Google広告とは?広告の種類や出稿手順、押さえるべきポイントまでわかりやすく解説

ネット広告|更新:2020.10.26|公開:2020.10.26

こんにちは。「AIアナリストAD」ライターチームです。

Google広告は、Googleが運営している広告出稿サービスです。広告料を払うことで、Googleの検索結果より上位に表示することが可能となります。Googleの広告枠やYoutubeなどにもGoogle広告は出稿でき、クリックされることで料金が発生します。

この記事では、Google広告の種類・出稿手順・広告出稿のためのポイントなどを分かりやすく解説します。広告を出稿する際の参考にしてください。

目次

Google広告の種類

Google広告とは、広告料を払うことで、Googleの検索結果より上位に表示することが可能な、クリック課金の広告出稿サービスです。掲載される場所や形態により、5つの種類に分けられます。

Google検索広告(検索連動型広告)

Google検索広告は、Googleの検索結果画面に表示される広告で、検索エンジンからの集客に利用されます。検索キーワードに応じて、広告が出稿されます。検索結果の上部と下部に掲載され、「リスティング広告」や「GSN」などとも呼ばれています。キーワードで検索するユーザーに訴求したい場合におすすめです。テキスト文(リンク)をクリックされることで、課金されます。

Googleディスプレイ広告

Googleディスプレイ広告は、Webサイト内のサイドバーなどGoogleの広告枠に、画像のバナー形式で表示される広告で、「GDN」とも呼ばれています。検索キーワードに応じて、トップページ・記事一覧画面・文章中などの目立つ箇所に、広告が掲載されます。バナーをクリックされることで、課金されます。

Googleショッピング広告

Googleショッピング広告は、商品の写真・商品名・価格などを表示し、商品ページへと誘導できる広告で、検索結果の最上部に掲載されます。テキスト広告では伝えられない商品の特徴が伝えやすいです。商品を詳しく紹介できるため、ECサイト向けの広告としておすすめです。商品をクリックされることで、課金されます。

YouTube広告

YouTube広告は、大手動画サービスであるYouTube内に掲載できる広告です。動画を用いて商品やサービスを訴求できます。動画再生中に配信できる、インストリーム広告・バンパー広告、YouTubeの検索結果画面などに表示されるディスカバリー広告などがあります。動画がクリックされた時、または視聴された時に課金されます。

モバイルアプリ インストール広告

モバイルアプリ インストール広告は、スマートフォンなどのモバイル端末向けの広告で、アプリのインストールを目的としています。Google側が広告を最適化してくれるため、テキスト・画像・動画を登録するだけで、広告の出稿ができます。Googleの検索結果画面・Gmail・YouTube・Googleディスプレイなどに表示されます。アプリがインストールされると課金されます。

Google広告の出稿手順

Google広告は、どのように出稿すれば良いのでしょうか。具体的な出稿手順を紹介します。

1.アカウントを作成する

Google広告を利用するにはまず、Googleアカウントを取得する必要があります。取得後、Google広告のトップページに移動して、「今すぐ開始」をクリックしましょう。

2.キャンペーンを作成する

「今すぐ開始」をクリックすると以下の画像の様な画面に遷移します。「エキスパートモードに切り替える」からキャンペーンを作成します。

3.キャンペーンの詳細を設定する

キャンペーンの詳細情報を設定します。広告の目的・ターゲット・配信予定地などを登録しましょう。キャンペーン名は、分かりやすい名前にすることをおすすめします。

4.広告グループを設定する

広告グループを設定し、入札単価やランディングページ、キーワードなどを登録しましょう。キーワードは、ユーザーが検索する可能性の高いものを選び入力します。

5.広告を作成する

広告文やタイトルを登録します。ユーザーの興味関心を引きつけられる文章を入力しましょう。プレビューを見ながら設定できます。

6.支払い情報を登録する

支払い情報が登録されていないと広告は配信されません。ログイン後の警告バナーや右上のメニューバー「料金」から画面に従いクレジット情報などを登録します。

7.Googleの審査を待つ

広告を入稿し終えたら、Googleの審査を待ちます。通常、1営業日以内に審査は終了します。

8.広告が配信される

Googleの審査を通過したら、広告が配信されます。実際にGoogle検索してみて、どのような表示になっているか確認しましょう。広告文やキーワードが不適当だと感じた場合は、設定を見直すことをおすすめします。

Google広告で成果が出ない原因

Google広告で、コンバージョン数が増えないなど、成果が出ない原因を紹介します。

広告が表示されない

Google広告で成果が出ない原因として、検索結果の画面などに広告が表示されていないことがあげられます。広告が表示されない原因としては、広告予算の上限に達している、入札単価・品質スコアが低い、広告配信の設定に誤りがあるなどがあげられます。Google広告の審査に落ちている可能性もあるため、確認が必要です。

ランディングページに魅力がない

ランディングページに魅力がないと、広告効果が出ません。検索画面に表示されたユーザーが、広告をクリックした直後に表示され画面をランディングページといいます。検索結果とランディングページの内容があっていない、ユーザーの興味を引く内容でないなどの場合は、すぐに離脱されてしまいます。

コンバージョンのハードルが高い

商品の購入・有料サービスへの登録など、ハードルの高いコンバージョンが設定されていると成果はでにくいです。無料の資料請求・会員登録・メルマガ登録など、ハードルの低いコンバージョンを設定しましょう。ユーザーの情報が得られることで、継続的にコンタクトできる状態になることは、マーケティングでは非常に大切なことです。

Google広告の改善方法

Google広告のコンバージョンを増やすためには、どのような改善を行なえばよいのか、その具体的な方法を紹介します。

ABテストを行う

Google広告の改善するために、ABテストを行なう方法があります。ABテストとは、2種類以上の広告パターンを準備し、どのパターンの広告に効果があるかを比較検証する方法です。コンバージョンの位置、バナーの大きさ・色などのことなる複数のテストページを作成し、コンバージョン率・クリック率などを比較し、広告効果の高いページを採用します。

ターゲットを明確にする

Google広告を出稿する際には、必ずターゲットを明確にしましょう。Google広告では、ユーザー像だけでなく、配信面、時間帯、地域など、さまざまなターゲットを設定できます。ターゲットを設定することで、自社の商品・サービスなどに興味を持ち、検索してきたユーザーに広告が配信されることで、成果につながりやすくなります。

予算の設定を高めにする

Google広告では、1日の予算を設定できるため、広告効果が出ていない時は、通常より高めに設定してみましょう。Google広告では、予算制限があるため、午前中にたくさんクリックされると、予算が消費され、夜には広告が表示されなくなることがあります。予算を高めに設定した上で、配信地域・時間・キーワードなどを絞るなどの対策が必要となります。

ランディングページを改善する

Google広告の成果が出ない時は、ランディングページを見直し、改善することをおすすめします。ランディングページとは、検索後にテキストリンクをクリックすることで、ユーザーが最初に見るページのことをいいます。検索したキーワードと無関係の内容であったり、コンバージョンへの誘導のよくないページであったりすると、ユーザーはアクションを起こさず離脱してしまい、成果につながりません。

コンバージョンのハードルを下げる

Google広告の成果が出ないと思ったら、コンバージョンのハードルを下げてみましょう。すぐに決定できない高額の商品購入・サービス導入などは、ユーザーにとって、かなりハードルがたかいコンバージョンといえます。問い合わせ・資料請求など、ユーザーが行動を起こしやすいコンバージョンを設定することをおすすめします。ユーザー情報が得られるだけでも、大きな広告成果と言えます。

Google広告で押さえるべきポイント

Google広告の運用を成功させるには、押さえておくべきポイントを紹介します。

hagakure構造を理解する

Googleが推奨するhagakure構造を理解することで、広告の運用効率が上がります。hagakure構造とは、Googleのリスティング広告におけるアカウント構造のことで、1広告グループ・1キーワードが推奨されています。キーワードにあった広告出稿の設定が行えるため、高い広告効果が期待できます。

除外キーワードを設定する

除外キーワードを設定することで、成果につながりやすいキーワードのみに、広告を出稿できるため、成果が出やすくなります。除外キーワードとは、広告を表示させたくないキーワードを設定できる仕組みです。コンバージョンにつながりにくいキーワードでのクリック課金が防げると同時に、効果の出やすいキーワードに絞って広告が出稿されることになります。

キーワードプランナーを活用する

キーワードプランナーを活用して、コンバージョンにつながりやすい、適切なキーワードを選定します。自社の商品・サービスを訴求したいターゲットを明確にし、ターゲットユーザーが検索しやすいキーワードを選ぶことが重要です。

広告表示オプションを活用する

広告文だけでは伝えきれないことを、広告表示オプションの活用で解決しましょう。広告表示オプションとは、広告文の下に、サイトリンク・住所・電話番号などを表示できるGoogle広告の機能です。検索画面に記載された電話番号をクリックすることで、電話がつながることを便利だと感じるユーザーは多く、大きな成果につながります。

まとめ

Google広告は最もメジャーな媒体で活用している企業も多いですが、成果を上げるためには、ターゲットの明確化・キーワードの選定・広告文の最適化など、さまざまなことを行う必要があり、なかなか成果が出ない場合もあります。

「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いしています。30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援可能です。CVに繋がる広告配信を実現しますので、まずは無料の資料請求からお試しください。

AIアナリストADの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須