コンテンツマーケティングで行うべきPDCAとは?成果を上げるためのポイントを解説

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

コンテンツマーケティングを始めたが、成果が出せているのか不安だという人は少なくないです。コンテンツマーケティングで成果を出すためには、PDCAを行うことが大切です。この記事では、コンテンツマーケティングを行う上で、PDCAが大切な理由と、PDCAをうまく行うためのポイントなどについて解説しています。効果的なマーケティングを実行するために、役立ててください。

目次

コンテンツマーケティングにおけるPDCAの重要性

コンテンツマーケティングにおいては、PDCAを繰り返し行うことで課題を抽出し、課題の解決策を検討することが非常に重要です。成果が出ないという理由で、コンテンツマーケティングの終了を検討する企業は少なくないです。成果が出ていないと感じたら、一度PDCAを行い、見直してみるとよいでしょう。

コンテンツマーケティングでは課題抽出と改善が大切

コンテンツマーケティングでは、配信したコンテンツの効果測定と課題抽出を行い、コンテンツの改善を行うことが大切です。検索画面で上位表示されないコンテンツは、ユーザーに見つけ出してもらえず、成果につながりにくいです。SEO上の課題を抽出して、上位表示させるための改善を行いましょう。

課題抽出と解決のためのPDCA

コンテンツマーケティングにおいて、課題を抽出して解決するために役立つのがPDCAです。コンテンツ配信前に明確な目標を立て、コンテンツ配信後に効果測定と課題の抽出を行い、コンテンツの改善をすることで、1回のPDCAが完了します。PDCAは1度きりではなく、繰り返し行いましょう。

コンテンツマーケティングにおけるPDCAとは?

PDCAとは、Plan・Do・Check・Actionの頭文字をとったもので、P→D→C→Aの順に、繰り返すのが一般的です。ここでは、コンテンツマーケティングにおけるPDCAの特徴について解説します。

Plan(計画)

コンテンツマーケティングにおいて、Plan(計画)の段階では、目標を明確にします。何のためにコンテンツを配信するのかという目標を達成するために、誰に向けて、何を配信するのかを決めます。コンテンツの読者となるユーザーのニーズを十分に把握し、キーワードを決め、コンテンツを作成する準備を行いましょう。

Do(実行)

コンテンツマーケティングにおいて、Do(実行)の段階では、計画をもとにして、コンテンツを作成・配信します。SEO上で効果があるとされる、さまざまな対策を行いながら、優良でユーザーの役に立つコンテンツを量産していきます。コンテンツの作成方法については、下記の記事を参考にしてください。

コンテンツ制作で成果をあげるための7つのポイント|制作の手順も解説

Check(評価)

コンテンツマーケティングにおいて、Check(評価)の段階では、配信したコンテンツの成果を確認します。配信したコンテンツごとに、目標の達成度を把握するための効果検証を実施しましょう。コンテンツの検索順位・ユーザーの流入数・コンバージョン数などのデータを取得し、効果の出ていないコンテンツと課題を見つけ出します。

Action(改善)

コンテンツマーケティングにおいて、Action(改善)の段階では、成果の出ていないコンテンツを改善し、新たなコンテンツとして配信します。検索上位に表示するための改善・クリック数を増やすための改善・CV数を増やすための改善など、コンテンツの課題に応じた対策が必要となります。この後、全体的なPlan(計画)の見直しから始まり、新たなPDCAを繰り返すこととなります。

コンテンツマーケティングのPDCAが失敗する主な原因

コンテンツマーケティングのPDCAが失敗する、主な原因について解説します。

目標設定がうまくできていない

コンテンツマーケティングの目標を決めずに始めてしまうと、失敗することがあります。コンテンツマーケティングでは、成果が出ていないコンテンツを改善し、あらためて配信することが大切です。目標が明確になっていないと、成果の達成度の把握・課題の抽出が行えず、成果を出せないままになってしまうことがあります。

計画に時間をかけすぎる

計画を立てる段階で時間をかけすぎるといった原因により、失敗することがあります。計画している間に状況が変化し、実際に行動を起こすときには、立てた計画が状況と合わなくなっていることがあります。コンテンツマーケティングにおいて、念入りな計画を立てることは大切ですが、計画倒れにならないように注意しましょう。

短期間でPDCAを回し過ぎる

短期間でPDCAを回し、計画を変更すると、不適格な改善の繰り返しとなる可能性があります。コンテンツマーケティングは短期間では効果が出にくく、数週間~数か月経った頃に、効果が出始めることが多いです。コンテンツを配信して、しばらく経ってから効果検証を行いましょう。

コンテンツマーケティングのPDCAでよくある課題と解決策

コンテンツマーケティングにおいてPDCAを行った際に、よくある課題とその解決策について解説します。

効果がなかなか出ない

コンテンツマーケティングを始め、コンテンツの作成・配信を行い、効果測定も行ったが、特に目立った効果が出ていると思えないというケースがあります。コンテンツは配信してから短期間では効果が現れにくく、数週間~数か月経った頃から効果で始めることが多いです。

解決策

コンテンツを作る際には、SEOに沿った対応とペルソナの設定をしっかりと行うことが大切です。コンテンツ配信後は、焦らず、効果がでるのを待ちながら、新しいコンテンツの配信に専念しましょう。コンテンツの配信量が増えた頃に、一度効果検証を行ってみるとよいでしょう。

どのコンテンツが悪いのかわからない

たくさんコンテンツを作成・配信したが、どのコンテンツが悪いのかわからないというケースがあります。コンテンツをたくさん配信し続けながら、成果の出ていないコンテンツを見つけ出すことは大切です。

解決策

配信日の早いコンテンツから順番に効果測定を行い、成果の出せていないコンテンツを見つけ出しましょう。効果検証を行う際には、最初に設定した目標の達成度を調べるとよいでしょう。目標の達成度の低いものから順に課題を抽出し、改善を行うことをおすすめします。

効果測定で何を調べればよいかわからない

コンテンツマーケティングにおいて、効果測定が重要だと聞いたが、何を調べればよいのかがわからないというケースも多いです。コンテンツの良し悪し、コンテンツに対するユーザーの満足度は、非常に計測しにくいものです。

解決策

コンテンツマーケティングの目標・段階によって、測定すべきものが何かは決まります。マーケティング初期で、集客が目標の場合は、コンテンツの検索画面に表示される順位、ユーザーの流入数などを調べます。商品・サービスへの関心を高める段階では、コンテンツへのユーザー滞在時間・再訪率などを調べます。最終段階では、商品・サービスの購入数、情報の拡散度などを調べます。

課題に対して何から手をつければよいかわからない

コンテンツを配信した後で効果測定を行い、課題は抽出できたが、何から手をつければよいのかが、わからないというケースは少なくないです。人手不足や、SEOなどの知識不足によることが多いです。

解決策

抽出した課題に優先順位をつけることが大切です。コンテンツを配信する目標を達成するために、どの課題を優先すべきかを考えるとよいでしょう。比較的簡単に対処できて、大きな効果が得られそうなものから解決することをおすすめします。

明確なコンバージョンを設定するためのポイント

PDCAをうまく回すためには、最初に、明確な目標として、コンバージョンを設定することが大切です。コンテンツマーケティングの場合は、最終目標である売上などではなく、中間コンバージョンなどを細かく設定することで、効果測定と課題が抽出しやすくなります。

ペルソナの設定

明確なコンバージョンを設定するためには、コンテンツを配信するためのペルソナ設定が、非常に重要となります。商品・サービスについての認知度、興味・関心の高さなどを考慮し、ペルソナの設定を行いましょう。商品・サービスを全く知らないユーザーと、購入を検討しているユーザーとでは、知りたい情報が異なります。

カスタマージャーニーマップを作る

ペルソナごとにカスタマージャーニーマップを作ることで、コンバージョンが設定しやすくなります。カスタマージャーニーとは、顧客が商品・サービスを認知してから、購入に至るまでの心理状況・行動を表したものです。顧客心理への理解を深めることで行動を予測し、予測した行動をコンバージョンとして設定します。

KPIを設定するためのポイント

PDCAを回すうえで重要な、KPIの設定ポイントについて解説します。KPIは、中間コンバージョンなどの達成度を調べるために必要な指標で、マーケティングの段階ごとに設定する必要があります。

新規顧客獲得のためのKPI

コンテンツを配信し始めの頃は、新規顧客を獲得する段階であり、新規獲得の状況を把握できるKPIを設定する必要があります。キーワードごとのコンテンツの検索表示順位・アクセス数、などを設定するとよいでしょう。ユーザーとの初回の接触状態を把握することが大切です。

顧客育成度を調べるためのKPI

コンテンツから流入するユーザーを、ある程度獲得できる段階になると、獲得した顧客の育成度を調べるためのKPIを設定する必要があります。PV数・滞在時間・スクロール率などを測定することで、コンテンツへの興味・関心度がわかります。メルマガ登録数・問い合わせ数・資料請求数などを測定することで、自社の商品・サービスへの興味・関心度が把握できます。

顧客がファン化したか調べるためのKPI

コンテンツ数が増え、多くのユーザーによる、商品・サービスの購入数などが増えてくる段階では、顧客のファン化した度合を調べるためのKPI設定が必要となります。リピート率・再訪問数・SNSシェア数などを測定することで、ファン化の度合い・情報の拡散状況が把握できます。コンテンツマーケティングのKPIについては、下記の記事を参考にしてください。

コンテンツマーケティングにおけるKPIとは?設定の手順や具体例を紹介

まとめ

コンテンツマーケティングを行ううえで、PDCAを実行することは、非常に大切なことです。コンテンツを配信すれば終わりということではなく、コンテンツごとの効果測定を定期的に実施する必要があります。効果の出ていないコンテンツは、その理由を課題として抽出・改善し、改めて配信し直しましょう。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一括してサポートいたします。コンテンツ公開後は、ユーザーの動向を分析して改善施策を提案しています。コンテンツマーケティングにお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。