ブログ記事の書き方を徹底解説|成果を出すための20のコツ

SEO|更新:2020.11.11|公開:2020.11.10

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

近年、コンテンツマーケティングの一つとして、ブログを立ち上げる企業が多くなっています。しかし、Webマーケティングの担当者の中には、ブログ運用の方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。ブログ記事で成果を得るためには、コツをおさえた効果的な運用が必要です。

この記事では、ブログ記事で成果を得るための20のコツを紹介しています。効率的なブログの運用のために役立ててください。

目次

ブログ記事を書く前に押さえるべき6つのコツ

ブログ記事を書く前には、いくつかの準備が必要となります。ここでは、ブログを書く前に押さえておくべき6つのコツについて解説します。

目的を明確にする

ブログ記事を始めようとしている理由、ユーザーに伝えたいことなど、ブログ記事を書く目的を明確にしましょう。ブログ記事を書く目的を決め、目的にあった内容を発信することで、ビジネス効果が得られやすくなります。

テーマを決める

目的に沿ったテーマを決めましょう。テーマを選ぶ際は、自社が伝えたい情報だけではなく、ユーザーのニーズなどを考慮した上で作成する必要があります。ターゲットとなるユーザーや、検索数の多いキーワードを決めることで、テーマは決めやすくなります。

ターゲットを設定する

ブログ記事の読み手となるターゲットを、具体的に設定しましょう。自社の商品・サービスなどを必要とする人物を設定し、詳細な人物像を描きます。性別、年齢、職業、住居地など細かい設定を行ったうえで、検索する条件なども絞り込みましょう。

キーワードを設定する

ブログ記事を作成する際は、検索数の多いキーワードを設定しましょう。キーワードを決めて、ブログを作成することで、多くのユーザーからのアクセスが得られることが期待できます。キーワードは1つだけではなく、複数個設定してもよく、設定したキーワードは、タイトル・見出し・リード文・本文などにも記載するようにしましょう。

キーワードプランナーの活用

キーワードをスムーズに設定するためには、キーワードプランナーの利用がおすすめです。キーワードプランナーを活用することで、検索されやすいキーワードが見つけられます。自社で選定したキーワードに関連するキーワードなども見つけられるため、非常に便利です。キーワードの設定については以下の記事で詳しく解説しています。

コンテンツマーケティングにおけるキーワード選定のコツを詳しく解説!

タイトルを決める

ブログを作る目的・テーマ・ターゲットなどを考慮し、タイトルを決めましょう。思わず読みたくなるようなタイトルを付けることをおすすめします。ユーザーの多くは、検索画面で多くのタイトルを見たうえで、どの記事を読むかの判断をします。タイトルには、必ずキーワードを盛り込み、ユーザーの興味を引くことが大切です。タイトルの付け方については、下記の記事で詳しく解説しています。

初心者でも正しいタイトルを付ければSEO評価を向上させられる

見出しを決める

記事の本文には、見出しを決め、記載しましょう。伝えたいことを長文で書いてしまうと、読みにくく、魅力のないブログとなります。見出しを読むだけでも、内容が伝わるようにしましょう。見出しは、H2(大見出し)を決め、次にH3(中見出し)、H4(小見出し)などと、順に設定するとよいです。

ブログ記事で成果を出すための14のコツ

ブログ記事で成果を出すための14のコツを紹介します。

ユーザーファーストを大切にする

ブログ記事を書く際には、ユーザーファーストを大切にしましょう。最優先にすることは、ユーザーの目線に立ち、ユーザーが知りたい内容を書くことです。ユーザーの望まない情報だと判断されれば、すぐに離脱されてしまいます。ユーザーファーストの内容は、Googleの評価にもつながり、SEO効果が得られます。

誰が書いているか明言する

誰が書いた記事可を明言しましょう。筆者の業種・肩書などを明確にすることで、ユーザーに安心感や信頼性を与えられます。長々と自己紹介する必要はなく、一言「Web制作担当の田中です」など、簡潔に紹介するだけでもよいです。

結論を先に書く

ユーザーが一番求めている結論を、先に書くように努めましょう。結論を最初に書き、次に解説を書くことで、文章は読みやすくなります。伝えたいことは多いと思いますが、読み進まないと結論が出ない記事は、ユーザーが途中で読むのをやめてしまう可能性があるため、避けましょう。

冗長表現は使わない

冗長表現を使用することは辞めましょう。冗長表現とは、まわりくどい言い回しのことです。「いい記事を書くことができます」は「いい記事を書けます」と手短に記載するとよいです。
読み手の気持ちを考え、無駄な文章を省き、すっきりとまとめましょう。

読みやすいレイアウトにこだわる

読みやすいレイアウトにこだわることも大切です。見出しの文章の順番を考え、文章の流れがよくすることが大切です。3~4行で改行するなど、レイアウトを統一することで、読みやすい文章を作成しましょう。

読み返し修正する

記事の作成が終了したら、必ず読み返し、修正を行ないましょう。矛盾した内容になっていないか、ユーザーに伝わる文章になっているかなどを、読み返すことで客観的にチェックします。表記ゆれ・誤字脱字などを見つけて出して、修正することも大切です。

数値や根拠を明示する

具体的な数値や根拠を明示することで、ブログ記事の信頼性が増し、読者を説得できます。数値を記載した際は、必ず、データの出典元の記載をあわせて行ないましょう。政府の統計調査・文献・第三者機関の調査データなどをうまく利用するとよいです。おすすめの調査サイトは、以下の通りです。

調査のチカラ

  • 無料で閲覧できる調査データのリンク集
  • ライフスタイルや投資などのデータ
  • 検索機能があり、気になるデータが探しやすい

調査のチカラはこちら

政府統計の総合窓口

  • 日本政府が調査したデータを公開
  • 総務省・農林水産省など14府省のデータ
  • データをグラフに変換する便利機能が充実

政府統計の総合窓口はこちら

コピーコンテンツにならないよう注意する

ブログ記事がコピーコンテンツにならないように注意しましょう。コピーコンテンツとは、すでにWeb上で掲載されている記事と同じ内容、似た内容の記事をいいます。コピーコンテンツと判断されると、検索順位が下がる可能性があるため注意が必要です。記事ブログは、公開する前に必ずコピペチェックを行いましょう。以下のコピペチェックツールがおすすめです。

COPIPERIN(コピペリン)

  • 月々500円で利用できる
  • 検索回数無制限である

COPIPERIN(コピペリン)はこちら

Copy Content Detector

  • 4,000文字以内までは完全無料
  • 4,000~8,000文字は有料
  • 回数制限なく利用できる

CopyContentDetectorはこちら

リード文を工夫する

ブログ記事の最初に記載するリード文を工夫しましょう。リード文とは、タイトルのすぐ下に記載する文章で、記事の概要が記載されます。ブログにアクセスしたユーザーは、リード文を読み、自分のニーズに合う内容であるかを判断します。ユーザーが興味を持ってくれるように、要点を押さえ、記事を読むメリットを記載しましょう。

記事のボリュームに注意する

ユーザーが読みやすいように、記事のボリュームに注意しましょう。長文過ぎると、最後まで読んでもらえない可能性があります。情報を詰め込み過ぎることなく、ユーザーにとって本当に必要な情報を、出来るだけ簡潔にまとめましょう。

わかりやすい表現を心がける

ブログ記事は、専門用語や難しい言葉を使い過ぎずに、わかりやすい表現を心がけまる必要があります。誰にでも理解できる表現、正しい日本語の記載を目指し、まわりくどい表現は避けることをおすすめします。

始めてブログを訪れるユーザーを意識する

ブログ記事を作成する際は、始めてブログを訪れたユーザーを意識した内容にしましょう。初めてアクセスしたユーザーでも、理解できる内容にすることが大切です。一つの記事を読んだだけで、誰もが理解でき、満足できる内容とするべきです。

SNSでのシェアを意識する

SNSでのシェアを意識したブログ記事にしましょう。SNSにより記事が拡散されることで、読者が増えるため、非常に重要です。記事を読んだユーザーが、この記事は有益である、みんなにも教えたいと感じてくれれば、シェアしてくれます。

ソーシャルシェアボタンを設定する

ブログ記事には、ソーシャルシェアボタンを設定しましょう。ソーシャルシェアボタンとは、Facebookの「いいね!」ボタンや、Twitterの「リツイート」ボタンなどのことです。これらのボタンをブログ記事内に設定することで、簡単に情報が拡散されます。

まとめ

ブログ記事は、多くの企業が運用し、集客やブランディングなどの成果を得ています。一方的に配信される広告とは異なり、ユーザーの知りたい情報を発信することで、集客につながります。ブログ記事を作成するためのコツを押さえ、ブログによる成果の実現を目指しましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りを支援します。キーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事作成まで一括サポートするため、安心です。コンテンツ公開後は、ユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須