SEO施策のまとめ!効果がある施策を厳選して紹介!

SEO|更新:2020.03.09|公開:2020.03.06

こんにちは。コンテンツSEOツール「AIアナリストSEO」ライターチームです。
Webサイトを作ったは良いものの、予想より集客できていないと感じている人も多いのではないでしょうか。この記事では、手軽に実施でき、効果があるとされるSEOの施策を厳選して紹介しますので、Webサイトの改善に役立てて下さい。

目次

SEOとは

SEOとは”Search Engine Optimization”の略です。直訳すると「検索エンジン最適化」となります。さらに噛み砕いて言うと、 自然検索からの流入数・CV数を増やすために行う様々な施策 のことです。検索エンジンでより上位に表示させたり、よりアクセス数が増えるようにしたりするための施策が含まれます。

SEOが必要な理由

基本的にSEOは自社のWebページが検索結果の上位に来るように行う施策のことです。検索結果の上位に自社のWebページが表示されることは、露出が増えることとほぼ同義です。効果のあるSEO施策を行うことで自社ページへの流入が増えるでしょう。

またGoogleなどの検索エンジンには企業が広告費を支払って検索結果にリンクを貼ることができる「広告枠」とオーガニック検索結果が表示される場所があります。意外なことに広告枠よりもオーガニック検索の方がクリック数が高いことがわかっていますので、集客に力を入れるのであれば、SEO対策を行いましょう。

SEO対策はGoogle対策

今日の日本におけるサーチエンジンのシェアの1位がGoogleで約70%、二位のYahoo!Japanが約24%と、この2社でサーチエンジンのシェア全体の約95%を占めています。また、Yahoo!JapanのサーチエンジンのアルゴリズムはGoogleのものを使用していると言われているので、実質としてGoogleのサーチエンジンがほとんどです。

よって、SEO対策=Google対策といっても過言ではなく、Googleに焦点を置きながらSEO対策を実施する必要があります。

SEOに必要な対策

SEO対策はGoogle対策ということを説明しました。ここからはSEOに必要な対策を具体的に解説します。ここで紹介する対策は大きく分けて、内部対策・外部対策・モバイル(スマホ)対策・コンテンツ施策の4つです。どれも効果が期待できるのでぜひWebサイト改善に役立ててください。

内部対策

内部対策はその名の通り、Webサイトの内部(自サイト内)で行う対策のことを意味します。この記事では、2つの内部対策について紹介します。

クローラーを意識したサイトの構造にする

Googleをはじめ多くの検索エンジンでは、クローラーと呼ばれるプログラムが自動でページを巡回し情報を収集しています。つまり、クローラーがそもそも巡回に来てもらい、それが正しくインデックスされ、アルゴリズムにより良質だと判断されなければなりません。だからこそ、クローラーを意識したサイトの構造にし、クローラーの巡回を促す必要があるのです。

URLのドメインを統一する

Webサイトを作成したばかりだと、色々手が回らず初期設定のままになっている事柄が多いかと思います。URLの「www」の部分を統一することもSEO対策にとても大切です。「www」とは「World Wide Web」の略称です。もしも「www」あり/なしの2つのページがネット上にあれば、検索エンジンはそのドメインを別のものとして認識してしまう可能性があります。そのためにも、ドメインを統一し、評価が分散されないようにしましょう。

▼内部対策についての詳細はこちら
【SEO外部対策とは】いますぐ実践できるポイントやおすすめツールをご紹介!

外部対策

外部対策は内部対策と異なり、自サイト外で行うSEO対策です。この記事では3つの外部対策の詳細について解説します。外部対策で大きなウェイトを占めるのは他のサイトからの被リンク数です。しかし、むやみやたらに被リンク数を増やせば良いというわけでもないので注意が必要です。

他のサイトからのリンクを増やす

被リンク数とも呼ばれます。これは他のユーザーからの「おすすめ」とも理解できるため、外部対策において非常に大切な指標の1つです。被リンクが多ければ多いほど検索結果の上位に自社・自分のWebページが表示される傾向にあります。被リンクを増やすためには、自社のWebサイトのコンテンツやサイト自体をユーザーにとって価値のあるものにする必要があります。

質の低い被リンクをむやみに増やさない

被リンクは外部対策で重要な指標ですが、被リンク数が多ければ良いということではありませんので注意が必要です。かつては被リンク数を購入して増やすことで検索結果の上位に表示されることもありましたが、現在ではこの行為はペナルティの対象です。質の低い被リンクをむやみに増やすのではなく、質の高い被リンクを増やせるようにに心がけましょう。

▼外部対策についての詳細はこちら
【SEO外部対策とは】いますぐ実践できるポイントやおすすめツールをご紹介!

モバイル(スマホ)対策

近頃ではモバイル(スマホ)を使って検索することが爆発的に増えました。よってモバイル(スマホ)対策はSEOにおいて外してはいけないポイントです。例えば、自社Webサイトに「レスポンシブデザイン」を導入することでどのような端末で閲覧されても見やすい形でページを表示させることができます。

SEO対策は「ユーザーのニーズに応えること」が基本です。どのような端末でのアクセスでもユーザーが見やすく、理解しやすいコンテンツ作りに努めることにより、自社Webサイトの評価を上げることができます。

コンテンツ施策

ユーザーにとって価値のないコンテンツは当然Googleにも評価されにくい傾向にあります。ここでは、コンテンツ施策としてWebページの評価を高める方法について解説します。

コンテンツの質を高める

コンテンツはユーザーのニーズに沿ったものにしましょう。ユーザーに必要とされていないコンテンツを検索結果の上位に表示することは非常に困難です。

またコンテンツは競合コンテンツよりもユーザーにとって有益な情報を提供する必要があります。競合コンテンツのコピーや焼き直しでは、評価がされにくい傾向にあります。独自の内容や競合と比較した際の優位点などを意識して、コンテンツの質を高めることが、一見遠回りに見えてSEO対策の近道です。

求められているキーワードを使う

キーワードはユーザーのニーズが言語化されたものなので、その選定もSEO対策にとってとても重要です。コンテンツを書く前に、キーワード選定に十分に時間をかけてユーザーが何を欲しているのかを理解する必要があります。ニーズがないキーワードを用いたコンテンツでは残念ながら集客は見込めません。

ページタイトルをしっかり考える

ページタイトルはSEO対策で見落とされがちですが、最重要項目の1つです。なぜならページタイトルは検索結果に表示され、ユーザーはそれを見てクリックし、ページに至るからです。

ページタイトルは、前述のキーワードを盛り込み全角で約30字程度で簡潔に記事の内容をまとめる必要があります。ユーザーはページタイトルを読んでクリックするので、一目で内容が理解でき、クリックしてもらえるようなタイトルをつけることが重要です。

関連記事
「コンテンツマーケティングの成果向上!文章と記事構成の作り方」

まとめ

SEO(Search Engine Optimazation)はGoogle対策と言っても過言ではありません。この記事では、簡単かつ効果のあるSEO施策を大きく外部対策、内部対策、モバイル(スマホ)対策、コンテンツ施策に分けて解説しました。どの対策においても忘れてはいけないことは「ユーザーのニーズに応えること」です。

「AIアナリストSEO」では、SEOに強いコンテンツ作りをお手伝いします。狙うべきキーワードの選定から、ユーザビリティを考慮した記事づくりまで、一貫して支援し、CVにつながる記事コンテンツを提供します。

AIアナリストSEOについては、まず無料の資料請求をお試しください。
「AIアナリストSEOの資料請求はこちら」


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須