コンバージョンリンカーとは?仕組みや設定方法・注意点を解説

ネット広告 |

こんにちは。広告運用代行サービス「AIアナリストAD」ライターチームです。

Google広告の運用を効果的に行うためには、コンバージョンリンカーが不可欠です。この記事ではGoogle広告の運用者に向けて、コンバージョンリンカーの概要や仕組み、設定方法などを解説しています。効果的なWeb広告運用にぜひお役立てください。

目次

コンバージョンリンカーとは

コンバージョンリンカーとは、Googleのタグを使ってクリックデータを測定するためのサービスです。Googleタグマネージャーというタグを一元管理するツールを使用し、「ユーザーが購入までにどのような行動を取っていたか」など、サイトをまたがって測定します。こうしたクリックデータを活用することで、正確なコンバージョンデータを取得でき、広告運用やマーケティングに活かせます。

コンバージョンリンカーの仕組み

コンバージョンの計測は、閲覧したブラウザにCookieを付与することで行います。

コンバージョンリンカーはAppleの製品に導入されている「ITP」に対応するために不可欠です。ITPが導入されてから、Apple製品ではコンバージョンの測定ができなくなりました。しかし、コンバーションリンカーを設定することで測定可能になります。また、コンバージョンリンカーはCookieの種類を変えることもできます。Cookieについては以下で詳しく解説します。

Cookieとは

Cookieとは、ユーザーがサイトを閲覧した際に作成されるものです。ユーザーのデータを一時的に保存することで、リマーケティング広告などに応用されています。Cookieの種類は大きく分けて、ファーストパーティCookieとサードパーティCookieの2つです。次はファーストパーティCookieとサードバーティCookieを簡潔に解説します。

ファーストパーティCookie

訪問先のWebサイトとCookieの発行元のドメインが一致しているものを指します。たとえば、convret.comのドメインで訪問した際にconvret.comから発行されるCookieはファーストパーティCookieの対象となります。

サードパーティCookie

現在ブラウザで表示されているドメイン名以外のドメイン名のものを指します。たとえば、convret.comのドメインで訪問した際に、googeltavu.comなどドメインの違うサイトからドメインが発行されるCookieはサードパーティCookieとなります。

コンバージョンリンカーが必要な理由

コンバージョンリンカーが必要な理由は、先述したAppleが導入している「ITP」に対応する必要があるためです。ITPとはIntelligent Tracking Preventioの略で、SafariにAppleが搭載しているセキュリティ対策です。

以前はITP対策を行う必要はありませんでしたが、現在はサードパーティCookieにおいて、Cookieが付与されると削除される仕組みになりました。そのため、コンバージョンリンカーを使って、サードパーティCookieをファーストパーティCookieに書き換え、測定可能な状態にする必要があります。

コンバージョンリンカーでできること

コンバージョンリンカーを設定することで、ITS適用前のようにWeb広告の効果を把握できます。サイトに訪れたユーザー行動が正確にわかるため、Web広告運用を行うにあたって精度の高い情報を得ることができます。

Google広告で成果を上げるためには正確な情報の取得が不可欠です。そのため、Web広告運用を行う際はコンバージョンリンカーを必ず設定しましょう。

コンバージョンリンカーの設定方法

ここでは、コンバージョンリンカーの設定方法について順を追って解説します。

Googleタグマネージャーの設定を行う

まずはGoogleタグマネージャーの設定を行います。設定を行うためにはアカウントが必要なため、既存のアカウントがない場合にはあらかじめ作成する必要があります。

1. GTMアカウントを作成

2. Googleタグマネージャーの管理画面にログイン

Googleタグマネージャーのタグを設定

次はGoogleタグマネージャーのタグを設定していきます。

1.タグマネージャーの管理画面「サマリー」から「新しいタグ」をクリック

2.タグの名前を入力
3.続いて「タグの設定」をクリック

コンバージョンリンカータグを設定

最後にコンバージョンリンカータグを設定します。いくつかのタグタイプが表示されるので、そのなかから「コンバージョンリンカー」を選択してください。

Google広告でのコンバージョンタグの設定

次にコンバージョンタグの設定を行います。

1.Google広告の管理画面に移行して「ツールと設定」を選択

2.「測定」をクリック
3.「コンバージョン」をクリック

目的に沿って必要な項目を埋めていく

コンバージョンの目的に合わせて各項目を埋めていきましょう。

1.「タグを設定する」が表示されたら「Googleタグマネージャーを使用する」を選択

2.「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」が表示されるので控えておく

新規タグを追加する

次に新規タグを追加します。

1.「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択

2.「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を入力

3.トリガーは「問い合わせ完了ページ」を選択

公開する

最後に設定が完了するとプレビューモードで確認を行いましょう。

1.Googleタグマネージャーのサマリー画面からプレビューを選択

2.プレビューで確認し問題なければ公開ボタンをクリック
3.公開完了

これでコンバージョンタグの設定は終了です。

コンバージョンリンカーを設定するときの注意点

すべてのページを対象にするためにトリガー選択箇所は「Allpage」を選択するようにしましょう。Googleはドメインの情報をもとに同じサイトなのか別サイトなのかを判断します。そのため、1サイト内で異なるドメインを使用する場合は、別のページと判断される可能性があるので注意が必要です。

たとえば、購入ページと購入後の表示させるサンクスページのドメインが異なる場合などがあげられます。その場合は、異なるドメインのセッションを統合するために、クロスドメイントラッキングを行って対処しましょう。クロスドメイントラッキングを設定することで、異なるドメインであっても、正確な分析ができるようになります。

適正にWeb広告を運用するには、正確なデータが必要不可欠といえます。

まとめ

効果的なGoogle広告の運用にはコンバージョンリンカーが不可欠です。コンバージョンリンカーは、Googleタグマネージャーを使って測定します。Google広告の運用にぜひお役立てください。

広告運用代行サービス「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援し、CVに繋がる広告配信を実現します。Web広告の運用にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

AIアナリストADの資料請求はこちら


この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、googleの プライバシーポリシー 利用規約 が適用されます。