リスティング広告の用語と種類【初心者向け】

ネット広告|2016.03.18

こんにちは、アクセス解析ツール「AIアナリスト」の上杉です。
今回は「リスティング広告の用語」についてご紹介します。

目次

そもそもリスティング広告ってなに?

リスティング広告とは、検索エンジンでユーザーがあるキーワードを検索したときに、検索結果に連動して表示される広告です。「検索連動型広告」とも呼びます。特徴は2つです。

1.キーワード単位の出稿で、サービスへの関心の高いユーザーへのアプローチが可能

検索キーワードごとに広告を打つことができるので、適切なキーワードを選べば自社サービスとの親和性の高いユーザーにアプローチすることができます。

2.低コストで出稿できる

リスティング広告はクリック課金制です。出稿だけではコストがかからないので始めやすい広告といえます。

リスティング広告の必須用語!!

いろんな用語があるので混乱しやすいですが、広告を運用するならこれだけは絶対覚えてください。

1.日々見るべき指標に関する用語

広告の管理画面上の見るべき指標とほぼ同一なので、しっかり覚えてください。

IMP:インプレッション(表示回数) 広告が表示された回数
CTS:クリック数 広告がクリックされた回数
CPC:クリック単価 1クリック辺りの単価
コスト/クリック数=クリック単価
CTR:クリック率 広告がクリックされた割合
クリック数/インプレッション=クリック率
CV:コンバージョン 目標とするべき値
ECサイトなら購入完了数、エステなら来店予約数...等々 サイトに併せて内容は変化します。
CVR:コンバージョン率 クリック数に対してCV獲得できた割合
CV(コンバージョン)/CTS(クリック数)=CVR
CPA:獲得単価 CV1件当たりにかかった費用
コスト/CV=CPA
インプレッションシェア 市場と比較して、自身の広告がどれだけ配信比率(シェア)があるか確認するための指標
管理画面上に「インプレッションシェア損失率」という指標がありますが、これは低ければ低いほど良い状態です。
CVR:コンバージョン率 クリック数に対してCV獲得できた割合
CV(コンバージョン)/CTS(クリック数)=CVR
品質スコア 検索連動型広告(検索キーワードに応じて配信される広告)においてキーワードの品質を示す指標
品質スコアはキーワード毎に1-10のいずれかで設定され、ユーザーが検索を行うたびに評価が下されます。
品質スコアが高くなるとクリック単価が低く抑えられます。

2.リスティング広告の構造に関する用語

下図を踏まえて、用語と一緒に覚えてください。
それぞれで設定できる項目も異なります。

アカウント構造

アカウント 構造上、1番大きな単位
設定可能な項目:ログイン メールアドレスとパスワード/お支払い情報
キャンペーン 構造上、2番目に大きな単位
キャンペーン配下にある広告を配信するための予算をそれぞれ設定できます。
広告グループ キーワードと対応する広告をまとめたグループ
各キーワードのマッチタイプや広告文、リンク先を設定できます。
キーワード 広告配信キーワード
ユーザーが検索するキーワードを想定して設定します。
広告文 検索結果ページの上部・または下部にキーワードに応じた広告文が表示される

3.広告配信のマッチタイプに関する用語

部分一致 順序に関わらず指定したキーワードが検索語句に含まれる場合、広告掲載対象となります。誤字、送り仮名の違い、多少の言葉のゆれ、関連性のある語句なども広告掲載対象となります。

  • キーワードの例: 男性 洋服
  • 検索語句の例: 購入 メンズ 服 / メンズ ニット/男性用 Tシャツ
絞込み部分一致 順序に関わらず指定したキーワードが検索語句に含まれる場合、広告掲載対象となります。部分一致と違い、類義語は対象外です。表記ゆれは可。

また、キーワードを指定する際に"+"を付与します。

  • 記号: +キーワード
  • キーワードの例: +男性用+洋服
  • 検索の例: 男性の洋服 / ようふく 男性用/ 服 おしゃれ 男性用
フレーズ一致 順序を維持しながら、指定キーワード指定したキーワードが検索語句に含まれる場合、広告掲載対象となります。表記ゆれは可。

  • 記号: "キーワード"
  • キーワードの例: "男性用 洋服"
  • 検索例: 男性用 洋服 / 男性 洋服/ おしゃれ 男性用 洋服
完全一致 検索語句がキーワードと完全に一致する場合に広告掲載対象となります。表記のゆれは可。

  • 記号: [キーワード]
  • キーワードの例:[男性用の洋服]
  • 検索例:男性用の洋服 /男性用のヨウフク

Googleアナリティクスで広告の成果を確認するには

リンク先URLにパラメータを付与しましょう!
パラメータを付与することでGoogleアナリティクスに「リスティング広告からの流入」と認識させることができます。
Campaign URL Builderでパラメータの設定をしましょう。

1.”Website URL”にリスティング広告をクリックしたあとに到着するページのURLを入力
2.”Campaign Source"に”Google”と記入(Googleの検索画面からセッションが発生したということ)
3."Campain medium"に"cpc"と記入
4."Campaign name"にキャンペーン名を入力

ざっと手順を説明しましたが、パラメータの詳しい設定方法は以下の記事をご覧ください。
Googleアナリティクス「パラメータ」の設定手順をイチから解説!|アクセス解析ツール「人工知能AIアナリスト」ブログ

  • 検索連動の場合"medium=cpcと記入 サイトのURLを記入/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=test
  • ディスプレイ広告の場合"medium=displayと記入
  • サイトのURLを記入/?utm_source=google&utm_medium=display&utm_campaign=test

ちゃんと指定すると、Googleアナリティクスの「参照元/メディア」部分では下図のように反映されます。

Google Analyticsの画面

これだけ覚えればもう完璧です!お疲れ様でした!

広告の成果が気になるなら

そんなお悩みは、アクセス解析ツール「AIアナリスト」にお任せ下さい。
このツールは人工知能がアクセス解析とサイト改善案の提案をしてくれるサービスです。

広告の運用に役立つのが「異常検知」機能です。日々のセッションやCVについて、数値の極端な上下を検知するとメールで知らせてくれます。

これでリスティング広告運用初心者の方も安心ですね。

AIアナリストの詳細、無料登録はこちらから→アクセス解析ツール「AIアナリスト」


この記事を書いた人

上杉 文乃

コンサルタント。社内トップクラスの知識量と丁寧なお客様対応で評判です。