Google広告のグローバルサイトタグとは?使用方法やメリットを解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

グローバルサイトタグとは、Google広告のコンバージョンを正確に測定するためのタグです。Google広告をより便利に使いこなすためには、グローバルサイトタグを設置が効果的です。

この記事では、グローバルサイトタグの基本を知りたい人に向けて、基本的なポイントや使用方法を解説します。グローバルサイトタグの正しい設置方法を確認するために、ぜひ参考にしてください。

目次

グローバルサイトタグとは?

グローバルサイトタグ(gtag.js)とは、Google広告やGoogleアナリティクスのタグをまとめたものです。従来は広告の効果を分析するためにコンバージョンタグを設置していましたが、ITP(Intelligent Tracking Prevention)が原因となり、正確な効果測定ができないケースが発生していました。

ITPとはAppleがユーザーのプライバシー保護を目的に、Safariに搭載した行動データを収集するトラッキングを規制する機能です。しかしグローバルサイトタグを使用すれば、計測不良を防いで正確に効果測定できるようになります。

グローバルサイトタグのサンプル

グローバルサイトタグは、以下のようになっています。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Ads: CONVERSION_ID -->
<script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=AW-CONVERSION_ID"></script>
<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag('js', new Date());

gtag('config','AW-CONVERSION_ID');
</script>

※参考:Google広告のコンバージョントラッキングにグローバルサイトタグを使用する|Google広告ヘルプ

グローバルサイトタグを利用するメリット

グローバルサイトタグを利用する具体的なメリットを3つ紹介します。

コンバージョントラッキングの精度が上がる

グローバルサイトタグを使用すれば、ユーザーの行動を正確に追跡できるようになり、コンバージョンの計測の精度も向上します。具体的には、グローバルサイトタグを設置するとドメインに新しいcookieが設定され、それに応じてユーザーの情報が保存されます。

追跡するユーザーの具体的な行動を指定したり、コンバージョンのカウントについて細かい設定を加えたりすることも可能です。広告の効果をより高めるために活用しやすくなります。

他のGoogleのサービスと連携しやすい

グローバルサイトタグは、GoogleアナリティクスやGoogle広告など複数のサービスで共通しています。そのため、グローバルタグを1つ設定するだけで、それぞれに必要な情報を計測できます。仕組みや使い方を理解すれば、Webサイトへの実装や運用の効率化が可能です。

正確な測定が可能

すでに触れたとおり、従来のコンバージョンタグでは、Google広告のコンバージョンについて測定できない部分が発生していました。しかし、グローバルサイトタグへ切り替えれば、そのような問題は発生しなくなり、すべてのユーザーの情報を正しく計測できます。

正確な情報を把握できるようになれば、マーケティングをもとにした販売促進もより強化しやすくなるでしょう。

グローバルサイトタグの作成方法

グローバルサイトタグを作成するには、どのような方法があるのかを解説します。

Googleアナリティクスで作成する方法

Googleアナリティクスでグローバルサイトタグを作成する方法は、以下のとおりです。

1. Googleアナリティクスの管理画面を開く
2. 「管理」を選択する

3. 「トラッキング情報」の「トラッキングコード」を選んでタグを出力する

4. 表示されたグローバルサイトタグをコピーする

5. WebサイトのHTMLソースの<head>の後に実装する

「トラッキングコード」の選択後は、画面の中央にグローバルサイトタグが表示されています。一部が漏れたり余計な文字まで含んだりしないよう、正確にコピーしてWebサイトのHTMLソースに貼り付けてください。なお、ここで出力されるのは、Googleアナリティクスタグです。

Google広告で作成する方法

Google広告でグローバルサイトタグを作成する方法は、以下のとおりです。

1. Google広告の管理画面を開く
2. 「ツールと設定」を選択し、「コンバージョン」をクリックする

3. 「コンバージョン」の「+」をクリックする

4. 「ウェブサイト」を選ぶ

5. 「タグを自分で追加する」を選ぶ

6. 表示されたグローバルサイトタグをコピーする

7. WebサイトのHTMLソースの<head>の後に実装する

基本的には、Googleアナリティクスで作成する場合と同様、グローバルサイトタグをコピーしてそのままWebサイトの所定の位置に貼り付けるだけです。なお、ここで出力されるのは、Google 広告リマーケティングタグとなっています。

ITP対策ならGoogleタグマネージャーを使用するのもあり

ITP対策を目的としてグローバルサイトタグを実装したいのであれば、Googleタグマネージャーを使用してコンバージョンリンカーとよばれるタグを設置することもひとつの方法です。

コンバージョンリンカーとは、ユーザーのクリックに関するデータを計測してコンバージョンを把握できるタグです。設置する場所は、広告をクリックした際に遷移するページが基本です。設置方法は、以下のとおりです。

  1. 「タグ」を選び、「新規」をクリックする
  2. 「タグの設定」を選択し、タグタイプを「コンバージョンリンカー」に設定する
  3. トリガーを選択する
  4. タグを設定して保存を公開する

グローバルサイトタグの設置位置

グローバルサイトタグは、従来のコンバージョンタグとは設置位置が異なっています。基本的に、グローバルサイトタグは<head>と</head>の間に挿入します。

ただし、グローバルサイトタグとともに使用するイベントスニペットは、グローバルサイトタグより後の<head>に挿入するため注意しましょう。イベントスニペットとは、コンバージョンを計測するために設置するタグです。グローバルサイトタグとイベントスニペットを組み合わせれば、ユーザーのアクションをトラッキングできるようになります。

まとめ

グローバルサイトタグとは、コンバージョンを正確に測定できるようになるタグです。使用することにより、広告の運用の効果をさらに高められる可能性があります。複数のGoogleのサービスと連携できるため、作業の効率を高める効果も期待できます。グローバルサイトタグの導入や広告運用に不安を感じる人は、広告運用代行サービスの利用もおすすめです。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」は、効率的な広告運用をサポートするサービスです。30,000サイトの広告運用を改善したノウハウが詰まっており、入札調整から最適な予算配分までまとめて対応しています。Web広告の運用を改善するために、ぜひ活用してください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。