広告ランクの仕組みとは?基本的な意味や必要な要素、広告を上位掲載する方法を解説

ネット広告|更新:2020.09.02|公開:2020.08.28

こんにちは。「AIアナリストAD」ライターチームです。

広告ランクとは、広告の掲載順位・優先度のことです。他社の広告と自社の広告を比較して、ページのどこに広告を掲載すればよいのか判断する目安になります。入札単価と品質スコアによって決まるのが特徴です。

この記事では、広告ランクの仕組みから必要な要素、ランクを上げる改善策を解説します。広告を出稿してCV率を向上させたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

広告ランクとは?

広告ランクとは、広告の掲載優先度のことです。「入札単価×品質スコア+広告表示オプション」という式で求められます。高くなるほど優先的に広告が掲載されるため、広告ランクの向上は効率的な広告運用には欠かせません。

広告ランクが決まる仕組み

広告ランクには、品質スコアが大きな影響を与えます。例えば「A社・B社・C社」の入札額を「100円、80円、120円」、品質スコアを「6、8、3」とすると、それぞれの広告ランク・掲載順位は以下の通りです。

  • A社:100円×6 = 600 ⇒ 2位
  • B社:80円×8 = 640 ⇒ 1位
  • C社:120円×3 = 360 ⇒ 3位

このように広告ランクは、入札金額が高ければ良いというわけではありません。

入札単価とは?

入札単価とは、1クリックあたりの広告費用のことです。その広告がクリックされた時に支払っても良い最大の費用を設定します。設定金額が低すぎると、競合の広告が優先され、自社の広告が表示されません。ただし高すぎても広告料が高くなるため、予算とのバランスをみて設定する必要があります。

品質スコアとは?

品質スコアについて、ここではGoogle広告のヘルプに基づいて解説します。

品質スコアとは、広告全体の品質を表す指標のことです。キーワードや広告文、ランディングページの相互関連性によって決まります。高くなるほど入札単価が抑えられ、かつランクも上がるのが特徴です。

品質スコアは10段階で評価され、「推定クリック数」「ランディングページの利便性」「広告の関連性」で決まります。

※参考:Google広告のヘルプページ

推定クリック数

推定クリック数は、設定した広告がどのくらいクリックされるのかを推定したものです。平均値を基準として、上か下かで表現します。平均値より下の場合は、クリック率が悪いため、広告文やキーワードなどの見直しが必要です。平均値もしくは平均値より上の場合は、特に設定を変更する必要はありません。

ランディングページ(LP)の利便性

ランディングページ(LP)の利便性は、広告キーワードとリンク先のLPに関連性があるかで決まります。例えば炊飯器を購入したくて広告をクリックしたのに、リンク先がお米の炊き方を紹介したページだった場合、LPの利便性は低くなるでしょう。

広告の関連性

設定したキーワードと広告文に、関連性があるかも重要です。例えばフライパンを探しているのに、食材の広告が掲載される場合、検索意図に一致していないとして品質スコアも低下するでしょう。また、広告文にキーワードが含まれていない場合も注意が必要です。

広告ランクのための品質スコア改善策

広告ランクを上げるには、品質スコアが重要です。ここでは、品質スコアを上げるための方法を紹介します。

1.広告文を改善してクリック率を高める

広告文を改善してクリック率を高めると、推定クリック数や広告の関連性が向上します。広告文を作成する際は、タイトルや見出しにメリットを入れるなどして、ユーザーの興味関心を引くように意識しましょう。「5つの対策方法を解説」「おすすめのツール20選」などとすると、記憶に残りやすいのでおすすめです。

また広告文には、必ずキーワードを含めましょう。例えばキーワードが「「SEO 対策」であれば、広告文も「SEO対策を成功させる3つのポイント」などにします。

2.KW、広告文、ランディングページ(LP)に一貫性を持たせる

KWや広告文、ランディングページ(LP)に一貫性を持たせると、品質スコアの3要素が網羅的に向上します。

例えばキーワードが「SEO 対策」であれば、広告文は「SEO対策の基本とは?SEOの意味や具体策、便利なツールまで紹介」などにするのがおすすめです。逆に「上位表示のための対策とは?具体策や便利なツールを紹介」などにすると、広告ランクとの関連性が低下します。

リンク先のランディングページ(LP)は、「SEO対策の解説ページ」などにすると良いでしょう。逆に「Webサイトの作り方のページ」にすると、関連性が低下します。

3.KW、広告文、ランディングページ(LP)のグルーピングを最適化する

広告文やランディングページ(LP)のグルーピングを最適化すると、広告の関連性が向上します。グルーピングは、大テーマで一括りにするのでなく、グループやキーワードを細かく分類し、キーワードや広告文、LPの関連性を高めることが大切です。良い例と悪い例を表でまとめたので、参考にしてください。

良い例

キャンペーン 広告グループ キーワード 広告文 LP
SEO対策 基本 SEO対策 SEO対策の基本を解説!~~ SEO対策の解説ページ
費用 コスト 目安 SEO対策にかかるコストの目安~~ SEO対策の費用相場の解説ページ
ツール おすすめ ツール おすすめの最新SEOツール8選~~ SEOツールの紹介ページ

悪い例

キャンペーン 広告グループ キーワード 広告文 LP
SEO対策 SEO対策 SEO対策 SEO対策の基本を解説!~~ SEO対策の解説ページ
コスト 目安
おすすめ 最新

広告ランクや品質スコアを上げることが目的ではない

広告ランクや品質スコアは、一つの目安でしかないため、広告の掲載順位を上げることだけに、集中する必要はありません。広告ランクや品質スコアを上げる本当の目的は、CVであり、商品やサービスの購入や申し込みにつなげることです。広告ランクや品質スコアを上げる際は、売上を向上させることに集中しましょう。

まとめ

広告ランクは、広告の掲載優先度のことで、高くなるほど優先的に広告が掲載されます。CVアップの重要な要素なので、品質スコアを中心に改善しましょう。ただし、あくまで目安の一つに過ぎないため、掲載順位を上げることだけに、集中する必要はありません。それよりも、売上を向上させる意識が大切です。

「AIアナリストAD」では、低コストで効率的な広告運用をお手伝いします。30,000サイトを改善したノウハウで、精緻な入札調整から、最適な予算配分まで一貫して支援し、CVに繋がる広告配信を実現します。

AIアナリストADについては、まず無料の資料請求をお試しください。
AIアナリストADの資料請求はこちら



この記事を書いた人

株式会社WACUL

株式会社WACUL(ワカル)は、「Webサイト分析をシンプルに」というビジョンのもと、簡単にWebサイト改善の方針を手にすることができる世の中を実現します。

閉じる

この先続行することで利用規約に同意したものとします。

法人・組織名必須

担当者名必須

メールアドレス必須

電話番号必須

パスワード必須