記事LPとは?通常のLPとの違いやメリット・作成の流れを解説

ネット広告 | 更新:2021.04.22 | 公開:2021.04.12

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

ユーザーに広告であると意識させずに、商品やサービスの訴求をする方法として、「記事LP」があります。本記事は、記事LPの基本的な内容やメリットが知りたい人に向けて、記事LPの特徴や作成の流れを解説します。記事LPのメリットを活かした広告運用に、ぜひ役立ててください。

目次

記事LPとは?

記事LPとは、読み物としてのランディングページで、ブログ風の読み物とCVにつなげるためのLPの両方の役割があります。なかでも、広告とLPの間に記事LPを挟む方法が、注目を集めています。

通常の「記事」や「LP」との違い

ここでは、通常の「記事」と「LP」との違いについて解説します。

記事との違い

ブログ記事やコラム記事といったコンテンツは、ユーザーが抱える疑問や悩みの解決に必要な情報を提供するためにあります。それに対して記事LPは、商品やサービスのポイントを記事のイメージで伝えることで購買を促す目的があります。

LPとの違い

記事LPとLPは似ていますが、訴求方法が異なります。LPは、CVのためのアピールポイントを全面に押し出します。記事LPとLPの具体的な違いは、以下のとおりです。

LP ユーザーにアクションを誘導させることが目的
記事LP ユーザーに寄り添いながら商品やサービスをアピール

記事LPを作成するメリット

記事LPにはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは4つのメリットについて解説します。

広告感がないのでユーザーが受け入れやすい

第一印象で広告とわかりやすいページは、ユーザーに避けられる傾向にあります。記事LPを挟み、ページとして自然な流れを構成すると、ユーザーがページの最後まで目を通す可能性が高まります。結果的に、それが購買につながるといえるでしょう。

購買意欲が少ないユーザーへアプローチできる

記事LPは、潜在的な購買意欲を持つユーザーへのアプローチに向いています。例えば、解決方法が気になっているものの、商品やサービスの存在を知らないユーザーなどです。記事LP内でユーザーに気づきを与えることで、顕在ユーザーへの育成が期待できます。

LPの情報を補足できる

記事LPは、LPよりもユーザーが気になる情報を入れやすいというメリットがあります。LPの場合は、CVにつなげるための流れがメインとなるため、表現に限りがあります。しかし、記事LPの場合は、ユーザーが気になる体験談などの情報を自然に挿入できます。その結果、LPよりも信用度を高められるでしょう。

購買プロセスが省略されて成果に結びつきやすい

記事LPは、ページに訪れたユーザーの離脱率が低いという特徴があります。これは、別ページで情報収集する必要性が少ないためです。コンバージョンまでのユーザープロセスが大幅に省略されるため、結果につながりやすくなります。

記事LPの作成の流れ

ここでは、記事LPはどのような流れで作成しするのかを解説します。

構成を考える

記事LPでは、全体の流れを明確にしたうえで、記事の構成を決めていきます。執筆する前にしっかりとリサーチすることが重要です。記事LPの読み手の気持ちになり、最適な構成を考えましょう。ターゲットに対して適切なアプローチ方法を、社内で導き出すのがポイントです。

記事を作成する

構成が決まったら、流れに沿って文章を作成します。記事作成のポイントは、ユーザーの悩みに寄り添うように、具体的にわかりやすく作成することです。

導線を設定する

記事LPには、ユーザーに最終的な行動を促すという目的があります。そのため、記事を見たユーザーが行動を取りやすい導線の設定が重要です。具体的な導線の設定方法については、後述します。

記事LPの「構成」を考えるときのポイント

記事作成の基本となる構成について、記事LPにおけるポイントについて解説します。

ペルソナを検討する

ペルソナとは架空の人物を意味します。ターゲット像よりも細かく人物像を設定するのがポイントです。「年齢」「性別」「住んでいる場所」「職業」「家族構成」「悩み」などを設定し、具体的なユーザー像を考えます。

特に商品・サービスの記事LPは、ペルソナの設定が重要であるため、慎重に行いましょう。

適切なアプローチ方法を考える

ペルソナを設定したら、それにあったアプローチ方法を検討します。具体的には、以下の3つについてのリサーチが効果的です。

ビリーフ ユーザーの固定概念
デザイア ユーザーの願望、理想の未来
フィーリングス ユーザーの願望

タイトル・見出しは見やすさや流れを意識する

リサーチができたら、タイトルと見出しを作成します。キャッチコピーでもあるタイトルは、フレーズを2つにわけるなどして、ユーザーの興味を惹きつける工夫が必要です。また、見出しはリズムのよさや数字、記号の使用を意識しましょう。最初に目に入る部分を見やすくすることは、最後まで読み進めてもらうために重要です。

記事LPの「記事」を作るときのポイント

ここからは、実際に記事LPの記事を作成するためのポイントについて解説します。

適切な文字数で作成する

取り扱う商品やサービスの特性にもよりますが、記事LPの適切な文字数は、1,500文字程度といわれています。ただし、価格が高い商品やサービスの場合は、文字数を増やして詳しく説明するのがおすすめです。

図や画像・表を挿入する

記事LPのページは説明や文字だけでは、ユーザーが最後まで読まない可能性が高まります。そのため、ユーザーに記事LPの長さを感じさせないように、図や画像、表などを適度に挿入し、見やすさを意識しましょう。

重要な箇所は装飾する

文章の中で特に伝えたい重要な箇所は、装飾するなどして目立たせましょう。太字加工、マーカー文字色の変更などが効果的です。重要な箇所を装飾すると、伝えたいポイントが一目でわかるため、読みやすくなります。

信頼できる参考元を使用する

記事の内容について、信憑性や信頼性を高めるには、信頼できる参考元を使用しましょう。第三者機関のデータや一次情報などを使用すると、根拠が明確に示せます。また、記事LP内に、参考元に関する情報を明記することも忘れずに行いましょう。

ライターの情報を挿入する

記事を執筆した人の情報をページ下部に載せることで、信憑性を上げられます。例えば、ライターの経歴や所有資格、特技、写真などを載せると信頼感が増します。

記事LPの「導線」を設定するときのポイント

記事LPの導線を設定する際には、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。ポイントを3つ解説します。

文脈にあわせて自然に挿入する

記事LPは、いかにも広告という見た目であると違和感を生じます。そのため、「お申し込みはこちら」「モニター登録はこちら」といった文言は使用せず、文脈にあわせて自然に導線を設置しましょう。

例えば、「○○についてもっと知りたい」「○○の詳細が知りたい」「○○が気になる」などの文言が記事LPになじみやすいといえるでしょう。

複数の導線を設定する

記事LPは、テキストリンクなどを活用して、記事内に複数の導線を設定すると、商品やサービスの遷移率が上がりやすくなります。ただし、リンクが多すぎると文章が読みにくくなるため、注意が必要です。記事全体の流れを確認し、適切な数の導線を設置することが大切です。

リンク先をLPに設定する

記事LPから直接購買につなげるのは難しいのが現実でしょう。そのため、前述のように、購買行動には通常のLPを使用します。

はじめに記事LPで興味をひきつけて、通常LPで購買意欲を高めましょう。そのうえで、リンク先の購入ページで商品の購入につなげるという流れが理想的です。

記事LPの効果を高める方法

記事LPの効果を高めるには、ユーザーの興味にあわせてページの内容を変更するのが効果的です。ユーザーは興味関心の段階によって、ほしい情報が異なるという特徴があります。潜在層、準潜在層、顕在層の各層にあった記事のアプローチを検討しましょう。

記事LPを作成するときの注意点

実際に記事LPを作成する際に注意すべき4つのポイントについて解説します。

ユーザー目線のコンテンツを作る

コンテンツ作成においては、常に第三者の目線で取り組みましょう。記事の内容や検索ワードにこだわったり、キャッチコピー、見出しに力を入れたりと、ユーザーが求める最高のコンテンツを目指して作成を進めましょう。

PR感を出しすぎないようにする

記事LPのメリットは、いかにも広告という印象にならず気軽に読めて、ユーザーが離脱しにくい点にあります。そのため、PR感が強すぎると、記事LPのよさが消えてしまうため、注意しましょう。

出稿するWebメディアは慎重に検討する

出稿するWebメディアと記事LPのターゲットが一致していないと、ニーズにマッチしません。例えば、40代男性向けのWebメディアに、20代女性向けのコスメの記事LPを出稿するといったケースです。

読者数やPV数の多さだけに注目してWebメディアを選ぶと、記事LPがユーザーの興味をひかない可能性があります。

PDCAを繰り返すことが必要

記事LPは、最初の出稿ですぐに効果があらわれるとは限りません。そのため、絶えずPDCAサイクルを回して、納得のいく結果を得られる記事LP作りに努めることが大切です。

PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)という、4つの工程を繰り返し行うことを指します。

まとめ

いかにも広告という見た目のLPは、直接購入につながる可能性が高いものの、ユーザーに読まれにくい傾向にあります。そのため、クッションページとして記事LPを挟むことが、CVにつなげるポイントです。ここで解説した内容を、記事LP作成の参考にしてください。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」では、記事LPで効率的な広告運用をお手伝いします。30,000サイトを改善したノウハウで、CVにつながる広告配信を実現しています。

AIアナリストADの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。