記事タイトルの付け方のコツ|読まれやすさが変わる10のポイントを紹介

SEO |

こんにちは。SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」ライターチームです。

オウンドメディアをはじめとするコンテンツを展開しているもののなかなか読んでもらえず対策を講じたいと考えている担当者もいるのではないでしょうか。この記事では記事タイトルの付け方について解説しています。記事タイトルのコツなど、ぜひ参考にしてみてください。

目次

記事タイトルを重視するべき理由

記事タイトルを重視すべき理由は、ユーザーがその記事を読むかどうか判断する時に、記事タイトルが大きく影響するためです。記事タイトルは、記事の中でもユーザーが最初に目にする部分です。そのため、タイトルを一目見てどのような内容を扱っている記事なのかわかるかどうかが非常に重要だと言えます。

記事タイトルを決める際の10のポイント

ここでは、記事タイトルを決める際に覚えておきたいポイントを10個紹介します。

【1】他の記事タイトルと比較した場合のインパクトを意識する

インターネット上にはたくさんの記事があり、自社の記事と内容が似ているものもあるでしょう。そのため、他の記事タイトルと比較してインパクトがあるかどうかは非常に重要なポイントです。ユーザーが他の記事のタイトルと比較した時に目を引くようなものになっていれば、読んでもらえる可能性も高くなるでしょう。

読み手にインパクトを与えるタイトルのコツ

読み手にインパクトを与えるタイトルをつけるにはいくつかのコツがあります。例えば、疑問形のタイトルにすることはコツの1つです。ユーザーが抱える疑問や不安を質問形式にしてタイトルに入れることで、ユーザーの目を引くことができるでしょう。

緊急性を示唆したり、逆説的な内容にしてみたり、あえて不安を煽ってみたりするタイトルもユーザーの気を引きたい場合には効果的です。この時、過剰に不安を煽るようなことはしないようにしましょう。

また、著名人の名前を入れるのも効果的です。著名人などの固有名詞は検索した時にヒットしやすく、目立ちやすいため記事タイトルへの使用に向いています。ほかにも、「!」など記号を使って目立たせるという方法もあります。ただし記号の多用は誇張表現になり、アクセスが減る可能性もあるため、注意してください。

【2】一目で読み手の役に立つことが伝わる

タイトルを見たユーザーが一目で「この記事は自分の役に立つ」と理解してもらえることも重要です。ユーザーはタイトルを見ただけで、その記事を読むかどうか判断します。そのため、読み手の目的、悩みの解決につながることが伝わるようなタイトルにすることで記事を読んでもらえる可能性が高くなります。

読み手の役に立つタイトルにするためのコツ

読み手の役に立つタイトルにするためには、まず誰を対象とした記事なのか伝わるようにする必要があります。例えば「初心者でもわかる〜」とタイトルにつければ初心者向けの内容であることがすぐにわかるはずです。

また、どのように役に立つのか明確にすることが大切です。例えばこの記事の場合「記事タイトルの付け方のコツ」としているため、記事タイトルを付ける際に役立つことがわかります。どのように役立つのか表現する際には、「~の方法」「~のテクニック」「~の効果」「~の秘訣」などの言葉が効果的です。

【3】記事タイトルと記事の内容を一致させる

記事タイトルを付ける際は、タイトルと記事の内容が一致しているかどうか、という点も重要です。ユーザーの目を引きたいあまり、記事で触れていないような内容をタイトルに入れると、ユーザーは「必要な情報がない!」となり、すぐにサイトを離脱してしまうでしょう。また、Webサイトに対する評価も下がってしまいます。

【4】40文字前後で簡潔な内容にする

記事タイトルは、40文字前後で内容は簡潔なものにしましょう。タイトルが長すぎると、ユーザーは読みたいと思わないためです。

また、スマートフォンやパソコン、さらにはSNSなどで表示されるタイトルの文字数は40字前後です。長すぎると途中でタイトルが切れてしまい、何に書いている記事なのかわからなくなります。そのため、何が書いてあるか判断できる簡潔な内容にする必要があるのです。

【5】具体的な数字を入れる

記事タイトルには、具体的な数字を入れることをおすすめします。これは、具体的な数字を入れることによって、記事に対する説得力を持たせられるためです。逆に数字のないタイトルだと、ユーザーに曖昧な印象を与えてしまいます。

【6】読み手が使う言葉が含まれている

記事タイトルは、読み手側の目線に立ち、読み手が使用する言葉を入れるようにしましょう。SEO対策を意識しすぎてタイトルを考えると不自然なものになってしまいます。そのため、SEOを意識しつつも不自然でなく、読み手が実際に使用する言葉をタイトルに入れるようにしてください。

使用を避けるべき言葉とは?

記事タイトルを付ける際には、使用を避けるべき言葉もあります。例えば、書き手側の視点に立った言葉を使うと、読み手のニーズと合致しなくなる恐れがあります。また、略称での使用が一般的なところに正式名称を使用するようなことも避けたほうがいいでしょう。例えば、SEOと書くところを「Search Engine Optimization」と書くのは適していません。

そのほかにも、初心者向けの記事でれば、専門用語は少ない方がわかりやすく理想的ですが、すでにその知識を知っている人に対しては、専門用語を使った方がわかりやすいなど、ターゲットによって専門用語の扱いも異なります。

【7】タイトルの前半に検索キーワードを入れる

ユーザーに検索してもらいたいキーワードを入れる場合は、記事タイトルの前半に入れるようにしましょう。これは、検索結果やSNSなどで表示される文字数に制限があるためです。後半に入れてしまうと、検索キーワードが表示されないため、ユーザーがアクセスする可能性が低くなってしまいます。また、キーワードの入れすぎは逆効果となるため、注意してください。

【8】これまでより簡単に結果を得られることがわかるようにする

記事タイトルは、これまでよりも簡単に結果を得られることがわかるようにすることが重要です。 ユーザーが情報を調べる背景には、自分の抱える問題や不安に対する解決策を簡単に知りたい、という思いがあるためです。簡単であることを伝えやすい文言は「最低限」「基本」などがあるため、うまく活用してみてください。

【9】訴求点を絞ったタイトルにする

記事タイトルは、ユーザーに訴求したいポイントを絞ったものにするようにしましょう。記事の内容を羅列しただけのタイトルは、タイトルとして不自然であり、ユーザーの興味もひきにくいため、アクセスに繋がりません。記事の中でもっとも訴求したい内容をタイトルに使用するようにしてください。

【10】タイトル付け方をテンプレ化して身に付ける

タイトルを付ける際は、付け方をテンプレート化しておくことで、簡単に付けることができます。ここまで紹介したようなコツをおさえた記事タイトルはある程度テンプレ化されています。他のWebサイトなどもチェックして、タイトルのテンプレートを覚えるようにすれば、より効率よく、しかも簡単に記事タイトルが付けられるはずです。

記事タイトルの基本的な決め方を4ステップで紹介

ここでは、記事タイトルを決める際の流れを4つのステップに分けて解説します。

記事を通して伝えたいポイントを明確化する

記事タイトルを決める前に、まず記事を通して何を伝えたいのか、ポイントを明確にしておくことが重要です。ユーザーはどのような情報を欲しがっているのか、どのような情報を提供することが役に立つのかなど、検索に至るユーザーの背景を考え、ユーザーニーズに沿ったポイントを設定するようにしましょう。

記事を読んでもらいたいターゲットを絞る

記事を誰に読んでもらいたいのか、そのターゲットを絞っておくことも重要です。大勢を対象にすると、記事の内容が中途半端になり、かえって誰からも読まれない恐れがあります。そのためにも、ターゲットを絞ることが重要だといえます。

ターゲットを絞る際には、年齢や性別、趣味といったターゲットの条件を細かく設定しておくといいでしょう。

ターゲットが検索すると思われるキーワードを考える

ターゲットが決まったら、実際にターゲットが検索エンジンで検索する際に使用すると考えられるキーワードを検討します。ユーザーは、検索キーワードが記事タイトルにあるかどうかで読むか読まないか判断しているため、キーワードの検討は非常に重要なステップです。

キーワードを検討する際には、キーワードツールという便利なツールの使用がおすすめです。キーワードツールについては後述します。

記事タイトルを決める

実際に記事タイトルを決めます。ここまで紹介したポイントを踏まえつつ、実際に記事タイトルを考えましょう。

記事のキーワード選定に使えるツール3選

キーワード選びが適切でないと記事を読んでもらえため、記事タイトルを決めるうえでキーワードの選定は重要です。キーワード選定にはキーワードツールがおすすめです。ここでは無料のキーワードツールを3つ紹介します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供するGoogle 広告内の無料ツールです。キーワードを入力すると、そのキーワードが1ヶ月間にどのくらい検索されているのか調べることができます。また、競合しているサイト数についても把握することが可能です。

検索ボリュームがわかれば、ユーザーのニーズがどのくらいあるのかもわかるため、記事タイトルを付ける際に活用できます。

Google 広告 - 気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、検索エンジンで検索されているキーワードを調べることができるツールです。キーワードを入力すると、キーワードに関連する「サジェストワード」のリストも表示してくれるため、ここからユーザーがどういったニーズを持っているのか把握できます。

ちなみに、無料登録ができる「ラッコID」に登録すれば無制限での検索が可能です。一方で、登録なしだと1日20回までしか検索できないので注意してください。

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))

Google関連キーワード

Google関連キーワードは、Googleの検索結果の最下部に「(キーワード)に関連する検索キーワード」と表示される関連キーワードのことです。Google関連キーワード自体は、Google検索を利用した際に表示されるもので、ツールではありませんが、関連キーワードからユーザーのニーズを把握することができます。

記事タイトルをつける際の注意点

ここでは、記事タイトルを付ける際に覚えておきたい注意点について解説します。

過剰にならないようにする

ユーザーの興味を引きたいがために、記事タイトルを過剰にしすぎないようにしましょう。具体的には、「釣り」や「煽り」となるタイトルや誇張したタイトルです。タイトルが過剰だと、確かに興味は引くかもしれませんが、実際に記事を見るとタイトルと内容が一致していないため、Webサイトに対する信頼度が下がってしまうでしょう。

タイトルの付け方に関するコツを盛り込み過ぎないようにする

この記事では、記事タイトルを付ける際のコツをいくつか紹介していますが、紹介したコツを全て使用するなど、コツの盛り込みすぎには注意が必要です。コツを盛り込みすぎると、不自然なタイトルとなり、ユーザーからの印象が悪くなる恐れがあります。

まとめ

記事タイトルは、ユーザーがその記事を読むかどうかを判断する際の判断基準となるため、適当につけてはいけません。ターゲットを設定し、ユーザーが何を求めているのか考えるなどしたうえで、タイトルを作るようにしましょう。

そうはいってもコツをおさえた記事タイトルの考案が難航するケースもあるでしょう。そんな場合には、SEO記事提供サービスの利用を検討してみてください。

SEO記事提供サービス「AIアナリストSEO」は、1位獲得31%上位表示73%の実績を持つ、高品質SEO記事提供サービスです。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで一括してサポートします。また、コンテンツ公開後は、ユーザーの動向を分析して改善施策の提案まで行います。

コンテンツマーケティングにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

AIアナリストSEOの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。