広告とマーケティングの違いとは?それぞれの特徴や違いについて解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

広告とマーケティングは似ていますが、実際はそれぞれ意味が大きく異なります。広告運用やマーケティングを効果的に実践するためには、意味の違いを正しく理解しておかなければなりません。

この記事では、広告とマーケティングの違いについて解説します。それぞれをうまく活用するためのコツも解説するため、ぜひ参考にしてください。

目次

広告とは?

「広告」とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。ここでは、広告の意味や効果について解説します。

「広告」の意味

広告には、世の中に情報を広く伝えるという意味があります。一般的には、企業が自社の商品やサービスを宣伝したり、何らかの情報を発信したりすることを広告と表現します。もともと用意されている広告枠を買い取り、伝えたい内容を掲載する仕組みです。広告は、ビジネスを成長させるために必要不可欠であり、各企業は積極的に活用しています。

広告で得られる効果

広告を出すと、たくさんの人に対して効率的に情報を伝えられます。企業そのものの認知を拡大したり、商品やサービスを多くの人に知ってもらうきっかけになったりします。広告を効果的に運用できれば、企業の売上が大幅にアップする可能性が高いです。

また、広告の内容を工夫すればイメージアップにもつながるため、ブランディングにもなります。

マーケティングとは?

マーケティングとは、商品やサービスの購入を促すための活動です。たとえば、市場の動向を分析し、顧客や見込み客の需要を探ります。新しい顧客を獲得したり顧客満足度を向上させたりするためには、消費者の潜在的なニーズも明らかにしなければなりません。

マーケティングはそのような活動の総称であり、さまざまな作業を含んでいます。企業の売上そのものに直結するため、多くの企業が力を入れて取り組んでいます。

広告とマーケティングの違い

広告とマーケティングにはどのような違いがあるのでしょうか。以下でそれぞれの違いをくわしく解説します。

広告の特徴

広告は情報発信の手段であり、マーケティングの手法のひとつです。商品やサービスの購入を促す活動のなかで、広告運用が行われています。商品やサービスを売るためには単に広告を出せばよいわけではなく、ターゲットとなる消費者にあわせて運用しなければなりません。マーケティングでは、そのために細やかな分析を行います。

マーケティングの特徴

マーケティングは、商品やサービスを消費者に購入してもらうための活動全般を表しています。消費者のニーズを探るのはもちろん、それをもとに商品やサービスを開発し、広告で宣伝したり個別的なアプローチで購入意欲を高めたりする活動のすべてがマーケティングです。ひとつの企業のなかでも、多くの人がマーケティングに関わります。

代表的な広告の種類

広告の種類はたくさんあり、それぞれに違う特徴があります。自社にとって効果的に運用するためには、広告の種類やその特徴をくわしく理解しておくべきです。ここでは、代表的な広告の種類を示しながら特徴を解説します。

1.マス広告

マス広告とは、テレビ、ラジオ、新聞で発信される広告です。それぞれの特徴について、以下で解説します。

テレビ広告

テレビ広告はコマーシャルとよばれており、15~30秒程度の短時間の映像で伝えたい情報を発信できます。映像ではさまざまな表現ができるため、自社の商品やサービスの魅力をしっかりアピールできます。ほかの広告と比較してもメッセージ性が強く、インパクトも大きいです。

テレビを見ている人は多くいるため、広告を出せば知名度を一気に上昇させられます。テレビは信憑性が高いというイメージがあるのもメリットです。

ラジオ広告

ラジオ広告は音声メディアであるラジオ番組の合間に放送され、音声広告ともよばれています。音声でしか表現できませんが、工夫次第でさまざまな情報を伝えられます。

ラジオを聞いている人は、いつも同じ時間にラジオをつけているケースが多いです。そのため、同じ広告枠で継続的に広告を放送すれば、何度も自社の商品やサービスの魅力をアピールできます。高い刷り込み効果を期待でき、商品やサービスに対する興味や親近感を掻き立てられます。

新聞広告

新聞広告は、新聞の一部や一面に掲載されます。新聞もテレビと同様、信頼されているメディアです。新聞を読んでいる割合が高い中高年や高所得者をターゲットとしている場合、特に効果的です。

文字だけでなく、イラストや写真を交えて商品やサービスの魅力を伝えられます。地方紙もあるため、エリアを限定して宣伝したい場合にも適しています。

2.セールスプロモーション広告

セールスプロモーション広告は、販売促進のための広告です。具体的な種類とそれぞれの特徴について解説します。

折込チラシ広告

折込チラシ広告とは、新聞に挟んで配布する広告のことです。新聞とは別の用紙に印刷するため、アピールしたい商品やサービスについて幅広い表現ができます。新聞が配布される地域は区切られているため、エリアに特化した情報を届けたい場合におすすめです。たとえば、スーパーマーケットは折込チラシ広告をよく活用しています。

折込チラシ広告の反響率はそれほど高くないものの、チラシのサイズやデザインによっても効果は大きく変化します。

DM広告

DM広告は、封書やハガキで情報を届ける方法です。個別にサービスや商品を宣伝できるため、購入に対する意欲のある相手を選んで送付すると高い効果を得られます。ターゲットが自ら商品やサービスについて情報収集している場合、特に反響率は高くなります。メールとは違って実際に手元に届くため、関心を高めやすいです。

イベントプロモーション

イベントプロモーションは商品やサービスに関するイベントを企画し、認知拡大やコンバージョンのアップを狙う方法です。魅力的なイベントを開催できれば、既存顧客だけでなく潜在顧客とも直接的な関わりをもてます。そのため、より強力なアプローチが可能です。消費者の生の声も聞けるため、その後のマーケティングに役立てられます。

3.インターネット広告

インターネット広告は、オンライン上に広告を出す方法です。ここでは、具体的なインターネット広告の種類と特徴を解説します。

バナー広告

バナー広告とは、画像に宣伝したい内容を記載し、Webメディアに掲載してもらう方法です。画像のリンク先はランディングページになっており、クリックすると詳細を確認できる仕組みになっています。

Webメディアの広告枠を直接買い取る純広告型バナー広告と、入札に応じてさまざまなWebメディアに掲載される運用型バナー広告があります。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードと連動させ、検索エンジンの検索結果に表示する広告です。自社の商品やサービスに関連するキーワードを選んで入札すれば、広告に興味をもってもらいやすくなります。ユーザーがクリックするごとに費用が加算される仕組みになっており、表示されるだけではコストはかかりません。

ネイティブ広告

ネイティブ広告は、記事や動画のなかに自然と広告を表示させてアピールする広告です。ただし、広告だとわかるよう、「広告」や「PR」などの表記をつけるのが基本のルールです。Webサイトやアプリの一部に挿入したり、ニュースサイトのおすすめ記事のなかに表示したりします。情報サイトでは、検索結果のなかにも表示されます。

アプリ広告

アプリ広告とは、アプリのなかに表示する広告のことです。アプリ広告の種類は、オファーウォール広告、全画面広告、アイコン広告、バナー広告にわかれています。特に全画面広告はアプリの画面上のすべてに表示されるため、高い効果を期待できます。費用は、クリック数やコンバージョン数に応じて加算される場合が多いです。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、Webサイトやブログの運営者に広告掲載を依頼して宣伝する方法です。広告費はコンバージョンにつながった場合のみ発生するため、仮に効果が出なくても無駄なコストはほとんどかかりません。商品やサービスの購入、公式サイトへの会員登録、アプリのインストールなどを条件として運用している企業が多いです。

動画広告

動画広告は、動画を使用して商品やサービスの魅力を伝える広告です。伝えられる情報量が多く、特に注目が集まっている広告の種類のひとつです。動画のコンテンツ内で再生されるインストリーム動画広告、動画メディアの広告枠に掲載されるインバナーリード動画広告、Webページをスクロールすると表示されるインリード動画広告があります。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Instagram、TwitterといったSNS上で表示される広告です。SNSでは各ユーザーが個人情報を登録しているため、それぞれの属性を絞り込めば訴求したい相手にピンポイントで広告を表示できます。各SNSの利用者層を考慮して出稿すると、より高い宣伝効果を期待できます。

広告やマーケティングを効果的に活用するコツ

広告運用やマーケティングを効果的に進めるためには、どうすればよいのでしょうか。ここでは、具体的なコツを解説します。

広告とマーケティングを正しく理解する

広告やマーケティングはビジネスを成長させるために必要不可欠なものです。この点について、企業規模による違いはありません。適切に広告運用やマーケティングを進めるためにはそれぞれの違いを理解したうえで、自社に適した戦略を練る必要があります。適切な戦略がなければ、いくら費用をかけても大きな効果は期待できません。

ユーザーの思考や行動を把握する

広告運用やマーケティングにおいて重要なのは、ユーザーの立場で考えることです。自社の都合だけで進めようとしても、ユーザーの思考や行動を把握できていなければ意味がありません。商品やサービスを売るためには、ユーザーの興味や関心を引きつける必要があるからです。

まずはマーケティングを通してユーザーのニーズを洗い出し、そのうえで最適な広告を選びましょう。うまくいかなければ分析を繰り返し、広告の種類や内容を変更する必要があります。

まとめ

広告とマーケティングは混同されがちですが、それぞれ異なる意味をもっています。広告運用やマーケティングを成功させるため、それぞれの意味の違いや重要性を正しく理解したうえで取り組みましょう。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」は30,000サイトを改善したノウハウをもとにし、効率的な広告運用をサポートしています。低コストながら、最適な入札調整から予算配分まで一貫して対応可能です。広告運用を最適化するために、ぜひ相談してください。

AIアナリストADの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。