記事タイトルのつけ方10選|SEO対策のポイントや注意点も解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

記事を多くのユーザーに読んでもらうためには、タイトルのつけ方が非常に重要です。この記事では、タイトルのつけ方がわからないという人に向けて、タイトルをつける際の手順やポイント、注意点などを解説します。SEOの観点で重要なポイントも解説しているので、ぜひ役立ててください。

目次

タイトル(titleタグ)とは?

タイトル(titleタグ)とは、記事の表題のことです。html要素の一つであるtitleタグの「<title></title>」に記述された内容がGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果画面に表示されます。タイトルは、ユーザーが最初に目にする情報となるため、内容を短い文章で適切に表さなければなりません。

記事タイトルのつけ方が重要な理由

ここでは、なぜ記事タイトルのつけ方が重要なのか、その理由について解説します。

検索順位に大きく影響があるから

記事タイトルは、検索エンジンがWebサイトを認識するために必要なものであり、検索順位にも大きく影響するため、適切につける必要があります。タイトルに関しては、Googleのガイドラインにおいても重要な指標の一つとして挙げられているほどです。そのため、適切なタイトルをつけることで検索結果の上位に表示されやすくなるでしょう。

ユーザーが記事を読むかの判断基準になるから

基本的にユーザーは検索結果から、タイトルや説明文を見てその記事を読むか判断します。そのため、ユーザーの欲しい情報が含まれているか、わかることが重要です。魅力的なタイトルであれば、クリック率向上にもつながるでしょう。

タイトルのつけ方の基本ステップ

ここでは、実際に記事タイトルをつける際のステップについて詳しく解説します。

記事のターゲット(ペルソナ)を設定する

タイトルをつける場合、まずはどんな人に読んでもらいたいのか、記事のターゲットを設定する必要があります。ターゲットが曖昧なままだと、誰の目にも留まらない記事しか作成できません。一方で、性別や年齢、住んでいる地域、趣味など具体的なペルソナが設定でき、ターゲットが明確になっていれば、ターゲットをイメージしながら記事作成が行えます。

記事を通して訴求したいこと・解決したいことを明確にする

ターゲットが定まったら、記事を通して何を伝えたいのか、ユーザーのどのような問題を解決したいのか、訴求ポイントを明確にしましょう。訴求ポイントが絞れれば、ターゲットにとってより魅力的なタイトルがつけられます。

検索されるキーワードを予測・選定する

タイトルを決める際は、ユーザーがどのようなキーワードを検索するのか予測しておきましょう。設定したキーワードがユーザーのニーズとずれていると、記事を見てもらいにくくなります。キーワードは、無料ツールなどを利用してテーマに対して主要キーワード、関連キーワードを設定するのがポイントです。

タイトルをつける

ターゲットや訴求ポイント、検索キーワードが決まったら、それらをふまえたうえでタイトルをつけてください。タイトルをつける際の具体的なポイントについては、引き続き詳しく解説します。

【SEO対策】読まれる記事にするタイトルのポイント

ここでは、ユーザーにとって魅力的で、なおかつSEO対策にもなるタイトルをつけるポイントについて解説します。

検索キーワードを含める

表示順に影響するためタイトルをつける際は、検索キーワードを含めるようにしましょう。また、ユーザーは検索窓に打ち込んだキーワードがタイトルに含まれていないと記事を読まない可能性があります。そのため、上位表示を狙いたいキーワードをタイトルに入れるようにしてください。

重要なキーワードは前半に入れる

重要なキーワードは、タイトルの中でもできるだけ前半に入れるようにしましょう。これは、検索エンジンやデバイスの仕様により、タイトルの後半部分が省略される可能性があるためです。また検索エンジンではタイトルは左から右へと表示されており、ユーザーの視線は左側、つまりタイトルの前半に集まりやすいため、前半にいれたほうが良いでしょう。

記事の内容がすぐわかるタイトルにする

タイトルは、ユーザーが必要な情報が含まれているかが、すぐに判断できることが重要です。一目見て記事の内容が想像できるようなタイトルであれば、ユーザーも「読んでみよう」という気持ちになりやすいでしょう。

ユーザーのニーズ(検索意図)にあうタイトルをつける

ユーザーがどんな情報を求めているかニーズを考えたうえで、ユーザーの検索意図に応じたタイトルをつけることも重要です。タイトルにはユーザーが記事を通してどんな利益が得られるかがわかるようにすると良いでしょう。

具体的な数字を含める

タイトルに具体的な数字を入れることもタイトル作成時のポイントです。これは、具体的な数字あるとクリック率が上がるとされているためです。数字が記載されることで曖昧な情報がはっきりとし、記事に対する説得力が増すほか、記事に含まれる情報量を判断する目安にもなる(例:5分で読める」「おすすめの●●10選」など)でしょう。

記号を使って読みやすくする

タイトルに適宜記号を使うことで、ユーザーにとって読みやすいものとなります。例えば「【10分でわかる】●●の始め方」とすれば、文言に区切りができるため、読みやすくなりクリック率上昇が期待できるでしょう。ユーザーはタイトルをざっと斜め読みするため、読みやすさを意識してタイトルをつけることは非常に重要です。

ユーザーが使う言葉を意識する

タイトルをつける際は、ターゲットが普段使用している言葉を選ぶようにしましょう。例えば、専門用語の正式名称をタイトルに入れても、ターゲットが普段正式名称を使用せず、略語を使用しているのであれば、記事にたどり着く可能性は低くなります。ターゲットがどんな人なのか、その視点に立ってタイトルをつけてください。

簡単に読める・成果を得られることがわかる

ターゲットの中には、時間がなく、できるだけ素早く情報を得たいと考えている人も多くいるでしょう。そのため、短い時間で読め、なおかつ自分の役立つことわかるようなタイトルであることが大切です。

クリックしたくなるキャッチーさ・インパクトがある

タイトルにキャッチーさやインパクトがあれば、ユーザーがクリックする可能性は高くなります。例えば「株式入門」とするよりも「初心者でもわかりやすい株式の話」の方が、ターゲットは「自分のことだ」と認識しやすくなるでしょう。キャッチーさやインパクトを持たせる場合、必要性や緊急性、不安を訴えかけることもポイントです。

文字数は30文字程度におさめる

検索結果に表示される文字数の上限を考慮して、タイトルは30文字程度におさめましょう。2021年6月現在、パソコン画面で表示されるのは「全角28文字」までです。28文字を超えると「…」と表示されるため、文末が切れないよう30文字程度におさめるのがおすすめです。

タイトルをつける際の注意点

ここでは、記事タイトルをつける際に覚えておきたい注意点について解説します。

記事内容にあわないタイトルをつけない

いくらユーザーを引きつけたくても、記事内容にあっていないタイトルはつけてはいけません。これは、ユーザーが仮にクリックしたとしてもすぐに離脱し、さらに印象が悪くなる恐れがあるためです。また、Googleの評価も落ちるため注意してください。

キーワードを詰め込みすぎない

キーワードの挿入はタイトル作りにおいて重要ですが、詰め込みすぎには注意しなければいけません。キーワードを入れすぎると、テーマがわかりづらくなるためです。また、キーワードの羅列で、文章として意味が通っていないと上位表示されません。

同じキーワードを2つ以上入れない

同じキーワードを複数入れると、Googleの品質ガイドライン違反となり、ペナルティを受ける恐れがあります。ペナルティを受けると、検索順位が大幅に下落する可能性があるだけでなく、最悪の場合インデックス削除となり検索結果に表示されないケースも考えられます。

競合サイトとかぶるタイトルにしない

タイトルをつける際には、競合サイトとのかぶりに注意してください。タイトルがかぶっていると、ユーザーはどちらのコンテンツがいいのか判断ができません。競合サイトとタイトルを比較し、似たタイトルを避け競合よりもクリックされやすいタイトルをつけるようにしましょう。

ほかのページと重複するタイトルをつけない

自社サイトやブログ内の別のページとのタイトルの重複も避けてください。これは、同じタイトルだとGoogleが各ページの違いを認識しにくくなり、検索エンジンからの評価が上がりにくいためです。

誇大表現を使わない

タイトルにインパクトを持たせるために、誇大表現を使うようなことはしないでください。誇大表現は、Webサイトだけでなくサイトを運営する企業に対する信頼低下にもつながるためです。

まとめ

タイトルは、ユーザーが記事を読むか判断する際の基準となる重要なものです。キーワードの設定や記号の活用、検索意図の想定など、さまざまなポイントがあります。また、キーワードの詰め込みすぎや誇大表現の使用などには注意しなければいけません。今回の内容を参考に、タイトルづくりに取り組んでみてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。コンテンツ公開後は、ユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。