リスティング広告を効果的に運用するコツを分かりやすく徹底解説

ネット広告|更新:2020.07.09|公開:2020.05.29

こんにちは。「AIアナリストAD」ライターチームです。

この記事では、リスティング広告の効果的な運用方法を紹介します。リスティング広告を運用するコツは、「アカウント構成」「入札管理」「予算管理」の観点から見直すことです。

この記事では、これらの方法について具体的に解説しています。参考にして自社の広告運用を最適化しましょう。

目次

リスティング広告の目的

リスティング広告を効率的に運用するには、目的を明確にする必要があります。目的が曖昧だと、広告の運用方法もわからなくなるからです。運用の際は、「CPAを改善する」「CV率を上げる」など、具体的な目的を設定しましょう。

広告の運用に慣れ、運用作業が多くなってくると、日々のルーティンワークをこなすことで手一杯になる人もいます。あまり重要でない施策に、リソースを投入してしまうこともあるでしょう。目的を明確にすることは、無駄をなくし、運用を効率化することにも繋がります。

リスティング広告を効率良く運用するコツとは?

リスティング広告を効率良く運用するには、CPAを考慮する必要があります。CPAが低い時は、最も効率的に広告を運用できるからです。

CPAを低く抑えるために重要なポイントは、「アカウント構成」「入札管理」「予算管理」の3つです。この3つのポイントに分けて、広告運用のコツを紹介します。

アカウント構成

まず、アカウントを再構成する際に意識すべきポイントを紹介します。

獲得上位の5~10つの注力ワードを見極める

使用するキーワードが多すぎると、予算のかけ方が散漫になり、リスティング広告の効果検証を満足に行えません。運用の際は、中心となるキーワードを5~10つ程度に絞りましょう。これにより、運用効果が2倍~10倍以上に向上したという事例も多くあります。

まずは集中すべきキーワード決めて、分析と改善を繰り返すことで、CVに至りやすいキーワードを見極めてください。

ミドルワードを狙う

ビッグワードだけでは単価が高くなり、スモールワードだけでは広告の表示回数が低くなります。よって運用の際は、ミドルワードも狙って、費用対効果を高めましょう。キーワード単体では、ビッグキーワードになりやすくCV率も低めです。そのため、ミドルワードを狙う際は、複数のキーワードを組み合わせます。

ミドルワードがうまくはまると、広告のCV率も高まるので積極的に狙いましょう。まずは、ビックキーワードに予算を使いすぎていないか、スモールワードによって機会損失が発生していないかを確認してください。

キーワードのマッチタイプを見直す

キーワードを「部分一致」に設定していると、CVとは関係ないキーワードでも広告が表示されてしまいます。これだとコストがかさむだけなので、CVに到らないキーワードがある場合は、マッチタイプを見直す必要があります。

集中すべきキーワードは、「完全一致」にして上位表示させ、CV率向上を狙います。低単価でロングテールを狙う場合は、「部分一致」にして、「完全一致」のキーワードを除外しましょう。このように目的に応じて、マッチタイプを最適化することが大切です。

除外キーワードを設定する

CVに繋がっていない検索クエリは、予算を圧迫する要因となるので、除外キーワードに設定します。放置すると、コストだけが増大していくので注意しましょう。除外キーワードを設定する際は、あらかじめ基準を決めておくことがおすすめです。具体的には「CVされたことがなく、コストが目標CPAの2倍以上のキーワード」などにするとよいでしょう。

ただしビッグワードは、成約すれば大きな利益となるので、CV数が0でもある程度様子をみるのが一般的です。まずはミドル・スモールワードで、除外キーワードに設定すべきものがないかを確認しましょう。

グルーピングを再構成する

ひとつの広告グループにキーワードが混在していると、広告文と検索クエリが合わなくなる可能性があります。そのため、定期的にグルーピングを再構成し、広告文と検索クエリのマッチ率を向上させましょう。

同じ広告グループにするのは、CPA・CV数・コスト感などが似ているものです。まずは、費用対効果の良いキーワードと悪いキーワードを把握しましょう。次にひとつのグループに設定するキーワードを厳選して、予算を柔軟に調整します。

広告文を改善する

広告文を改善すると、クリック率が高まり、リンク先の表示率が高くなります。クリック単価も下がるので、コストを抑えたい方にもおすすめです。分析の際は、自社の広告文が、ユーザーの興味関心に沿っているかを確認しましょう。

例えば、事務所や会社の名前が広告文に入っていたり、訴求文が曖昧であったりする場合は改善が必要です。ユーザーは、事務所名や会社名などを知りたいのではありません。この場合は、「駅前徒歩10分」「1,500件の受注件数」など、ユーザーの興味関心を刺激する広告文にします。

入札管理

つぎに、入札管理で意識すべきポイントを紹介します。

インプレッションシェアを確認する

インプレッションシェアが低い場合、登録したキーワードで検索されているにも関わらず、広告が表示されないケースがあります。そのためリスティング広告の運用効果を上げるには、入札単価やターゲティング、予算などを見直し、インプレッションシェアを適正に保つことが大切です。インプレッションシェアが低い広告は、機会損失が発生しているので即対処しましょう。

入札単価を調整する

リスティング広告の運用を効率化するには、CV数の多いキーワードの入札単価を上げ、少ないキーワードを下げるのが一般的です。広告文や競合企業の入札状況などによって、単価を柔軟に調整しましょう。

検索順位の変動幅が大きい場合、コストも大きくなる可能性があるので、調整幅は30%程度に抑えるのがおすすめです。CTRやCVRを考慮して、入札価格に適正な差をつけてください。

平均クリック単価を維持する

平均クリック単価を維持すれば、コンバージョン単価(CPA)が適正に保たれ運用効率が向上します。コストを抑えつつ利益を最大化するには、日々のクリック単価を平均以下に抑えることが大切です。

平均クリック単価が高くなると、コンバージョン単価も増えるため、全体の利益も低下します。運用の際は、マッチタイプの見直しや入札単価の調整などによって、適正なクリック単価を保ちましょう。

予算管理

最後に、適切な予算管理によって、広告運用を最適化するコツを紹介します。

日予算の制限しすぎない

日予算を制限しすぎると、本来であれば掲載されるはずだった広告が非表示になる可能性があります。特にビッグキーワードは、予算上限に到達するスピードも早いので注意が必要です。予算が足りず広告が表示されなくなると、機会損失が発生してしまいます。

運用の際はターゲティングを徹底し、無駄のない予算配分を行いましょう。CVに繋がる広告は、露出を増やすことを考え予算も多めに見積もります。

曜日や時間帯、地域を指定する

曜日や時間帯、地域別にCVが取れそうなところを見極め、広告を配信します。分析の際は、自社の広告を見直し、曜日・時間帯・地域が正しく設定されているかを確認しましょう。

地域は、事業所周辺のところから始め、徐々に範囲を広げるのがおすすめです。効果的な日時や時間帯は、商品やサービスによって異なります。分析と改善を繰り返し、一番反応がよいタイミングを見極めてください。

まとめ

リスティング広告を運用するコツは、「アカウント構成」「入札管理」「予算管理」を見直すことです。この記事で紹介した運用のやり方や考え方を参考にして、自社の広告運用の最適化を行いましょう。

「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。
30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援し、CVに繋がる広告配信を実現します。

AIアナリストADについては、まず無料の資料請求をお試しください。
AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須