リスティング広告の運用方法とは?|費用の目安やメリット・デメリットも解説

ネット広告|更新:2020.05.19|公開:2020.05.19

こんにちは。「AIアナリストAD」ライターチームです。

リスティング広告の具体的な運用方法が分からず、お困りではありませんか。リスティング広告自体、それほど使ったことがないという方も多いでしょう。この記事では、リスティング広告の概要やメリット・デメリットを紹介します。詳しい運用方法も解説するので、今後の集客にお役立てください。

目次

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索結果に連動して表示される広告のことです。クリックされたときだけ料金が発生するため、予算の範囲内で広告を運用できます。また、ユーザーの興味関心の高いタイミングで広告を配信することが可能です。設定次第で運用効果が変わるため、日ごろからPDCAを回して運用を最適化しましょう。

「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」があるので、以下で詳しく紹介します。

検索エンジンに表示される「検索連動型広告」

検索連動型広告

検索連動型広告は、検索結果の上部や下部に表示される広告です。検索キーワードに合致する広告を配信するため、商品・サービスに興味関心のあるユーザーへ効率的にアプローチできます。優良顧客に対し、積極的にセールスをかけたいときにおすすめです。

Webサイトに表示される「コンテンツ連動型広告」

コンテンツ連動型広告

コンテンツ連動型広告は、Webサイトや記事内に表示される広告です。ディスプレイ広告とも呼ばれており、商品やサービスに潜在的な興味を持っているユーザーへ、効率的にアプローチできます。商品やサービス、企業ブランドの認知度を高めたいときにおすすめです。

リスティング広告が持つ役割と目的

リスティング広告は、ターゲットユーザーを自社のLPに誘導するのが目的です。マーケティングでいえば、集客の部分を担います。運用の際は、CVに至りやすいユーザーを効率的に集めましょう。多くの見込み客を自社のLPに誘導できれば、売上や利益も増大します。

リスティング広告の予算目安

リスティング広告の予算は、中小企業で月額10~100万円程度と言われています。ただし、これはあくまで目安であり、実際の費用は商品のジャンルや事業規模によって変わります。リスティング広告を運用する際は、あらかじめ必要な予算を計算しましょう。

予算は、「1ユーザーあたりの獲得利益 × 目標件数」で求められます。例えば1ユーザーあたりの獲得利益が2万円、目標件数が100人の場合、必要な広告予算は200万円です。

リスティング広告の運用方法

リスティング広告の正しい運用方法を紹介します。

アカウントを開設する

リスティング広告を運用するにはまず、Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告のアカウントを開設しなくてはなりません。基本的に1社もしくは1サービスあたり、1アカウントが原則です。予算が100万円未満であれば、複数個のアカウントを持つ必要はありません。

アカウント開設の際は、メールアドレスやパスワード、支払い用の銀行口座やクレジットカードを準備しましょう。

ターゲットを設定する

ターゲットを設定することで、商品やサービスをより多くの見込み客に宣伝できます。ターゲットが曖昧になると、CVに至りやすいユーザーに対し、効率的にアプローチできません。広告の配信頻度だけが増え、コストが増大します。

運用の際は、ターゲットにしたい人物像を明確に決めましょう。ターゲットは、年齢や性別だけでなく、居住地や趣味なども具体的に想定します。魅力的な広告文を作成する手助けにもなるので、正確に設定してください。

キーワードを選定する

キーワードには、ビックワードとスモールワードがあります。例えば「スキンケア」はビッグキーワード、「スキンケア 人気 アイテム」はスモールキーワードです。

ビッグワードは需要が高く狙うべきキーワードといえますが、競合も多く、単価も高めです。一方、スモールキーワードは、需要こそ少なめですが、単価が低く、予算に不安のある企業でも十分狙えます。どちらもメリット・デメリットがあるので、必要に応じて使い分けましょう。

キャンペーンを設定する

キャンペーンでは、広告予算や配信媒体などを設定します。配信する地域や日時、時間帯なども細かく設定することも大切です。広告予算は、「優良顧客」「見込み顧客」「潜在顧客」のように、ターゲットに合わせて配分しましょう。CVに至りやすい顧客から順に予算を割り振ることで、効率的な広告運用を行えます。

運用後は、予算とコストのバランスを考えて検証・改善を繰り返し、キャンペーンを最適化しましょう。

広告文を作成する

広告文は、ユーザーの興味関心を引き寄せる効果があり、クリック率を高める重要な要素です。広告の運用効果を上げるのに不可欠なので、商品やサービスのメリットを端的に伝えましょう。

まずは、競合他社の広告文を分析し、価格や効果、実績などで勝る部分を見つけてください。そこから、思わずクリックしたくなるような広告文を作成します。具体的な数値を用いると説得力が増すのでおすすめです。

コンバージョントラッキングを行う

コンバージョントラッキングとは、どの広告がどのくらいのCV数を獲得したか、確認できる機能です。該当のページにコンバージョンタグを埋め込むと、自動で必要な情報を収集してくれます。例えば、キャンペーンやキーワード、広告文などに問題がないかを詳しく分析可能です。

リスティング広告は、配信するだけで終わりではありません。コンバージョントラッキングを利用して、細かくメンテナンスしていきましょう。

分析と改善を繰り返す

リスティング広告は、分析・改善を繰り返すことで最適化されます。これを疎かにすると、いつまで経っても問題点が改善されず、アクセス数を増やすという目的も達成できません。

運用後は、こまめにPDCAを回して、広告をよりユーザーニーズに合わせていきましょう。Google Adwordsなどでレポートを定期的に確認し、キーワードやクリック率、CV率を確認するのがおすすめです。リスティング広告の詳しい分析方法については、以下の記事が参考になります。

▼参考記事
リスティング広告の成果改善の詳細はこちら

リスティング広告の4つのメリット

リスティング広告のメリットを4つ紹介します。

1.低予算で広告が出せる

リスティング広告はクリック課金型なため、数千円~数万円からでも始められます。「Google広告 キーワードプランナー」などのツールを使えば、事前に広告費を見積もることも可能です。Google広告 キーワードプランナーは、運用計画を立てるのに役立つので、積極的に活用しましょう。

「Google広告 キーワードプランナー」

2.見込み顧客に確度の高いアプローチができる

リスティング広告は、商品・サービスを検索しているユーザーに広告を配信します。これらのユーザーは、商品・サービスに対する興味関心が強く、見込み顧客になりやすいのが特徴です。よって、リスティング広告を運用すれば、CVに至りやすい見込み顧客へ効率的にアプローチできます。

3.最短1~2日で掲載できる

テレビCMの場合、実際に広告が配信されるまでに数週間~数ヶ月程度かかります。しかし、リスティング広告なら、アカウント作成~審査が終われば、すぐにでも広告を出稿可能です。審査期間は一般的に、Google広告で1営業日以内、Yahoo!プロモーション広告で3営業日程度と言われています。

4.広告の継続や停止、改善が容易にできる

リスティング広告は、テレビCMや看板広告とは異なり、パソコンの管理画面上から、継続や停止・改善を容易に行えます。細かなメンテナンスができるため、PDCAを回しやすいのが特徴です。この利点を活用し、分析・改善を繰り返せば、広告を効率的に最適化できます。

リスティング広告の3つのデメリット

リスティング広告のデメリットを3つ紹介します。

1.広い認知拡大には向いていない

リスティング広告は、ユーザーが検索するキーワードに連動して広告が表示されます。そのため、ユーザーが特定のキーワードを検索しない限り、商品やサービスを伝えることができません。不特定多数の人に、商品やブランドイメージを広めたいときには不向きです。

2.コストが高額になることがある

人気が高く競合が多いキーワードを選んでしまうと、高コストになる場合があります。中にはクリック単価が1,000円以上になるキーワードもあるので注意が必要です。キーワードを選ぶ際は、予算とコストのバランスを考えましょう。

3.運用や改善に手間がかかる

リスティング広告は、「運用型広告」と呼ばれているだけあって、運用に手間がかかります。分析や改善を行うための専門的な知識も必要です。アクセスが安定するまでは、クリック率やクリック単価を、最低でも2日に1回は確認する必要があるでしょう。

リスティング広告の自社運用と代理店運用の違い

リスティング広告は、低予算で見込み顧客へ効率的にアプローチできます。広告出稿までの期間も短く、継続や継続や停止、改善も容易です。ただし、キーワードによっては高コストになり、運用や改善にも手間がかかります。

そのため、社内リソースやノウハウが足りない場合は、代理店に運用してもらうのも一つの手です。代理店は、Web広告の運用実績があり、分析や改善について的確にアドバイスしてくれるところを選びましょう。

まとめ

リスティング広告は、「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」があります。いずれもアカウント作成から広告出稿まで、短期間で行えるのが特徴です。見込み顧客へ効率的に商品やサービスを紹介したい場合は、積極的に活用しましょう。

「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。
30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援し、CVに繋がる広告配信を実現します。

AIアナリストADについては、まず無料の資料請求をお試しください。
AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須