Facebookピクセルとは?概要から設定方法・使い方まで解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

新しくFacebook広告の運用を任されたものの、Web広告の知識に不安がある人もいるかもしれません。広告で成果を出すには、Facebookピクセルの使い方をマスターしましょう。Facebookピクセルの基本から埋め込み方法、広告の成功例まで解説します。Facebook広告の効果的な運用に役立ててください。

目次

Facebookピクセルとは?

Facebook広告とは、Audience Network 、Facebook、Messenger、Instagramの4種類のSNSに掲載される広告です。Facebookは実名で登録するため、広告のターゲティング精度が高い傾向があります。また、SNSは日常的に使用するものであるため、ユーザーへの訴求力が強いことも特徴です。

Facebookピクセルは「コード」で構成されたもので、広告が掲載されているLPやサイトに書き込み設置するものです。Facebook広告を経由して自社サイトやLPを閲覧した人の行動履歴が記録されるため、さまざまな分析に活用できるのです。

Facebookピクセルを使うと何ができる?

適切な広告配信のために、Facebookピクセルで得たデータを利用します。ここでは、Facebookピクセルの機能を紹介します。

コンバージョントラッキングによる分析

コンバージョントラッキングにより、成約数(CV)・顧客1人を獲得するのにかかった広告費(CPA)・成約率(CTR)がわかります。なお、CVだけでは、本当の広告の効果はわかりません。たとえば、CVが多くてもCPAが高ければ、改善の余地がある広告といえます。また、CVが少なくても、CTRが高い場合もあります。割合を評価するCPA・CTRも活用しましょう。

カスタムオーディエンスによるリターゲティング

カスタムオーディエンスとは、Facebook広告を発信する顧客リストのようなもので、リターゲティングに使えます。カスタムオーディエンスでは、顧客リストとFacebookのデータベースを結び付け、ターゲティング精度が高いリストを作れます。サイトを閲覧したのみの人、問い合わせまで実施した人というように、細かくわけてリスト化できるので。

また、類似オーディエンスも活用しましょう。類似オーディエンスとは、カスタムオーディエンスの情報をもとに、広告に興味をもちそうな顧客を自動的に抽出したものです。一度もサイトを閲覧したことがないユーザーにアプローチするには、類似オーディエンスが役立ちます。

標準イベントとカスタムコンバージョンの併用

Facebookピクセルを設定するには、2種類の方法があります。ここでは、標準イベントとカスタムコンバージョンについて紹介します。

標準イベントとは

標準イベントとは、Webサイトで発生するアクションのうち、Facebookで定義されているリストのことです。2021年1月時点の標準イベントは以下の通りです。

  • 支払い情報の追加
  • カートに追加
  • ウィッシュリストに追加
  • 登録完了
  • 問い合わせ
  • 製品のカスタマイズ
  • 寄付
  • 場所の検索
  • チェックアウト開始
  • リード
  • 購入
  • 日時を指定
  • 検索
  • トライアル開始
  • 応募
  • サブスクリプション登録
  • コンテンツビュー

※参考:Facebookピクセル標準イベントの仕様|ビジネスヘルプセンター

カスタムコンバージョンとは

カスタムコンバージョンは、標準イベントよりも詳細なターゲティングが可能で、手間のかかるコーディングが不要です。

標準イベントを設定する際は、サイトを構成するコードの中に、標準イベントを含むFacebookピクセルコードを埋め込まなければなりません。一方、カスタムコンバージョンは特定のURLへのアクセスを計測するため、サイトにコードを追加しなくてすみます。

Facebookピクセルコードの発行・設定方法

Facebookピクセルを設定するには、いくつかの手順が必要です。ここでは、コードの発行から設定まで順を追って解説します。

ビジネスマネージャを作成

まずはビジネスマネージャを作成しましょう。作成手順は以下の通りです。

  • Facebookに登録し、ユーザーネームとパスワードを発行する
  • ビジネスマネージャを開く

https://business.facebook.com/overview

  • 「アカウント作成」をクリックする

  • プロフィールや連絡先、ビジネス詳細などを入力し送信する

※参考:ビジネスマネージャを作成する|ビジネスヘルプセンター

Facebookピクセルコードの作成

Facebookピクセルコードを作成する手順は、以下の通りです。

  • その他のツールから、イベントマネージャを開く

  • 「データソースをリンク」の中の「Web」をクリック

  • 「Facebookピクセル」を選択して「リンクする」をクリック

  • 「ピクセル名」を変える

※参考:Facebookピクセルを作成する|ビジネスヘルプセンター

Facebookピクセルコードの埋め込み

Facebookピクセルコードのインストール手順は、以下の通りです。

  • イベントマネージャを開く

  • 事前に作っておいたピクセルコードを選び、「ピクセルの設定を続行」をクリック

  • 「手動でコードをインストール」をクリック

  • ピクセルベースコードをコピーし、サイトに埋め込む

サイトに埋め込む場所は、ヘッダーです。との間にコピーしたコードを貼り付けてください。

※参考:ピクセルコードを手動でウェブサイトに追加する|ビジネスヘルプセンター

Facebookピクセルが設定されているか確認する方法

貼り付ける場所を間違えると、Facebookピクセルが機能しません。Facebookピクセルの設定を確認する方法を解説します。

イベントマネージャから確認

イベントマネージャを開きます。アカウントに「アクティブ」と表示されている場合には、正常にFacebookピクセルが機能しています。

Facebookピクセルヘルパーを使って確認

Chromeの拡張機能であるピクセルヘルパー(Facebook Pixel Helper)を追加したのちに該当するサイトを開くと、ポップアップ表示されます。

Facebookピクセルでコンバージョンを計測する方法

コンバージョンの計測結果は、広告レポートにまとめられます。広告レポートでは、計測時間や顧客情報、配信手段などにわけてコンバージョンを確認できます。レポートは、以下の手順で作成します。

  • 広告マネージャを開く
  • 広告レポートの「キャンペーン」「広告セット」「広告」から選ぶ
  • 「列」のドロップダウンメニューで、「列をカスタマイズ」を選ぶ
  • 「コンバージョン」を選び「適用」をクリックし、レポートを得る

※参考:コンバージョントラッキングを使用して結果を測定する|ビジネスヘルプセンター

Facebookピクセルでコンバージョンを最適化する方法

広告最適化とは、広告を配信するカスタムオーディエンスの特性にあわせ、もっとも効果が得られると考えられるイベントを選定することです。広告セットの「コンバージョンイベント」に、該当するイベントを設定しましょう。イベントは、広告レポートで得られた分析結果をもとに選びます。

Facebookピクセルを利用する際の注意点

Facebookピクセルを作成し設置する際には、コードを取り扱います。ここでは、利用する際の注意点について解説します。

コーディングについて知識が必要

Facebookピクセルを利用するときには、ある程度コーディングに詳しい人が設定しましょう。コードを埋め込む場所を見つけるのは、コーディングの経験がある人のほうがスムーズです。また、間違えて元からあったコードを消してしまうと、サイトに影響が出かねません。トラブルに対処する場合にも、コーディングの知識が求められます。

コードのコピー範囲と設置場所に注意

コードをコピーする範囲や設置場所がずれていると、Facebookピクセルが機能しません。該当箇所を間違えないようにしてください。また、イベントコードの種類を間違えると狙った計測ができません。必ず運用前に動作チェックを行いましょう。

1ページに1つのコードを設置

1つのページに複数のFacebookピクセルが設置されていると、CVが重複計測される場合があります。たとえば、同じページに標準イベントの「カートに追加」「購入」の2つのピクセルが設置されているとしましょう。顧客が商品をカートに追加し購入まで至ったとき、カートに追加が2回、購入が1回でカウントされてしまいます。

正しい計測を行うために、必ず1ページに1つでコードを設置してください。

Facebook広告の成功事例

Facebook広告を利用し、業績を上げた事例があります。施策の詳細と成果について紹介します。

リノベ不動産の事例

リノベ不動産は、中古物件の購入からリノベーションまでサポートする企業です。カスタムオーディエンスと類似オーディエンスにより、潜在顧客に対する広告予算の最適化が行われました。結果として、2018年の3月~9月にかけて実施されたキャンペーンで、CPAは50%削減し、お問い合わせ件数の月間平均は85%増加しています。

メルセデスベンツの事例

メルセデスベンツでは、自動車インベントリー広告を利用しました。インベントリー広告とは、ユーザーが興味のある車種の情報を、価格も含め配信するもので、広告を配信するにあたり、事前にモデル・カラー・年式などがわかるカタログを登録する必要があります。広告の導入後、CVは3倍にまで増加しました。

まとめ

Facebook広告をより効果的に運用するために、Facebookピクセルの導入は有効です。CVなどを参考に、カスタムオーディエンスに最適な広告を配信しましょう。トラブルを起こさないよう、コピー範囲や貼り付け場所などには十分注意してください。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」は、低コストで効率的な広告運用が可能です。30,000サイトを改善したノウハウをもとに、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援し、CVに繋がる広告配信を実現します。Web広告の運用にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。