Webマーケティングとは?5つのステップと施策の手順、有効なツールを解説

マーケティング | 更新:2021.02.22 | 公開:2017.09.04

こんにちは。「AIアナリスト」ライターチームです。

Webマーケティングとは、Webサイト上で行うマーケティングのことです。近年、幅広い業種で実施しているマーケティング手法であり、幅広い世代のユーザーに効果を発揮しています。自社でも取り入れたいと検討している企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、マーケティング担当者に向けて、Webマーケティングの基礎や歴史、手順を解説します。施策の種類や効果測定についても解説するため、ぜひ参考にしてください。

目次

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Web上にあるサイトやサービスなどを使うマーケティング活動です。Webマーケティングでは、ユーザーを呼び込むための広告配信やコンテンツ制作を実施します。ユーザーが商品やサービスに対して興味を持ち、購入してもらうことが、Webマーケティングの目的です。

デジタルマーケティングとの違い

Webマーケティングとデジタルマーケティングは、Webサイトだけを活用するか、Webサイトも含むデジタル技術全般を活用するかという点に違いがあります。

デジタルマーケティングは、デジタルコンテンツやデジタルデバイスを幅広く活用したマーケティングのことを指します。ECサイトやSNSなども含まれるため、Webマーケティングよりもアプローチする範囲が広いことが特徴です。

コンテンツマーケティングとの違い

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを作成してブランディングやコンバージョンを促すための手法です。コンテンツマーケティングには、WebサイトやECサイト、SNSの他に、チラシやDMなどがあります。商品やサービスについて直接アピールするのではなく、ユーザーの悩みやニーズを解決することで購買行動につなげるといった特徴があります。

コンテンツマーケティングについては、こちらの記事も参考にしてください。

コンテンツマーケティングとは?仕組みや従来のマーケティングとの違い、実践方法を解説

Webマーケティングの歴史

日本では、Webマーケティングがどのように変化してきたのか、その歴史を紹介します。

インターネットの黎明期(1994~1999年頃)

日本国内でインターネットが一般的になった時期です。1996年1月に、ソフトバンク株式会社とヤフー・コーポレーションがヤフー株式会社を設立しました。また、MacintoshやWindows95などが普及したため、パソコンの電子メールユーザーが増加して、メール広告配信サービスも続々と誕生しました。

1999年にはNTT docomoが「iモード」を開始して、携帯電話からインターネットへアクセスできるようになります。定額通信サービスがはじまり、IT業界がホームページを次々に作成して、Yahoo!JAPANに登録しました。

インターネット成長期(2000~2004年頃)

企業や家庭にパソコンが普及して、電子メールユーザーが増え始めた時期です。1990年代に誕生した楽天のネット通販が売上を伸ばします。メルマガやメール広告配信サービス「リスティング広告」の誕生や、個人がブログで情報発信をし始めるのも、この時期です。

Yahoo!以外には、Googleの検索技術も注目されます。インターネットが情報発信ツールの1つと認められ、SEOという考え方が定着しました。

インターネット成熟期(2005年~2009年頃)

ソーシャルメディアのTwitterやFacebookが普及した時期です。パソコンだけでなく、ガラケーからも利用する人が多くいました。Appleが音楽プレイヤー「iPod」を発売して普及したのもこの頃です。

リスティング広告やバナー広告などの効果が認められて、Webマーケティングを行う企業が増えました。携帯電話の普及により、パソコンだけではなく携帯電話のユーザーに対しても、Webマーケティングを展開する必要があると考えられるようになった時期です。

インターネット変革期(2010年~現在)

携帯電話はガラケーからスマホの時代に入ります。スマホの普及により、アプリの利用が広がりました。インターネット通信環境も整い、携帯電話でも高速通信が可能になったため、iPhoneやAndroidなど、通信端末の種類も増えました。スマホでもホームページが見えるようになったため、Webサイト上のビジネスでも、売上を伸ばせるようになりました。

インターネット上での広告もさまざまな種類が増えて、動画広告や体験型広告、オウンドメディアも誕生します。

なぜWebマーケティングが必要とされるのか

Webマーケティングが必要とされている理由について、解説します。

Webマーケティングの目的

Webマーケティングの目的とは、Webサイトを通じて商品・サービスの売上げを伸ばすことです。成果を出すためには、Webマーケティングを行い、Web会員の獲得、販売促進、ブランディングなどが欠かせません。近年インターネットを利用する世代は幅広くなり、取引は非常に活発になったため、コンテンツを充実させて機能性を高める施策が大切です。

正確なマーケティングや効果測定が可能なため

Webマーケティングを行うと、施策の結果が数値などのデータで測れるため、予測分析や効果測定がしやすくなります。ユーザーが、「どのようなキーワードで訪問したのか」「どのページを閲覧したか」なども測定可能です。データを元に検証して、今後の施策に活かすことで、さらに成果を伸ばせます。

Webマーケティングの5つのステップ

Webマーケティングはどのように進めていけば良いのでしょうか。ここでは5つのステップで紹介します。

1.自社のマーケティング戦略を決める

最初に、戦略を決めることが大切です。まずは、自社の商品やサービスなどをアプローチしたいユーザー層・ターゲットを決めましょう。ターゲットが定まったら、年齢や性別、家族構成、職業、ライフワークなどペルソナを設定します。

戦略を立てる際には、マーケティングフレームワークの活用がおすすめです。マーケティングフレームワークとは、目的に合わせて用意したフレームに入れて考えることです。効率的に、目的に合った戦略を立てやすくなります。代表的なものは、「SWOT分析」「3C分析」「4P分析」などです。

2.マーケティングの「目標」を決める

ターゲットが確定したら、目標を決めましょう。目標は「KGIは売上げを年間500万円、KPIは会員登録数を10%増やす」など、具体的にすることが大切です。最終的なゴールを決めると、手順もより明確になります。「KPI」「KGI」については、下記で解説します。

「KPI・KGIとは」

KPIとは、「Key Performance Indicator」の略語で、重要業績評価指標のことです。最終目標をクリアするために、小さな目標を達成したかを測る指標です。売上や申し込み数などが該当します。

KGIとは、「Key Goal Indicator」の略語です。重要目標達成指標のことで、最終目標が達成できたかを示します。例えば、「売上を作るために毎週100人の新規会員を獲得する」などが該当します。マーケティングの目標設定では、KPIとKGIがよく使われます。

3.Web上で集客する

アプローチするターゲットと目標が確定したら、Web上で集客をします。多くの人が利用する場所に、ユーザーの関心を集められる情報を配信すると、低コストで多くの集客が期待できます。GoogleやYahoo!などの検索エンジン、FacebookやTwitterなどのSNSやYouTubeなどは、自社のWebサイトへつなげる窓口になります。

商品やサービスなどの直接的な情報の広告の他にも、役に立つ情報などを提供し続けることも自社の認知度を高めるため、集客につながります。

4.ユーザーの行動を促す

コンバージョンにつなげるためには、ユーザーの購買行動を促すことが必要です。Webサイトにターゲットを集客できても、離脱してしまっては意味がありません。コンテンツの内容を充実させる、メールマガジンを配信するなど、ユーザーが思わず商品やサービスを購入したくなるような工夫をしましょう。

ユーザーが利用しやすいようにコンテンツの入力フォームやデザインを改善するEFO、売上につながるユーザーの比率を向上させるLPOなどの施策も効果的です。

5.顧客との関係を維持する

商品やサービスを購入したユーザーが、再び自社を利用するように関係を維持することが大切です。そのためには、マーケティング施策の結果を分析し、改善ポイントを洗い出しましょう。リピーターは、自社の利益につながる重要な優良顧客です。優良顧客の中には、個人的にSNSなどで自社の情報を発信することもあり、非常に影響力があります。

新規顧客も利益につながりますが、獲得するまでに既存の顧客の5倍コストがかかると「1:5の法則」では言われています。優良顧客の育成は、自社の利益を大きく伸ばします。

Webマーケティングの3つの施策と効果測定

Webマーケティングでは、3つの施策を順番に行い、「効果測定」で改善して再び回していくことが重要です。

  1. 「集客施策」は、SEOやSNS広告などで、サイトへの集客数を上げる施策です。
  2. 「接客(回遊)施策」は、ランディングページや入力フォームの最適化して、快適に利用してもらい成果につなげる施策です。
  3. 「再来訪施策」は、再来訪してもらうためにリターゲティング広告などを行い、優良顧客へ育成する施策です
  4. 「効果測定」は、アクセス解析などを活用することで、Webマーケティングの効果を測定して、改善につなげます。

Webマーケティングにおける7つの集客施策

Webマーケティングを行う際に利用される集客施策を紹介します。

1.リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!の検索ページに表示される広告で、GoogleAdWordsやYahoo!プロモーション広告が有名です。タイトルの下に小さく「広告」と表示されます。キーワード単位で入札され、高額で入札されるほど上位に掲載されます。キーワードに興味があるユーザーが検索すると情報発信できる広告です。

2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、広告主が設定した成果と成功報酬を提示して達成できた場合に、広告掲載側に報酬を支払う広告のことです。成果の条件は売上だけではなく、申し込みや問い合わせなどもあります。成果が達成できた場合のみ、報酬を払うため無駄なコストがかからず人気です。

アフィリエイト広告はそのままでは成果が出づらいため、広告主はSEO対策も同時に行う必要があります。

3.アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、多数のWebサイトに広告を配信したい時に、まとめて提携先のメディアに配信できる広告です。Google AdSense、Yahoo!ディスプレイアドネットワークなどが代表的です。簡単に多くのユーザーにリーチすることが期待できます。

4.SNS広告

SNS広告とは、FacebookやTwitterなどのSNSに掲載する広告のことです。広告を配信する際に、年齢層や地域などの属性で区分できるため、アプローチしたいターゲットに情報を配信しやすくなります。ユーザーが興味を持った場合、シェアやリツイートなどで拡散されることも期待できます。

5.ソーシャルメディア対策(SMM)

ソーシャルメディア対策とは、自社でSMSを運用して、ユーザーとコミュニケーションをとり自社のWebサイトへの集客につなげる対策のことです。ユーザーと継続的にコミュニケーションをとれるため、親近感や共感を呼びやすくなります。商品やサービスのファンを作るためにおすすめの手法です。

6.SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、検索サイトのGoogleやYahoo!などで、検索上位に表示されるように施策することです。広告費を支払って上位に掲載するリスティング広告とは異なり、費用はかからずに集客が期待できます。しかし、Googleが良質だと認められたページのみが対象となるため、良質な情報を提供できるページの作成が必要です。

7.ウェビナー(オンラインセミナー)

ウェビナーとは、ウェブとセミナーを組み合わせた造語で、オンラインセミナーのことです。配信方法は、参加者と音声通話やチャットを利用してやり取りできる「リアルタイム配信」と、参加者が好きな時間帯に視聴できる「録画配信」があります。

主催側は広いエリアのユーザーに配信が可能になり、会場の必要もありません。参加者側はどこからでも参加できるため、その手軽さも集客につながります。

Webマーケティングにおける3つの接客(回遊)施策

Webサイトを訪問したユーザーが、成果につながる行動をするためには、どのような接客施策が必要なのでしょうか。

1.EFO(入力フォームの最適化)

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で、ユーザーの負担を減らすために、入力フォームやカートを最適化して離脱を減らす施策のことです。入力フォームやカートは成果につながりやすい場所ですが、面倒な作業が多いと離脱する可能性が高くなります。郵便番号を入力すると住所が自動入力されるなど、ユーザーの手間が省ける工夫が大切です。

2.LPO(ランディングページの最適化)

LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、販売促進用のWebページを改善して離脱させないようにする施策のことです。マーケティングにおけるランディングページは、リスティング広告などからアクセスし、最初に訪れるページです。ユーザーの目的が達成されにくいページでは離脱しやすいため、情報を充実させて簡潔にすることが大きな成果につながります。

3.Web接客

Web接客とは、LINEやチャットなどを利用してWeb上でユーザーとコミュニケーションを取り、成果につなげる手法のことです。ユーザーが困っている際に、実店舗と同じように対応することで、ユーザーを手助けできます。LINEでおすすめ商品の写真をアップして見比べてもらう、サービスに対する相談など、個別対応が可能です。

Webマーケティングにおける2つの再来訪施策

一度Webサイトを訪問したユーザーに、再度訪問してもらい優良顧客へ育成するためには、どのような対策が必要なのか解説します。

1.メールマーケティング

メールマーケティングとは、自社が保有するユーザーの情報から、ステップメールやメルマガなどを送り、Webサイトへ再度アクセスしてもらう施策です。性別や年齢層などの属性ごとに情報を変えて送ることで、再度アクセスする確率が高まります。

2.リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、自社のWebサイトに対して訪問履歴があるユーザーへ、再度その商品やサービスに関する広告を配信する施策のことです。広告が配信することで認知度が向上し、成果につながりやすくなります。

Webサイトにアクセスすると、ユーザーのブラウザには「Cookie」という情報が保存されます。リターゲティング広告では、「Cookie」があるユーザーにだけ広告が配信されます。

Webマーケティングにおける「効果測定」

Webマーケティングにおける効果測定は、成果を確認するために欠かせない手段です。成果がなかった場合、原因を明確にして新たに施策を検討する必要があります。成果がでるまでは、施策を実施して効果測定を行うサイクルを繰り返すことが大切です。

アクセス解析は効果測定の中でも、成果を確認するために有効活用できます。Googleアナリティクスなどを活用すると、Webサイトへの訪問数やユーザー数、離脱率などの基本情報について分析できます。

AIアナリストは、AIがアクセス解析を⾃動で⾏い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウで、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばすための改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。Webマーケティングの施策にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストの資料請求(無料)はこちら

Webマーケティングの施策に有効なツール


(画像:Pixabay

Webマーケティングに役立つツールを紹介します。自社のWebマーケティングにあうツールを選んで役立ててください。全てGoogleから無料で提供されています。

Googleアナリティクス

検索エンジンのGoogleが提供する最も有名なアクセス解析ツールです。ほとんどのWebサイトは無料で利用できます。「リアルタイムの利用状況」「Webサイト内のユーザー行動」などがわかる機能を備えており、上場企業の約80%が導入しています。Googleアナリティクスに関するセミナーやノウハウ、関連書籍も多く、簡単にみつかるため、活用しやすいです。

Googleサーチコンソール

SEO分析ツールで、Googleアナリティクスと連携して活用するとより高機能な分析が期待できます。「どのキーワードで検索したユーザーがアクセスしたのか」「スマートフォンで閲覧した先にエラーがあるページ」などを確認できます。SEOの内部・外部両方の対策に役立つため、ビジネスサイトの運用のために導入すべきです。

キーワードプランナー

キーワード検索のボリューム調査や、関連して検索されるワードが調べられます。リスティング広告の運用を行う、GoogleAdwards(グーグルアドワーズ)のなかにある機能のため、広告出稿の利用がなくてもアカウント登録が必須です。SEO対策を行う際に、活用すべきツールです。

PageSpeed Insight

ページの表示速度を計測できる、サイト改善ツールです。URL入力欄にURLを入力するだけで、「表示速度」「ページの最適化の度合い」「当該ページを訪れたユーザーの表示速度の分布」などがスコア表示されます。また、最適化に関する提案もしてくれます。

知っておきたいWebマーケティング用語

Webマーケティングを行う際に、覚えておくと便利な用語を9つ紹介します。

CV(コンバージョン)

CVとは、Conversionの略で、Webサイトにおいて獲得した最終的な成果を指します。Webマーケティングでは、「商品やサービスの売上金額・数」「資料請求数」「申し込み数」「問い合わせ数」などを最終的な成果と設定している企業が多いです。

CVR(コンバージョン率)

CVRとは、Conversion Rateの略です。Webサイトを訪問したユーザーうちに、最終的な成果を出したユーザーの割合を表します。CVRは、「CV数 ÷ サイトを訪問したユーザー数」で求められます。CVRを改善するには、WebサイトにアクセスしたユーザーがCVに誘導されるように、ページの内容の改善などの施策が必要です。

CTA(コールトゥアクション)

CTAとは、Call To Actionを略したもので、Webサイトでユーザーにとって欲しい行動を誘導することです。商品購入ボタンやサービス利用紹介ページへのリンクなどで表示されています。問合せが目的のWebサイトの場合は、「お問合せはこちら」「無料相談はこちら」などのボタンを作ることで、ユーザーを誘導できます。

CTR(クリック率)

CTRとは、Cllick Through Rateの略で、広告やWebページなどがクリックされた割合のことです。 クリック率は高いほど良く、低い場合は対策が必要です。100回広告が表示され、うち5回クリックされた場合は、5クリック÷ 100回の表示=クリック率5%になります。媒体の種類により前後しますが、CTRの平均は1~2%と言われています。

CPC(クリック単価)

CPCとは、Cost Per Clickの略で、1クリックあたりにかかる広告費用のことです。リスティング広告は、クリックされるたびに広告費用が発生します。頻繁に検索されるビッグキーワードなどは、CPCが高くなり、広告予算費が早くなくなります。CPCを下げて成果を出すことが大切です。

LP(ランディングページ)

LPとは、Landing Pageの略です。Webサイトを訪問したユーザーが最初に閲覧するページのことです。Webマーケティングでは、広告などのリンク先として設定されて、CVに結び付きやすいページのことを指します。縦長1ページにユーザーが知りたい情報が集約されています。

自然検索(オーガニック検索)

自然検索とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果からのアクセスされる検索のことです。検索エンジンが表示するため、リスティング広告のように費用はかかりません。Googleでは、良質と評価されたWebサイトは上位表示されるため、自然検索でのアクセスが期待できます。上位表示されると、ブランディングにもつながりやすくなります。

MA(マーケティングオートメーション)

MAとは、Marketing Automationの略です。マーケティング活動を行うために、人の手で行っていたマニュアル化した業務などを、自動化して効率的に行うツールのことです。MAは見込み客の発掘と育成で利用します。見込み客に対してメールやSNSで自動で配信するため、時間や費用を削減できるだけでなく、担当者が対応できる顧客の数も増えます。

CRM(顧客関係管理)

CRMとは、Customer Relationship Managementの略で、顧客と企業が信頼関係を構築し、顧客満足度を高めるためのマーケティング手法です。例えば、一定額以上の購入履歴のある顧客へ定期的にDMを出すこともCRMの1つです。

新規顧客を獲得して成果を上げるよりも、既存顧客を優良顧客に育成する方が時間や費用の負担は少ないため、マーケティングには欠かせない手法です。

まとめ

Webマーケティングは、Webビジネスを行う上で欠かせないマーケティングです。Webサイトへのアクセスを増やし、優良顧客へ育成して成果を伸ばすためには、効果測定を繰り返し、その都度マーケティング方法を改善しましょう。集客・接客・再来訪ごとに、さまざまなマーケティング施策があるため、自社にあうWebマーケティングを見つけてください。

「AIアナリスト」は、AIがアクセス解析を⾃動で⾏い、重要な改善ポイントを教えてくれるツールです。30,000サイトを改善したノウハウで、Webサイトの膨大なデータを分析し、成果を伸ばすための改善ポイントをデータ根拠とともにお届けします。Googleアナリティクスに連携するだけで利用可能で、設定は2分で終わります。まずは無料版からお試しください。

AIアナリストの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。