セマンティック検索の定義からSEOへの影響まで詳しく解説!

SEO|更新:2019.08.02|公開:2018.10.02

こんにちは。アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」運営チームの曽我です。

今回は「セマンティック検索」の特徴や事例などについてご紹介します。セマンティック検索は質の高いコンテンツを見抜いたり、表示方法を工夫したりすることでユーザーの意図に沿った検索結果を表示するのに役立てられています。また、これらについて正しく理解して、SEO対策をすることもできます。

この記事を読んで、セマンティック検索について正しい知識を身に付けて、SEOの強化を図り、自社サイトへの流入数やCV数を伸ばすための施策を行いましょう。

目次

セマンティック検索とは

セマンティック検索とは、検索エンジンがユーザーの入力したキーワードから、ユーザーが何を求めているのかをコンピュータが読み取り、それに即した検索結果を表示する技術のことを指します。文の構成を考慮した検索や分析が行われることで、ユーザーのニーズに沿った検索結果を提供することができます。

セマンティック検索の特徴

セマンティック検索にはいくつかの特徴がありますが、その中でも、この記事では以下の3つについてご紹介します。

  • ユーザーの意図を理解する
  • ソーシャルメディアとの連動
  • 構造化マークアップ

これらをしっかり理解して、セマンティック検索への曖昧なイメージを明確にしていきましょう!

ユーザーの意図を理解する

セマンティック検索によって、検索されたキーワードからユーザーの意図・目的を理解して、ユーザーのニーズに合った答えが検索結果に表示されます。セマンティック検索を用いれば、ユーザーの居場所や検索履歴などあらゆるユーザー情報を駆使して、ユーザーがそのキーワードを検索した意図を汲み取ります。そのため、ユーザーは欲しい情報を得やすくなります。

Google+

Google+に自社のページを作成することで、Google検索エンジンがセマンティック検索を通して検索したときに、自社サイトを上位に表示することができます。Google+で自社ページを作ると、会社の認知度が高まります。また、そのページの評価が高まっていくと、セマンティック検索のデータベースのその会社への信頼度も高まります。その結果、Google検索エンジンで検索されたときに、自社サイトが上位に表示されるようになります。

構造化マークアップ

構造化マークアップとは、コンピュータがテキスト情報を正しく認識できるように、そのテキストの各構成要素にタグという識別のための目印をつけて、テキスト情報に意味を付与することを指します。
検索エンジンにとって、「これは名前だ」「ここがタイトルだ」というようなテキスト情報の各構成要素の意味まで理解することは難しいです。そのため、各要素ごとにタグという識別のための目印をつけて、検索エンジンがテキスト情報の意味を理解できるようにします。

セマンティック検索の事例

セマンティック検索は、様々な形で検索結果に反映されて、ユーザーがより利用しやすいように役立っています。その中でも今回は以下の4つの事例についてご紹介します。

  • 類義語を太字で表示する
  • アンサーボックス
  • ナレッジグラフ
  • リッチスニペット

この4つを理解して、セマンティック検索についてもっと理解を深めましょう!

類義語を太字で表示する

セマンティック検索を通して検索すると、検索したキーワードだけでなく、そのキーワードの類義語も太字で表示されます。これによって、よりユーザーの意図に沿った検索結果を表示することが可能です。
例えば、「家族 贈り物」と検索したときに、「贈り物」というキーワードの類義語の「プレゼント」も太字で表示されます。
類義語太字参考画像

アンサーボックス

セマンティック検索を利用した自然検索で入力したキーワードに対して、通常の検索結果だけでなく、そのキーワードに対する答えを表示することができます。

例えば、「みどりの日はいつ」というキーワードを入れたとき、このキーワードを含む通常の検索結果の上に、「みどりの日はいつなのか?」というユーザーの意図を読み取って、検索悔過の上部に、その質問の答えを表示します。
アンサーボックス参考画像

ナレッジグラフ

セマンティック検索によって、自然検索したキーワードを含むページを検索結果に表示するだけではなく、そのキーワードに関する基本情報などを表示することができます。

例えば、「アメリカ合衆国」と検索したときに、アメリカ合衆国というキーワードを含むページが表示されるだけではなく、下の図のようにアメリカ合衆国の首都や人口などアメリカ合衆国に関連する情報を表示してくれます。
ナレッジグラフ参考画像

リッチスニペット

セマンティック検索を用いることで、リッチスニペットが表示されて、よりユーザーを引きつけるような検索結果を表示にすることができます。
下の図が通常の検索結果の表示です。下の図の囲みにあるテキストのことをスニペットといいます。
スニペット参考画像

それに対してリッチスニペットとは、通常のテキスト(=スニペット)にレビューなどユーザーが興味を持ちそうな付加情報も表示しているテキストを指します。これによって、ユーザーはこのページにより興味を示して、クリックしやすくなる効果が見込めます。
リッチスニペット参考画像

セマンティック検索がSEOに与える影響

セマンティック検索は、ユーザーの検索したキーワードに対して適切でないコンテンツを認識して除外することに役立っています。このように、質の低いコンテンツは簡単に見抜かれるため、質の高いコンテンツを作る必要があります。

また、検索エンジンはコンテンツの質を見極めるために、どのキーワードがどのようなキーワードと組み合わされて、どのような意味に基づいているかというのを見ています。そのため、ある特定のキーワードに関連しているトピックやキーワードを網羅的に把握して完璧なコンテンツを作ることが必要です。これによって、ターゲットユーザーによりアプローチできる上に、ランキング向上にもつながります。

キーワードに適したコンテンツ作りとSEO対策

セマンティック検索は、ユーザーの意図に沿ったページを検索結果に表示するのに役立っている技術です。セマンティック検索の特徴を理解して、各キーワードに適したコンテンツを作成し、SEOを強化させましょう。

そして、SEOに強い良質なコンテンツを作るためにおすすめなのが弊社のコンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」です。

・「どのようなコンテンツを作ればよいかわからない」
・「コンテンツを作ったり効果検証をしたりする時間がない」
・「コンテンツから流入は獲得できているものの、CVにつながらない」
など、コンテンツマーケティングについてのお悩みはありませんか?

AIアナリストSEOは、CV数を獲得できるSEOコンテンツを低コストで企画・制作するサービスです。
適切なキーワード選定から作成した記事の効果検証まで、独自のノウハウを半自動化することで、成果の出るコンテンツマーケティングを低コストで支援します。

資料請求は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コンテンツSEO支援サービス「AIアナリストSEO」の資料請求はこちら(無料)


この記事を書いた人

曽我 由里香

社内最若手のインターン生。カスタマーサポートからマーケティングまで幅広い業務をこなしています。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須