共起語とは?効果的なSEOのための活用方法を徹底解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

共起語は、コンテンツのキーワードと一緒によく利用される単語です。SEOを意識するなら共起語は必要項目ですが、どのように活用すれば良いのでしょう。この記事では、共起語とは何か、活用するメリット・デメリット、上手な使い方などを解説します。

共起語を上手に活用して、コンテンツSEOの効果向上を目指してください。

目次

共起語とは?

コンテンツを作成する上で知っておきたい共起語(読み:きょうきご)とは何でしょうか?ここでは、似た用語である「キーワード」「関連語」「サジェストワード」との違いや関係について解説します。

キーワードと共によく利用される単語

共起語は、コンテンツのキーワードと一緒に利用される単語のことです。文脈の中でキーワードと組み合わせながら利用されます。例えば、コンテンツのキーワードが「ゲーム」なら以下のようになります。

  • パズル
  • アクション
  • オンライン

キーワードと共に共起語がコンテンツ内に散りばめられることで、Googleはコンテンツの中身を正しく理解できます。

関連語との違い

関連語は、キーワードからユーザーが思い浮かべる単語です。共起語がコンテンツ内でキーワードと一緒に用いられる単語であるのに対し、関連語はキーワードと一緒に検索されている単語です。

キーワードが「ゲーム」であれば以下のようになります。

  • 無料
  • アプリ
  • 人気

関連語を見れば、ユーザーがどのような情報を求めているかを探ることができます。

サジェストワードとの違い

サジェストワードは、検索窓にキーワードを入力したときに予測表示されるワードです。「このキーワードを検索しているあなたはこれを知りたいのでは?」とGoogleが予想して教えてくれているイメージです。

例えば「ゲーム」と入力すると以下のような単語が出てきます。

  • ゲームトレード
  • ゲームセンター
  • ゲーム速報

キーワードに続けて出てくるものがサジェストワードです。

共起語がSEOに効果があるといわれる理由

以前に比べ、共起語のSEOに対する重要度は下がっていると言われています。理由は諸説ありますが、Googleのアップデートに伴うアルゴリズムの進化が考えられます。現在は、共起語をただ盛り込んだだけのコンテンツでは検索順位はなかなか上がりません。

それでも共起語はSEOに効果があると言われる理由を解説します。

共起語を多く含めることで情報の網羅性が認められる

共起語は情報を深掘りするとおのずと含まれます。つまり、共起語を多く含んでいるコンテンツほど情報がより網羅されています。キーワードが多いコンテンツが良いという時代もありましたが、現在のGoogleは共起語から情報の網羅性を判断しています。

共起語によりコンテンツの専門性・権威性・信頼性が認められる

Googleが評価した記事を見ると、共通の共起語が入れ込まれていることが多いです。検索で上位に表示されるページはGoogleに専門性・権威性・信頼性が認められているコンテンツです。つまり、自分のコンテンツ内に入れ込めていなかった共起語を追加することで、コンテンツの3つの質を高めることに繋がります。

共起語を活用するメリット

共起語を活用すると、SEOへの効果だけでなく、読みやすい文章づくりやコンテンツ作成のヒントになります。ここでは共起語を活用するメリットを解説します。

検索上位に表示されやすくなる

Googleはユーザーが知りたい情報が豊富なコンテンツが優良だと判断し、検索上位に表示させます。共起語はやみくもに盛り込まず、キーワードを補足するイメージで使っていけば、情報が深掘りされた優良コンテンツとして評価されます。

ユーザーにとって読みやすい文章になる

共起語をキーワードと一緒に使うと、自然とユーザーがイメージしやすく、読みやすい文章になります。読みやすい文章は、ユーザーのページ滞在率が上がることにもつながり、結果としてGoogleの評価が上がる可能性があります。

コンテンツ作成のヒントとなる

コンテンツで重要なことは、検索ユーザーが求める明快な答えが見つかるかということです。共起語は、網羅すべき内容や方向性がわかるため、他のコンテンツよりもユーザーの答えに近づくヒントになります。

共起語を重用することで生じる問題点

共起語は、適切に使えばSEOに効果があるといわれていますが、うまく使わないと逆効果となる場合があります。

共起語多用によるペナルティ

共起語を使いすぎて、記事の流れに一貫性がなかったり、ユーザーが求める答えとは関係のない内容になっているコンテンツは当然Googleの評価が下がります。同じワードや表現の多用がスパムと判断され、ペナルティの対象となる可能性があります。

不自然な文章になる可能性

共起語を文章に無理やり入れ込むと、文章が不自然となり、ユーザーに読みづらい印象を与えます。読みづらいページはユーザーの滞在時間が短くなり、結果としてGoogleからの評価が下がることにもつながります。

共起語の上手な活用方法

共起語はSEOに直接的な影響はないとされていますが、上手に活用すれば間接的にSEOへの効果につながります。ここでは共起語の活用方法を解説します。実際に共起語を用いる際の参考にしてください。

ユーザーのニーズを共起語から調べる

共起語はユーザーの検索意図をつかむヒントです。SEO対策にはユーザーのニーズを把握することが重要です。例えば「ゲーム」の共起語が「オンライン」「アクション」なら「オンラインのアクションゲーム」の情報が求められていると予測できます。

コンテンツのイメージ作りとして共起語を活用する

コンテンツの方向性を決める上でも共起語は役立ちます。キーワードと共に共起語を並べて分析してみると、コンテンツのゴールとなるポイントや流れ、ユーザーの導き方などがイメージしやすくなります。

リライト時のアイデア作りに共起語を役立てる

既存コンテンツでは不十分な情報も、共起語を探ることで見つけられます。例えば上位表示されているコンテンツには共通していて、自分のコンテンツに使っていない共起語があったとします。そこがリライトのアイデアで、情報を網羅するポイントです。

共起語を調べられる無料ツール3選

最後に、共起語を調べることができるツールを3つ解説します。

共起語検索ツール

シンプルな見た目と、会員登録不要な手軽さが特徴の使いやすいツールです。キーワードを入力すると、Googleの上位30サイトから共起語を抽出してくれます。それぞれの共起語が使われている回数も表示されるため、分析もしやすいです。

※参照:共起語検索ツール

共起語調査ツール

SEO研究所サクラサクラボの無料会員登録が必要です。一度で最大10件のキーワードを検索できるため、複数のキーワードの共起語を調べたい時に便利です。共起語はGoogleだけでなくYahoo!の検索上位サイトからもピックアップします。

※参照:共起語調査ツール

Find Word

会員登録不要で使えるツールです。上位10サイトからの共起語抽出になります。キーワードと一緒に自分のサイトURL(対象ページURL)を入力すると足りないワードを教えてくれるため、リライトには特に便利です。

※参照:Find Word

まとめ

共起語を多用しても効果的なSEO対策にはなりません。共起語はユーザーが求める情報のヒントであり、コンテンツのイメージづくりに活用できます。SEO対策には共起語ベースではなく、ユーザーベースのコンテンツづくりが重要です。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質なSEO記事の提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。また、コンテンツ公開後はユーザーの動向を分析して改善施策を提案します。コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。