします。

Googleマイビジネスの登録・運用を行う

Webサイトを運営する際は、Googleマイビジネスで企業やサービスの登録・運用を積極的に行いましょう。Googleマイビジネスは、検索結果やGoogleマップなどに企業情報を表示できるサービスです。会社責任者や住所、連絡先などの企業情報を、無料でユーザーに紹介できます。運営情報を正確に伝えられるため、E-A-Tの向上に繋がります。

Googleマイビジネスで口コミ管理をする

Googleマイビジネスは、ユーザーからの口コミも管理できます。口コミは、Googleが他者評価の基準としているため、非常に重要です。まだGoogleマイビジネスを利用していない方は、返信機能も活用して、ユーザーと積極的にコミュニケーションをとってみましょう。

サイトのURLをSSL化する

WebサイトのURLをSSL化しましょう。URLのSSL化は、通信のセキュリティを向上させる技術です。ユーザーの利便性を第一に考えるGoogleも、積極的に推奨しています。特にクレジットカードや銀行口座などの、プライベート性の高いユーザー情報を扱うWebサイトは、SSL化による秘匿性の向上が重要です。

定期的に記事を更新し、公開日・情報更新日も明記する

定期的に記事を更新し、公開日・情報更新日も明記して、常に新しい情報を発信しましょう。公開したコンテンツは、日が経つごとに古くなるため、定期的にアップでートする必要があります。特に「YMYL」を扱うWebサイトは、情報の質が何より重要です。古い情報を扱うと、検索エンジンからインデックスされない可能性もあります。

まとめ

E-A-Tは、SEO対策として重要です。ユーザーファーストを掲げるGoogleの理念と非常にマッチしています。専門性を中心に全体を向上させると、自サイトの検索順位も向上するでしょう。うまく活用して、Webサイト運営を効率化させてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案可能です。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。